2017年02月22日

昨日の出来事(2/21)

■ 民進・後藤祐一氏、防衛省職員にパワハラか

『民進党の後藤祐一衆院議員が、防衛省の女性職員に対して、「お前の人事評価を下げてやる」などと、パワハラともとれる言動をしたとして、稲田防衛相は、後藤議員に抗議したことを明らかにした。(中略)後藤議員は先週16日、PKO部隊の日報問題で、議員会館の自分の事務所を訪れた防衛省の30代の女性職員に対し、机をたたきながら「戦闘という言葉が入った日報を総理は見たのか」、「お前の人事評価を下げてやる。お前なんかクビにできる」などと、威圧的な言動を繰り返したという』とのことですが、これはパワハラというよりも、立場を利用しての

脅 迫

ですから、謝罪すれば済むことではありません。

これが与党議員がやったことであれば、即座に野党は批判するでしょうが、民進党はこの件についてはダンマリで、どこまで身内に甘いんだか。。。(呆)

■ 崖っぷち都議会民進、パクリの“抱きつき作戦”に小池氏激高 知事が進める「東京大改革」と混同する名称に改名

『崖っぷちにある民進党の都議が、小池百合子都知事に抱きついてきた。夏の都議選(6月23日告示、7月2日投開票)を見据えて、「都議会民進党」と「民進党都議団」が14日合流し、新会派「東京改革議員団」を設立したのだ。「民進党」の名称を隠し、小池氏の大看板「東京大改革」に似た名称にする姿勢に、小池氏周辺だけでなく、都議会関係者もあきれ、激怒している』とありますが、名称で誤魔化して、都民を騙して票を搾取しようとするとか、相変わらずですね。。。(呆)

それにしても、あの号泣記者会見の野々村の手口を、党としてやるとか、どこかの国のように恥の概念すらないんでしょうね。。。(呆)

■ 覚醒剤密輸容疑で楽天社員逮捕 台湾渡航140回以上、薬物の売人か

『容疑者は楽天のトラベル事業に従事。週末の休日を利用し、平成20年から143回にわたって台湾に出入りしていた。尿からは覚醒剤反応が出ており、組対5課は覚せい剤取締法違反(使用)容疑でも捜査している。また、自宅からはガラスパイプ20個や空の小分け袋100枚以上が見つかっており、組対5課は薬物の売人だったとみて販売先の特定を進める』とありますが、楽天トラベルに従事して、

楽天トラブル

を引き起こしたのですね。。。(呆)

サンキチがネットで薬販売したかったのは、このためか?……というわけではないでしょうが、楽天社員が覚醒剤密輸とか、凄すぎて言葉もありません。。。
posted by babiru_22 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

『それってキセキ GReeeeNの物語』小松成美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それってキセキ [ 小松成美 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2017/2/21時点)



 歯科医で、ミュージシャンで、純粋な心を歌詞に換えて歌い続けるGReeeeN。今もなおプロフィールが明かされない彼らが“これまで歩んできた真実”を元に綴った人間愛の物語。

 今年、デビュー10周年を迎えたGReeeeNの初の単行本が発売決定。歯科医のため、今もなおそのプロフィールが明かされないGReeeeN。 彼らが“これまで歩んできた真実”を元に綴った人間愛の物語。本作は、アスリートやアーティストのノンフィクションでベストセラーを重ねる作家・小松成美が4年に及ぶ取材を重ね完成した長編青春小説となっている。そこには、リーダーHIDEと、兄でありプロデューサーであるJINとの、兄弟の生い立ち。そしてメンバーnavi、92、SOHとの出会いと青春の日々、GReeeeN誕生の瞬間、メンバーの絆が克明に綴られている。歯科医として活躍しながら、ミリオンセラー・アーティストまで上り詰めたGReeeeNの“奇跡”と“軌跡”の物語が、ついに明らかに!

 本書は、ドキュメンタリー作家でもある著者が、プロフィールを明かさずに活動するGReeeenを、4年の歳月をかけて密着取材し、東日本大震災で得た経験や、生い立ち、メンバーたちの出会い、グループ誕生の瞬間などを小説として描いています。著者であるならば、小説としてではなく、ドキュメントとして描いた方が良かったのではないか?とは思いましたが、様々な曲のエピソードについてや、知られざるメンバーの秘話なども多く、ファン必読の一冊だと思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/20)

■ 国有地売却で調査チーム=民進

『民進党は20日、大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に格安で払い下げられた問題で、党内に調査チームを発足させた』とのことですが、民進党の調査チームって、これで幾つ目ですか?

様々な調査チームは作るけど、調査報告がされた試しすらありませんし、仕事をしてるフリのような

パフォーマンス

は必要ありませんから、やるならキチンと仕事をして下さい。

■ 民進・菅直人元首相「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」とツイート 現在は削除

『民進党の菅直人元首相は20日、自身のツイッターに「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」と書き込み、後に削除する一幕があった』って、まさかの殺害予告ですか?(呆)

間違いだったのでしょうが、政治レベルが低すぎます。。。(呆)

■ 経団連会長「プレミアムフライデーを国民的行事に」

『月末の金曜日は、午後3時をめどに退社を促す「プレミアムフライデー」が今週24日からスタートするのを前に経団連の榊原会長は、「クリスマスのように、国民的行事として定着してほしい」と述べ、企業などに参加を呼びかけました』とありますが、毎月月末がクリスマスですか?(呆)

経団連企業で勝手なやってろとも思いますし、殆どの企業はそんな暇はねーよ!
posted by babiru_22 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

『スタフ』道尾秀介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スタフ [ 道尾秀介 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/2/20時点)



 移動デリで生計をたてる女性、夏都。偶然にも芸能界を揺るがすスキャンダルを知ってしまった彼女は、有名女優を守るため、緑色の髪をした美少女と共同戦線を張る。ノンストップミステリー。『週刊文春』連載を単行本化。

 移動デリを営み、ワゴン車で日々料理を売っている掛川夏都。若い女と不倫した夫を叩き出し、今は海外で働く姉の息子・智弥と共同生活をおくっている。ある日、いつものように駐車場の片隅で営業していると、スーツ姿の男性に「保健所のほうから来ました」と声をかけられた。衛生状態を調べる、とワゴンに乗り込んだ男は、夏都を脅してそのまま車を走らせる。「これはもしかして、誘拐?」ようやく慌てはじめる夏都だったが、行きついたマンションの一室で待っていたのは――? ページをめくりはじめたら途中でやめられない、ノンストップミステリー長篇!

 本書は、著者初の週刊誌連載となった作品。移動デリバリーを舞台としたミステリでしたが、これまでの著者の作品と比べると、読みやすいものの展開が派手すぎたのと、登場人物が多すぎて、展開がかなり広がりすぎていたのが欠点。後半は一気にシリアスな展開にはなりますが、個人的には今一つでした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/19)

■ 民進・野田氏「自民党も頑張っていいが、ライバル必要」

『自民党も頑張ってもらっていいが、やはりライバルが必要じゃないですか』って、今の民進党は自民党のライバルにすらなってませんが。。。

せめて対抗できるような

政策議論

ができればいいでしょうが、その政策すら出せないで批判しかしていないのだから、ライバルが必要というなら、民進党の解党をするべきだ。

■ 自民有志議員:子多いほど税軽減…「世帯方式」検討へ

『自民党の有志議員が近く、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減される「N分N乗(世帯課税)方式」の導入に向けた勉強会をスタートさせることが分かった。少子化に歯止めをかける所得税改革と位置付け、党税制調査会での本格的な議論につなげる考えだ』とありますが、これは難しい問題です。

実質単身世帯の増税にもなりますし、高所得者の税優遇にもなりますから、世論としては反対の声の方が多いように思いますが、違う形の減税対策こそ検討してもらいたいです。

■ 3セク債権放棄、給与削減方針に市職員から悲鳴

『青森駅前の複合商業施設「アウガ」を運営する第3セクターの特別清算で青森市が約17億円の債権放棄をする見通しとなったことを受け、同市の小野寺晃彦市長が市職員らの給与削減方針を示したことに、労働組合が反発しているほか、市職員からとまどいの声も出ている』とのことですが、債権放棄するまで放置していたのは、明らかに行政の責任で、給与削減もやむなしだと思います。

労組が反発していますが、債権放棄にならないよう、行政がチェックしていれば、ここまでのことにはならなかったはずで、給与削減は気の毒とは思いますが、民間企業であれば、大量リストラにもなるだろうから、それを考えると公務員は恵まれすぎますし、反発するなら離職するべきだ。
posted by babiru_22 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

昨日の出来事(2/18)

■ 蓮舫、小沢両氏が都内で会談 衆院選の野党共闘で意見交換か

『民進党の蓮舫代表と自由党の小沢一郎共同代表が17日夜に東京都内で会談していたことが分かった』とありますが、この2人だと

悪の組織

にしか見えません。。。(苦笑)

泥舟同士で、仲良くドボンして下さい。。。

■ 「待機児童ゼロ」断念 怒る親、自治体はあきれ顔

『2017年度末までに待機児童をゼロにするとした政府目標を巡り、安倍晋三首相が事実上の断念を表明した。働く女性が予想以上に増えたことを強調したが、預け先のない親にとっては死活問題で、怒りの声が上がる。保育所整備の厳しさを知る自治体や事業者は見通しの甘さにあきれ顔だ』とありますが、この問題は政府だけの問題だろうか?

自治体でも待機児童を減らすために、保育所の建設を予定すれば、予定地周辺の住民からは反対の声が上がり断念せざるをえないのだから、投げ出すというよりも、政府というよりも、むしろ自治体や国民自体が考えるべきで、これを政府だけの問題にする方が間違っています。

■ 民進・榛葉氏、党の「原発ゼロ」前倒し検討に異論

『榛葉氏は、「結論ありきの議論だったら、それはあまりにも仲間をないがしろにしすぎだと思う」と、執行部の議論の進め方に批判的な考えを示しました』って、党内議論をしないで結論ありきでしかないのが、民進党だし、これは以前からも同じこと。

こんなことを今更言っていること自体がおかしいですし、そういう党なのだから、見切りを付けるべきです。
posted by babiru_22 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

『絶対正義』秋吉理香子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対正義 [ 秋吉理香子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/18時点)



 範子は礼儀正しく、間違いを犯さず、決して罪を許さない。なにより正義を愛していた。彼女に助けられた4人の女たちは感謝し、そして、のちに範子を殺した。しかし、死んだはずの範子から4人にパーティへの招待状が届き…。

 4人の女たちに届いた『思い出の会』への招待状。差出人は、5年前に殺したはずのあの女……。正義のモンスター。あんな女、本当は大嫌いだった。範子はいつでも礼儀正しく、一つの間違いも犯さず、また決して罪を許さない。なにより正義を愛していた。和樹は、痴漢から助けてもらった。由美子は、働かない夫を説得してもらった。理穂は、無実の罪を証明してもらった。麗香は、ピンチを救われチャンスを手にした。彼女たちは大いに感謝し、そして、のちに範子を殺した。しかし、死んだはずの範子から招待されたパーティで、4人が見たものとは……? 正義があれば、全て許されるのか……? 『暗黒女子』『聖母』の著者、最新にして最恐ミステリー。 衝撃のラストがあなたを待つ!

 本書は、イヤミス全開ともいえるミステリでしたが、自己中心的に絶対正義を振りかざす主人公・範子の描写が怖い女性を見事に表現しており、最初からラストまでのゾクゾク感は面白かったです。この主人公に関わる友人4人の壮絶な過去も、展開を盛り立てています。正義とは何かを、うまくミステリとした作品で、映像化されても面白いと感じた作品です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/17)

■ 【衆院予算委員会】安倍晋三首相、民進議員にブチ切れ! 「もし関わっていたら辞める」 大阪の私立小設置・国有地払い下げ関与指摘で

『安倍晋三首相は17日の衆院予算委員会で、昭恵夫人が名誉校長に就く今春開講予定の大阪府豊中市の私立小学校について、設置認可や敷地の国有地払い下げに関与したのではないかとの指摘を受け、「私や妻、事務所は一切関わっていない。もし関わっていれば首相も国会議員も辞める」と述べた』とありますが、野党は追及するなら

事実の証明

をして追求しろ!

証拠がなく疑うだけで、追求するのはいかがなものかと思いますし、事実であれば安倍首相は議員辞職すべきですが、野党はもう少しまともに調べてから追及するべきだ。

■ 衝撃の結果、欧州10カ国が移民に「ノー」

『EU主要国の首脳はトランプ大統領が命じた入国制限を批判。欧州メディアの大半も、反入国制限の立場で報道を続けている。ところが、足元の国民は、10カ国平均で2人に1人が、イスラム移民の流入に否定的な考えを示していることが明らかになった』とのことですが、別に衝撃の結果でもなく、深く追求して考えれば、至極当然の結果とも思います。

許容範囲の受け入れというならともかく、許容範囲を広げてまで移民を受け入れるということは様々な問題が確実に起きますから、当然の結果です。

■ 韓国国民10人中9人、根拠もなく勝手に思い込む「認知バイアス」に該当=韓国ネット「根拠はたくさんある」「この国では当たり前」

『韓国・聯合ニュースによると、韓国国民の10人中9人に、根拠もなく勝手に思い込むなどの「認知バイアス」に該当する習慣があるということが分かった』とありますが、これを韓国メディアが報じているのだから、凄すぎる。。。(呆)

勝手な思い込みをするから、史実を調べようともせず、事実確認せずに嘘を塗り固めるということなのでしょうが、民度というよりも、精神疾患ということなんでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 07:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月17日

『企画展がなくても楽しめるすごい美術館』藤田令伊

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

企画展がなくても楽しめるすごい美術館 [ 藤田令伊 ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/17時点)



 所蔵品に、建築に、作家性に感動! 一度は見たい名品のある美術館、建築や庭が見事な美術館、スペシャルな個性が際立つ美術館など、「企画展がなくても楽しめる」すごい美術館60館を厳選し紹介します。

 美術館は企画展だけじゃない!  所蔵品、建築、作家性がすごい美術館を60館厳選!! 美術館を楽しむといえば、大型の企画展ばかりになっているということはないでしょうか。美術館にはもっと幅が広く、奥行きの深い魅力があります。常設展だけでも見る価値のある美術館は数多くあります。常設展はどこも空いていて、並ぶ必要がありません。次に、美術館の建築や庭園などが見どころになっていて、美術館自体が一つの作品といえる美術館です。それから、企画展しかやっていないけれども、特定の企画展でなくても、いつ訪れても楽しめる美術館というのもあります。要は、いつでも楽しめる美術館ということです。

 本書は、日本全国に1000以上あると言われる美術館のなかから、所蔵品、建築、作家性などが素晴らしい美術館を全国より60館を厳選して紹介したもの。ジャンル別に紹介されていて、写真やデータも多く、美術館にはそれほど興味はありませんでしたが、本書を見ると、実際に行ってみたい美術館ばかりで、美術館ガイドとしても、新書としてまとめられています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/16)

■ ヘリ山岳救助「有料化」 自民県議団、条例改正案を提出へ 埼玉県

『県内での山岳遭難者が県の防災ヘリコプターで救助された場合に、燃料代に相当する5万円程度の手数料を徴収する県条例改正案を、自民党県議団が県議会2月定例会に提出する。有料化は過去にも議論された経緯があるが、反対の声もあり頓挫。同県議団によると、条例が改正されれば全国の自治体で初のヘリ救助有料化となり、「改正により無謀な登山減少につなげたい」としている』とありますが、この条例改正案は

大賛成!

有料化は当然であり、登山者は自己責任としての自覚をもった上で、登山をするべきです。

■ 共産 志位委員長「時間外労働上限は年間360時間にすべき」

『共産党の志位委員長は、記者会見で、政府が、罰則付きの時間外労働の上限を年間最大720時間などとする原案を示したことについて、過労死が増えるおそれがあり容認できないとして、月45時間、年間360時間までとすべきだという考えを示しました』とのことですが、それを言うなら、まずは赤旗配達員から実施して下さい。

というか、志位委員長は実社会で働いて実態を認識してから発言するべきです。

■ 逮捕の88歳男釈放=7人死傷集団登校事故−横浜地検

『横浜市で昨年10月、集団登校中の小学生の列に車が突っ込み7人が死傷した事故で、横浜地検は16日、自動車運転処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で逮捕された男(88)を処分保留で釈放した。(中略)男は認知症の疑いなどがあったため、昨年11月11日から今月10日までの約3カ月間、責任能力を調べるため鑑定留置されていた。地検は認知症について「コメントしない」としているが、男が事故当時、認知症を自覚できていなかった場合、注意義務を果たせないため、罪に問えない可能性がある』とありますが、これは遺族は納得できないでしょう。

認知症の自覚がなかったとはいえ、過失運転であるのは間違いありませんし、家族が同居していたようですから、保護監督責任を問うべき。

でもこういう場合は保険は出るのだろうか?
posted by babiru_22 at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする