2017年02月28日

『人情ヨーロッパ 人生、ゆるして、ゆるされて 21カ国をめぐる鉄道旅〈中欧&東欧編〉』たかのてるこ



 スイスの急流キャニオニング、スウェーデンの手づかみザリガニ宴会、ハンガリーの世界最大の温泉湖…。ウルトラディープな未知の世界! 「純情ヨーロッパ」に続く、たかのてるこの鉄道旅〈中欧&東欧編〉。見返しに写真あり。

 前編では、ヌーディスト・ビーチの聖地で悲願(!?)の真裸デビューを果たした、たかのてるこ。後編で彼女が旅するのはウルトラディープな中欧&東欧エリア。肉体派メンズとのキャ二オニング、温泉湖で鳥や魚との混浴、高さ28mの橋から飛び込むためのレッスンなど、そのハチャメチャぶりもさらにエスカレートする!

 前作『純情ヨーロッパ 呑んで、祈って、脱いでみて〈西欧&北欧編〉』は読んでいませんが、本書は「人生最大の冒険」に出るつもりで、18年勤めた会社を辞め、欧州21ヵ国をめぐる、2ヵ月・15000キロの鉄道旅に出た著者が体験したハチャメチャな紀行エッセイ。行動力の凄さにも驚かされますが、それぞれの国の違いや歴史的背景も、分かりやすく紹介していて、旅をトコトン楽しんでいる様子も文章から伝わってきます。帯には『自分自身をゆるし、ゆるせなかった人達をゆるした』ともありましたが、これって簡単にできることではありませんし、著者の体当たりな行動力は見習いたいものです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/27)

■ 那覇空港、第2滑走路の埋め立て工事が全面中断 翁長知事、辺野古にらみ岩礁破砕許可の更新認めず

『政府が建設している那覇空港第2滑走路の埋め立て工事が全面的に中断していることが26日、分かった。海底地形を改変する行為にあたる岩礁破砕の許可について沖縄県の翁長雄志知事が更新を認めず、13日に期限が切れたためだ』とのことですが、相変わらずの

嫌がらせ

にはウンザリです。。。(呆)

そこまでやるなら、補助金も全て返還すべきですが、補助金は返還しないどころか、クレクレと強請るばかり。

結果的には、国からの訴訟で敗訴し、損害賠償請求での支払いを余儀なくされるでしょうが、これって県民の希望なのか?

■ 【衆院予算委員会】森友学園問題でも民進党ブーメラン 大西健介議員の追及が…

『民進党の大西健介氏は27日の衆院予算委員会で、学校法人「森友学園」の問題を取り上げ、安倍晋三首相や閣僚をただした。しかし、勢い余って、きれいなブーメランが大西氏に炸裂。旧民主党時代からの“得意技”に、いささかの衰えもみられないようだ。(中略)大西氏は「政権ぐるみで偏った教育方針を推進している幼稚園を後押ししたり、便宜を図ったりしているのではないか!」と攻め立てた。しかし、安倍晋三首相は「少なくとも一つは民主党政権時代じゃないですか?」と反論。確かに、1度目は自民党の麻生太郎政権時代だが、2度目は旧民主党の野田佳彦政権時代…。これ以上ない、お手本のようなブーメランが決まった瞬間だった』とありますが、もう言葉もありません。。。(呆)

毎度毎度のブーメランには、心底呆れる他ありません。。。

■ 大阪の幼稚園が配付の文書 中国大使館「正確な歴史観で教育を」

『大阪・淀川区の幼稚園が「よこしまな考えを持った在日韓国人や支那人」などと書かれた文書を保護者に配付していたことについて、東京の中国大使館の報道官は「日本は歴史に対して正しい態度をとり、正確な歴史観で次世代を教育すべきだ」と批判しました』とのことですが、「歴史に対して正しい態度をとり、正確な歴史観で次世代を教育すべきだ」という点においては、中国にそっくりそのまま返します。

そして、文化大革命や天安門事件について、中国国内で国民に正しい事実を教えて下さい。。。
posted by babiru_22 at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月27日

『流しの公務員の冒険 霞が関から現場への旅』山田朝夫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

流しの公務員の冒険 [ 山田朝夫 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/2/27時点)



 「流しの公務員」になることを目指して現場に飛び出した元官僚の「仕事をめぐる冒険」の旅の記録。「死人病院」と陰口をたたかれた市民病院の再生、霞が関での日々などを綴り、「仕事とは何か?」について考える。

 霞が関を捨てたキャリア官僚は腕一本で町や市を渡り歩く行政の職人「流しの公務員」になった。仕事は問題解決! 累積債務を抱え「死人病院」と呼ばれていた市民病院を新築、再建。町を二分したバイパスルート路線問題を全員一致で解決する。仕切る会議はショーのように面白く、議論は白熱。住民も議員も設計士も医師も看護師も巻き込み、事態を変えていく。権威にもトップダウンにも頼らない、新しいリーダーシップ。仕事観が変わる!必読の実践記録!

 本書は、地方自治体での現場の仕事に惹かれ、霞が関を出た元キャリア官僚の著者の記録をまとめたもの。市民病院の再生や、旧自治省勤務時における法案作成の苦労など、事勿れ主義がまかり通っている公務員の仕事ぶりに一石を投じる行動力は実に読み応えがあります。成功実例だけでなく、失敗談も書かれていますが、これからの地方創生には参考になる実例が多く、全国の地方自治体で著者のような公務員が増えていくになれば、地方活性化に繋がるでしょうし、志と行動力の大切さを改めて感じました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/26)

■ 在日米海軍が東京新聞を批判 「問い合わせず憶測の記事掲載」

『在日米海軍司令部(神奈川県横須賀市)が公式ツイッターなどで、厚木基地に所属する空母艦載機のFA18戦闘攻撃機に関する東京新聞の記事に反論していることが25日、分かった。反論は23日付で「東京新聞はなぜ、米海軍に問い合わせることすらせず、憶測の記事を掲載されたのか。読者は正確な情報を知る権利がある」と、同紙の取材姿勢まで批判する異例の事態となっている』とのことですが、在日米海軍司令部は公式ツイッターではなく、米軍からの

公式抗議

を行ってもらいたい。

新聞社が憶測だけで記事を書くことは断じて許せない行為であり、マスコミの報道姿勢を正す意味でも、米軍には世界に向けて発信してもらいたい。

■ 韓国の「おんぼろで臭い列車」が汚名返上へ=韓国ネット「客のマナーにも問題がある」「そもそものトイレ掃除の回数がおかしい」

『これまで列車を利用してきた韓国のネットユーザーからさまざまな声が寄せられているが「ムグンファ号の臭いは本当にひどい」「トイレだけじゃなくて座席のカーテンあたりからも強烈な臭いが…吐きそうになった」「一度乗ったけど、息も吸えないくらい臭かった。庶民だって人間だ」など鼻をつまみたくなるような体験談が目立つ』とありますが、韓国には行ったことすらありませんが、衛生管理はどうなっているんだか。。。

公共交通機関でもあるのだから、衛生管理も適切に行ってもらいたいですね。

■ 韓国「ダサソー」に罰金刑 日本の百円ショップをまねる

『 韓国の水原地方裁判所は今月13日、日本の100円ショップの大手「ダイソー」のブランド名をまねた「ダサソー」の店名で営業していた40代の男性に対し、商標法違反などで500万ウォン(約50万円)の罰金刑を言い渡した』とありますが、あまりにもダサすぎますね。。。(呆)

それにしても、恥の概念が無さすぎます。。。(呆)
posted by babiru_22 at 09:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月26日

楽天市場 2月の退店ショップ その2

2月の楽天市場の退店ショップは、

楽天市場 2月の退店ショップ その1

などでも書きましたが、その後も引き続き楽天市場を退店するショップが続いています。


■ SHAHRAM(シャーロム)  閉店セール実施中

■ i.KAREN  閉店セール実施中

■ オーケストラワインショップ  閉店セール実施中

■ こどもといぬの洋服店 Monette  閉店セール実施中

■ いぶきエアストーン  閉店セール実施中

■ VS STORE  閉店セール実施中

■ パインウッド

■ 酒肴茶寮かのん 楽天市場店

■ ビーズ アクセ OuiOui ウィウィ

■ 会津夢の郷楽天市場店

■ Lien[リアン]楽天市場店

■ はちみつ

■ 一粒万倍グラノーラ 楽天市場店

■ ブランド雑貨&鞄SUMIREYA

■ オンデーズ 楽天市場店

■ グッディ・フォーユー・六本木

■ KIVA by natural works

■ アロマラボショップ 楽天市場店

■ ひなた

■ 吟醸粕漬がんこ屋

■ 特選さぬき麺くらぶ

■ 住設YAO 楽天市場店

■ 野菜食堂はやしや

■ 緩衝材専門

■ 贈り物専門店(株)丸八

■ GOLDSinfinity

■ アドバンスマーケティング

■ 2nd Ship


「SHAHRAM(シャーロム)」は、トップページに記載されているように、4月5日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「i.KAREN」も、トップページに記載されているように、3月14日までの閉店セールが行われています。

「オーケストラワインショップ」も、トップページに記載されているように、3月23日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「こどもといぬの洋服店 Monette」も、トップページに記載されているように、2月末日までの閉店セールが行われています。

「いぶきエアストーン」も、トップページに記載されているように、3月24日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「VS STORE」は、閉店日の記載はありませんが、複数の商品で閉店セールが行われており、近日中の退店と思われます。


なお、楽天市場での二重価格での不当表示問題などで、改装中の状態のショップが非常に多くなっています。

その改装中も、改装中となってから半年以上も経過して、退店となっているショップも改装中のままになっているところも多く見られます。

そうしたショップは、分かる範囲で、上記には取り上げていませんが、こちらで取り上げたショップで一時的な閉店ショップもあるかもしれませんので、ご理解下さい。

退店ラッシュが続いており、今月も退店されるショップは他にもあるでしょうから、引き続き調べていきます。

また、ショップのトップページで閉店案内を出しているところなどは調べられますが、分からないショップもありますので、ショップのメールマガジンなどで閉店情報がありましたら、情報をお知らせいただければと思います。

極稀に本当の改装中状態や一時休店状態のショップも、検索上こちらで取り上げることがありますが、御連絡いただければ確認次第修正しますので、誤った記事内容がありましたら、御一報いただきたく思います。
posted by babiru_22 at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/25)

■ 大学無償化に財源の壁…年3兆1000億円必要

『大学や短大など高等教育を無償化するための財源を巡る議論が自民党内で活発化している。無償化に必要とされる年間3兆1000億円の財源として、使途を教育政策に限定する「教育国債」の創設が検討されているが、「将来世代への借金のつけ回し」といった反発もあり、一致点を見いだすのは容易ではなさそうだ』とありますが、以前にも大学無償化は反対の意見を書きましたが、そもそも私立までも無償化すべきではありませんし、自民党の案は単なるバラマキでしかありませんから、これでは大学無償化など

必要ない!

それならば、国公立大学のみに限定して、成績優秀な子供の奨学金制度の拡充を図るべきで、何でもかんでもホイホイと金をバラまくのは反対だ!

■ 「都議会のドン」内田氏、議員引退を正式表明 高齢・体調不安で都議選不出馬

『前自民党東京都連幹事長の内田茂都議(77)=千代田区選出=が25日、都内で報道陣の取材に応じ、高齢や体調面での不安を理由に不出馬することを正式に表明した』とのことですが、千代田区長選の結果からも出ても落選が極めて濃厚ですから、不出馬は当然でしょう。

ただ、都連自民党の闇の部分は、小池都知事に暴いてもらいたいものです。

■ 小池都知事、「満員電車」解消策を発表

『東京都の小池知事は定例会見で、通勤時の満員電車の混雑緩和に向けて、企業に時差出勤や、自宅で仕事ができるテレワークの導入などを呼びかける「快適通勤ムーブメント」を、この夏から展開すると発表した』とありますが、呼びかけるだけでは殆ど効果はないのでは?

まずは都庁職員から実施すべきでもありますが、呼びかけだけでは公約を満たしたことにはなりませんし、分散化に向けて都民からもアイデアを募るべきです。
posted by babiru_22 at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月25日

『日本の「アジール」を訪ねて 漂泊民の場所』筒井 功

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本の「アジール」を訪ねて [ 筒井 功 ]
価格:2376円(税込、送料無料) (2017/2/25時点)



 移動生活をおこなう漂泊放浪民が、社会制度をはなれ、生活のよすがとした洞窟などの拠点「アジール」を全国に訪ね、その暮らしの実態を追うノンフィクション。もうひとつの戦後昭和史の貴重な記録。

 国家の統治が及ばなかった「聖域」アジール。近代以降の漂泊民、被差別民、乞食たちが拠り所としたそれら洞窟などの実際の場所を、克明な取材に基づき描く民俗紀行ノンフィクション。

 本書は、半世紀前まで日本の随所に存在していた全国のアジール(避難所)を探訪し、その生活の実態を追ったノンフィクション。著者はかつて共同通信の記者を務め、日本の漂泊民であるサンカや被差別民に関する民俗学の本を発表してきましたが、文献的な研究に頼るのではなく、実地に足を運び、多くの土地や人物への綿密な取材によって裏づけをとった報告をされていて、丹念な取材の様子も見受けられます。本書で書かれている拠点はいずれもタブー視されているような場所でもありますが、昭和史の知られざる現実が明かされています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/24)

■ 森友学園:「妻、名誉校長辞任」 首相、寄付金集め抗議も

『首相は「妻が名誉校長を引き受けたことで、子供たちやご両親にかえって迷惑をかけるので、辞任させてもらうと申し入れた」と語った。小学校の名称については「寄付を募る紙をみて、私も非常に驚愕した」と述べ、再三断ったにもかかわらず、小学校に名前を使われたのは「極めて遺憾だ」と強く抗議したと説明』とありますが、そもそも名誉校長を引き受ける時点で、名前が使われるのは仕方ないだろうし、小学校に名前を使われたのは「極めて遺憾だ」と強く抗議するなら、名誉校長など引き受けるべきではありません。

安倍首相本人は直接関わっていないかもしれませんが、それでも誰かが利用しているということだろうし、昭恵夫人は自らの行動をしっかりと

反省すべき

で、勝手な行動ばかりすべきではありません!

■ LINEでも共謀成立の恐れ 法相「合意の手段を限定せず」

『政府が「共謀罪」と同じ趣旨で創設を目指す「テロ等準備罪」について、金田勝年法相は二十三日、衆院予算委員会の分科会で、犯罪を合意(共謀)する手段を限定しない考えを明らかにした。会議などでメンバーが対面して行う合意だけでなく、電話やメール、LINE(ライン)で合意が成立する可能性を認めた。広い範囲で会話や通信が捜査対象となる恐れがある』とのことですが、これの何が問題なのでしょうか?

テロリストの連絡手段ではメールも電話もアリだろうから、金田法相の言う通り、合意の手段は限定すべきではありません。

それにしても、図で事例が書かれていますが、この事例を見ると、共謀罪というよりも、国の工事の止めるような行動は威力業務妨害罪で、そもそも犯罪行為なのだから、事例として取り上げるのは間違ってます。

■ 女性職員宛てライン、イクボス市長誤送信50人

『市長は同月30日、出張先の大分市から、インフルエンザで体調を崩した女性職員を気遣い、「会いたかった」「(病気を)変(代)わってあげたい」などとハートマーク入りで記したメッセージを、宛先に登録していた市職員に一斉送信した』って、よくこんな輩が市長をやっているものですね。。。(呆)

妻子もいる市長が、不倫相手なのか何なのか分かりませんが、馬鹿メッセージを誤送信するのもアホすぎますし、職員に対して、こんな馬鹿メッセージを送ること自体、市長失格です。(呆)
posted by babiru_22 at 08:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ目指さないクラブ』宇都宮徹壱

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッカーおくのほそ道 [ 宇都宮徹壱 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/2/24時点)



 Jを夢見るアマチュアクラブから、地域に密着した企業チームまで、その土地その土地に根付いているフットボール文化を取材。写真と文章で、「変わりゆく日本サッカーの原風景」を活写する。

 Jリーグを目指すクラブと目指さないクラブ、百年構想の真実を描く渾身のルポルタージュ、ここに誕生! Jを夢見るアマチュアクラブから、地域に密着した企業チームまで全国津々浦々のクラブを取材し、「J3以前・以降」で変わりゆく日本サッカーの原風景をめぐる旅で、見えてきたものとは? 写真家である著者による美麗なカラー写真も満載!

 本書は、Jリーグに所属していないJリーグ以下のカテゴリに所属しているクラブチームを取り上げたルポルタージュ。サブタイトルにもあるように、Jリーグを目指しているクラブもあれば、目指さないクラブや企業チームもあったりと様々ですが、マイナーチームを丁寧な取材をし、足を運んでまとめた著者の取材力が伝わる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/23)

■ 特養入所、門前払い2割 負担増で退所の例も、民間調査

『全国にある特別養護老人ホーム(特養)のうち19%の施設が、介護の必要度が低い人からの入所申し込みに対し、認知症などの事情を考慮せず「門前払い」していたことが23日、民間団体の調査で分かった。介護保険制度見直しの影響で負担増となり、費用を支払えずに退所した例も101カ所の特養でみられた』とありますが、おそらく全国の特養で様々な問題があるでしょう。

その中でも、上記の記事からも伺えますが、深刻な問題ともいえる特養の

待機老人

については、マスコミももっと大きく取り上げるべき。

■ 民進・蓮舫代表 党の公式行事なのに「写真撮影NG」の暴挙

『民進党の蓮舫代表がまたまた暴挙に出た。22日午後に国会内で開かれた党の会合で、報道陣に対し、党側が「蓮舫氏の写真撮影NG」を言い渡す意味不明の行動に出た』とのことですが、報道規制をさせるのですか。。。(呆)

それならお得意のパフォーマンスも、NGにしろ!

■ 子供の生活困難2割に 都が初の実態調査 困窮層では学習などの機会少なく 支援サービス知らないケースも

『東京都が小中高校生ら子供の生活実態調査を初めて行い、家計が逼迫するなどの生活困難層にいる子供の割合が約20%に上ることが23日、都の中間まとめで分かった。(中略)困窮層で金銭的な理由から食料を買えなかった経験が子供の年齢別に6〜7割、公共料金の滞納経験が2〜3割。過去1年間に海水浴に行けなかった割合は小5、中2で3割になった。遊園地・テーマパークに行けなかった割合は中2で45・1%に達した』とありますが、海水浴に行けなかったり、遊園地・テーマパークに行けなかったら生活困難層ですか?

様々な事情で、生活が困難になっている家庭はあるでしょうが、低所得世帯に対しては各自治体で様々な支援サービスも実施してますから、社会の問題というよりも、家庭の問題の面が大きいように思います。

子供の生活困難が2割というわりには、多くの子供がスマホを持っていますし、相対的な貧困として調べるのではなく、貧困家庭の生活費の内訳を調べるべきです。
posted by babiru_22 at 07:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月23日

『醤油・味噌・酢はすごい 三大発酵調味料と日本人』小泉武夫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

醤油・味噌・酢はすごい [ 小泉武夫 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/2/23時点)



 発酵学の第一人者が醤油・味噌・酢の製造過程や成分をわかりやすく解説。日本の食文化に根ざした歴史や魅力を述べる。さらに近年の科学的知見をふまえ、血圧上昇や肥満の抑制、発ガン予防などの驚くべき効能も紹介する。

 料理の素材を引き立て、味付けの決め手となる調味料。古くから用いられてきた発酵調味料の醤油・味噌・酢は、日本の食卓に欠かせないばかりか、海外での需要も年々高まっている。本書は、発酵学の第一人者がこれら三大調味料の製造工程や成分をわかりやすく解説。我が国の食文化に根ざした歴史や魅力を述べる。さらには、近年の科学的知見をふまえ、血圧上昇や肥満の抑制、発ガン予防などの驚くべき効能も紹介する。

 本書は、タイトルにもあるように、大きく3つの章に分けられ、それぞれで「醤油」「味噌」「酢」について、歴史、造り方、現状と今後についてが、エピソードも交えて解説されています。それぞれの効能についても、分かりやすくまとめており、改めて三大発酵調味料の素晴らしさを感じます。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/22)

■ 民進 テロ等準備罪に反対の見解まとめる

『民進党は、政府が「共謀罪」の構成要件を厳しくして新設を目指す「テロ等準備罪」について、一般市民も処罰の対象になりかねないうえに、基本的人権を侵害する可能性が極めて高いなどとして、反対する見解をまとめました』って、テロリストに基本的人権とか、どれだけ民進党は

テロ支援

をしたいんだか。。。(呆)

犯罪を計画している輩も一般市民扱いしている時点でおかしいですし、テロが起きる前に未然に防げることでも放置を許すというしか本末転倒すぎ。

民進党は一般市民よりも、テロリストの人権を優先するということなのでしょうが、日本国民の安全よりも、テロリスト支援を優先するのだから、むしろ民進党に破防法を適用するべきだ!

■ 民進の辻元清美、玉木雄一郎両氏、国会サボって視察 予算委を無断欠席

『辻元、玉木両氏は民進党が推薦した有識者も意見を陳述していた中央公聴会の開催中、大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に売却された問題の「追及チーム」メンバーとして現地を視察していた。同僚議員による委員の差し替えもしていなかった。民進党国対幹部は「2人が手続きを怠ったのは、われわれのミスだ」と釈明した』とのことですが、足を引っ張るために、仕事をサボるとか、相変わらずすぎて言葉もありません。。。(呆)

それにしても何度目の自爆なんだか。。。

■ JR北海道への財政支援は困難 東日本社長

『JR東日本の冨田哲郎社長は21日、北海道新聞のインタビューに答え、副社長を送っているJR北海道について「財政的な支援というのは難しい」と述べ、JR北海道が自主的に経営改善を図っていくべきだとの考えを改めて示した』とありますが、これは至極当然のこと。

国鉄ではなく別会社でもあるのだから、財政支援は無理だろうし、JR北海道は自社再建こそ真剣に考えろと言いたい。

■ 「くたばれ厚労省」「涙しか出てこない」…看護師試験の問題激変でネットに批判続々 厚労省「難しくしてない」

『「くたばれ厚労省」「文句と涙しか出てこない」−。19日に全国で実施された看護師の国家試験が例年と出題傾向が異なり、受験者がツイッターなどで次々と批判している。厚生労働省は「難しくしたわけではない」と釈明するが、関係者からは、読解力を問う問題が急増し、来年度の改革に向けた「予行演習」との声も上がっている』とありますが、試験ら落ちるのは、いわば本人の責任でもあるのに、なんで責任転嫁するんだか。。。

試験問題は受験者全員に同じ内容だろうから、難易度と合格は全く関係ありませんし、自分の問題なのに、国や厚労省に責任転嫁するのは明らかに間違っています。
posted by babiru_22 at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月22日

『ざんねんないきもの事典 おもしろい!進化のふしぎ』今泉忠明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ざんねんないきもの事典 [ 下間文恵 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/2/22時点)



 「クジャクの羽は長すぎてじゃま」「サイの角はただのいぼ」「イルカは眠るとおぼれる」…。進化の結果、なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物たちを、楽しいイラストとともに紹介する。

 ざんねんないきものとは一生けんめいなのに、どこかざんねんないきものたちのことである。地球には、すごい能力をもつ生き物がたくさんいます。でも一方で、思わず 「どうしてそうなった!?」 とつっこみたくなる「ざんねん」な生き物も存在するのです。この本では、進化の結果、なぜかちょっとざんねんな感じになってしまった122種の生き物たちをご紹介します。

 本書は、残念な感じがする生き物たちの知られざる生態を、イラスト入りで紹介したもの。イラストの他にも分かりやすい解説もされているため、子供向けとしてもお勧めですし、大人も面白雑学として楽しめます。紹介されている122種の生き物の意外な特性など、面白い視点で紹介されていて、老若男女で楽しめる事典です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 13:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/21)

■ 民進・後藤祐一氏、防衛省職員にパワハラか

『民進党の後藤祐一衆院議員が、防衛省の女性職員に対して、「お前の人事評価を下げてやる」などと、パワハラともとれる言動をしたとして、稲田防衛相は、後藤議員に抗議したことを明らかにした。(中略)後藤議員は先週16日、PKO部隊の日報問題で、議員会館の自分の事務所を訪れた防衛省の30代の女性職員に対し、机をたたきながら「戦闘という言葉が入った日報を総理は見たのか」、「お前の人事評価を下げてやる。お前なんかクビにできる」などと、威圧的な言動を繰り返したという』とのことですが、これはパワハラというよりも、立場を利用しての

脅 迫

ですから、謝罪すれば済むことではありません。

これが与党議員がやったことであれば、即座に野党は批判するでしょうが、民進党はこの件についてはダンマリで、どこまで身内に甘いんだか。。。(呆)

■ 崖っぷち都議会民進、パクリの“抱きつき作戦”に小池氏激高 知事が進める「東京大改革」と混同する名称に改名

『崖っぷちにある民進党の都議が、小池百合子都知事に抱きついてきた。夏の都議選(6月23日告示、7月2日投開票)を見据えて、「都議会民進党」と「民進党都議団」が14日合流し、新会派「東京改革議員団」を設立したのだ。「民進党」の名称を隠し、小池氏の大看板「東京大改革」に似た名称にする姿勢に、小池氏周辺だけでなく、都議会関係者もあきれ、激怒している』とありますが、名称で誤魔化して、都民を騙して票を搾取しようとするとか、相変わらずですね。。。(呆)

それにしても、あの号泣記者会見の野々村の手口を、党としてやるとか、どこかの国のように恥の概念すらないんでしょうね。。。(呆)

■ 覚醒剤密輸容疑で楽天社員逮捕 台湾渡航140回以上、薬物の売人か

『容疑者は楽天のトラベル事業に従事。週末の休日を利用し、平成20年から143回にわたって台湾に出入りしていた。尿からは覚醒剤反応が出ており、組対5課は覚せい剤取締法違反(使用)容疑でも捜査している。また、自宅からはガラスパイプ20個や空の小分け袋100枚以上が見つかっており、組対5課は薬物の売人だったとみて販売先の特定を進める』とありますが、楽天トラベルに従事して、

楽天トラブル

を引き起こしたのですね。。。(呆)

サンキチがネットで薬販売したかったのは、このためか?……というわけではないでしょうが、楽天社員が覚醒剤密輸とか、凄すぎて言葉もありません。。。
posted by babiru_22 at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月21日

『それってキセキ GReeeeNの物語』小松成美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それってキセキ [ 小松成美 ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2017/2/21時点)



 歯科医で、ミュージシャンで、純粋な心を歌詞に換えて歌い続けるGReeeeN。今もなおプロフィールが明かされない彼らが“これまで歩んできた真実”を元に綴った人間愛の物語。

 今年、デビュー10周年を迎えたGReeeeNの初の単行本が発売決定。歯科医のため、今もなおそのプロフィールが明かされないGReeeeN。 彼らが“これまで歩んできた真実”を元に綴った人間愛の物語。本作は、アスリートやアーティストのノンフィクションでベストセラーを重ねる作家・小松成美が4年に及ぶ取材を重ね完成した長編青春小説となっている。そこには、リーダーHIDEと、兄でありプロデューサーであるJINとの、兄弟の生い立ち。そしてメンバーnavi、92、SOHとの出会いと青春の日々、GReeeeN誕生の瞬間、メンバーの絆が克明に綴られている。歯科医として活躍しながら、ミリオンセラー・アーティストまで上り詰めたGReeeeNの“奇跡”と“軌跡”の物語が、ついに明らかに!

 本書は、ドキュメンタリー作家でもある著者が、プロフィールを明かさずに活動するGReeeenを、4年の歳月をかけて密着取材し、東日本大震災で得た経験や、生い立ち、メンバーたちの出会い、グループ誕生の瞬間などを小説として描いています。著者であるならば、小説としてではなく、ドキュメントとして描いた方が良かったのではないか?とは思いましたが、様々な曲のエピソードについてや、知られざるメンバーの秘話なども多く、ファン必読の一冊だと思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/20)

■ 国有地売却で調査チーム=民進

『民進党は20日、大阪府豊中市の国有地が学校法人「森友学園」に格安で払い下げられた問題で、党内に調査チームを発足させた』とのことですが、民進党の調査チームって、これで幾つ目ですか?

様々な調査チームは作るけど、調査報告がされた試しすらありませんし、仕事をしてるフリのような

パフォーマンス

は必要ありませんから、やるならキチンと仕事をして下さい。

■ 民進・菅直人元首相「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」とツイート 現在は削除

『民進党の菅直人元首相は20日、自身のツイッターに「金正恩氏殺害など嫌なニュースが続く」と書き込み、後に削除する一幕があった』って、まさかの殺害予告ですか?(呆)

間違いだったのでしょうが、政治レベルが低すぎます。。。(呆)

■ 経団連会長「プレミアムフライデーを国民的行事に」

『月末の金曜日は、午後3時をめどに退社を促す「プレミアムフライデー」が今週24日からスタートするのを前に経団連の榊原会長は、「クリスマスのように、国民的行事として定着してほしい」と述べ、企業などに参加を呼びかけました』とありますが、毎月月末がクリスマスですか?(呆)

経団連企業で勝手なやってろとも思いますし、殆どの企業はそんな暇はねーよ!
posted by babiru_22 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月20日

『スタフ』道尾秀介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スタフ [ 道尾秀介 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/2/20時点)



 移動デリで生計をたてる女性、夏都。偶然にも芸能界を揺るがすスキャンダルを知ってしまった彼女は、有名女優を守るため、緑色の髪をした美少女と共同戦線を張る。ノンストップミステリー。『週刊文春』連載を単行本化。

 移動デリを営み、ワゴン車で日々料理を売っている掛川夏都。若い女と不倫した夫を叩き出し、今は海外で働く姉の息子・智弥と共同生活をおくっている。ある日、いつものように駐車場の片隅で営業していると、スーツ姿の男性に「保健所のほうから来ました」と声をかけられた。衛生状態を調べる、とワゴンに乗り込んだ男は、夏都を脅してそのまま車を走らせる。「これはもしかして、誘拐?」ようやく慌てはじめる夏都だったが、行きついたマンションの一室で待っていたのは――? ページをめくりはじめたら途中でやめられない、ノンストップミステリー長篇!

 本書は、著者初の週刊誌連載となった作品。移動デリバリーを舞台としたミステリでしたが、これまでの著者の作品と比べると、読みやすいものの展開が派手すぎたのと、登場人物が多すぎて、展開がかなり広がりすぎていたのが欠点。後半は一気にシリアスな展開にはなりますが、個人的には今一つでした。

【満足度】 ★★★
ラベル:道尾秀介 スタフ
posted by babiru_22 at 18:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/19)

■ 民進・野田氏「自民党も頑張っていいが、ライバル必要」

『自民党も頑張ってもらっていいが、やはりライバルが必要じゃないですか』って、今の民進党は自民党のライバルにすらなってませんが。。。

せめて対抗できるような

政策議論

ができればいいでしょうが、その政策すら出せないで批判しかしていないのだから、ライバルが必要というなら、民進党の解党をするべきだ。

■ 自民有志議員:子多いほど税軽減…「世帯方式」検討へ

『自民党の有志議員が近く、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減される「N分N乗(世帯課税)方式」の導入に向けた勉強会をスタートさせることが分かった。少子化に歯止めをかける所得税改革と位置付け、党税制調査会での本格的な議論につなげる考えだ』とありますが、これは難しい問題です。

実質単身世帯の増税にもなりますし、高所得者の税優遇にもなりますから、世論としては反対の声の方が多いように思いますが、違う形の減税対策こそ検討してもらいたいです。

■ 3セク債権放棄、給与削減方針に市職員から悲鳴

『青森駅前の複合商業施設「アウガ」を運営する第3セクターの特別清算で青森市が約17億円の債権放棄をする見通しとなったことを受け、同市の小野寺晃彦市長が市職員らの給与削減方針を示したことに、労働組合が反発しているほか、市職員からとまどいの声も出ている』とのことですが、債権放棄するまで放置していたのは、明らかに行政の責任で、給与削減もやむなしだと思います。

労組が反発していますが、債権放棄にならないよう、行政がチェックしていれば、ここまでのことにはならなかったはずで、給与削減は気の毒とは思いますが、民間企業であれば、大量リストラにもなるだろうから、それを考えると公務員は恵まれすぎますし、反発するなら離職するべきだ。
posted by babiru_22 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月19日

昨日の出来事(2/18)

■ 蓮舫、小沢両氏が都内で会談 衆院選の野党共闘で意見交換か

『民進党の蓮舫代表と自由党の小沢一郎共同代表が17日夜に東京都内で会談していたことが分かった』とありますが、この2人だと

悪の組織

にしか見えません。。。(苦笑)

泥舟同士で、仲良くドボンして下さい。。。

■ 「待機児童ゼロ」断念 怒る親、自治体はあきれ顔

『2017年度末までに待機児童をゼロにするとした政府目標を巡り、安倍晋三首相が事実上の断念を表明した。働く女性が予想以上に増えたことを強調したが、預け先のない親にとっては死活問題で、怒りの声が上がる。保育所整備の厳しさを知る自治体や事業者は見通しの甘さにあきれ顔だ』とありますが、この問題は政府だけの問題だろうか?

自治体でも待機児童を減らすために、保育所の建設を予定すれば、予定地周辺の住民からは反対の声が上がり断念せざるをえないのだから、投げ出すというよりも、政府というよりも、むしろ自治体や国民自体が考えるべきで、これを政府だけの問題にする方が間違っています。

■ 民進・榛葉氏、党の「原発ゼロ」前倒し検討に異論

『榛葉氏は、「結論ありきの議論だったら、それはあまりにも仲間をないがしろにしすぎだと思う」と、執行部の議論の進め方に批判的な考えを示しました』って、党内議論をしないで結論ありきでしかないのが、民進党だし、これは以前からも同じこと。

こんなことを今更言っていること自体がおかしいですし、そういう党なのだから、見切りを付けるべきです。
posted by babiru_22 at 07:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

『絶対正義』秋吉理香子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

絶対正義 [ 秋吉理香子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/2/18時点)



 範子は礼儀正しく、間違いを犯さず、決して罪を許さない。なにより正義を愛していた。彼女に助けられた4人の女たちは感謝し、そして、のちに範子を殺した。しかし、死んだはずの範子から4人にパーティへの招待状が届き…。

 4人の女たちに届いた『思い出の会』への招待状。差出人は、5年前に殺したはずのあの女……。正義のモンスター。あんな女、本当は大嫌いだった。範子はいつでも礼儀正しく、一つの間違いも犯さず、また決して罪を許さない。なにより正義を愛していた。和樹は、痴漢から助けてもらった。由美子は、働かない夫を説得してもらった。理穂は、無実の罪を証明してもらった。麗香は、ピンチを救われチャンスを手にした。彼女たちは大いに感謝し、そして、のちに範子を殺した。しかし、死んだはずの範子から招待されたパーティで、4人が見たものとは……? 正義があれば、全て許されるのか……? 『暗黒女子』『聖母』の著者、最新にして最恐ミステリー。 衝撃のラストがあなたを待つ!

 本書は、イヤミス全開ともいえるミステリでしたが、自己中心的に絶対正義を振りかざす主人公・範子の描写が怖い女性を見事に表現しており、最初からラストまでのゾクゾク感は面白かったです。この主人公に関わる友人4人の壮絶な過去も、展開を盛り立てています。正義とは何かを、うまくミステリとした作品で、映像化されても面白いと感じた作品です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする