2016年03月31日

『会計士は見た!』前川修満

会計士は見た! [ 前川修満 ]

会計士は見た! [ 前川修満 ]
価格:1,296円(税込、送料込)



 東芝が不正会計に走った舞台裏。ソニーグループの中で、急成長している意外な部門…。会計士である著者が、話題になった日本企業の決算書を読み解き、そこから見えてきた企業の裏の顔を綴る。

 本書は、公認会計士である筆者が、第三者向けに公開されたIR資料を元に企業分析したもので、取り上げられている企業は「ソニー」「大塚家具」「コジマ、日産」「キーエンス」「スカイマーク、江守グループホールディングス」「東芝」の企業。それぞれ話題にもなった企業ですが、決算書から企業がどうなっているのかが分かりやすくまとめられており、キャッシュフローの大切さを感じる内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/30)

■ 後半国会 消費税率引き上げを安倍首相が再延期するかが焦点

『「増税は先送りしない」という与党幹部がいる一方で、安倍首相周辺は、「増税は再延期の方向だ、ダブル選挙は80%だ」と述べており、与野党は、安倍首相が解散に踏み切ることも視野に、対応を迫られることになる』とありますが、個人的には消費税引き上げ再延期でのダブル選挙を望みますが、これをやれば、先日安倍首相が言ったこととは真逆になるだけに、再延期すれば

ホラッチョ

と呼ばれ続けることにもなるでしょうね。。。

参議院選挙が控えているものの、ヘタな駆け引きなどせずに、経済状況と財政状況を考えれば、再延期するべきです。

■ コーヒー、アイス、ディズニー…値上げの春 負担じわり

『塩やアイス、コーヒーなど身近な商品がこの春も値上げされる。原材料の高騰が主な要因だが、人手不足による人件費アップも影響している。家計の負担もじわりと増しそうだ』とありますが、経済状況が決して良くなっていない中での、相次ぐ値上げは、家計負担になりますね。

減税政策でもしてくれればいいですが、減税どころか増税ラッシュも控えているだけに、これでは消費も更に冷え込みます。。。

■ 選抜高校野球 「1回戦負けしろ」滋賀学園に県議が暴言

『第88回選抜高校野球大会に初出場で準々決勝まで勝ち進んだ滋賀学園の選手らに対して、滋賀県の吉田清一県議(68)=自民党=が今月16日に県庁で開かれた激励会後に、学校の送迎バスの止め方を大声で非難し、「おまえらなんか1回戦負けしろ」と発言していた』とのことですが、滋賀学園の送迎バスは県教委の誘導に従ってバスを止めていただけで、バスが停めるスペースに止めていて非難するとか、この県議はバカ丸出しですね。。。(呆)

県議もこんなバカ議員ばかりではないでしょうが、最近はモラルや常識が無さすぎる輩が多く目に付きますね。。。
posted by babiru_22 at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月30日

『影の中の影』月村了衛

影の中の影 [ 月村了衛 ]

影の中の影 [ 月村了衛 ]
価格:1,728円(税込、送料込)



 日本に潜伏中のウイグル人亡命団が襲われた。送り込まれた中国の刺客、黙認する弱腰の日本政府と警察。絶体絶命の亡命団に、謎の男が救いの手をさしのべ…。『小説新潮』連載「カーガー」を加筆修正し単行本化。

 人民解放軍による悪魔の所業から逃れ、日本に潜伏中のウイグル人亡命団と、事件を追う女性ジャーナリストが襲われた。証拠隠滅をはかるべく送り込まれた中国の刺客。それを黙認する弱腰の日本政府と警察。絶体絶命の亡命団に、謎の男が救いの手をさしのべた。頭脳明晰、身体屈強。ロシア武術を極め、情報機関にも裏社会にも怖れられる存在…。こいつは一体何者なのか? その手がかりは、謎の言葉「カーガー」。

 物語は、理由あって日本で潜伏生活を送り、アメリカへの亡命を企てるウイグル族の亡命者たちと、彼らを見つけ出して始末しようとする中国が送り込んだ特殊部隊、そして亡命者たちを助けるべく特殊部隊と戦う「カーガー」景村瞬一と日本の暴力団員らの攻防を描いた作品。物語としての舞台設定も見事ですが、ある事件をきっかけに世界の闇の部分で生きることを決意した元エリート警察官で、主人公でもある「カーガー」こと景村瞬一の存在感がとにかく印象的。攻防戦も緊迫感があり、ハードボイルドタッチで、一気に読まされました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 15:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/29)

■ 首相会見 税収増を介護や子育てに 予算前倒し執行を

『安倍総理大臣は、新年度・平成28年度予算が成立したことを受けて29日夜、記者会見し、アベノミクスで得られた税収の増加分を介護や子育て支援の充実に充てる考えを強調したうえで、日本経済の再生に向けて可能なものから予算を前倒しして執行するよう、麻生副総理兼財務大臣に指示する考えを示しました』とのことですが、消費税が5%から8%になる時にも、社会保障制度に充てるといいながら、その実態は一部だけしか充てず、無駄なバラマキばかり増やしているのだから、政府が

財政悪化

をさせているのだから、社会保障の充実というのであれば、まずは歳出削減を最優先するべきだ!

■ 給付型奨学金を創設=無利子も拡充−安倍首相

『大学生らを対象にした国の奨学金制度について、首相は「本当に厳しい状況にある子どもたちには、返還が要らなくなる給付型の支援によって、しっかり手を差し伸べる」と述べ、給付型奨学金を創設する考えを表明した』とありますが、財源どうするんだ?

選挙対策にしか見えませんし、創設するのであれば、細かな審査基準を明確にするべきです。

■ 児童虐待の相談ダイヤル 9割がつながる前に切れる

『児童虐待の相談を受け付ける全国共通の相談ダイヤルにかかってきた電話のおよそ9割が、児童相談所につながる前に切れていた』って、厚労省は仕事をする気がないんでしょうね。。。(呆)

いかにも的なお役所仕事ぶりですが、直で管轄の窓口に繋げられるようにすればいいだけなのに、やってることは切り捨てですからね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月29日

『虚人の星』島田雅彦

虚人の星 [ 島田雅彦 ]

虚人の星 [ 島田雅彦 ]
価格:1,728円(税込、送料込)



 戦争はすでに始まっている。国家の自殺を食い止めることはできるのか? 7つの人格を持つ二重スパイと、血筋だけが取り柄の3代目首相。交互に明かされる諜報と政権の秘密。2人が交差する時、日本の命運が決まる。

 小学生のとき父に置き去りにされた星新一は、自分の中の7つの別人格に苦しめられてきた。一方、自由民主党の議員、松平は44歳の若さで首相に就任。血筋と顔立ちだけが取り柄の傀儡首相と思われていたが、ある日米大統領もうならせる名演説を披露して周囲の度肝を抜く……。7つの人格をもつ二重スパイと、血筋だけが取り柄の3代目首相。交互に明かされる諜報と政権の秘密。2人が交差する時、日本の命運が決まる。国家の自殺を食いとめることはできるのか?

 物語は、日本の命運を握る世襲総理と、トラウマを背負った多重人格の男との数奇な交錯を風刺も交えて描いた作品。しかし安全保障問題を取り上げているのはいいものの、その対案が現実的ではなく、安倍政権をパロディ化している設定や、7つの人格を持つ多重人格者レインボーマンという設定は面白かったものの、それが却って小説としての面白さが半減している感じがしましたし、著者らしさの捻りはありましたが、個人的にはイマイチでした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/28)

■ 消費増税延期報道を否定=安倍首相

『安倍晋三首相は28日の参院予算委員会で、来年4月予定の消費税率10%への引き上げを延期する方針を首相が固めたとする産経新聞の報道に関し、「リーマン・ショック、大震災級の出来事が起こらない限り、予定通り消費税を引き上げていく考えだ」と述べ、否定した』とのことですが、それならばもっと真剣に

歳出削減

に取り組むべきだ。

消費税引き上げ延期として、国民に信を問うべく、衆参ダブル選挙を行うべきとも思いますが、増税ありきでしか考えない財務省の言いなりでは、更なる景気悪化にしかなりません。

衆参ダブル選挙直前に、消費税引き上げを表明するのではないかと、個人的にも考えますが、ヘタな駆け引きはするべきではありません。

■ 待機児童解消へ 保育士1人が担当する子どもの数で緩和促す方針

『待機児童解消に向け、政府が28日にも発表する緊急対策で、保育士1人が担当する子どもの数について、自治体が独自に定めているルールの緩和を促す方針を固めた』とのことですが、これでは保育士の負担ばかりが増えるだけ。

規制緩和するにしても、この内容では事故や負担が増えるだろうし、問題の根本解決にもなりません。

■ 23歳男、静岡で確保=「自殺図った」首にけが−女子生徒誘拐容疑・埼玉県警

『埼玉県朝霞市で2014年3月に行方不明になった当時中学1年の女子生徒(15)が東京都中野区で保護された事件で、公開指名手配されていた職業不詳寺内樺風容疑者(23)=中野区東中野=が28日未明、静岡県伊東市内で発見され、警察に身柄を確保された』とのことですが、この容疑者には厳罰処分を希望します。

被害者ならびに、被害者家族の人生を滅茶苦茶にしたことにも怒りを覚えますし、この輩を野放し状態にしていた容疑者の親にも怒りを覚えます。

事件の詳細は表に出ないかもしれませんが、無事に保護された少女に対しては、しっかりとした心のケアを望みます。
posted by babiru_22 at 07:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月28日

楽天市場 期間限定ポイント用買い物メモ

今月末までの期間限定ポイントが幾つか入ってきているので、期間限定ポイント消化用に色々と商品を調べましたが、参考にしている人もいるようですから、自分用も兼ねてここにメモしておきます。


完全無添加 洗顔石鹸 AMO SOAP(アモソープ)お試しモニター】 送料込 100円



制汗 デオドラント お試し 100円/ベルダ オドレメート 】 送料込 100円



消しゴムフェイスけしごむ 4個入り】 送料込 108円



インスタント 緑茶 6本】 送料込 200円



冷蔵庫用クールカーテン】 送料込 205円




期間限定や在庫数限定の商品もありますので、各自で御確認もお願いします。
posted by babiru_22 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『孤狼の血』柚月裕子

孤狼の血 [ 柚月裕子 ]

孤狼の血 [ 柚月裕子 ]
価格:1,836円(税込、送料込)



 昭和63年、広島。新人刑事の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件を追うことになり…。常識外れのマル暴刑事と極道の闘いを描く。『小説野性時代』掲載を単行本化。

 昭和63年、広島。所轄署の捜査二課に配属された新人の日岡は、ヤクザとの癒着を噂される刑事・大上のもとで、暴力団系列の金融会社社員が失踪した事件の捜査を担当することになった。飢えた狼のごとく強引に違法行為を繰り返す大上のやり方に戸惑いながらも、日岡は仁義なき極道の男たちに挑んでいく。やがて失踪事件をきっかけに暴力団同士の抗争が勃発。衝突を食い止めるため、大上が思いも寄らない大胆な秘策を打ち出すが…。正義とは何か、信じられるのは誰か。日岡は本当の試練に立ち向かっていく…。

 物語は、昭和60年代の広島を舞台に、新旧二つの暴力団が対立する町・呉原で、組織犯罪に立ち向かう捜査二課・暴力団係に配属された新米刑事の活躍を描いた作品。著者のこれまでの作品にはない、骨太のハードボイルド作でもありましたが、マル暴刑事と極道の闘いは迫力抜群で、「仁義なき戦い」のオマージュ作品のようにも思えました。ストーリーも読み応えがあり、他の著者の作品も知っているだけに、異質ともいえる本書のハードボイルドさが良かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/27)

■ 【民進党結党大会】「民進党」が発足 結党宣言を採択 国歌斉唱なし

『民主、維新両党が合流する「民進党」の結党大会が27日午後、東京都内のホテルで始まった。大会の冒頭、「自由、共生、未来への責任の旗を高く掲げ、力強く国民とともに進む」との結党宣言を採択し、新党が発足した』とありますが、結党大会というのであれば、政策理念ぐらいは冒頭で言うべきですが、横領すらないとか

これで政党?


とも思ってしまいます。

党の中身すら変えようとしないようなところですし、民主党が元民主とくっついただけですからね。。。

■ 【民進党結党】民進党「期待しない」67%も…支持率8%、両党合計分を下回る 世論調査

『共同通信社が26、27両日に実施した全国電話世論調査によると、民主党と維新の党の合流新党「民進党」について「期待しない」との回答は67.8%で、「期待する」の26.1%を大きく上回った。政党支持率も8.0%にとどまり、2月の前回調査で民主党と維新の党が得た支持率を合計した10.5%を下回った』とありますが、「期待する」の26.1%には驚きです。

期待したいというなら分かりますが、政策議論すらできませんし、これまでの民主党と何ら変わりはなく、無責任体質のままでもあるのだから、期待は全くできませんし、他の野党にもう少し頑張ってほしいです。。。

■ 中国海警局の3隻 尖閣沖の領海に侵入

『27日午後、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船3隻が日本の領海に侵入し、海上保安本部が直ちに領海から出るよう警告を続けています』とのことですが、民間の船ではなく、中国海警局の船3隻ということなのだから、国際法に基づいた対応をしてもらいたい。

完全に日本が中国に舐められているということでもありますが、ここまで相次ぐのであれば、警告だけではなく、威嚇行為をしていくべき。
posted by babiru_22 at 07:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月27日

楽天市場 3月の退店ショップ その3

3月の楽天市場の退店ショップは、

楽天市場 3月の退店ショップ その2

などでも書きましたが、その後も引き続き楽天市場を退店するショップが続いています。


■ マジカルオリーブ  閉店セール実施中

■ 萬遊社ショップ  閉店セール実施中

■ ラ・パペトリー  閉店セール実施中

■ 株式会社三一通商

■ スジャータ めいらくグループ

■ 鳥一代 楽天市場店

■ フレッシュとも

■ ミルファームプラセンタ楽天市場店

■ 崔おばさんのキムチ

■ 佐賀逸品館 楽天市場店

■ maymamiya777

■ Preuve 楽天市場店

■ jw17

■ De-met

■ The Snugg

■ 鹿角いいね!直売所 楽天市場店

■ みえ黒毛和牛専門の店 楽天市場店

■ ディスカウントショップ大洋

■ ワイエス海商 楽天市場店

■ ライズヘッドショップ 楽天市場店

■ happy devil

■ リゾゲイン オンラインショップ

■ ワールドリングス

■ 九州お取り寄せくらぶ

■ 日用品とギフトのアットエブリィ

■ 暮らしのE百貨


「マジカルオリーブ」は、トップページに記載されているように、3月31日までの現在閉店セールが行われています。

「萬遊社ショップ」も、トップページに記載されているように、5月末日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「ラ・パペトリー」も、トップページに記載されているように、4月5日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。


なお、楽天市場での二重価格での不当表示問題などで、改装中の状態のショップが非常に多くなっています。

その改装中も、改装中となってから半年以上も経過して、退店となっているショップも改装中のままになっているところも多く見られます。

そうしたショップは、分かる範囲で、上記には取り上げていませんが、こちらで取り上げたショップで一時的な閉店ショップもあるかもしれませんので、ご理解下さい。

退店ラッシュが続いており、今月も退店されるショップは他にもあるでしょうから、引き続き調べていきます。

また、ショップのトップページで閉店案内を出しているところなどは調べられますが、分からないショップもありますので、ショップのメールマガジンなどで閉店情報がありましたら、情報をお知らせいただければと思います。

極稀に本当の改装中状態や一時休店状態のショップも、検索上こちらで取り上げることがありますが、御連絡いただければ確認次第修正しますので、誤った記事内容がありましたら、御一報いただきたく思います。
posted by babiru_22 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/26)

■ 中国、植林基金へ資金拠出拒否 政府、単独で90億円出資へ

『故小渕恵三元首相が提唱し、中国での植林活動を支援する「日中緑化交流基金」に関し、日本政府が事業を継続するため中国政府に資金の拠出を要請したが、拒否されていたことが分かった。外交筋が26日、明らかにした。日本政府は「友好促進のため、事業を続ける必要がある」(関係者)として、2015年度補正予算で3月末までに約90億円を出資する』とありますが、中国に拒否されているなら90億円も出資する必要はありません。

今の日本の財政状況では、資金の拠出をできるような余裕すら全くないというのに、

ふざけるな!

■ 参院選敗北なら民進党代表辞任…岡田氏

『民主党の岡田代表は26日、民進党代表として臨む夏の参院選の結果次第で、代表を辞任する意向を示した』って、辞任確定じゃんwww

それならば、まだ参院選前に辞任した方が印象度合いは良いとも思いますが、どうせ代表はまたグルグル回るだけでしょうが、選挙の度に代表だけしか変わりませんね。

■ 「おじが死んだ」「おばも…」うそ忌引と法事休暇17回、丸亀市職員を停職 金曜に集中で上司が不審

『親族が亡くなったなどとうそをつき、有給の忌引や法事の休暇計17回を不正に取得したとして、香川県丸亀市が総務部主査の女性職員(50)を停職6カ月の懲戒処分としていた』とのことですが、民間企業なら確実にクビですが、これでも停職6カ月の懲戒処分ですか。。。(呆)

民間企業であれば、忌引や法事で有休を取るにしても、斎場などの場所を会社側に提出しなければならないとも思いますが、そうした当たり前の確認すら役場はしないのだろうか?

■ 北海道新幹線が開業=津軽海峡越え本州直結−東京から新函館北斗4時間

『北海道新幹線(新青森−新函館北斗、約149キロ)が26日、開業した。東京と新函館北斗は最速4時間2分。津軽海峡を越え北海道から本州、九州まで初めて新幹線でつながった』とあり、昨日の北海道のテレビ番組でも、北海道新幹線開業の話題ばかりでした。

北海道新幹線開業初日の昨日は、開業記念ということもあって、道内も盛り上がっていたようですが、今後の乗車率などはどの程度であるのかなど、気になるところではあります。

願わくば、北海道に大きな経済効果をもたらしてほしいですが、札幌市まで延びないと、JR北海道の経営的にも厳しいでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

『牛を飼う球団』喜瀬雅則

牛を飼う球団 [ 喜瀬雅則 ]

牛を飼う球団 [ 喜瀬雅則 ]
価格:1,512円(税込、送料込)



 オーナーが球場で売り子になる。練習後、選手たちが農作業に精を出す。そして牛を飼う…。経営難のプロ野球独立リーグ「高知ファイティングドッグス」が成し遂げた“奇跡の軌跡”を追った地方創生ノンフィクション。

 経営難で球団存亡の危機に瀕していたプロ野球・独立リーグの四国アイランドリーグプラスに所属する球団「高知ファイティングドッグス」。しかし、若き実業家・北古味鈴太郎がオーナーに就任することで事態は大きく変わっていく。鈴太郎は前例のない取り組みで球団を活性化させ、無謀とも思える球団の黒字化を目指していく。そのなかで始めたのが「牛を飼う」ことだった……。

 本書は、過疎の町をホームタウンとすることで選手寮や練習場を手に入れ、選手たちを農業に従事させるという、既成概念にとらわれないチャレンジで、黒字化を達成した、独立リーグの四国アイランドリーグプラスの「高知ファイティングドッグス」という地方球団を取材したノンフィクション。野球ファンとして「高知ファイティングドッグス」の存在は知ってはいたものの、このような取り組みをしていることは知りませんでした。人口減少と高齢化が進み、県民所得も全国最低クラスの高知県で、主力スポンサーがつかず、球団は存亡の危機の中で、当時33歳の不動産会社社長がオーナーを引き受け、選手が農業に取り組む地域密着の経営で、単年度黒字化を達成するという実話は、野球ファンだけに限らず、これこそ地方創生の形だと思います。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/25)

■ 【韓国人学校に都有地貸与】都庁前でデモ、批判3千件超が殺到 舛添知事は「撤回しない」

『韓国人学校を増設するため、東京都が新宿区にある約6千平方メートルの都有地を韓国政府に貸し出す方針を固めたことに、批判が相次いでいる問題で、舛添要一知事は25日、報道陣の取材に対し「(見直す考えは)全然ありません」と計画を撤回しない考えを示した。都有地のあるJR市ケ谷駅周辺はマンション新設が相次ぎ、保育ニーズも高まっているが、舛添氏は「なんでもかんでも保育園のニーズ、ニーズ。都有地を国際親善に使うことが問題なのか」と述べた』って、優先度合いを考えれば、どう考えても保育園でしょうよ。

しかも「都有地を国際親善に使うことが問題なのか」とか、

逆ギレ

までして、知事であるなら、まずは都民のことを考えろ!(怒)

■ 自民・山田俊男氏が暴力=党会合後、JA関係者に

『関係者によると山田氏は会合後、農業政策をめぐってJA関係者と口論になり、相手の腹部を拳で殴ったという。(中略)ただ、「相手は親しい元同僚であり、暴力という認識はなかった」とも釈明したという』とありますが、相手を殴っておいて、暴力という認識がないとか、こんな輩は政治家たる資格はありません。(怒)

議員辞職をするべきですし、自民党も離党勧告するべきだ!

■ 「ガチャ」課金、上限5万円に 業界団体が自主規制へ

『スマホ向けソーシャルゲームで高額な課金が問題になっている有料くじの「ガチャ」について、業界団体「日本オンラインゲーム協会」は24日、課金上限額を5万円とし、当たりの確率を明示することなどを柱とした自主規制をまとめた』とありますが、自主規制もやってますよというパフォーマンスでしょうね。

また、「課金上限額を5万円」ともありますが、これでは5万円まではレアアイテムを出さないといっているようなもので、自主規制としても中途半端すぎます。
posted by babiru_22 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月25日

『ありきたりの痛み』東山彰良

ありきたりの痛み [ 東山彰良 ]

ありきたりの痛み [ 東山彰良 ]
価格:1,512円(税込、送料込)



 日本と台湾を行き来して過ごした子ども時代、偏愛する作家と音楽とテキーラ、映画コラム、直木賞受賞からパーティーまでの狂騒の1ケ月…。作家・東山彰良の初のエッセイ集。『西日本新聞』掲載などをまとめて単行本化。

 日本と台湾を行き来して過ごした子ども時代の思い出。影響を受けてきた小説や音楽への偏愛を綴った自伝エッセイ。小説の取材で訪れた台湾と、『流』に登場する馬爺爺(じいさん)のこと。5年半連載した映画コラムと、テキーラマエストロの資格を取るほど愛好するテキーラの紹介。直木賞受賞からパーティーまでの、狂騒の1ヶ月……。小説『流』が前代未聞の満票で直木賞を受賞した東山彰良、初のエッセイ集。

 著者の作品は幾つか読んでいましたが、初エッセイとなる本書は、著者の人となりが伺える自伝エッセイでもあります。特に映画コラムは、作品については勿論のこと、自身の体験談も交えて面白く読むことができます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/24)

■ 若年の低所得者層に商品券 政府が新たな消費刺激策 28年度補正予算案の目玉

『政府は23日、景気刺激のため編成する平成28年度補正予算案の目玉として、若年層の低所得者対策を盛り込む方針を固めた。生活必需品などの購入にあてられる商品券の配布を検討する』とのことですが、単なる

バラマキ

じゃないか!(怒)

こんなことでは財政健全化などできるはずもありませんし、何度も書いていますが、今の日本にはそんな余裕はありませんし、これで消費税引き上げとか、日本の財政を破壊するつもりか!(怒)

■ 乙武氏 どうなる参院選出馬 自民関係者「世論反応見て決める」

『自民関係者は党の対応について「記事が出て世論の反応を見てから決めることになるだろう」と明かした』って、世論の反応よりも、党で即座に決めることでしょうが!(怒)

というか、倫理を考えるべきであり、良識のある人物でなければ出馬させるべきではありません!

■ 【IS志願邦人拘束】男性が帰国 地元・和歌山では「信じられない」「過激なことをする子とは…」と衝撃

『警察当局によると、過激派組織「イスラム国」(IS)に参加しようとしてシリアとの国境地帯でトルコ治安当局に拘束され、国外退去処分になった日本人の男性(23)が24日夜、民間機で関西空港に到着した』とのことですが、これで本人ばかりではなく、家族も公安の監視下に置かれるのでしょうね。。。

本人はどのように思いで、ISILに参加しようとしたのかは分かりませんが、テロリストに加わろうとしたことは事実でもあり、身勝手な行動が、家族や周囲に多大なる迷惑をかけていることぐらい自分で感じろと言いたい。
posted by babiru_22 at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月24日

『面白くて眠れなくなる遺伝子』竹内薫/丸山篤史

面白くて眠れなくなる遺伝子 [ 竹内薫 ]

面白くて眠れなくなる遺伝子 [ 竹内薫 ]
価格:1,404円(税込、送料込)



 長寿遺伝子があるって本当? キメラ動物を作ることは可能か? DNA捜査は信用できる? 最新の研究成果まで含めた遺伝にまつわるさまざまな話を、読み物として楽しめるように紹介する。

 長寿遺伝子があるって本当!?、キメラ動物を作ることは可能か?、DNA捜査は信用できる?、遺伝子組み換えの真実、iPS細胞と「細胞の運命」、ヒトゲノムを解読せよ!…など、最新の研究成果を含めた遺伝にまつわる様々なエピソードを、分かりやすく紹介。

 本書は、遺伝子についてを分かりやすく、かつ面白くまとめたもの。iSP細胞やDNA鑑定などの他にも、遺伝子組み換え食品についてや、コンビニの弁当はなぜ腐りにくいか?など、読みやすく分かりやすい内容です。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/23)

■ 沖縄県経済の記述巡り教科書の修正検討

『先週、国の検定に合格した高校の現代社会の教科書の中に、沖縄県の経済について、「基地に依存している度合いはきわめて高い」という記述があり、「事実と異なる」などと抗議や指摘が相次いでいることが分かりました。この教科書を作成した教科書会社は記述を修正する方向で検討しています』って、基地に依存している度合いが極めて高いのは

事実じゃん

事実と異なるというのであれば、振興費を全額国に返金すべきで、現実は認めることから始めて下さい。。。

■ 安倍首相、春闘に不満=「もう少し期待していた」

『安倍晋三首相は23日の参院総務委員会で、2016年春闘での大手企業の回答について「空前の利益を上げているので、もう少し期待をしていたのも事実だ」と述べた』とありますが、果たして本当に空前の利益を上げているのだろうか?

また、利益を上げているにしても、大手企業は内部留保するのだから、法人税を上げるべきとも思います。

■ 「障害児増え学力低調」 鹿島市教育長、発言を陳謝

『教育長は12月議会で議員から学力向上の結果が出ない問題点はどこにあるかと尋ねられた際、「最近強く感じるが発達障害の子どもたちが少しずつ増えている。特別支援学級の子どもも若干増えている」などと説明した。直後の答弁で「発達障害を理由にしたことは訂正する」と述べた』とのことで、発言内容だけを取ると、誤解を与えかねない問題発言とも思いますから、陳謝も当然でしょう。

ただ、個人的に思うことでもありますが、近年は発達障害の子供が確かに増えているとも感じますし、そうした子供が、小学校などの授業中に勝手に教室内を歩き回ったりしているということも聞きます。

おそらく全国的にも、発達障害の子供は増えているのでしょうし、直接学力と結び付けるべきではないかもしれませんが、対処方法などを明確にするべきと思いますし、他の生徒に対して授業妨害をしたりするのであれば、是正対策も必要とも思います。。。
posted by babiru_22 at 07:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月23日

『オキナワ論 在沖縄海兵隊元幹部の告白』ロバート・D・エルドリッジ

オキナワ論 [ ロバート・D・エルドリッヂ ]

オキナワ論 [ ロバート・D・エルドリッヂ ]
価格:756円(税込、送料込)



 「NO」しか言わないオキナワのままでいいのか? 政治的思惑と感情論ばかりが支配する空気に抗い、事実に基づいて日・米・沖のあるべき姿を探究し続けた著者が、沖縄問題の虚実を解き明かす。

 「NO」しか言わないオキナワのままでいいのか? 誤解だらけの基地問題、政権交代とトモダチ作戦の裏側、偏向するメディア……政治的思惑と感情論ばかりが支配する空気に抗い、事実に基づいて日・米・沖のあるべき姿を探究し続けた20年。歴史研究者として、海兵隊の政治顧問として、情熱を傾けてきた著者が沖縄問題の虚実を解き明かす。沖縄も政府も米軍も、傾聴すべき直言が満載の刺激的論考。

 本書は、沖縄メディアの問題点を見事に指摘した内容で、その問題点一つ一つを分かりやすくまとめています。そうした問題の指摘だけでなく、沖縄の様々な問題に対して、提言も書かれています。著者は、歴史研究者でもあり、日本とアメリカの架け橋になろうと、在沖縄米軍海兵隊外交政策部次長を担当していのしたが、キャンプ・シュワブ前での抗議活動を撮影していた基地カメラの映像を、無許可で第三者に流出させたとして解雇された人でもありますが、長く日本に住んでいる人でもありますから、日本の考えも理解しており、米軍の考えも理解されている方で、沖縄問題についても、鋭い指摘をされています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(3/22)

■ 政府が「共産党は破防法調査対象」と答弁書を閣議決定

『政府は22日の閣議で、共産党について「現在においても破壊活動防止法(破防法)に基づく調査対象団体である」との答弁書を決定した。破防法は、暴力主義的破壊活動をした団体の活動制限などを定めているが、政府が調査対象の団体を明示するのは異例。答弁書では、共産党が「暴力革命の方針」を継続しているとの認識も示した』とのことですが、日本共産党は

ダンマリ

ですか?(呆)

マスコミも日本共産党の歴史の事実を、しっかりと報道もらいたい。

■ 文化庁移転に京都市民歓迎 職員は「一体感失う」懸念

『文化庁が数年内に京都府へ全面移転することが22日、決まった。京都市民からは歓迎の声が上がる一方、文化庁職員からは「組織としての一体感がなくならないか」と懸念する意見も出ている』とありますが、文化庁の京都への全面移転は概ね賛成です。

ただ、「文化庁職員からは「組織としての一体感がなくならないか」と懸念する意見も出ている」って、組織としての一体感って何なんだか。。。

■ 防衛大学校 民間挑戦の男子 安保法論じぬ硬直性に違和感

『防衛大の卒業式で卒業生の帽子が一斉に宙を舞ったその時、任官拒否した男子学生の1人は式場ではなく、校内の別の場にいた。任官拒否者は式に出席できない。防衛大学校の卒業式が21日、神奈川県横須賀市の防衛大であった。卒業後に自衛官への任官を辞退する「任官拒否者」は卒業生419人中、11%にあたる47人に上り、昨年に比べ2倍近くに達した。男子学生は安全保障関連法が理由で任官拒否したわけではないが、その国会審議を機に組織への違和感が募ったという』とのことですが、個人的には記事内容に違和感を覚えます。

防大は一般の大学とは違って、学費はかからず、給金も貰えるのだから、任官拒否すれば卒業式に出られないのも当然のことで、違和感があるというなら、途中で退学して他の一般大学に入り直すべき。

しかし、そもそも違和感が募るとか、何のために防大に入ったのだろうと思いますし、記事内容も防大に非があるような記事の書き方になっていることに、違和感を覚えます。

■ 野球賭博処分 無期失格と1年間失格の差にネット上は疑問の声

『日本野球機構(NPB)の調査委員会は22日、都内で会見を行い、野球賭博への関与が明らかになった巨人の高木京介投手(26)を1年間の失格処分とする処分案を発表した。(中略)処分案とはいえ、高木投手と3人の差にインターネット上には疑問の声が相次いだ。「なぜ処分に差が?そこを説明しないと誰も納得しない」「甘すぎると思う。他の3人とどう違うというのか。むしろ隠していた分、こちらの方が重い罰でもおかしくない」などと厳しい意見が噴出。「他の3人は戦力外。高木は1軍戦力として計算してるから?」などと、うがった見方も見られた』とありますが、この処分の差は納得しがたいものがあります。

この処分発表後に、巨人は高木投手の契約解除を発表しましたが、正直に話した選手は無期失格で、嘘をついて隠していたら1年間の失格処分というのは、どうにも納得いかない内容です。

そもそも巨人が高木選手だけ記者会見させるというのも、対応の違いがありすぎますし、NPBの球団に対する罰金処分についても甘すぎます。(怒)

■ ヤクルトなど、高校野球で賭け=ドーピングでも現金−プロ野球

『ヤクルト、阪神、ソフトバンク3球団は22日、野球に関する選手間の現金授受問題の調査で新たに判明した事実を公表した』とのことですが、この3球団も高校野球を対象に金銭の授受があったのであれば、全てアウト。

ヤクルトは高校野球賭博で賭博法違反にも当たりますし、阪神とソフトバンクは、高校野球くじとのことですが、こちらは富くじ法違反。

日本野球機構は、これらの球団に対しても厳しい処罰をすべきで、いくら開幕戦が近いとはいえ、違法行為でもあるのだから、警察も動くべきだ。
posted by babiru_22 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

『犬の掟』佐々木譲

犬の掟 [ 佐々木譲 ]

犬の掟 [ 佐々木譲 ]
価格:1,944円(税込、送料込)



 東京湾岸で射殺体が発見された。蒲田署の刑事は事件を追い、捜査一課の同期刑事には内偵の密命が下る。2組の捜査が交錯し、刑事の嗅覚が死角に潜む犯人をあぶり出していく…。『週刊新潮』連載を単行本化。

 迷わず撃て。お前が警官ならば……。緊迫の40時間を描く王道の警察小説。東京湾岸で射殺体が発見された。蒲田署の刑事は事件を追い、捜査一課の同期刑事には内偵の密命が下される。所轄署より先に犯人を突き止めよ……。浮かび上がる幾つもの不審死、半グレグループの暗躍、公安の影。2組の捜査が交錯し、刑事の嗅覚が死角に潜む犯人をあぶり出していく……。比類なき疾走感で描ききる本格捜査小説。

 物語は、京浜工業地帯を舞台に、4人の刑事の捜査を描いた警察小説。著者らしい警察小説ではあるものの、登場人物が非常に多く、そのため何度か読み返したりと、展開と登場人物を頭の中で整理するのが、多少面倒には感じました。それぞれの視点と、相次ぐ事件は、少々展開に詰め込みすぎのようにも思いましたが、スピード感ある作品でした。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 13:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする