2016年06月30日

『アシタノユキカタ』小路幸也

アシタノユキカタ [ 小路幸也 ]
価格:1620円(税込、送料無料)




 高校教師の修一は、キャバクラ嬢の由希と一緒に、熊本で療養中のかつての教え子・凛子のもとへ凛子の娘を届けることに…。札幌から熊本まで、ワケあり3人の奇妙なドライブが始まった…。『FeelLove』等連載を書籍化。

 「先生、この子を母親のところまで連れて行ってくれないかしら」 ある日、10歳の少女あすかを連れて訪ねてきたキャバクラ嬢の由希は、札幌に暮らす「片原修一」に迫った。あすかは高校教師だった彼の教え子鈴崎凜子の娘で、由希は凛子の親友だという。凛子は現在、帰省した熊本で緊急入院しているらしい。なぜ僕が?と応じる「修一」に、かつて2人が“特別な関係”だったことを持ち出す由希。かくしてそれぞれが抱える“大人の事情”も絡み合う、日本縦断7日間の奇妙な旅が始まった……。 札幌から熊本まで2000キロ。『東京バンドワゴン』の著者が描く心温まるロードノベル。

 物語は、札幌から熊本までのロードノベルが描かれるストーリー。小路幸也らしい作品ではありますが、展開が淡々としすぎていて、テンポは良かったものの、物語としては正直物足りなさを感じました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/29)

■ 【共産「人殺す予算」発言】共産・志位和夫委員長「私たちも不適切と考える」 謝罪はなし

『共産党の志位和夫委員長は27日、同党の藤野保史政策委員長が26日のNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言したことに関し、「海外での戦争のための装備などを念頭に言ったが、そういう前提なしに発言した。私たちも、あの発言は不適切だと考える」と説明した。藤野氏を口頭で注意したことも明らかにしたが、謝罪の言葉はなかった』って、普段は任命責任を激しく追及するのに、共産党も身内に

甘すぎるわ!

与党には徹底追及するのに、身内は自ら幕引きとか、これではもう他の党の追及すらできないだろうし、それこそ任命責任を果たすべきだ!(怒)

■ 【共産「人殺す予算」発言】民進党・岡田克也代表「野党共闘への影響ない」 与党の批判は「無視だ」

『与党が藤野氏の発言を引き合いに「民共連携」への批判を強めていることに関しては、「反論すれば(同じ)土俵に乗るので、無視だ。こんなことで何でも批判しようとする自民党の有力者を非常に残念に思う。国民はそういう姿が分かっている」と持論を述べた』とありますが、批判しているのは与党だけでなく、国民も批判しているのに、それを無視って、民意すら否定するんですね。。。(呆)

しかも『何でも批判しようとする自民党の有力者を非常に残念に思う』って、もう何度目のブーメランなんだか。。。(呆)

■ 【東京都知事選】自民・小池百合子元防衛相が出馬表明 「崖から飛び降りる覚悟で挑戦したい」

『自民党の小池百合子元防衛相(63)=衆院東京10区選出=は29日午前、国会内で記者会見し、東京都の舛添要一前知事の辞職に伴う都知事選(7月14日告示、31日投開票)への立候補を表明した』とのことですが、自民党党内や都議連とも話し合いをして、党内一本化として出馬するならともかく、どうも様々なニュースなどを見ていると、この出馬表明は暴走でしょう。

自民党執行部に何の連絡もなく、いきなり出馬会見を開いたようで、裏で色々とやっていたのかもしれませんが、周りに相談もなく出馬とか、舛添と同じ感じにしか見えませんが。。。

■ 社民党の福島みずほ、公職選挙法違反を指摘されてダッシュで逃亡

『社民党の福島みずほ副党首(元党首)が駅構内と電車内で選挙活動を行い、完全に一線を越えた行為をやらかしてしまったと騒動になっている。社民党は増山れな氏が同じ行為で炎上したばかり。党ぐるみでやっているのだろうか…。』とあり、記事では証拠の画像もアップされていますが、これは公職選挙法違反の

確信犯

ですね。。。

弁護士でもあるのだから、公職選挙法について知らないわけはありませんし、公職選挙法違反だけでなく、鉄道営業法違反もやらかすとか、こういう輩は政治家の資格はありません。(怒)
posted by babiru_22 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

『海は見えるか』真山 仁

海は見えるか [ 真山仁 ]
価格:1620円(税込、送料無料)




 東日本大震災から1年以上経ても厳しい現実は続いていた。それでも、阪神・淡路大震災で妻子を失った教師がいる小学校では、希望が芽生え始め…。「そして、星の輝く夜がくる」に連なる連作短編。『パピルス』連載を単行本化。

 本書は、阪神・淡路大震災の被災経験を持つ中年の男性教師・小野寺徹平が東日本大震災発生後間もない東北の小学校に派遣され、架空の街・遠間市を舞台に、子供たちの交流を描いた『そして、星の輝く夜がくる』の続編。物語は7章に分けられ、震災から1年が過ぎたか復興はなかなか進まず、子供たちも様々な傷を抱えている中、小野寺が様々な出来事に直面します。連作ではあるものの、それぞれにズシリと重い内容で、PTSDを抱える子供達、防潮堤建設、被災地医療など、現実問題がしっかりと描かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/28)

■ 【共産「人殺す予算」発言】共産・藤野保史氏発言 「自衛隊に助けられた」地震被災者は猛反発…民進陣営から悲鳴「共産共闘は間違いだった」

『共産党の藤野保史政策委員長が26日のNHK番組で防衛費を「人を殺すための予算」と発言した波紋が、九州・山口でも広がっている。特に熊本地震の被災地では、自衛隊の活動を目の当たりにしただけに、反発の声が高まる』とありますが、この失言は参議院選挙においても、影響が出るでしょう。

記事にもありますが、『「多くの患者の命を救えたのも、自衛隊が頑張ってくれたからだ。共産党の幹部が『人を殺すための予算』と発言したそうだが、なぜそういうことを口にするのか理解に苦しむ」』という声は当然のこと。

日本共産党も発言の撤回はしましたが、自衛隊に対して謝罪すらしないとか、発言が間違いだったと認めるなら、まずは相手に対して

詫びるべき

で、それすらしないとか、何様なんだと言いたい。

■ AIIB総裁「新たに30近い国が参加の意向」

『AIIB=アジアインフラ投資銀行の金立群総裁は、アジア以外の地域も含む30近くの国々が、AIIBに新たに参加することになるという見通しを示しました』って、参加の見通しがあるなら、なんで一部だけでも国名を発表しないんだか。。。

借りたい国が30近くあるというようにしか見えませんが、AIIBもどうなっていくことやら。。。

■ 携帯3社の長期割引、顧客から不満続出 料金プランさらに複雑に

『携帯大手3社が5月末までに発表した長期利用者向けサービスに対し、顧客から不満の声が噴出している。サービスを受けるための条件の厳しさや値引き額が少ないほか、KDDIとソフトバンクが実施するポイントでの還元も不評を買っているようだ。2年契約を前提に割引が受けられる「2年縛り」の見直しプランも各社は発表したが、もともとわかりにくかった料金プランがさらに複雑になったとの指摘も出ている』とありますが、長期割引サービスだけでなく、携帯各社はとにかくプランが複雑すぎ。

ライトユーザー向けとヘービーユーザー向けとで、できるだけプラスもシンプルにできそうなものですが、複雑化にして、利用者を騙しているようにも思いますね。。。
posted by babiru_22 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月28日

『ロスト』呉 勝浩

ロスト [ 呉勝浩 ]
価格:1890円(税込、送料無料)




 「これは営利誘拐だ」無断欠勤の村瀬梓が勤めるコールセンターにかかってきた犯行電話。身代金は1億円、輸送役は100人の警官。なぜ、家族ではなく、会社にかけてきたのか。警察と関係者たちは犯人に翻弄されていく…。

 「ムラセアズサを預かっている。これはイタズラではなく、正真正銘の営利誘拐だ」無断欠勤を続けていた村瀬梓が勤めるコールセンターにかかってきた犯行電話。身代金の要求額は1億円、輸送役は100人の警官。なぜ、家族ではなく、会社にかけてきたのか。なぜ、1億円なのか。なぜ、100人も必要なのか。警察と“関係者”たちは、ピュワイトを名乗る犯人に翻弄されていく…。

 物語は、誘拐事件の真相を解き明かしていくストーリーで、設定は面白く、途中までは興味深く読み進みましたが、肝心部分でもある事件そのものの必然性が感じられず、展開が設定を活かしきれていないことが非常に残念です。著者の前作の『道徳の時間』も同じように、設定が面白いものの、その設定が活かされない展開でもありましたが、今回も登場人物がやたらと多く、それが事件の背景が中途半端になっていて、素材が活かされない物語という印象が強いです。

【満足度】 ★★
posted by babiru_22 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/27)

■ 野党、テレビ局に党首討論要請 民進、共産、社民、生活4党

『民進、共産、社民、生活4党の幹事長・書記局長は27日、在京テレビ6社に、参院選投開票日の7月10日までに党首討論会を開催するよう文書で要請した』とのことですが、情勢が悪いから、何とか注目を集めたいというところでしょうね。。。

批判合戦しかやらず、

政策議論

こそすべきなのに、今になって党首討論の要請をテレビ局に求めるとか、順番が違いすぎるわ。。。(呆)

■ 尖閣沖 中国海警局の3隻が領海に侵入

『27日午前10時すぎ、尖閣諸島の魚釣島の沖合で、中国海警局の船3隻が相次いで日本の領海に侵入しました』って、こんな時でも民進党や共産党はダンマリかよ!(怒)

領海侵犯したのであれば、国際法に照らし合わせた対応をするべきで、参議院選挙中で火事場泥棒のようなことまでする中国には、厳しい態度で行動していくべきだ!

■ 「今では離脱に投票したことを後悔…」

『イギリスではEU離脱が決まったことへの反発や不安が都市部を中心に広がっている。国内では離脱に投票したことに後悔する声もあがっている』とのことですが、正直、有権者としてはあまりにも無責任だと思います。

勿論、今後のことも考えて真剣に投票した人もいるでしょうが、政治は生活に直結するものでもあるのだから、有権者として一票の重さということを考えてほしい。

■ 50歳裁判官、「縄で縛られた自分」とツイッターに半裸画像投稿 東京高裁が厳重注意

『ツイッターに「縄で縛られた自分」とする半裸の画像などを投稿し、裁判官の品位を傷つけたとして、東京高裁の岡口基一裁判官(50)が、同高裁の戸倉三郎長官から今月21日に厳重注意を受けていた』って、こんな輩は厳重注意どころか懲戒免職処分にするべき。

高裁の裁判官がこれですから、まともな判決も出せないケースが多くなっているんですね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

『闇経済の怪物たち グレービジネスでボロ儲けする人々』溝口 敦

闇経済の怪物たち [ 溝口敦 ]
価格:799円(税込、送料無料)




 裏情報提供、デリヘル経営、仮想通貨販売…。完全に違法とは言えないが後ろ暗さが拭えないグレービジネス。法律スレスレの世界で荒稼ぎする9人の企業家たちの実態に、極道取材の第一人者が迫る。『小説宝石』連載を加筆修正。

 本書で取り上げるのはほとんどグレービジネス界の勝者といっていい人物たちである。ネットでの裏情報提供業者、出会い系サイト、デリヘルの経営、危険ドラッグの仕切屋、闇カジノのイカサマ・ディーラー、FXや仮想通貨販売業、六本木・関東連合の育ての親、純金インゴットの密輸入や振り込めなど特殊詐欺の首領、街場の顔役の9人が登場する。

 本書は、法律スレスレの世界で、荒稼ぎするグレーゾーンの企業家たちの知られざる実態に迫ったノンフィクション。刺激的な情報を扱う「裏」情報サイトの主宰者、表のビジネスは広告代理店だが裏では出合い系サイトを経営するやり手社長のほか、デリヘル、危険ドラッグ、イカサマ・カジノディーラーなど、グレービジネスに携わる9名の経営者が登場しますが、著者は裏社会の取材の第一人者でもあるだけに、取材内容も赤裸々に明かされています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/26)

■ 鳩山元首相がAIIB顧問=中国、日米切り崩し狙う

『鳩山由紀夫元首相が、中国主導で設立されたアジアインフラ投資銀行(AIIB)の顧問となる「国際諮問委員会」の委員に就任する』って、相変わらず中国にいいように利用させてますね。。。(呆)

顧問にする中国も馬鹿すぎますが、馬鹿ポッポを顧問にするとか、AIIBにとっては完全に

死亡フラグ

じゃんwww

これでAIIBを終了させれば、馬鹿ポッポが自爆のスイッチを押すようなものですし、日米を切り崩すというよりも、AIIBの崩壊が進むでしょうね。。。

■ 「右手に自民、左手に民進を使い分けて」 民進・安住氏く

『私どもの党が稚拙なところはたくさんありましたよ。せっかくもらった政権を台無しにしたからね。でも、2012年衆院選、13年参院選、14年衆院選、自民党に3回連続勝たせて、パチンコじゃないけれど、777でジャラジャラってパチンコの数ぐらいの自民党議員ですよ』って、安住は何が言いたいんだ?(呆)

ただ、この発言は、国民に責任転嫁しているようなもので、何で自分達が支持されていないかすら分からない、お馬鹿集団であると言ってるようなもの。

これを言って、同情で投票してもらおうと思っているのだろうが、有権者を馬鹿にした発言内容ですし、やはり民進党は一度ガラガラポンしないとダメですね。。。

■ 「防衛費は人を殺す予算」 共産・藤野政策委員長がNHKで 他党議員は発言取り消しを勧めたが…

『共産党の藤野保史政策委員長は26日出演したNHK番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた』とのことで、さすがは日本共産党、基地外ぶりにもブレはありませんね。。。(呆)

こんな馬鹿げた発言をすれば、有権者から見放されるでしょうが、これって日本共産党は防衛すら拒否していると見なされるでしょうが、そこまで言うのであれば、同じ言葉を中国共産党にも言ってみなさいって。。。

あれ、なんで言えないんですか?(呆)

■ 英・EU離脱 生活・小沢代表、野党の重要性を訴える

『小沢氏は、「歴史の過ちを繰り返してはならない」として、「民主主義が、きちんと作用する社会に、日本を1日も早くしなければならない」と、野党の重要性を訴えた』とありますが、野党の重要性を訴えるなら、まずはその野党こそしっかりしろ!(怒)

自分達のせいで政権がダメになったというのに、自らの責任ということも全く考えていないのは呆れる他ありません。

■ 高校の政治教育「行き過ぎた中立」で「教育の自由」の侵害を危惧…日弁連が意見書

『日弁連は6月24日、「18歳選挙権」に関連し、政治的中立性の確保を理由に高校教師らの授業運営を必要以上に制限しないよう求める意見書を、文部科学大臣や各都道府県などに送ったと発表した。規制が行き過ぎると、政治的論争のある問題を取り上げられなくなり、生徒の学習権が侵害される可能性があるなどとしている』って、「行き過ぎた中立」という意味が理解不能ですし、日弁連って頭が悪すぎるとしか思えません。

それならば、教師が自分自身の政治的見解を生徒に押し付ける事は絶対にあってはならないことであり、弁護士ならば法律にも詳しいだろうから、それならば、地公法にもある地方公務員による政治活動禁止こそ徹底しろ!
posted by babiru_22 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月26日

昨日の出来事(6/25)

■ 野党、英「EU離脱」対応で政府批判

『民進党の岡田代表は24日の記者会見で「国民投票は予定が決まっていた。主要閣僚が首相や官房長官を含めて(東京に)いないということは、こういう結果にならないと高をくくっていたか、能天気だったのか、どちらかしかない」と批判した』って、民進党は

批判ありき

でしか物事が考えられないのか?(呆)

首相が都内にいたからといって、何かできたわけでもないのに、東京にいなかったことで批判するというなら、岡田代表の対応案こそ出すべきで、頭がおかしいとしか思えませんが。。。(呆)

■ 参院選 毎日新聞総合調査 「1人区」野党苦戦 共闘の効果薄く

『今回の調査で野党系が優勢なのは3選挙区だけで、接戦も3選挙区。民進幹部は「この通りなら、共闘がマイナスになった可能性がある」と渋い表情だ』とありますが、民進党と共産党の共闘がプラスになると思っていたこと自体、個人的には理解不能。

見ていてつくづく思いますが、野党は政策をアピールするのではなく、単なる与党批判ばかり。

政策議論をするような参院選なのに、政策で争う姿勢になっていないのだから、これでは無党派層にすら嫌われますわ。。。

■ ロンドン独立求め数万人が署名、英国のEU離脱で

『英国の欧州連合(EU)残留か離脱かを問う国民投票で離脱派が勝利したことを受けて、数万人のロンドン(London)市民が同市の独立とEUへの残留を求めるネット上の請願に署名した。また、ロンドンのサディク・カーン(Sadiq Khan)市長は、英国のEUからの離脱交渉において、ロンドンには発言権があるはずだと語った。(中略)請願は「ロンドンは国際的な都市であり、私たちはこの欧州の中心に残りたい」とし、さらに「ロンドンの独立を宣言し、EUへの加盟を申請するようサディク・カーン市長に求めている」と述べている』とありますが、この事態で、ヘタするとイギリス国内でも内戦が起きるのではないか?とも思ってしまいます。

しかも、ロンドン市だけ独立を宣言とか、どこぞの知事のような、お花畑全開が市長をしているようでは、お先真っ暗です。。。(呆)

■ EU「英国はなるべく速やかに離脱を」、未練断つ共同声明

『英国の国民投票で欧州連合(EU)離脱派が勝利し、加盟各国の「ドミノ離脱」へと発展する懸念が高まる中、大打撃を受けたEUは24日、英国に対して「なるべく速やかに」離脱するよう促した』って、単に逆ギレの声明を出しているとしか見えません。

自分達の今後こそしっかりと考えるべきですが、EU各国って、イギリスが離脱することでどうなるかすら、ひょっとして分かっていないのだろうか?
posted by babiru_22 at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月25日

『やってはいけないウォーキング』青柳幸利

やってはいけないウォーキング [ 青柳幸利 ]
価格:864円(税込、送料無料)




 15年にわたって65歳以上の5000人を対象に24時間365日の生活行動を追跡調査してきた著者が、これまでの間違った常識を改めつつ、病気を遠ざけ、健康長寿をかなえる歩き方の「黄金律」を紹介する。

 本書は、15年に及ぶ追跡調査で、「健康のいい歩き方・悪い歩き方」を突きとめ、『あさイチ』『おはようニッポン』『たけしの家庭の医学』などメディアにも出演している医学博士である著者が、「やってはいけない」ウォーキングについてを明かしたもの。あらゆる健康に最適な運動指数は1日で8000歩、運動強度が中程度で20分とのこと。しかし、歩き過ぎは逆に健康を害する、筋トレはやってはいけない等々、ウォーキングにかかる留意点が多く書かれており、普段ウォーキングをしている人は読んで損のない内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/24)

■ 英、EU離脱決定=首相は辞意表明−欧州の行方不透明に・国民投票

『英国で23日に実施された欧州連合(EU)離脱の是非を問う国民投票は、24日朝(日本時間午後)までの開票の結果、離脱支持が小差ながら半数を上回った。英国民は前身の欧州共同体(EC)を含めると43年にわたるEU加盟に終止符を打つ歴史的な判断を下した』とありますが、これで世界経済は大恐慌に陥る可能性もある程、世界経済に与えるダメージは、リーマン以上でもあるでしょう。

これは決して日本国民には他人事の事態ではなく、日本の場合でも円高が一気に進むだろうから、輸出企業だと倒産するところも出てくるだろうし、国内経済もマイナス影響の方が大きいでしょう。

これがEU崩壊の始まりに繋がる可能性もありますし、どこまで負の波及効果が広がるかは分かりませんが、全世界に与える影響は計り知れないだろうし、イギリスにとっても、スコットランドが独立することにもなるだろうから、イギリス国内の先行きも不透明です。

それにしても、このイギリスの国民投票ですが、事の発端は

移民問題

でもあるというのに、それを日本のメディアは殆どが報道しておらず、しかもイギリスがEU離脱した場合の日本への影響についても、説明不足のところばかりで、メディアの報道の仕方にも問題がありすぎます。

■ リオ五輪への議員団派遣を中止

『東京都議会の川井重勇議長は24日、リオデジャネイロ五輪・パラリンピックへの議員団派遣を中止すると発表した。費用が当初予算の約6200万円を大幅に上回る見込みとなったためで、最大会派の自民党は自費で調査団を独自に派遣する』とありますが、これならば中止にしても問題なかったということにもなりますね。

そうなると、中止になっても問題ないのになぜ視察しようとしてたのかと批判されても仕方ありません。

■ 元俳優の高知容疑者ら逮捕=覚せい剤と大麻所持−関東信越厚生局

『関東信越厚生局麻薬取締部は24日、元俳優の高知東生=東京都世田谷区、本名大崎丈二=(51)、知人でホステスの五十川敦子(33)=横浜市旭区=両容疑者を覚せい剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(所持)の容疑で現行犯逮捕した。いずれも「2人で使うために持っていた」と容疑を認めているという』とのことですが、高知東生は妻の高島礼子の父親の介護のために、芸能界引退と言っていたのに、覚せい剤と大麻所持って、これでは介護をしていなかったんでしょうね。。。(呆)

しかもホステスとホテルにいたところを現行犯逮捕とか、今年は覚せい剤と不倫の話題が続いてますが、その両方で逮捕とか、呆れて物も言えません。。。
posted by babiru_22 at 08:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

『虫たちと作った世界に一つだけのレモン』河合浩樹




 流通している外国産レモンのほとんどは防腐剤まみれ。皮まで食べられる安全な完全無農薬レモン栽培の奥義と、独自の販売方法を明らかにする。果樹園の虫図鑑&レモンのレシピも掲載。

 かつて95パーセントを輸入に頼って防腐剤にまみれたレモンは、今では国産で皮まで食べられる安全なものが普及しはじめている。その先端的リーダーである愛知県・豊橋市の果樹園農家5代目河合浩樹が、5年かけて成功した完全無農薬レモンの栽培方法と哲学とは。

 本書は、完全無農薬を実現するために、害虫の天敵となる昆虫に着目した著者が、30数種類もの虫を観察して、昆虫の世界が見えてくる「虫眼」を会得。そして5年かけて成功した完全無農薬レモンの栽培方法と哲学についてをまとめたもの。無農薬栽培について書かれている本は色々とありますが、本書のレモン栽培では虫に注目しているところが、非常に興味深かったです。植物が生きていて、昆虫も生きており、それをコントロールしながらの栽培について、生産者の苦労は勿論のこと、レモンを使った製品についてや、様々なレシピや家庭での栽培法などが詳しく書かれており、食の安全性についても考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/23)

■ 「ダレノミクス?」と批判=民進CM【16参院選】

『民進党は23日、参院選向けにつくったCM「ダレノミクス?」を発表した。安倍政権が継続を訴える経済政策アベノミクスの「ゆがみ」を浮き彫りにするのが狙い』って、批判する前に、自分達の経済政策をキチンと打ち出すべき!

民進党の政策って、単なる

与党批判

としかなっておらず、中身の伴う政策を出して批判しろと言いたい。

■ 【沖縄戦没者追悼式】「帰れ!」「本当にそう思っているのか」 今年も首相に罵声やヤジ

『首相はあいさつで、沖縄県にある米軍基地の負担軽減に引き続き取り組む考えを示したが、会場内から「本当にそう思っているのか」とヤジが飛び、首相があいさつを終えると、「帰れ!」との怒鳴り声もあった。また、沖縄県うるま市の女性会社員が元米兵に暴行、殺害された事件に言及した際には、「お前がやったんだろ」と意味不明な罵声も飛んだ』とのことで、ヤジは致し方ないものでしょうが、いくらなんでも殺害された事件に対して「お前がやったんだろ」というのは、あまりにも酷すぎます。

しかも、この場が沖縄での戦没者追悼式であるのに、よくこのような言葉が出せるものだと思いますし、追悼の場であるのだから、このような場での野次はいかがなものかと思いますね。

■ <貧困の「実相」>(上)サインなき飢餓 「衣・住」の前に「食」削る

『月額二十二万円の年金から十三万円の家賃を出すのは負担が大きいが』って、これのどこが貧困の実相なんだ?

もっと家賃の安いところに済めばいいのに、高齢者向けのサービスの付いたマンションに無理して住んで貧困と言ってる自体、おかしな話ですし、計画性があまりになさすぎます。
posted by babiru_22 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

『ビッグデータ・ベースボール 20年連続負け越し球団ピッツバーグ・パイレーツを甦らせた数学の魔法』トラヴィス・ソーチック




 ビッグデータを活用して、お金をかけずに強いチームをつくれないか? 20シーズン連続負け越しという不名誉な記録をつくってしまったMLB「ピッツバーグ・パイレーツ」に起こった、2013年の奇跡の物語。

 “常識”という難敵に“数学”という武器で挑んだ男たちの物語。「ほかのチームから見向きもされなかったベテラン選手、多額の契約金で入団したドラフト指名選手、古い教えを受けたコーチ、数学の天才から成る寄せ集めのチームが、個々の能力を合計したよりも大きな力を発揮して、ここまで到達したのだ。彼らは新しい意見、新しい考え方、共同作業を受け入れなければならなかった。それが2013年の彼らの物語であり、彼らの成果だった。」

 本書は、メジャーリーグで負け続け、シーズン20年連続負け越しのパイレーツが、2013年から3年連続でポストシーズン進出した舞台裏を描いたもの。「マネー・ボール」で幕を開けたセイバーメトリクスが、更なる進化を遂げ、それがパイレーツでの再生物語としても興味深かったですし、ベースボールの奥深さを感じる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/22)

■ 北朝鮮・中国など北東アジアの安全保障巡り激しい論戦=アベノミクスの是非でも与野党の見解割れる―参院選控え9党首が討論会

『志位和夫日本共産党委員長は安保法を廃止した場合の安全保障の考え方を問われ、「日本の平和と安全の確保を考える際に、憲法9条の精神に立った平和の外交戦略が必要だ。例えば北朝鮮、中国の問題があり、(両国の)乱暴なふるまいを私たちも強く抗議している」と言明。その上で、「軍事挑発に対し日本側も軍事で対抗すれば、この地域の軍事対軍事の緊張関係がエスカレートしてしまう。北朝鮮の問題も対話しかない。困難はあっても、6カ国協議という対話の場に野北朝鮮を戻していく国際社会が結束した外交努力が必要だ」と強調した。 さらに共産党として「北東アジア平和協力構想を提案している。アジアには東南アジア友好協力条約があり、すべての紛争を平和的に解決する。憲法9条に立った外交戦略が必要だ。違憲の安保法を白紙に戻すと言っているが、日米安保条約を廃棄するとは言っていない」と説明した』って、どう見ても

お花畑全開

にしか見えません。。。

北東アジア平和協力構想とか、馬鹿ポッポの言ってたような絵空事。

対話は勿論大事ではありますが、対話が成立しない相手でもあるのだから、どうやったら対話で解決できるのかの説明もありませんし、憲法9条は隣国の憲法でもありません。

現実問題は真正面から向き合うことが重要ですが、これでは国防に関しては全く任せることができませんし、対案にすらなっていません。。。(呆)

■ 国の税収、56兆円台半ば 15年度、法人税伸び悩み

『国の2015年度一般会計決算で、税収が56兆円台半ばで確定する見通しとなったことが21日分かった。年度途中の補正予算で見積もった約56兆4千億円とほぼ同じ水準にとどまる。賃金の上昇や株式配当収入などの増加で所得税収は好調だったものの、円高による企業業績の停滞で法人税収が伸び悩んだようだ』とありますが、法人税を減税し、消費税引き上げをやったのだから、まずは消費が冷え込み、その結果、法人の業績が落ち込むのは、ある意味当然のこと。

結局は、消費税引き上げが原因なのに、それを財務省が理解していないのだから、法人税が伸び悩むのは当たり前です。

■ 鳩山邦夫氏死去、67歳=総務相など歴任

『法相や総務相などを歴任した自民党の鳩山邦夫衆院議員が21日午前11時35分、十二指腸潰瘍のため、東京都内の病院で死去した。67歳だった』とのことで、一報を聞いた時は驚きました。

色々とあった人ではありましたが、法相時には粛々ときっちりと仕事をされていましたし、印象的な人でもありました。

個人的には、兄の暴走を何とか止められなかったのだろうか?と思うところはありますが、ご冥福を心からお祈りいたします。
posted by babiru_22 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月22日

『日本語を作った男 上田万年とその時代』山口謠司

日本語を作った男 [ やまぐちヨウジ ]
価格:2484円(税込、送料無料)




 明治にはまだ「日本語(標準語)」はなかった…。近代言語学を初めて日本に導入し、仮名遣いの統一などを通じて「近代日本語」の成立にきわめて大きな役割を果たした国語学者・上田万年とその時代を描く。上田万年年譜も収録。

 夏目漱石、森鴎外、斎藤緑雨、坪内逍遥…そして上田万年。言葉で国を作ろうと明治を駆けた男たちがいた。「日本語(標準語)」を作ることこそが、国(国家という意識)を作ることである……。近代言語学を初めて日本に導入すると同時に、標準語の制定や仮名遣いの統一などを通じて「近代日本語」の成立にきわめて大きな役割を果たした国語学者・上田万年とその時代を描く。

 本書は、上田万年という一人の言語学者と、今我々が話している日本語がいかにして作られたかを描いたノンフィクション。上田万年と夏目漱石との運命的な関わり、森鴎外との激しい議論、斎藤緑雨への憧れ……など、上田万年についての魅力もしっかりと書かれていますが、現代に続く日本語がどのようにして出来ていったのかは興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/21)

■ 【炉心溶融公表遅れ】「隠蔽です」東電社長認める 福島第1原発事故、官邸指示は調査せず

『東京電力福島第1原発事故当初、原子炉の燃料が溶ける「炉心溶融(メルトダウン)」の公表が遅れた問題で、東電の広瀬直己社長は21日に記者会見を開き、「社会から隠蔽と捉えられるのは当然であり、信頼に背く行為だった」と述べ、隠蔽を認めた上で謝罪した』とのことで、誰もが東電が隠蔽したことは分かっていますが、認めるまで5年もかかって、しかも当事者がいないというのは話になりません。

この隠蔽は、

犯罪級

の隠蔽でもあり、当事者たちが処分されるべきだ!

記事には『広瀬社長は、官邸側の関与について「調査の限界」として、誰からどのような指示があったかなどの追及は行わない考えを示した』ともありますが、これは圧力がかかったのか?とも思わずにはいられませんが、この部分も隠蔽をせずに、ハッキリと公表するべきだ!(怒)

■ 自転車事故防止で都条例改正も

『東京都は、自転車による交通事故が相次いでいることを受けて、自転車を購入する人にヘルメットの着用をはじめ安全な利用を呼びかけることを販売店に対して義務づけるなど、都の自転車の利用に関する条例の改正を検討することになりました』とありますが、この自転車を購入する人にヘルメット着用を義務づけるのはいかがなものかと思います。

確かに自転車による交通事故は増えていますが、ヘルメット着用の義務付けの前に、法改正での自転車での違反の罰則強化こそしていくべきで、これを行うことで、事故減少にも繋がるはず。

■ 女性4人切られ1人死亡=釧路の商業施設、男逮捕−「死刑になりたかった」・北海道

『北海道釧路市昭和中央の大型商業施設「イオンモール釧路昭和店」で、「刃物を持った男に人が切られている」と110番があった』とありますが、この「イオンモール釧路昭和店」は何度か行ったことのあるところで、釧路市民の多くも利用するショッピングセンターなだけに、何とも残念かつ許せない事件です。

記事には『道警によると、松橋容疑者は統合失調症で通院中だが、最近は症状に回復の兆しが見られていたという』ともありますが、計画的な犯行でもあり、統合失調症であろうとも、結果にはキッチリと責任を課すべきで、犯行の意思があって事件を起こしているのだから、心神喪失は絶対に認めるべきではありません!
posted by babiru_22 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月21日

『日本海 その深層で起こっていること』蒲生俊敬




 8000年前まで“死の海”だった日本海。生命の宝庫へと変貌した背景には、最下層に潜む厚さ1000メートルにおよぶ「謎の水」の存在があった。この海水は、なぜ生まれたのか? 「母なる海」の知られざる姿を解き明かす。

 本書は、日本海の歴史、さらに日本列島の気候に与える影響など興味深い内容が書かれています。8000年前まで「死の海」だった日本海が、生命の宝庫へと変貌した背景には、最下層にひそむ、厚さ1000メートルにおよぶ「謎の水」の存在があり、その海特有の海水は、なぜ生まれたのか? そして、環境変化を先取りする「ミニ海洋」の異名をもつこの海に、いま生じつつある大きな異変とは何か?など、日本海の基本的な成り立ちと、日本人の歴史は雑学的で面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/20)

■ 【普天間移設】菅義偉官房長官「不服があるなら沖縄県は提訴すべき」との認識示す 国地方係争処理委員会の審査結果受け

『菅義偉官房長官は20日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、総務省の第三者機関「国地方係争処理委員会」が国の是正指示について違法か適法かを示さなかったのを受け、沖縄県が是正指示の取り消しを求める訴訟を提訴すべきだとの考えを示した』とありますが、これは官房長官はよく言いました。

結局沖縄県のやってることは、普天間固定にこだわっているとしか見なされませんし、普天間移設と辺野古移転反対を言うならば、誰もが納得できる

代替案

を提示する他ありません。

■ 【舛添知事公私混同疑惑】舛添氏が都庁を退庁 セレモニーなし、終始無言…知事室持込みの美術品は舛添氏“自腹”で即、撤去へ

『都によると、舛添氏が政治資金で購入し、知事室や応接室に持ち込んだ絵画などの美術品は21日までに撤去する。撤去費を都から支出する予定はなく、舛添氏側の負担になる見通し』とのことですが、自分の金で買った絵画でないのが問題で、それを持ち帰ることも非常識。(呆)

辞職したのだから、検察は真剣に動くべきだ!

■ 韓国名強要で賠償確定=在日男性が社長訴え―最高裁

『静岡県に住む40代の在日韓国人の男性が、日本名ではなく韓国名を名乗るよう強要されて精神的な損害を受けたとして、勤務先の社長を訴えた訴訟で、55万円を支払うよう命じた一、二審判決が確定した。最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)が16日付で社長側の上告を退ける決定をした。確定判決によると、男性は韓国籍だが日本で生まれ育ち、日常は日本名の通称を使用。しかし、勤務先で2012〜13年、社長から「朝鮮名で名乗ったらどうだ」と繰り返し言われたり、同僚の前で在日韓国人であることを公表されたりした。静岡地裁は「著しく不快感を与えるもので、自己決定権やプライバシー権を侵害する」と批判して賠償を命令。東京高裁も支持した』って、本名を名乗ることがプライバシー権の侵害とか、高裁の判断もおかしいですし、それなら

通名禁止

にするべき。

というか、最高裁が特権を与えるのはいかがなものかと思いますし、祖国も本名も名乗れないって何ですか?(呆)
posted by babiru_22 at 08:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

『ナポレオンと東條英機 理系博士が整理する真・近現代史』武田邦彦

ナポレオンと東條英機 [ 武田邦彦 ]
価格:880円(税込、送料無料)




 片や英雄、片やA級戦犯と、両極の評価をされているナポレオンと東條英機だが、果たしてそれは正しい歴史の見方なのか。工学博士が歴史を一つの事象として冷静な目で検証する、異色の歴史書。

 社会に歪みエネルギーが蓄積しているとき、それは徐々に解消していくのではなく、一気に爆発的に解消する。それが「フランス革命」(人は生まれながらに差がある→差がない)、「大東亜戦争」(力のある国が力の弱い国を自由にする→国家は平等)という激しい流れとなった。人と国家を差別する習慣を打破したものが、「フランス革命(で平等となった人)」と、「大東亜戦争(で平等になった国家)」だったのだ…。片や英雄、片や“A級戦犯”と、両極の評価をされているナポレオンと東條英機。だが、果たしてそれは正しい歴史の見方なのか……? 工学博士が歴史を一つの事象として、冷静な目で検証する、異色の歴史書。

 本書は、教科書では語られない近現代史を解説したもの。西洋側から見た世界秩序の実態を浮かび上がらせ、現在に至るまで繰り返されてきた米国の戦争の手法も指摘し、東條英樹が裁かれる根拠とされた大東亜戦争の発生要因を導き出していますが、日本の特殊性と日本人の気質、そして日本軍が進駐していたにもかかわらず、戦後も東南アジアの国々が親日的な理由など、教科書では決して書かれない歴史をまとめています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする