2018年10月22日

『一日の苦労は、その日だけで十分です』三浦綾子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一日の苦労は、その日だけで十分です [ 三浦 綾子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/10/22時点)

楽天で購入



 人間の罪、弱さ、ゆるしを描き続けた作家が遺した、愛にあふれる言葉の数々。知人や北海道のことから、恋愛と結婚、がん告知からの生き方、信仰についてまでを綴る。単行本未収録のエッセイを中心にまとめたもの。

 人間の罪、弱さ、ゆるしを描きつづけた作家・三浦綾子が遺した愛にあふれる言葉の数々。「冬のあとに春の来ない人生もある」「人生には往々にして意地悪がひそんでいる」と書きながらも、「なるようになる。なるようにしかならない」「一日にできる仕事は、量が決まっている。明日のことは心配しない」と道を照らす。自らの病気も苦難も「すべてが神様の贈り物」であるとあるがままに受け入れ、その恵みに感謝の念をも抱く。でも、だからといって「病気に協力することはない」と、前向きに自分の人生を生きることを考える……。深い信仰に根ざしたその生き方から浮かび上がるのは、“愛”と“感謝”と“学び”の心。大上段に振りかざすのではなく、自身のいたらなさや苦い体験にも触れながら、弱い立場の人々や道に迷う若者たちに温かいまなざしを向け続ける。その思い、時を経ても色あせない言葉は、私たちが一日一日を大切に積み重ね、より良い人生を歩むための指針となるに違いない。没後20年を前に届けられた、やさしさに満ちた最後のエッセイ集。

 本書は、一般紙や有名雑誌だけでなく地域PR誌や医療、宗教、茶道系機関誌など、さまざまな媒体に寄稿した文章を集め、著者の没後20年を前に発行されたエッセイ集。作家・三浦綾子の作品は、ほぼ全て読んでいますが、僕自身の価値観や人生観について、一番影響を受けた作家です。クリスチャンとして聖書に基づいた生活をし、数多くの愛を与え続けた三浦綾子氏ですが、未収録の作品を読むことができ、ファンの一人として再び感銘を受けました。夫婦愛、他者への愛は見習うべきものが多く、改めて三浦文学を読み直そうと思います。

【満足度】 ★★★★★(文句なし!)
posted by babiru_22 at 19:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/21)

■ 国民健康保険滞納の外国人で対策

『千葉県船橋市は、国民健康保険に加入している外国人の保険料の滞納率が60%を超えていることから、中国語やベトナム語など6つの言語で支払いを促すパンフレットを作成するなど、対策に乗り出しました』とありますが、滞納率が60%を超えるというのは

大問題

です!(怒)

外国人と日本人は区別すべきで、諸外国は自国民と外国籍を分けているのだから、日本も同様の対応をすべきで、国民健康保険なのだから、自国民でなければしっかり区分けせよ!

■ 地方交通で統一「QRコード」決済=キャッシュレス普及で検討−経産省

『経済産業省は、新たなキャッシュレス普及策として、地方の鉄道やバスなどの料金支払いを統一規格の「QRコード」決済で行えるようにする検討を始めた』とのことですが、経産省が関わるとなると、どうしても利権絡みで関わるのか?と思ってしまいます。

むしろ電子マネーの統一化を図る方が利便性もいいですが、そもそも省庁が違う扱いにもなるだけに、統一化は難しいんだろうなァ。。。

■ 立憲民主・近藤昭一副代表、会費制集会の収支不記載 政治資金規正法違反か

『立憲民主党の近藤昭一副代表=衆院愛知3区=が代表の政治団体が、平成26年に開いたパーティー収入を同年分の政治資金収支報告書に記載していないことが20日、分かった。政治資金規正法違反(不記載など)に当たる可能性がある』って、立憲民主党ってこんな人達ばかり。。。(呆)

自分達の問題はいつもスルーで、与党には批判しかしないとか、よくこれで野党第一党とか言えるもんだ。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

『「売る」から、「売れる」へ。 水野学のブランディングデザイン講義』水野 学




 クリエイティブディレクター水野学が、デザインの視点やものの考え方を、事例を通して伝える。慶應義塾大学湘南藤沢キャンパスにて行われた講義「ブランディングデザイン」のうち、主要な4回の講義内容をもとに書籍化。

 いまの時代に、どうすれば「長く売れつづける」のか……。あらゆるビジネスパーソンが抱えるこの課題をデザイン視点から解決する、慶應義塾大学の名物講義「ブランディングデザイン」がついに書籍化。「中川政七商店」「茅乃舎」「東京ミッドタウン」「相鉄」などでコンサルタントとしても活躍するクリエイティブディレクターの水野学が、ビジネスや経営における「デザインの正しい使い方」をわかりやすく解説した1冊です。

 本書は、著名なクリエイティブディレクターでもある著者が、慶應義塾大学での講義内容を書籍化したもので、講義の形式でまとめられているだけに、実際に講義に参加しているようで、ブランディングデザインについて、とても分かりやすく説明と解説をしてくれています。「センスは蓄積された知識を最適化すること」というのは、妙に納得しましたし、クリエイティブなセンスがいかに大切かという内容はワクワクしながら読むことができました。講義内容も至ってシンプルで、「すべての見え方のアウトプットのコントロールをすること」なども自己流で色々と試していたことでもあっただけに、素晴らしい学びとなった一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/20)

■ 日中通貨交換協定:再開へ 5年ぶり、上限10倍3兆円

『日中両政府は安倍晋三首相の中国訪問に合わせ、両国企業の決済システム安定のため、円と人民元を融通し合う通貨交換(スワップ)協定を約5年ぶりに再開する方針を固めた。26日の首脳会談で合意し、日銀と中国人民銀行が協定を締結する。融通額の上限を日本とアジア各国との協定では最大規模の約3兆円へ拡大する。一方、日本政府が求めていた東シナ海のガス田開発を巡る協議は、再開の合意に至らない見通しだ』とありますが、この中国へのスワップ協定には

大反対!

このスワップ協定は、中国国内の日本企業を救済する意味もあるのでしょうが、日本国内の企業の救済など政府はしないのだから、スワップ協定に上限で3兆円も出すべきではありません。

スワップ協定はバラマキではありませんが、これで増税するというのは国民として納得できん!(怒)

■ 野田前首相、軽減税率を批判 「天下の愚策」、消費税巡り

『衆院会派「無所属の会」の野田佳彦前首相は20日の読売テレビ番組で、安倍政権が来年10月の消費税率10%への引き上げに伴い導入するとしている軽減税率を批判した。「天下の愚策だ。恩恵を受けるほとんどは低所得者ではない。逆進性対策の目的から逸脱している」と述べた』とのことですが、確かに軽減税率は愚策。

しかし、そもそも消費税引き上げの言いだしっぺであり、消費増税の法案を通した張本人が野田なのだから、批判する資格は全くなし!

■ 余命告知なく死亡 賠償求め病院を提訴

『乳がんで死亡した大分市内の女性=当時(57)=の遺族が、余命1カ月との診断結果を医師から告知されなかったため「残された時間を充実して過ごせなかった」などと主張し、通院していたアルメイダ病院(同市)を運営する市医師会と主治医に慰謝料など3190万円を求めて大分地裁に提訴したことが19日、関係者への取材で分かった。遺族は「家族の大事な時間を奪われた」と訴えている』とのことですが、余命1カ月との診断結果を本人にも家族にも告知しなかったという病院側のミスはあったのかもしれませんが、このことに対して慰謝料を請求するというのは、言葉は失礼ですが、タカリ屋に見えてしまいます。

まして記事を読むと、転移して抗がん剤を使っていたことを家族が分かっていたようですから、それならば家族が医師または看護師に対して尋ねるべき。

それすらせずに、亡くなってから慰謝料提訴というのは、絶対に違うと思います。
posted by babiru_22 at 06:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月20日

『雨降る森の犬』馳 星周

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

雨降る森の犬 [ 馳 星周 ]
価格:1782円(税込、送料無料) (2018/10/20時点)

楽天で購入



 家族とのわだかまりを抱えた中学生の雨音は都会を離れ、蓼科に住む伯父のもとに身を寄せる。そこには、ワルテルという犬がいて…。犬が導く喪失と再生の物語。『小説すばる』連載を加筆・修正。

 父親を病でうしない、母親との確執を抱えた女子中学生の雨音(あまね)は不登校になり、山岳写真家の伯父・道夫のもとに身を寄せた。道夫はバーニーズ・マウンテン・ドッグのワルテルとともに自前のログハウスに住んでいた。ログハウスの近くには大きな別荘があり、雨音はそこの持ち主の長男で高校生の正樹と知り合う。正樹は再婚した父親と若い母親に対して、複雑な感情を抱えていた。雨音と正樹は道夫の影響で登山の魅力を知るようになり、道夫の愛犬ワルテルと自然との触れ合いが、二人の心を少しずつ癒していく。家族の問題を抱えた中学生と高校生が、道夫とワルテルと過ごすなかで自らの生きる方向性を見出していく、心に響く長編小説。

 本書は、短編集『ソウルメイト』『陽だまりの天使たち ソウルメイト2』に続く、犬と人との絆を描いた長編小説。長野を舞台に、山岳小説としても読むことができる物語でもありましたが、家族・友人・犬との出会い、そして山を登ることで人生を考え、苦しさの先に開ける眺望と再生についてを、信州の自然と山を背景に犬と家族の物語として、とてもいい物語でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:39| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/19)

■ 積水ハウスに不法侵入指摘=現地調査で地主側−55億円被害、地面師事件・警視庁

『積水ハウス(大阪市)が東京都品川区の土地取引をめぐり約55億円をだまし取られた事件で、同社が昨年6月、地主に成り済ました「地面師」グループに購入代金を支払い現地調査を行った際、本物の地主側から不法侵入を指摘されていた』とありますが、言葉は悪いでしょうが、積水ハウスは

間抜けすぎ

当たり前の確認をすれば被害に遭わなくて済んだでしょうが、取引に関わった人があまりにも頭が悪すぎるのか、もしくは実行犯と組んでいたかでしょうね。。。

■ 政府、カード手数料下げ要請へ 消費増税で

『政府が平成31年10月の消費税率引き上げにあわせ消費者にポイントを還元する景気対策で、クレジットカード会社に対し、小売りなどの加盟店から受け取る手数料を引き下げるよう要請する方向で調整に入った』とのことですが、この手数料が最大のネックになってますからね。

更にはクレカだと、店にお金が入るのは1ヶ月以上先にもなりますから、余計に手を煩わせるやり方ではなく、消費税を上げない対策こそ考えるべきです。

■ 消費増税で公明「商品券を検討」 低所得者への対策主張

『来年10月の消費増税に向け、公明党の山口那津男代表が18日、プレミアム商品券の発行を検討する考えを示した。政府は「キャッシュレス決済」をした買い物客へのポイント還元を打ち出したが、さらに低所得者への対策が必要という主張だ。だが、商品券には効果を疑問視する声や「バラマキ」との批判も多い』とありますが、どうみてもバラマキでしかありません。

増税して更に歳出を増やすやり方はバカとしか言いようがありませんし、一部の人だけが恩恵を受けて、そこに税金が使われるとか、滅茶苦茶です。(怒)
posted by babiru_22 at 07:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月19日

『無暁の鈴』西條奈加

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

無暁の鈴 [ 西條奈加 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/10/19時点)

楽天で購入



 寒村の寺に預けられた武家の子・久斎は、手ひどい裏切りにあい寺を飛び出す。盗みで食い繋ぐ万吉と出会った久斎は「無暁」と名乗り江戸に向かい…。若き僧の成長と、破天荒な生涯を描いた時代小説。『小説宝石』連載を書籍化。

 武家の庶子でありながら、家族に疎まれ寒村の寺に預けられた久斎は、兄僧たちからも辛く当たられていた。そんななか、水汲みに出かける沢で出会う村の娘・しのとの時間だけが唯一の救いだったのだが……。手ひどい裏切りにあい、信じるものを見失って、久斎は寺を飛び出した。盗みで食い繋ぐ万吉と出会い、名を訪ねられた久斎は“無暁”と名乗り、ともに江戸に向かう……波瀾万丈の人生の始まりだった。

 物語は、武家に生まれ寺に預けられた無暁が即身仏になるまでの波乱万丈な人生を描いた作品。主人公の破天荒かつ波乱万丈の生涯が描かれる作品ではありますが、即身仏についてが描かれるだけに、どうしても後半は仏教色が強くなっているため、作品としては壮大な物語ではあり、読み応えはあるものの、エンタメとしては今ひとつという感じです。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 21:03| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/18)

■ 辺野古工事、政府が奇策再び 知事会談からわずか5日後

『政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設工事再開に向けた手続きに入った。移設に反対する玉城デニー氏の当選からわずか半月。安倍晋三首相と新知事との会談は1回だけで、強硬措置に踏み切った。沖縄の怒りはおさまらない』とのことですが、辺野古への移設工事再開に向けた手続きは

予定通り

であって、それを「奇策」として煽るような記事はいかがなものかと思います。

むしろ「奇策」と思っているのであれば、あまりにも事実を大手新聞社が知らないことであり、社の方針として焚き付けたいのかもしれませんが、報道は事実の裏付けこそ徹底すべきで、無知な読者を煽るような記事は書くべきではありません!

■ パンダの新規貸与要請へ 中国前向き、関係改善の証し?

『安倍首相が、26日に予定されている中国の李克強首相との会談で日本に新たなジャイアントパンダを貸与するよう求めることがわかった。これまでの事務レベルの調整で、中国側も前向きに検討する方針を日本側に伝えており、首脳会談をきっかけに貸与する日程や頭数などの協議が本格化する見通しだ』とありますが、個人的にはこのパンダの新規貸与には反対です。

中国からのパンダのレンタルは確か年間で数億円かかるはずで、財政状況が厳しい中で、余分な歳出は控えるべき。

これで増税を行うというのだから、殆どの国民は事実を知ったら反対する人が多いでしょうし、パンダを外交の道具に使うことにも反対です。

■ こっそり減量「ステルス値上げ」 消費者の目厳しく

『価格を据え置いたまま容量を減らすなどの「実質値上げ」に対し、消費者の目が厳しくなっている。今春以降に実質値上げした主要10食品を調べたところ、7品目で値上げ後の販売額が前年同期比で減ったことが分かった。消費者は費用対効果に敏感なうえ、こっそり減量する「ステルス値上げ」は交流サイト(SNS)で広がってすぐ気づかれる。メーカーには消費者への丁寧な説明が求められている』とのことですが、価格改定や容量を減らすにしても、その理由と説明は求められるところです。

おそらく価格据え置きで容量を減らすも、その説明がしっかりとなされていないことで、買い控えに繋がっているのだと思いますから、消費者の不信感に繋がらないような説明がメーカーには求められるところですね。
posted by babiru_22 at 06:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

『文房具の解剖図鑑』ヨシムラマリ/トヨオカアキヒコ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

文房具の解剖図鑑 [ ヨシムラマリ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/10/18時点)

楽天で購入



 なぜ、使いやすいのか? 鉛筆、消しゴム、ボールペン、ノート、スケッチブック、カッターナイフ…。普段使いの文房具の仕組み・形・生い立ちを、楽しくわかりやすい豊富なイラストとともに解説する。

 雑誌の文房具特集を開けば、アイデアステーショナリーや、デザイン性の高いプロダクト、高級ブランド品などの情報は数多目にしますが、普段使いの文房具の本質や構造、歴史を紹介した本はなかなか見当たりません。本書ではそれら身近にある文房具の「仕組み」「仕掛け」「物語」をユーモラスなイラストで徹底図解!!もちろん誰もが知っている定番品から、最新の技術や素材を使った優れモノまで、実際の製品が多数登場。文房具を使うすべての人が楽しめる1冊です!!

 本書は、文房具の仕組み、形、生い立ち、使い方を、楽しく分かりやすい豊富なイラストと共に図解で紹介したもの。文房具のエピソードなどは知っていることが多く、目新しさは特に感じず、解剖図鑑というタイトルから、かなり細かな内容を期待していただけに、内容的には物足りなかったです。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 16:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/17)

■ 増税対策、現金配布案浮上 「田舎の魚屋、クレカない」

『来年10月に予定される消費増税に伴う負担軽減策として、商品券や現金を配る案が政権内で浮上してきた。政府は中小小売店で「キャッシュレス決済」をした買い物客にポイントを還元する対策を検討中だが、その効果を疑問視する声が相次いでおり、より手っ取り早い現金給付案が広がりつつある』って、政府って

底なしの馬鹿

しかいないのか?(呆)

増税して、現金や商品券をバラまくとか、これは愚策でしかなく、本末転倒!

これでは何のための増税なんだ!と言いたいですし、そもそも増税するより減税対策の方が景気や経済にプラスになるのに、反対のことしかしないとか、財務省の言いなりにしかできないのか?(怒)

■ 東京都 五輪・パラに向け都市ボランティアの募集活動を強化

『東京大会の都市ボランティアは、大会の期間中に競技会場と最寄り駅の間や主要な観光地などで交通や観光の案内を行いますが、募集開始から今月5日までの10日間の応募は2万人程度の募集に対し、個人とグループの合わせて3426件にとどまりました。その一方で、競技会場や選手村などで運営に直接関わる大会ボランティアは、同じ期間で8万人の募集に対して応募が3万人を超えたことから、東京都は都市ボランティアの募集活動の強化を始めました』とありますが、最終的にどれだけのボランティアが集まるのでしょうね?

無償ボランティアを集めるのはいいですが、大会組織はその意味をPRしきれていませんし、何だか大会組織が安易に考えすぎていて、計画性も杜撰だということばかりが目に付くだけに、募集活動を強化といっても、対応が甘すぎるように見えますね。。。

■ 認知症で入院中に転倒し後遺症、病院に賠償命令 熊本地裁

『熊本市で2013年、認知症で入院中に転倒し、全身まひの障害を負った熊本県菊陽町の男性(95)らが病院側に約3890万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、熊本地裁は17日、約2770万円の支払いを命じた』とのことですが、この熊本地裁の判決は理解できません。

これがまかり通るようでは、認知症患者を病院は受け入れなくなる場合もあります。

転倒しても拘束しても病院側だけが責任を問われるとか、どう考えてもおかしいですし、司法があまりにも世間から離れすぎだ!(怒)
posted by babiru_22 at 06:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする