2017年05月24日

『織田信長の家臣団 派閥と人間関係』和田裕弘

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

織田信長の家臣団 (中公新書) [ 和田裕弘 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/5/24時点)




 一万を超す大軍勢を任された柴田勝家・羽柴秀吉・明智光秀ら軍団長と、配下の武将たちの人間関係を、地縁・血縁などから詳細に検証。織田信長の家臣団の「派閥」の構造に迫り、各軍団の特性を明らかにする。

 織田家中で最古参の重鎮・佐久間信盛は、本願寺攻めでの無為無策を理由に信長から突如追放された。一見理不尽な「リストラ」だが、婚姻や養子縁組による盤石の人脈を築けなかった結果とも言える。本書では、一万を超す大軍勢を任された柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益・明智光秀ら軍団長と、配下の武将たちの関係を、地縁・血縁などから詳細に検証。これまで知られなかった「派閥」の構造に迫り、各軍団の特性を明らかにする。

 本書は、1万を超える大軍勢を率いた柴田勝家・羽柴秀吉・滝川一益・明智光秀らと、その配下の関係性に迫ったもの。サブタイトルにもある「派閥と人間関係」についての分析でもありますが、新書としては中身の濃い内容で、関係性については、とても興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/23)

■ 【テロ等準備罪】民進・蓮舫代表「自公維は官邸のイエスマン」

『民進党の蓮舫代表は23日、「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案が衆院本会議で自民、公明、日本維新の会などの賛成多数で可決されたことについて「国会における熟議を放棄した瞬間だ」と批判し、「自民、公明、維新はまさに官邸のイエスマンだ」と強調した』って、勝手に

審議拒否

をしたのだから、民進党には批判する資格は全くない!

しかも「国会における熟議を放棄した瞬間だ」って、議論すらせずに批判と廃案を叫ぶだけでは、熟議などできるはずもなく、議論すらせずに審議拒否を繰り返すのだから、それを言うなら国会をサボってるんじゃねーよ!(怒)

■ 小池新党、公約に市場問題盛らず 「知事の方針未定」

『小池百合子・東京都知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」が、都議選(6月23日告示)の公約に、築地市場の豊洲移転問題を盛り込まないことが分かった。小池知事が移転の可否を決めていない段階で方向性を示すべきではないと判断したという』とありますが、結局小池都知事は何をしたいんだか。。。

都知事としてのスピードある決断を多くの都民が望んでいたことだと思いますが、その決断ができず、問題を先送りにして膨大な費用ばかりがかかっているだけ。

都民にはしっかりと都政について判断してもらいたいですね。。。

■ 競馬場などの未成年者の入場制限 民進が法案原案

『ギャンブル依存症対策を検討している民進党の作業チームは、依存症の防止に向けて、国や自治体に対し、競馬場などに未成年者が入場できないようにする施策の実施などを求める法案の原案をまとめました』って、他にやることが山のようにあるでしょうが!(怒)

こんな馬鹿げたことを考えるなら、パチンコこそ規制しろ!
posted by babiru_22 at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

『あおなり道場始末』葉室 麟

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あおなり道場始末 [ 葉室 麟 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/23時点)




 豊後、坪内藩の城下町にある青鳴道場。先代の死から早一年、道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の権平は、道場再興と父の汚名を雪ぐため、妹や弟とともに道場破りを始める。『小説推理』連載を加筆・修正。

 神妙活殺流の遣い手として知られた先代の死から早一年、青鳴道場は存亡の危機にあった。跡を継いだ長男の権平は若く、その風采の上がらなさや昼行燈な性格から、ついには門人が一人もいなくなってしまったのである。だがある日、権平がようやく重い腰を上げる。「父の仇を捜すために道場破りをいたす」。酔って亡くなったとされる先代の死には不審な点があり、直前には五つの流派の道場主たちと酒席を共にしていた。権平は道場再興と父の汚名を雪ぐため、道場破りを始める。

 物語は、不可解な父の急死から、道場破りで生計を立てながら事件の真相に近づく3兄妹を描いた作品。著者と時代小説としては、非常にアッサリと読める軽いタッチの作品で、これまでの著者の作品よりも重さがあまり感じられなかったのが残念でしたが、ライトノベル的な感覚で読むことができる作品で、青少年向けともいえます。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/22)

■ 「共謀罪」法案、国連特別報告者の懸念に抗議 日本政府

『国連特別報告者のジョセフ・カナタチ氏(マルタ大教授)が、「共謀罪」法案について「プライバシーや表現の自由を制約するおそれがある」との懸念を表明する書簡を安倍晋三首相あてに送ったことについて、菅義偉官房長官は22日午前の記者会見で、外務省を通じて国連に抗議したことを明かした』とのことですが、国連はテロ等準備罪をしている国に同様の書簡を送っているのだろうか?

そんなことは決してありえませんし、そもそも国連特別報告者というのは、国連とどのような関わりがあるんだ?

仮に国連そのものからの書簡であれば、

分担金拒否

をすべきで、国連は内政干渉をすべきではありません。

■ 宮内庁、毎日「陛下 公務否定に衝撃」報道を否定 有識者会議意見に不満のご発言「事実ない」 毎日は「十分な取材に基づいている」

『毎日新聞が21日付朝刊で天皇陛下の譲位に関する政府の有識者会議内での一部意見について、陛下が強い不満を漏らされていたとの記事を掲載したことを受け、宮内庁の西村泰彦次長は22日の定例会見で「天皇陛下のご発言の報道があったが、そうした事実はない」と全面的に否定した』とありますが、否定するならば宮内庁は毎日新聞社に対して、抗議するべき。

度重なる捏造記事を行うようであれば、何らかの規制をするべきですし、毎日新聞は事実確認の裏取りすら行っていないのか?(呆)

■ 市有地に「無断野菜畑」さらに5カ所…コスモス栽培のはずが、管理は住民任せ転用♂。行 大阪・交野

『大阪府交野市星田地区の市有地を住民らが野菜畑として無断利用していた問題で、ほかに少なくとも5カ所の市有地で、草刈りを依頼された住民らが市の許可を得ず野菜を栽培していることが22日、市などへの取材で分かった』とのことですが、これって放置していた大阪府の行政の怠慢じゃん。

記事には『そもそも市側が正式な契約もないまま住民側に市有地の管理を任せてきたことが、問題の背景にある』ともありますが、行政が当たり前の管理をすれば済むだけのことで、なんでも事勿れ主義にするんじゃないよ!(怒)
posted by babiru_22 at 09:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

『あの頃トン子と』城 明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あの頃トン子と [ 城 明 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/22時点)




 東北に住むアラフォーの洋一とマナブは、退屈しのぎとばかりに子豚の「トン子」に芸を仕込み始めた。するとその子豚は、呼びかけると「トン子!」と答えるように。テレビで紹介されたトン子は日本中の人気者になって…。

 東北地方の農村で養豚業を営む洋一、39歳独身。その幼馴染で、東京で夢破れ故郷に舞い戻ったマナブ、バツイチ。2人は暇しのぎに、子豚のトン子に芸を仕込み始める。だが、そのトン子が、呼びかけられると「トン子!」と返事をするようになったのだ! 「しゃべる子豚」としてテレビ局の取材が相次ぎ、ついには豚骨ラーメンのCMに出演、トン子は日本中の人気者になる。ついに2人はトン子を擁して、上京するのだが……。

 物語は、しゃべる子ブタとの生活を描いた作品。人間に翻弄される子豚の悲劇でもあるのですが、ユーモアが交えて描かれていて、ラストまでスムースに読むことができます。ラストはとても切ないですが、人間と動物についてちょっと考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/21)

■ 陛下:退位議論に「ショック」 宮内庁幹部「生き方否定」

『天皇陛下の退位を巡る政府の有識者会議で、昨年11月のヒアリングの際に保守系の専門家から「天皇は祈っているだけでよい」などの意見が出たことに、陛下が「ヒアリングで批判をされたことがショックだった」との強い不満を漏らされていたことが明らかになった。陛下の考えは宮内庁側の関係者を通じて首相官邸に伝えられた』とのことで、本当に陛下がこの言葉を言ったのかどうか分かりませんが、仮に陛下が言ったとしても、このような言葉を宮内庁はマスコミに漏らすべきではありません。

特に宮内庁のマスコミ利用は、

慎むべきだ!

■ 【加計学園問題】追及側の民進党、玉木雄一郎氏、獣医師連盟から100万円献金 「規制改革の邪魔しているだけじゃ」 民進議員が「獣医学部新設」を国会で陳情の過去も

『民進党の玉木雄一郎幹事長代理(48)が平成24年に「日本獣医師連盟」から100万円の献金を受けていたことが分かり、ネットでは「規制改革の邪魔をしているだけでは」という批判が起きている。玉木氏は自身のブログで父親が香川県獣医師連盟の副会長をしており、弟も獣医であることを明かしている』とありますが、これこそズブズブですね。。。(呆)

毎度毎度のブーメランにも呆れ果てますが、忖度というレベルではありませんね。。。(呆)

■ 小池都知事、自民を痛烈批判 都議選の対立構造鮮明に

『「忖度(そんたく)政治、これこそ自民党都連そのものだと断言しておきます」「自民党都連では東京を引っ張る力はない。足を引っ張る力はある」。20日昼、東京・田町駅前で演説した小池百合子・東京都知事は、痛烈な自民批判を繰り返した』とのことで、一種のパフォーマンスでもあるでしょうが、小池都知事もここまで批判するなら、自らが自民党を離党するのが先。

批判合戦もみっともないですが、批判するよりも先にやるべきことが山のようにありますし、豊洲問題を都知事選に持ち込むな!とも言いたい。
posted by babiru_22 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月21日

楽天市場 5月の退店ショップ その1

4月の楽天市場の退店ショップは、

楽天市場 4月の退店ショップ その2

などでも書きましたが、その後も引き続き楽天市場を退店するショップが続いています。


■ FieldWorks  閉店セール実施中

■ ストレートハート Straight Heart  閉店セール実施中

■ かっぷ&ソーサ  閉店セール実施中

■ ABBOT KiNNEY JAPAN  閉店セール実施中

■ minimart  閉店セール実施中

■ s.d.j.  閉店セール実施中

■ ペルシャンギャラリー青山  閉店セール実施中

■ ローズマリー薬局楽天市場店

■ SWELLFLOW 楽天市場店

■ ラトックダイレクト 楽天市場店

■ 軽井沢 寿美屋 楽天市場店

■ レスティくらぶ

■ Mydress

■ MAXHID

■ Estmonte

■ ベンチマスター

■ ビューティコスメ 美PLUS

■ 鳳田商事

■ 若草本舗

■ 小沢そば

■ DeaCloset(ディアクローゼット)

■ A-onショップ楽天市場店

■ チャイナ・テーマ

■ 隠市楽天市場店

■ 肉卸の極上肉&肉料理ぐるめみーと

■ 幸雪屋

■ アウラス 楽天市場店

■ 庵傍屋

■ キャラクターコレクション

■ アートスポーツ・ODBOX

■ スタイルウィーク

■ 来島こだわり鮮魚岡田

■ Aimer Venus

■ ARIZONA HIGHWAY

■ shopサンライズ


「FieldWorks」は、トップページに記載されているように、6月10日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「ストレートハート Straight Heart」も、商品ページに記載されているように、5月21日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「かっぷ&ソーサ」も、トップページに記載されているように、5月22日までの閉店セールが行われています。

「ABBOT KiNNEY JAPAN」も、トップページに記載されているように、5月末日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。閉店セールが行われています。

「minimart」は、閉店日の記載はありませんが、複数の商品で閉店セールが行われており、近日中の退店と思われます。

「s.d.j.」も、閉店日の記載はありませんが、複数の商品で閉店セールが行われており、近日中の退店と思われます。

「ペルシャンギャラリー青山」も、閉店日の記載はありませんが、複数の商品で閉店セールが行われており、近日中の退店と思われます。


なお、楽天市場での二重価格での不当表示問題などで、改装中の状態のショップが非常に多くなっています。

その改装中も、改装中となってから半年以上も経過して、退店となっているショップも改装中のままになっているところも多く見られます。

そうしたショップは、分かる範囲で、上記には取り上げていませんが、こちらで取り上げたショップで一時的な閉店ショップもあるかもしれませんので、ご理解下さい。

退店ラッシュが続いており、今月も退店されるショップは他にもあるでしょうから、引き続き調べていきます。

また、ショップのトップページで閉店案内を出しているところなどは調べられますが、分からないショップもありますので、ショップのメールマガジンなどで閉店情報がありましたら、情報をお知らせいただければと思います。

極稀に本当の改装中状態や一時休店状態のショップも、検索上こちらで取り上げることがありますが、御連絡いただければ確認次第修正しますので、誤った記事内容がありましたら、御一報いただきたく思います。
posted by babiru_22 at 19:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/20)

■ 民進またブーメラン、加計学園関与していた… 学部新設を強硬に要求「ぜひ実現してほしい」

『安倍晋三首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山市)が、国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐる「文書」が注目されている。民進党は、内閣府が「総理の意向」をバックに文部科学省に早期実現を迫ったか否かについて徹底追及している。だが、同党の若手議員も国会などで学部新設を強硬に要求していたのだ。これは、ブーメランではないのか』とのことですが、完全に民進党お得意の

ブーメラン

ですね。。。(呆)

忖度を要求したのが民進党というのも呆れますが、民進党は何がしたいんだか。。。(呆)

■ 【テロ等準備罪】「テロ天国」は御免だ 日本の“怠慢”に世界は厳しい視線

『国際組織犯罪防止条約(TOC条約)は187カ国・地域が締結し、国連加盟国の94%にあたる。3年後に東京五輪・パラリンピックを控えた日本にとって締結は急務であり、そのために「テロ等準備罪」の新設が必要だ。現状を放置すれば、テロなどに対峙(たいじ)する国際協力の枠組みで日本が抜け穴になりかねない。条約では締結に際し、各国にテロ等準備罪などの「合意罪」や「参加罪」を求めている。この法整備をせず、条約を締結していない国連加盟国は、日本のほかに10カ国しかない』とありますが、この「条約を締結していない国連加盟国は、日本のほかに10カ国しかない」というのは、もっと国民に説明すべきこと。

テロ等準備罪でテロが完全に防げるわけではありませんが、日本は国防について、もっと多くの議論が必要です。

■ 知的障害「逸失利益」請求訴訟 施設側は争う姿勢

『重度の知的障害を持つ松■和真さん(当時15)はおととし、入所していた東京・八王子市の施設から抜け出して行方不明になり、山の中で死亡しているのが見つかりました。両親は、施設側が和真さんの将来の収入にあたる逸失利益をゼロとした慰謝料を提示したのは「命の差別」だとして、約8800万円の損害賠償を求めています』とのことですが、施設の管理についてはある程度は問われても仕方ないところとは思いますが、損害賠償を求めるのはいかがなものかと思います。

逸失利益を命の価値と考えること自体が間違えであり、弁護士に焚きつけられたのかもしれませんが、国や施設の世話になっていて、損害賠償を求めること自体、いかがなものかと思ってしまいます。
posted by babiru_22 at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月20日

『いちばん悲しい』まさきとしか

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いちばん悲しい [ まさきとしか ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/5/20時点)



 ある大雨の夜、冴えない中年男が殺された。不倫相手の妄想女、残された妻子、キャンプでの不幸な出来事…。事件の周縁をなぞるような捜査は、決して暴いてはならない秘密をつきとめ…。

 犯人は、水底から現れて、水底へ消えて行った……。ある大雨の夜に殺された冴えない中年男。不倫相手の妄想女、残された妻子、そして男の家族の苦い思い出となった、キャンプでの出来事……。事件の周縁をなぞるような捜査は、決して暴いてはならない秘密をつきとめる……。女たちの心の奥底にうずまく毒感情が、少しずつ溢れ、歪み、凶器となって、人の命を奪うまでを描いた、イヤミスの衝撃作!

 物語は、登場人物それぞれの心の奥を描いたサスペンス。女性独特のドロドロ感が、イヤミスとして表現されていて、その人物描写が独特で心理サスペンスとして楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/19)

■ テロ等準備罪、衆院法務委で可決 23日通過へ 野党は猛抗議

『衆院法務委員会は19日午後、共謀罪の構成要件を厳格化した「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を、与党と日本維新の会の賛成多数で可決した。与党は23日に衆院を通過させ、参院に送付する方針だ。民進、共産両党は反発を強め、対立が激化している』とのことですが、野党も反対するならば、もっと

建設的な議論

をするべき。

参院で長引くことにもなりそうですが、議会制民主主義ということこそ野党はしっかりと考えるべきだ!

■ 音楽教室の演奏に著作権者の許諾必要な場合も 政府答弁書

『政府は19日の閣議で、音楽教室での演奏であっても、公衆に直接聞かせることを目的とし、聴衆から料金をとったり、演奏者に報酬が支払われたりした場合などには、著作権者の許諾を得る必要があるなどとする答弁書を決定しました』とありますが、行政は司法に介入すべきではありません。

これでは変な拡大解釈もされてしまうだろうし、曖昧な回答ではあるものの、司法の問題でもあるのだから、介入することはいかがなものかと思います。

■ 「キッズウィーク」来年4月から実施へ、“学校の夏休みなど分散”

『政府が「キッズウィーク」という新たな大型連休を創設し、来年4月からの実施を目指す方針を固めたことがJNNの取材でわかりました。全国の学校で夏休みなどの長期休暇を分散し、それにあわせて大人も休めるよう推進するということです』とのことですが、全ての大人が長期休暇を取れることはありえないのに、なんでこんな馬鹿げたことを考えるんだ?(呆)

公務員の休みを増やしたいがための措置にしか見えませんし、どんだけ公務員優遇させたいんだ?(呆)
posted by babiru_22 at 07:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

『海に向かう足あと』朽木 祥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海に向かう足あと [ 朽木 祥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/19時点)



 東京近海の小さな島で開かれるヨットレースに参加したクルーたち。だが、人々は現れず、電話も繋がらない…。いったい世界で何が起きているのか? 心に迫る切ないディストピア小説。

 村雲達6人のクルーメンバーは、そう裕福でない日々の中で捻出した費用で、念願の新艇を手に入れる。早速、三日月島をスタートに開催される外洋ヨットレースへの参加を揚々と決める。小笠原諸島近くのその島には申し分ないサービスを提供するホテルがあり、ヨット乗りには夢のような島だった。盛り上がる「大きな少年」たちを、時に辛辣な言葉をかけながらも温かく見守る家族や恋人たち。唯一の懸念は、きな臭い世情不安だけだった。メンバーの一人である諸橋は物理学を専門とし、政府のあるプロジェクトに加わっていたのだ。独身を通してきた村雲は、お礼セーリングに美しい女性輝喜を互いの愛犬2匹とともに連れてきた。若くてフリーターの洋平はシングルマザーとの交際を真剣に考え、ベテランの相原は自分の体力と人生の限界を感じていて、メンバーそれぞれがそれぞれの思いとともにレースに向かおうとしていた。準備のために三日月島に先入りしていたメンバー、しかし合流するはずの諸橋や家族たちが当日になっても到着しない。本人たちの携帯も通じない。やがて一切の通信も凍ってしまい……。世界で何が起きているのか?

 物語は、6人のヨットクルーたちのヨットレースの日々と、それが突然断ち切られてしまう恐怖を描いた作品。特にラストは背筋も凍る展開となり、とても切ない物語でもありましたが、非常に印象に残る作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/18)

■ 民進、加計学園めぐる文書追及 出所明かさず

『学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画を巡り、民進党は17日、文部科学省が、国家戦略特区を担当する内閣府とのやりとりを記録したとされる文書を入手したと明らかにした』とありますが、入手したのに出所すら明らかにできないとか、出せないなら公文書ではなく、単なる

怪文書

じゃんwww

これでは公文書偽造の疑いも民進党にはかかりますし、こんなことばかりやってるから国民にも呆れられているということぐらい自覚しろ!(怒)

■ 蓮舫氏「内閣総辞職に値」=安倍首相に説明要求−加計文書

『民進党の蓮舫代表は18日午前の記者会見で、学校法人「加計学園」の学部新設計画に安倍晋三首相が関与したことを裏付けるとみている内部文書について、「究極の忖度(そんたく)があったと疑っている。内閣総辞職に値する内容ではないか」と指摘した』って、証拠がハッキリしていないことに内閣総辞職とか、それでは本人の二重国籍問題やガソリンプリカの問題については、どう説明するんだ?

更には、この文書がガセネタだった場合は、勿論民進党は全員議員辞職するんでしょうね。。。(呆)

■ 「YES高須クリニック!」の高須克弥院長が民進党に「NO」を突きつけた!? CM「陳腐」発言に提訴の意向

『美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は18日のブログで、民進党の大西健介青年局長と蓮舫代表を提訴する考えを示した。(中略)事の発端は、17日の衆院厚生労働委員会での大西氏の質問だった。大西氏が、美容医療の問題点に関する質問の中で「(美容外科の)CMも陳腐なものが多い。皆さんよくご存じのように、例えば『YES◯◯(まるまる)』とクリニック名を連呼するだけのCMとか」と発言したのだ』とのことですが、全面的に高須院長を応援します。

国会の場で、一民間企業を攻撃するのも酷いですし、しかも選挙区の市民に対して、ケンカを売るとか、民進党はアホの極みでしかありません。(呆)
posted by babiru_22 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

『あさ美さんの家さがし』星野伸一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あさ美さんの家さがし [ 黒野 伸一 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/18時点)



 タワーマンションに惹かれる32歳のキャバ嬢あさ美、ゴミ屋敷で暮らす蓬莱のおばあちゃん、シェアハウスで出会った譲二と唯…。高齢化や待機児童など、様々な問題の中で生きる人々が織りなす、住居と人生をめぐる連作長編。

 本書は6話が収録される連作集。キャバ嬢あさ美に関わる人々の繋がりが描かれますが、待機児童問題やゴミ屋敷問題など、社会問題とうまく物語を絡めています。住居探しから始まり、人との繋がりの人間関係など、連作としても読みやすく、できれば続編も出してほしいです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/17)

■ 慰安婦合意、受け入れ困難=韓国特使、岸田外相に表明

『岸田文雄外相は17日、韓国の文在寅大統領の特使として来日した文喜相国会議員と外務省で会談した。文氏は、慰安婦問題をめぐる日韓合意について、「韓国国民の大多数が情緒的に受け入れられない」と表明した』とありますが、それならば岸田外相は温い対応をせずに、「それならば

合意は破棄

ということでいいんですね!」と破棄を求めるべきだ!

合意の意味すら理解していないのだから、これでは国際的な約束すら全くできないということでもあり、韓国国内の問題なのだから、日本は一々遠慮するべきではない!

■ 大阪府 籠池前理事長を詐欺の疑いで告訴へ

『学校法人「森友学園」が、幼稚園の教職員などの数を水増しして不正に補助金を受けていたとして、大阪府は、籠池泰典前理事長を詐欺の疑いで大阪地検特捜部に告訴する方針です』とのことですが、大阪府としては当然の措置でしょう。

ついでに辻元の件こそ徹底追及してほしい。。。

■ 加計学園巡り野党攻勢 守勢の文科相、文書の信憑性疑う

『「不当な要望」。学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐり、「総理のご意向」として内閣府から伝えられた内容を記録した文部科学省の文書について、野党側は17日、国会で追及した』とありますが、誰が書いたものか分からない文書など証拠にすらならないのは素人でも分かること。(呆)

野党は追及するなら、文書の証拠をしっかりと調べるべきで、民進党は永田メールの教訓すらないのか?(呆)
posted by babiru_22 at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

『美しい国への旅』『美しい国への旅』田中慎弥 『美しい国への旅』田中慎弥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美しい国への旅 [ 田中 慎弥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/17時点)



 ガスマスクなしでは外出できない「濁り」に汚染されたディストピア日本を舞台に、14歳の少年が、母の仇討ちと女兵士の使命を胸に、司令官のいる基地を目指し旅を続ける。『共喰い』の衝撃から5年、新たな代表作。

 物語は、大量殺戮兵器で汚染された世界を描いた作品ですが、『宰相A』もイマイチでしたが、背景も不鮮明すぎます。前作の『宰相A』も安倍首相を皮肉ったもので、本書もタイトルから、安倍首相の書いた『美しい国へ』への批判と受け取れますが、戦争にこだわりすぎていて、政権批判を文学として表現しているということなのかもしれませんが、小説としては設定や世界観も曖昧すぎていて、残念な印象しか残りません。

【満足度】 ★
posted by babiru_22 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/16)

■ 籠池氏、ごみの一部がそもそもなかったとするメールを公開

『学校法人「森友学園」をめぐる問題で新たな展開です。前理事長の籠池泰典氏が、国有地が値引きされる根拠となった地中のごみの一部がそもそも存在しなかったとするメールのやりとりを公開しました』とありますが、これって

詐欺師の自白

じゃんwww

これが事実であれば、国会での偽証罪も確定ですし、自分が詐欺をしたという証拠を出したのだから、もう自爆すぎて、話にもなりません。。。(呆)

■ 共産 憲法9条改憲阻止へ「闘争本部」発足

『共産党は、憲法9条の改憲阻止に向けて党内に発足させた「闘争本部」の初会合を開き、志位委員長は、9条への自衛隊に関する条文の追加は海外での武力行使を無制限に可能することになるとして、党の総力を挙げて、改憲阻止に取り組む決意を示しました』とのことですが、「闘争本部」って、共産主義革命のためには闘争も持さないということなんでしょうね。。。(呆)

改憲阻止に向けるというなら、まずは北朝鮮に直接行って抗議なり対話なりしてきて下さいな。。。

■ 民進 都議選公認候補の支援態勢を強化

『ことし7月の東京都議会議員選挙に向け、民進党は、選挙対策本部の会合を開き、公認候補者ごとに担当の国会議員を割り振って、選挙対策のアドバイスや応援演説に入るなど、支援態勢を強化していくことを決めました』とありますが、結果は分かりきってるものの、まぁ頑張って下さいな。。。

でも民進党の名前を隠して、代表と一緒の写真を公示せず、都民を騙すことを一番に考えるのでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

『異端者』勝目 梓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異端者 [ 勝目 梓 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/5/16時点)



 情欲、悔恨、恥辱。夜ふけの静かな波音だけが、不思議な深い慰めと安らぎをもたらしてくれる…。戦後日本を生き抜いた男の、人には明かせない記憶の数々。官能文学の第一人者として長く君臨した作家による長編小説。

 物語は、南房総の古いリゾートマンションで暮す72歳の老境を迎えた主人公が、自ら封印してきた過去の性遍歴と秘事を振り返りながらの苦悩を描いた作品。かつての著者の作品らしいバイオレンスさはなく、官能に特化した物語で、個人的には今一つでしたが、性の苦悩はよく表現されていました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/15)

■ 長島氏・細野氏の対応「最低だ」…蓮舫氏が批判

『民進党の蓮舫代表は14日、熊本市で開かれた党会合で、4月に離党届を提出した長島昭久・元防衛副大臣や代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の対応について、「最低だと思っている」と厳しく批判した』って、民進党お馴染みの

内ゲバ批判

ですね。。。(呆)

長島も細野も、二重国籍の輩には言われたくないと思っているでしょうが、党内がこんな状況になっているのは、代表自らの責任でもあるのに、責任転嫁ばかりとか、これでは支持者にも見放されますわ。。。(呆)

■ 「日本は敵」「核実験で打撃」朝鮮総連が学習資料作成 日米への敵対視強化

『在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が日本を「敵」と位置付け、ミサイル発射や核実験を強行している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長をたたえる学習資料を傘下団体向けに作成していた』とありますが、あいかわらずですね。。。(呆)

テロ等準備罪の適用第一号にしてほしいものですが、こんな実態なのに、補助金を出している自治体のトップに、マスコミはぜひともコメントを求めるべきだ!

■ “スーパードクター”の執刀かなわず死亡、遺族が埼玉医大を提訴へ

『訴状によると、女性はかかりつけ医から大動脈弁の石灰化が進んでいる可能性があると診断され新浪教授を紹介された。新浪教授からは「手術が必要だが簡単な部類に入る。私が執刀する」と説明され、14年4月に入院。手術直前になり、別の医師から教授の指示を受けながら自分が執刀することになったと言われ、5月1日に手術を受けたが、同16日に心筋梗塞で死亡した。教授は手術に立ち会わなかった』とのことですが、大動脈弁の手術なのに、心筋梗塞で死亡ということは、手術との因果関係はないのでは?

仮に医師との約束が守られなかったのしても、手術自体の明らかなミスが証明できなければ提訴するだけ無駄でしょう。。。
posted by babiru_22 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

『姥捨て山繁盛記』太田俊明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

姥捨て山繁盛記 [ 太田 俊明 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/15時点)



 中断したダム建設計画の補償金で「シニアの郷」計画が進む山梨県北部の過疎の村。初期の認知症で早期退職した59歳の男が「郷」に移り住んだ。男が水没予定地を訪ねてみると、理想郷のような風景が広がっていて…。

 山梨県北部の山あいの過疎の村が舞台。大水害に見舞われたことを受けて半世紀前に計画されたダム建設は中断しているが、ダムに沈みゆく土地の移転代替地では補償金を使い、高齢者介護・医療を目玉とする「シニアの郷」計画が進む。若年性認知症と診断された59歳の西澤亮輔は、都内の大手企業を早期退職して「郷」に移住する。自らの終の棲家とする条件に見合った場所だったからだ。しかし、施設はどこか暗く、西澤も老け込むばかりの毎日。なぜダム建設が計画のまま中断されているのか。それは水没予定地に留まり、ダム建設に反対する1%の人々がいるからだった。その集落は村人から「姥捨て村」と呼ばれ、完全に孤立している。しかし、そこには水害で母や弟妹を失った過去を持つ男が営む「日本一のワイナリー」があるという。のだ。ある日、思い立って西澤が訪ねると、理想郷のような風景が広がっていた。

 本書は、第8回日経小説大賞受賞作。ダム建設を巡って分裂した村を舞台に、還暦間近の主人公達が理想の村を求めて奮闘記が描かれます。まちおこしの夢を大きく描き、補助金頼みのダム計画を断念すべく、地域活性化のために住民が立ち上がる姿は、エンタメとしても面白かったですし、ダム建設の是非や限界集落などの時事問題を物語に上手く絡めていて、とても良かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/14)

■ 【北ミサイル】共産・志位和夫委員長「外交的解決を」「対話の機運広がっている」

『共産党の志位和夫委員長は14日、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて談話を発表し、「解決の方法は外交的解決しかない」として、核問題に関する6カ国協議の再開などによって事態を打開するよう求めた』とのことですが、軍事的圧力に対話と言うのであれば、志位委員長が北朝鮮に行って、直接対話しろと言いたい。

対話に全く応じない相手に、いつまでも対話ばかりを繰り返し、対話で解決ができないのが現実なのだから、言う前に

行動しろ!

■ 大学の授業料「出世払い」提言へ…教育再生本部

『自民党の教育再生実行本部(桜田義孝本部長)は、大学の授業料を国が一時的に肩代わりして、支払いを卒業後に先送りできる新制度の創設を提言する方針を固めた』って、奨学金制度もあるというのに、学生に更に借金させる気か?

今の大学の数を減らさないがための愚策にしか思えませんし、それならば成績に応じた奨学金制度の充実を図るべきだ。

■ サイバー攻撃、日本も標的 金銭要求 週明け警戒

『週明けに職場などでインターネットに接続し、被害が拡大する恐れもあるため注意が必要だ。今回使われたとみられるランサムウエア(身代金要求型ウイルス)は「WannaCry」(泣きたくなる)と呼ばれる。パソコンの内部データにロックをかけ、文字を暗号化して読めなくするなどして、復元のための金銭を要求する。重要データが保存されている企業のパソコンなどを狙うケースが多く、ウイルスが仕込まれたメールの添付ファイルを開くなどして感染する』とありますが、わけのわからんメールの添付ファイルを開く自体が、自己責任です。

普通の企業であれば、こんなメールは開かず即駆逐するでしょうし、記事も警戒を呼びかけるよりも、個々の危機管理について記事をまとめた方がいいのでは?
posted by babiru_22 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする