2017年05月04日

『日本と世界の塩の図鑑』青山志穂

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本と世界の塩の図鑑 [ 青山志穂 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/5/4時点)



 塩を変えれば料理はぐんとおいしくなる! 日本で買える245種類の塩の味や、相性のよい食材&料理、価格、問い合わせ先などを写真とともに紹介する。塩の基礎知識や選び方、暮らし・美容での活用術なども掲載。

 本書では、日本で買える4000種超もの塩の中から、厳選した245種類の塩の味、あう食材&料理、健康法、そして基礎知識や楽しみ方、選び方を写真&データを使って紹介します。これを読めば、あなたに合った塩、家族が選ぶべき塩がわかります。また、保存法、健康法など、知っているようで意外と知られていない塩の効果的な使い方が、たくさん載っています。

 本書は、タイトルでも分かるように、厳選された日本と世界の塩についてが図鑑としてカラー写真で詳しく紹介されています。基礎知識は勿論のこと、それぞれの塩に、テイスティングのトレーニングを積んだソルトコーディネーターによる味覚データや、相性の良い食材も記載され、知られざる塩の使い方、健康法なども紹介されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/3)

■ 安倍首相 憲法改正し2020年施行目指す意向を表明

『安倍総理大臣は、東京都内で開かれた憲法改正を目指す市民らの会合に寄せたビデオメッセージの中で、憲法を改正し2020年の施行を目指す意向を表明しました。また具体的な改正項目として、戦争の放棄などを定めた憲法9条に、自衛隊に関する条文を追加するほか、高等教育の無償化などを例示しました』とのことで、安倍首相の言うように、国民的な議論が絶対的に必要ですが、果たして憲法改正は

できるのか?

個人的には、法律にしても憲法にしても、現行で対応できなければ改正すべきと思いますし、現憲法も改正すべきと思っています。

憲法9条を固執するのではなく、先進国の憲法も踏まえた上で、柔軟な対応を求めたいですし、政府与党は改正案を国民にしっかりと提示し、その上で分かりやすく細かな説明をしていくべきです。

■ 民進党・蓮舫代表談話「改悪目指す安倍自民の暴挙に正面から対峙する」

『安倍総理は、年々憲法改悪への野心を露にしてきました。衆参両院で3分の2を制しており、憲法改悪を数の力で達成することも厭わない姿勢さえのぞかせています。憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認にはじまり、安全保障関連法の強行など、立憲主義、平和主義の本質を全く理解しようともせず、これを大きく損なわせた安倍自民党政権が、いよいよ憲法改悪に手をつけようとしているのです』とありますが、むしろ安保法の解釈を勝手に拡大解釈しているのが野党でしょう。

確かに集団的自衛権についてや、安保法については、議論をしていくべきですが、最初から反対ありきで、建設的な議論すらしようとしていません。

また、民進党や共産党に言えることですが、改悪というのであれば、問題点をキチンと指摘した上で、改定案を提示すべきですが、対案すら出さずに、批判ばかり繰り返しているのだから、議論をする姿勢こそ示すべきだ!

■ 「共謀罪」民進が対案提出へ ハイジャック対策強化

『民進党は犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の構成要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の対案を大型連休明けにも提出する。法案の廃案を主張する一方、テロ対策としてハイジャック防止に向けた水際対策を強化する』とありますが、まともな対案出せるのか?

そもそも、テロ等準備罪については批判しかせずに、対案すら出せなかったのに、今になって対案提出というのは、あまりにも遅すぎますし、民進党のことだから、まともな対案は出せないでしょう。
posted by babiru_22 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする