2017年01月31日

『不平等論 格差は悪なのか?』ハリー・G・フランクファート

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

不平等論 [ ハリー・G・フランクファート ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)



 世界で深刻化する格差問題。しかし、不平等それ自体が本当に問題なのか? 経済的不平等から一歩踏み込んで、平等論そのものへ疑義を唱え、格差論の本質に迫る。訳者による格差議論の解説付き。

 経済格差が拡大する今日、「平等」には絶対的な価値があると考えられがちだ。しかし格差は本当に悪なのか? 道徳哲学の権威が、なんとこれに異を唱える! 平等主義は往々にして、まちがった信念に基づいている。収穫逓減なんて嘘で、所得再分配で社会全体の満足度が増すことはない。それどころか、平等主義はむしろ危険である。それはいったいなぜなのか? そして本当に重要なのは何なのか? 経済的不平等から一歩踏み込んで、平等論そのものへの深い疑義へ。本書は格差論の本質にせまっていく。ピケティ『21世紀の資本』の訳者が翻訳。各種の議論を徹底整理しつつ本書の主張を位置づける、格差議論の決定版訳者解説付き。

 本書は、平等主義が社会をよりよい方向に是正してきたことを認めつつ、教条的な平等主義は、人間にとって極めて危険であると主張した内容で、平等を道徳的な観点から検証しています。ただ、内容が極めて抽象的でもあり、現実問題との対比という点ではどうなのだろう?と思いました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/30)

■ 民進党内で「蓮舫降ろし」の動き顕在化 松野頼久元官房副長官が「反蓮舫」拠点の新グループ立ち上げへ 都議選候補は離党の動き

『政党支持率が1桁台の“低空飛行”を続ける民進党で、蓮舫代表の足元がにわかに怪しくなってきた。旧維新の党系の松野頼久元官房副長官らが「蓮舫降ろし」の拠点となる新グループを立ち上げるほか、赤松広隆前衆院副議長のグループも反執行部の動きを加速させている』とありますが、民進党は相変わらずの

内ゲバ

ですね。。。(呆)

更には『党の常任幹事会がただの報告の場になっている。何か言おうとしても抑えつけるような空気があり、自由にモノがいえない』ともありますが、党内議論すらできないのも相変わらずで、これでは政党の形を成していません。。。(呆)

■ 参院予算委 民進・蓮舫代表、日米首脳会談への首相の姿勢ただす

『民進党の蓮舫代表が、「トランプ大統領が、中東・アフリカ7カ国の市民の入国を一時的に禁止する大統領令に署名。総理はどう考えるか」とただすと、安倍首相は、「難民が出てくるような状況を根絶する。日本は、その役割を果たしていきたい」と述べた』とありますが、安倍首相は質問には答えていない回答をしていますが、蓮舫代表の質問内容は、アメリカに対する内政干渉にもなりますから、これは質問の中身が悪すぎます。

姿勢をただすのはいいですが、もう少し中身ある質問をするべきでしょうね。。。

■ 蓮舫氏「言行不一致」因縁の稲田防衛相また“口撃”

『民進党の蓮舫代表が30日の参院予算委員会で、稲田朋美防衛相を再び、“口撃”した。稲田氏が過去に、男女共同参画などに関して雑誌に寄稿した内容をやり玉に挙げ、現在の立場との「言行不一致」ではないかと問いただした』とのことですが、サラリと指摘するならともかく、審議を中断させるようなやり方は、議論ではなく、イジメともいえるハラスメントです。

国会の場でやるべきことは山のようにあるのに、個人攻撃を繰り返すとか、政治家としてというよりも、人間としていかがなものかと思いますね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

『触れることの科学 なぜ感じるのかどう感じるのか』デイヴィッド・J.リンデン

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

触れることの科学 [ デイヴィッド・J・リンデン ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2017/1/30時点)



 なぜ、やさしく撫でられると気持ちいいのか? 科学界随一のエンターテイナーがいざなう、触覚=皮膚感覚のワンダーランド。詳細な科学的解説と日常的エピソードを混ぜ合わせながら、脳と神経の世界を案内する。

 人間や動物における触れ合い、温かい/冷たい、痛みやかゆみ、性的な快感まで……詳細な科学的解説と日常のエピソードをいきいきと描きつつ、触覚(皮膚感覚)の不思議な世界を道案内する。

 本書は、身体的接触と触覚に関する神経科学についてを分かりやすく解説した一冊。決して堅苦しい内容ではなく、面白いエピソードや性的接触など、ユーモアも交えて書かれており、人間の皮膚や触覚はどうなっているのかは興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/29)

■ トランプ氏、雇用創出要求

『安倍晋三首相は28日深夜、トランプ米大統領と電話会談し、米ワシントンで2月10日(現地時間)に直接会談することで合意した。トランプ氏は「日本との関係を重視している」「(米国の)雇用をつくってほしい」と述べたのに対し、首相は自動車産業など日本企業の米国への貢献を説明した』とありますが、アメリカが日本に対して

タカリ屋

ですか?(呆)

雇用を作るのはトランプ大統領の役目で、それは日本の仕事ではありません。

自国の国益を第一として、意見交換するならともかく、単なる要求だけでは、誰にも相手にされません。

■ カナダは難民歓迎=「多様性は強み」と首相

『カナダのトルドー首相は28日、ツイッターに「信仰に関係なく、迫害やテロ、戦争から逃れた人をカナダは歓迎する。多様性はわが国の強みだ」と投稿し、難民受け入れに寛大な姿勢を示した』とのことですが、歓迎するのは構いませんが、ドイツの実例などをほ分かっているのだろうか?と思いますね。

難民受け入れをするのもいいですが、事件が起きても、自分達で解決して下さい。

ただ、実際にバンクーバーなどで問題も起きているようだから、もう少しカナダ国内での議論をしていくべきです。

■ 原爆ドーム、イルミで波紋=観光キャンペーンで広島市−被爆者「祈りの場、不適切」

『原爆ドーム(広島市中区)の世界遺産登録20周年を記念し、市が昨年末に始めたイルミネーションが波紋を呼んでいる。市民らからは「慰霊のきっかけになる」と肯定的な意見の一方、「祈りの場にふさわしくない」と批判する声も上がる。被爆者の一人は、観光キャンペーンとしての実施を疑問視し、「議論が必要だ」と指摘する』とあり、様々な意見が出るのは分かります。

ただ、個人的には、直接原爆ドームにイルミネーションを付けているわけではなく、周辺でのイルミネーションなだけに、むしろ来訪者が多いのであれば、周辺のイルミネーションであれば構わないのではないかと思います。

鎮魂や慰霊についても、若い世代が考えるきっかけにもなるとも思いますから、批判する意見が出るというのは分かりますが、賛成反対それぞれで建設的な意見を議論していくべきです。
posted by babiru_22 at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

昨日の出来事(1/28)

■ 韓国政府 少女像めぐり初の合同対策会議開き対応協議

『韓国政府は、慰安婦問題を象徴する少女像をめぐって日本との関係が冷え込む中、関係省庁による初めての合同対策会議を開いて、像を設置した団体への対応などを協議し、事態打開の糸口を模索しています』とのことですが、どうせ韓国のことですから、模索した結果は

謝罪と賠償

の請求なのでしょうね。。。(呆)

どうせ日本が大嫌いなようですから、関係が悪化しても構わないのでしょうし、韓国経済がどうなろうと、日本は知ったことではありませんから、国際レベルとしては恥ずべき行動を続けて、世界に恥を晒し続けて下さい。。。

■ トランプ米大統領:水責め復活を断念 国防長官の発言尊重

『トランプ米大統領は27日、テロリストの尋問手段に「水責め」などの拷問を復活させる考えを断念することを明らかにした。マティス国防長官が反対していることを挙げ「彼の発言を覆すことはできない。私は彼に従う」と、米英首脳会談後の記者会見で述べた』とあり、茶番劇にも見えますが、トランプ大統領が考えを断念したということがポイントでもあるでしょう。

大統領選前から過激発言を続けているトランプ大統領ではありますが、これならば発言撤回や断念ということは、これからも出るだろうし、マティス国防長官がいい意味での防波堤になるようにも思います。

■ 民進・野田幹事長「首相、地球を俯瞰じゃなくてポカン」

『安倍(晋三)さんは「地球儀を俯瞰(ふかん)する外交」といっている。地球を俯瞰なんてしていない。俯瞰じゃなくて、ポカンだ』って、くだらんギャグは全く必要ない。

そんなことを言う前に、外交的な対案を民進党は出しなさいよ!
posted by babiru_22 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月28日

『白衣の嘘』長岡弘樹

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

白衣の嘘 [ 長岡 弘樹 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/1/28時点)



 あの先生、嘘をついているかもしれない…。主治医と患者、研修医と指導医…そこには悲哀にみちた人間ドラマがある。予想外の謎を駆使して人間の本性を鮮やかにあぶり出した、傑作ミステリ集。『小説野性時代』掲載を単行本化。

 本書は、医療の世界を舞台にした6編の短編ミステリ。それぞれの物語で、様々な立場や状況に置かれた医者が登場しますが、心理描写が短編ながらしっかりと描かれ、ミステリではあるものの、人間ドラマとして読み応えがありました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/27)

■ 貿易赤字国からの輸入品に課税検討 “壁”建設費に

『ホワイトハウスの報道官は、メキシコとの国境の壁の建設費を賄うためにアメリカ側が貿易赤字を抱える日本などからの輸入品に20%の税金を掛けることを検討している』とのことですが、財源確保に躍起なのは分かりますが、これって議会が通せるのだろうか?

ただし、この輸入品に20%の税金を掛けることを実施するならば、逆に困ることになるのはアメリカだろうし、他の国でもアメリカに対して

報復関税

を行うことにもなるだろうから、そこまで先を見越してトランプは考えているのだろうか?

■ 東京五輪組織委・森喜朗会長「毎日辞めようかと思っています。奉仕の気持ちでやっている」

『毎日辞めようかと思っています。奉仕の気持ちでやっている。(東京大会の)組織の基盤を固めたら辞めてもいいと思っている』って、それならすぐに辞めるべき!

老害ぶりが酷すぎますし、辞める気もないのに、こんなことを言うとか、かまってちゃんぶりも酷過ぎるわ!(怒)

■ 「恵方巻」の販売ノルマ アルバイトがネット上で悲鳴

『節分に食べる「恵方巻」の販売がコンビニエンスストアなどで始まっていますが、最近、ツイッターでは、店から販売ノルマを課せられて悩んでいると訴えるアルバイトの学生などの書き込みが相次いでいます。いわゆる「ブラックバイト」の全国相談窓口には売れなかった数万円分を給料から天引きされたといった相談が毎年寄せられるということで、専門家は弱い立場のアルバイトにノルマを無理強いしないよう呼びかけています』とありますが、恵方巻に限ったことではなく、こうした社員やアルバイトに無理を強制する販売ノルマは数多いだけに、マスコミも報道するなら、様々な販売ノルマの実態を報道するべきだと思います。

特に給料天引きは明らかに違法でもあり、企業名も公表すべきだ!
posted by babiru_22 at 08:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

『なんでわざわざ中年体育』角田光代

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なんでわざわざ中年体育 [ 角田 光代 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/1/27時点)



 東京マラソン、高尾山トレイルランニング、ボルダリング、棒ノ折山登山…。「運動なんて大嫌い」な人気作家が果敢に挑戦した爆笑と共感の体験エッセイ23編。『Number DO』連載等を書籍化。

 本書は、人気作家でもある著者が、様々な運動に挑戦した体験エッセイ。東京マラソンに、トレイルランニングやボルタリング、そして海外でのマラソン大会など、運動嫌いを自称しつつも、企画への挑戦で、しっかりとエッセイが描けるのは流石です。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/26)

■ 対馬の寺から盗まれた仏像 韓国の寺に引き渡し命じる判決

『5年前に長崎県対馬市の寺から盗まれその後、韓国で見つかった仏像をめぐって、韓国の寺が「日本の倭寇に略奪されたものだ」と主張して仏像を保管する韓国政府に対し引き渡すよう求めていた裁判で、韓国の地方裁判所は26日、「仏像は過去、正常ではない形で対馬に渡ったと見られる」などとして、韓国の寺への引き渡しを命じる判決を言い渡しました』って、韓国の司法は立証なき判決がまかり通るのだから、これでは

泥棒無罪

でしかありません。。。(呆)

完全にユネスコ条約違反でもあるのだから、日本政府はこの実情も世界に広くアピールせよ!

■ 朴大統領のヌード? 過激な風刺画、激怒した支持者が破壊

『韓国の国会構内で開催された風刺画の展示会で24日、弾劾訴追された朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)大統領が裸体をさらしているような作品に大統領の支持者が激怒し、作品を壁から引き剥がして破壊する騒ぎがあった』とのことですが、いくら風刺画とはいえ、こんな作品を国会内に展示するとか、レベルがあまりにも低すぎます。。。(呆)

これでは価値観の共有など、できるはずはありませんし、常識っていうものがないんでしょうか。。。(呆)

■ 中国、アパホテルのボイコット指示 南京大虐殺の否定本巡り

『南京大虐殺を扱った文書は豊富にある。第2次世界大戦後の東京裁判でも議論され、2015年にはユネスコの世界記憶遺産に登録された』とありますが、確かにに南京大虐殺を扱った文書は豊富にあるでしょう。

しかし、史実に基づいたものは全くありませんし、そもそも30万人という数字は、中国人ですら信じている人は殆どいないでしょう。

中国も騒ぐならば、史実の証拠を提示すれば済むだけなのに、それすらできないということは嘘確定でもあるでしょう。

それにしても、CNNがわざわざ記事にすべきことでもありませんし、明らかな嘘を信じる報道機関はいかがなものかと思いますね。。。(呆)

■ 新年度の年金支給額 引き下げる方向で検討

『厚生労働省は、27日発表する予定の新年度(平成29年度)の年金支給額について、去年1年間の物価水準が下落する見通しであることを踏まえ、0.1%か0.2%引き下げる方向で検討しています』とのことですが、こんなことでは今の若者は年金を余計に払いたくなくなるでしょう。。。

これで更に生活保護費との差額が広がりますが、この是正もするべきですし、年金制度も根本から見直すべきだ!
posted by babiru_22 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

『日本核武装』高嶋哲夫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本核武装 [ 高嶋哲夫 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/1/26時点)



 尖閣諸島を巡って日中の睨み合いが続く中、国内では日本の核武装に向けた詳細な計画書が見つかった。政府は防衛省の真名瀬に秘密裏に全容解明するよう指示するが…。戦慄の予言小説。『日刊ゲンダイ』連載に加筆し単行本化。

 尖閣諸島を巡って海上自衛隊と中国の艦船の睨み合いが続く中、国内では日本の核武装に向けた詳細な計画書が見つかった。表沙汰になることを恐れた政府は、防衛省の真名瀬に秘密裏に全容解明するよう指示。真名瀬は計画に携わる大手企業や元自衛隊幹部、政界重鎮を突き止め、核爆弾完成が間近に迫っている事実をつかんだ。そのとき、東シナ海では日中の艦船が衝突。北朝鮮は核実験を実施し、弾道ミサイルが日本上空を通過する……。『M8』『TSUNAMI』の著者、構想15年、戦慄の予言小説!

 物語は、一部の政府関係者らによって極秘に進行していた日本の核武装計画が、偶発的な交通事故を契機に政府内部で発覚し、国際世論の反発などを恐れた日本政府は秘密裏に核武装計画の全容解明に乗り出します。一方、沖縄県・尖閣諸島を巡る中国との対立は、中国が核兵器で日本を威嚇する事態に発展し、米国は中国との対立を懸念して日本支援に終始消極姿勢を崩さない、緊迫する国内外の情勢を描いた作品。物語では、隣国とのパワーバランスを保ち、戦争を回避し、自衛隊を守るため、日本は核を持つべきだと主張が描かれます。ここで描かれる核武装論については、賛否両論はあるでしょうが、こうした問題こそタブー視せずに、国民レベルでの議論が必要だと思います。作品としての面白さも勿論ですが、魅力ある作品として、核武装論について考えさせられる良い作品です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/25)

■ 竹島上陸「極めて遺憾」=菅官房長官

『菅義偉官房長官は25日午後の記者会見で、韓国の慶尚北道の金寛容知事が島根県・竹島(韓国名・独島)に上陸したことに関し、「到底受け入れられない。訪問が強行されたことは極めて遺憾だ」と厳しく非難した』とありますが、言葉だけで言ったところで何の効果もないのだから、竹島に上陸までしたのだから、厳しい

制裁措置

を取るべきだ!(怒)

今の韓国には、経済制裁が一番効果的でもあり、一時的な断交措置など、日本政府の意志を行動で示せ!

■ 韓国体育会、アパホテルに本撤去要求 大会組織委に書簡

『来月開幕する冬季アジア札幌大会の選手らが宿泊する「アパホテル&リゾート札幌」(札幌市南区)の客室に、南京事件について否定的な書籍が置かれていることをめぐり、韓国体育会は25日、書籍を撤去するよう求める書簡を大会の組織委員会に送ったと発表した』とのことですが、なんで中国のことに韓国が便乗してくるんだ?(呆)

韓国がアパホテルを使わないのは勝手ですが、むしろ中韓で利用しないということの方が、アパホテルのいい宣伝になるでしょう。。。

本の撤去を要求する前に、慰安婦像を撤去しましょうね。。。

■ メキシコ国境に壁、大統領令署名へ…米紙報道

『米紙ワシントン・ポスト(電子版)は24日、トランプ米大統領がメキシコ国境沿いへの壁の建設など、不法移民対策を強化する複数の大統領令に25日に署名する見通しだと報じた。トランプ氏も24日、ツイッターで「我々は壁を作る!」と改めて強調した』とありますが、大統領令に署名する前に、壁の費用はアメリカが出せるのか?

メキシコは負担する気は全くないだろうし、どうする気なんだか。。。

■ 御嶽山噴火 死亡の5人の遺族が国と長野県を提訴

『58人が死亡、5人が行方不明となった、3年前の御嶽山の噴火災害で、亡くなった5人の遺族が、噴火前に噴火警戒レベルを引き上げなかったほか、山頂付近にある地震計の故障を放置していたとして、25日、国と長野県に対し、合わせて1億4000万円の損害賠償を求める訴えを、長野地方裁判所松本支部に起こしました』とのことですが、亡くなられたことは気の毒ではありますが、あくまでも自己責任です。

登山は自己責任が原則ですし、最近この手の訴訟がありますが、ここまで続くのであれば、逆に国や自治体が捜索費用を請求すべきとも思います。。。
posted by babiru_22 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

『チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘』齋藤忠夫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

チーズの科学 ミルクの力、発酵・熟成の神秘 [ 齋藤 忠夫 ]
価格:1058円(税込、送料無料) (2017/1/25時点)



 溶ける、伸びる、裂ける! 変幻自在に姿を変えるタンパク質、チーズ。生まれてくる子のために用意された絶妙な「乳」が、酵素や菌、長期間にわたる熟成によって「至高の一切れ」となるまでのドラマを追う。

 ネズミが顔を出しそうな穴あきチーズ、学校給食が懐かしい三角形のチーズ、あなたは「チーズ」と聞いて何を思い出す? じつは人それぞれにイメージが違う変幻自在さこそが、地球上の食べものにほかにない、チーズならではの特徴なのです! その秘密は、母から子へ与えるためにつくられた「ミルク」の力にあります。思わず唸る凄い力が、ミルクには満載されているのです。そして人間は、そのミルクを菌やカビという小さな生きものたちの力を借りて「発酵」「熟成」させるという大発明をなしとげます。ただでさえ凄いミルクが、息をのむほど神秘的なこれらの現象によって大変身をとげたチーズの絶妙さが、いま科学によって次々と解明されつつあります。おいしい理由、身体にいい理由から世界のさまざまなチーズの薀蓄まで、この奥深い食べものの深淵に迫ります。

 本書は、チーズの種類、製造方法から、栄養学的な特徴や機能性、そして最先端の研究動向など、チーズについて分かりやすく解説した一冊。チーズの歴史や、チーズにまつわる逸話やエピソードについても、科学の視点から紹介されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/24)

■ アパホテルの利用中止要求 中国政府、国内旅行業者に

『アパホテルの客室内に南京事件などを否定する本が置かれ、中国で反発が強まっている問題で、中国の国家旅遊局は24日、自国内の旅行業者や宿泊予約サイトに対し、同ホテルの利用中止や広告の撤去を要求したことを明らかにした』とのことですが、もはや中国政府は事実を知られては困るために、

情報統制

してアパホテルの利用中止に出たとしか思えません。。。(呆)

それにしても、日本の民間ホテルに対して、中国政府が必死になっているのも滑稽すぎます。。。(呆)

■ 【トランプ大統領始動】自動車関税ゼロなのに市場開放要求…トランプ氏の日本叩きは「時代遅れ」?

『トランプ氏は米自動車の対日輸出を増やすため安倍政権と協議する意向を示したが、日本の自動車関税は既にゼロ。2015年にサービスを除くモノの米貿易赤字の半分は中国が占め、日本の割合は9%にすぎない。日本政府内には、トランプ氏の日本批判は「時代遅れ」との戸惑いがある』とありますが、おそらくトランプ氏は関税割合について、理解しきれていないのでしょうね。。。

関税はアメリカが有利になっていますから、見直しは大いに賛成ですが、関税の認識がおそらく間違っているのでしょうが、共和党はそこぐらい理解できるよう説明するべきなんですけどね。。。

■ 男性保育士に「女児の着替えさせないで!」 保護者の主張は「男性差別」か

『「男性保育士に娘の着替えや排せつの世話をやって欲しくない」。こんな保護者の意見は、男性保育士に対する「性差別」にあたるのか。千葉市の熊谷俊人市長(38)がツイッターで投げかけた問題提起が、いまインターネット上で盛んな議論を呼んでいる。千葉市幼保運営課によれば、市内の公立幼稚園・保育園では、男性保育士が幼児のオムツ交換や着替えの業務を「外される」ケースが目立つという。こうした状況について、熊谷市長は「女性なら社会問題になる事案です」と訴えている』とのことですが、これって明らかに男性差別です。

というよりも、差別と声高になるつもりはありませんが、こんなことを言い出したら、介護福祉などは何もできなくなるだろうし、気持ちが全く理解できないわけではありませんが、介助は同姓がするのがいい場合も多いですが、現実的に無理な場合もありますから、その点ぐらいは保護者は理解するべきです。
posted by babiru_22 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

『通貨の日本史 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで』高木久史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

通貨の日本史 [ 高木久史 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2017/1/24時点)



 無文銀銭が初めて登場した7世紀から現在まで、通貨をめぐる歴史はエピソードに事欠かない。通貨政策に大きな影響を与えてきた庶民の事情にも着目しながら、その歩みをたどる。今も昔も私たちを悩ませる、お金をめぐる通史。

 都の建設のため国産銭が作られた古代、中国からの輸入銭に頼った中世、石見銀山の「シルバーラッシュ」が世界経済をも動かした戦国時代、財政難に苦しめられた江戸の改革者たち、帝国日本の通貨政策......。無文銀銭が登場した7世紀から現在まで、通貨をめぐる歴史はエピソードに事欠かない。通貨政策に大きな影響を与えてきた庶民の事情にも着目しながら、その歩みをたどる。今も昔も私たちを悩ませる、お金をめぐる通史。

 本書は、奈良時代から現代までの我が国の貨幣に関する日本史。通貨の歴史が丁寧にまとめられていて、通貨について改めて考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/23)

■ 民進党「蓮舫代表降ろし」勃発も ベテラン議員「解散総選挙に突入したら惨敗だ」

『民進党のベテラン議員は最近、ある会合でこう気炎を吐いた。さらに、同議員は「民進党は『安倍晋三政権の一強を許さない』『提案型野党』といっているが、ナンセンスだ。民進党の蓮舫体制が、安倍政権の延命に力を貸しているという“常識”に、なぜ気づかないのか。このまま解散総選挙に突入したら、惨敗するだけだ」と怒りを爆発させた』って、その蓮舫を代表に選んだのは自分達じゃんwww

それにしても民進党は

自爆路線

まっしぐらですね。。。(呆)

■ 民進・野田佳彦幹事長「いつか自民党を押し出さねば」「政治家も足腰が大事」

『われわれもあきらめずに挑戦者としてしっかり四股を踏みながら底力を付けて、いつか自民党を投げ倒す、押し出すときをつくらなければいけない』と言うのであれば、まずはまともな政策を出しましょうよ。。。

政党ならば、政策で争うべきで、その政策が出せないのだから、底力など全くありません。。。

■ 俳優の松方弘樹さんが死去 74歳 「仁義なき戦い」や時代劇などで活躍

『映画やテレビで活躍した俳優の松方弘樹さんが死去していたことが23日、分かった。74歳だった』とのことで、突然の訃報には驚きました。

世代的に「元気が出るテレビ」の印象が強いですが、心からご冥福をお祈りします。。。
posted by babiru_22 at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

『地図の物語 人類は地図で何を伝えようとしてきたのか』アン・ルーニー

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地図の物語 [ アン・ルーニー ]
価格:2916円(税込、送料無料) (2017/1/23時点)



 地図はどのように変遷し、どのように世界を写し出し、また何を目的にしてきたのか。ビーズや貝殻で王の旅路を示した地図、ココヤシの葉柄を組んだ水路図…。美しい地図140余点で読む、地図が伝えてきた「発見」の物語。

 地図は道案内としてだけではなく、人類が世界や宇宙をどのようにとらえたのか、空間をどのように図面に落とし込んだのか、何に価値をおき、何を目的としたのか、などのことを伝えてきます。現代の私たちがすぐに読み解ける地図もあれば、まったく読み方のわからない地図もあります。地図とは一定のものを指すわけではありません。文化や時代によって変遷する「地図」の世界を一望できる1冊です。

 本書は、二万五千年前のパブロフ図から、NASAの最新の衛星画像まで、地表の姿を写した古今東西の地図を紹介したもの。地図といえど、今と昔では全く違う内容で、正確に地形を測ることの難しかった時代の苦労も垣間見ることができます。ナショナルジオグラフィックから出版された地図を纏めているだけに、非常に美しい図版でもあり、太古の地図から、空想世界の地図、大遠征や探検の地図……など、様々な見方もできて楽しめます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/22)

■ 「反トランプ」世界でデモ 就任翌日、米首都は女性大行進

『トランプ米大統領の就任から一夜明けた米東部時間21日、トランプ氏の差別姿勢に抗議し、人権重視を訴える大規模デモが全米各地やフランス、オーストラリアなど世界各国で実施された。米メディアによると、首都ワシントンで行われた「女性大行進」には約50万人が参加し、世界で計数百万人が抗議に加わったとみられる』とありますが、アメリカ国内でのデモは理解できますが、アメリカ以外のデモは

意味あるの?

と思ってしまいます。

勿論デモは認められたものでありますから、法律に則ったルールのもとで行われれば構いませんが、中には暴動が起きていたところもあり、そのような暴動デモは気持ちは理解できますが、民主主義に反する過激な行動は本当に慎むべきであり、違法なデモは片っ端から逮捕していくべきだ!

■ ポピュリズムに警告=「ヒトラー生む」とローマ法王

『フランシスコ・ローマ法王は21日付のスペイン紙パイスに掲載されたインタビューで、ポピュリズム(大衆迎合主義)がナチス・ドイツの独裁者ヒトラーのような「救世主」を生み出すと警告した。ただ、20日に就任したトランプ米大統領がこのような指導者かどうかについては、判断を下すのは時期尚早との見方を示した』とのことですが、ローマ法王たるものが、政治的な発言はすべきでないとも思いますし、この発言はいかがなものかと思います。

そもそも、ポピュリズムがヒトラーを生んだという認識は不勉強ですし、政治発言をする立場でないということぐらい認識するべきです。

■ 引きこもり高年齢化深刻 自治体62%で「40代の相談」

『引きこもりの相談を受け付けている全国の自治体窓口のうち、家族会が150カ所を調べたところ、40代のケースに対応した経験があるとの回答が62%に上ることが22日分かった。50代も多く、高年齢化の深刻な状況が明らかになった。引きこもりが長期に及ぶと、親の介護が必要になったり経済的に困窮したりして、親子で「共倒れ」になるリスクがある』とありますが、言葉は悪いかもしれませんが、親子で共倒れになろうと、これって

自業自得

としか思えません。

引きこもりのケースは様々でもあるでしょうが、親子で早くから真剣に取り組むべきなのに、40代にもなるまで放置しているのだから、どうなろうとその家庭の責任です。
posted by babiru_22 at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

楽天市場 1月の退店ショップ その2

1月の楽天市場の退店ショップは、

楽天市場 1月の退店ショップ その1

などでも書きましたが、その後も引き続き楽天市場を退店するショップが続いています。


■ グッズオール  閉店セール実施中

■ 駿河うまいものマルヤス  閉店セール実施中

■ こうぐる 楽天市場店  閉店セール実施中

■ グリーンシャワー  閉店セール実施中

■ 7th GOLF  閉店セール実施中

■ JUSTYLE  閉店セール実施中

■ 磯見海産楽天市場店

■ enjoy market

■ D-Selection 楽天市場店

■ cielB(シエルブ)

■ Milpano(ミルパノ)webshop

■ 活ふぐ専門店夢芝居 楽天市場店

■ 農プラン 楽天市場店

■ オリジナル名入れノベルティ

■ 宝島アクセサリー

■ 肉のロータリー三樂

■ 品品

■ メトキベース

■ Renovationshop RID

■ フォーチュネイトルチル

■ 1個1冊を大切にするdenpura

■ プリザーブドフラワー ブロッサム

■ RUDY SELECT

■ 水元通販倶楽部。

■ lumine 楽天市場店

■ 田園Sweetsアンジェリーナ


「グッズオール」は、トップページに記載されているように、1月31日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「駿河うまいものマルヤス」も、トップページに記載されているように、1月27をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「こうぐる 楽天市場店」も、トップページに記載されているように、1月25をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「グリーンシャワー」も、トップページに記載されているように、1月22をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「7th GOLF」は、閉店日の記載はありませんが、複数の商品で閉店セールが行われており、近日中の退店と思われます。

「JUSTYLE」も、閉店日の記載はありませんが、複数の商品で閉店セールが行われており、近日中の退店と思われます。


なお、楽天市場での二重価格での不当表示問題などで、改装中の状態のショップが非常に多くなっています。

その改装中も、改装中となってから半年以上も経過して、退店となっているショップも改装中のままになっているところも多く見られます。

そうしたショップは、分かる範囲で、上記には取り上げていませんが、こちらで取り上げたショップで一時的な閉店ショップもあるかもしれませんので、ご理解下さい。

退店ラッシュが続いており、今月も退店されるショップは他にもあるでしょうから、引き続き調べていきます。

また、ショップのトップページで閉店案内を出しているところなどは調べられますが、分からないショップもありますので、ショップのメールマガジンなどで閉店情報がありましたら、情報をお知らせいただければと思います。

極稀に本当の改装中状態や一時休店状態のショップも、検索上こちらで取り上げることがありますが、御連絡いただければ確認次第修正しますので、誤った記事内容がありましたら、御一報いただきたく思います。
posted by babiru_22 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/21)

■ 韓国、日本の竹島領有権主張の停止を要請

『韓国政府が、日本政府が竹島の領有権に固執し続けていることに懸念を表し、それをやめるよう求めました』って、それなら未だに国際司法裁判所の場から逃げ回っているのはなぜなんだか。。。(呆)

ここまで日本政府は言われているなら、もはや韓国に対して配慮など必要ありませんから、今すぐにでもハーグ国際司法裁判所へ

提訴すべき!

■ 「捏造したのか!」豊洲市場の地下水“異常”で不信感ピーク 発表現場に怒号が飛んだ

『結果が公表された都の専門家会議の会場で、業者からは過去の「問題なし」としてきた結果について「真剣味がない」「捏造(ねつぞう)したのではないか」など怒りの声が飛び、その矛先は「地下水の問題は食の安全には影響ない」と訴える一般傍聴人にも向けられた。都はメカニズムの特定に向けて再調査を実施するが、移転をめぐる情勢は不透明さを増している』とありますが、データも捏造したと言われても仕方ありません。

結論も先送りになっていますが、もはや豊洲市場への移転は中止にせざるをえませんし、別の代替地を早急に見つけるか、築地市場の建て替えにするかの2択しかありえないと思いますが。。。

■ “150万円の支払い” いじめ認定は困難 横浜市教委

『原発事故で、横浜市に自主避難してきた生徒がいじめを受けていた問題で、生徒側が、同級生におよそ150万円を払わされていた行為もいじめと認定するよう求めていることについて、横浜市教育委員会は、認定は難しいという考えを示しました』って、中学1年生が同級生に150万円も払わされたのは、どう考えてもイジメ以外にありえません!(怒)

これを「いじめ認定は困難」と言う横浜市教育委員会にこそ、教育が必要だ!(怒)
posted by babiru_22 at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

『だから数字にダマされる』小林直樹

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

だから数字にダマされる [ 小林直樹 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/1/21時点)



 若者の海外旅行離れ、子育てに理解がないのは中高年の男性…。無用なレッテル貼りや根拠に乏しい数字が独り歩きしているケースを様々なジャンルから集め、その誤解を解く。若者層へのアプローチに成功した企業事例なども掲載。

 「最近の若い人は内向き志向で海外旅行に興味がない」……。これ、ウソです。統計調査やアンケートの結果は、そのまま受け止めると実態とズレが生じてしまいます。 日本からの海外渡航者に占める20代の比率が大きく下がっている。これは事実。しかし20代の人口そのものが少子化で大きく減っているのだから、20代の渡航者も減るのは当然です。20代の中で渡航者の割合をみると、80年代後半のバブル期の20代よりも上回っています。「若者の海外旅行離れ」はかなり無理がある。ウソと言っていいでしょう。いわゆる「統計にダマされない」系の本では、「数字で一般人をダマして買わせようとする悪い大人がいるから、惑わされないようにしよう」という趣旨のものが多いですが、学者やアナリストら統計のプロらも意図せず検証を欠いたデータを公表し、それをメディアが無批判にニュースとして報じることで、おかしな数字が悪意なくニュース視聴者・閲覧者に届いてしまっているのが実情です。本書ではそうした具体的な事例をケースに分けて紹介し、違った角度からの見方を提示します。

 本書は、いわゆる数字のトリックともいえる検証を欠いたデータの実例を取り上げ、正しい数字の分析の仕方を分かりやすく解説しています。個人的には国の発表する数字のデータや、世論調査なども完全に信用はしておらず、数字のトリックが一般社会には実に多いようにも思っていただけに、本書を読んで納得できる部分が非常に多かったです。取り上げられている「数字の読み方」は参考になるところも多く、マーケティングにも使える内容です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする