2017年05月06日

『花咲小路三丁目のナイト』小路幸也

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

花咲小路三丁目のナイト [ 小路 幸也 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/5/6時点)



 元「怪盗紳士」も若手刑事も、ちょっと不思議な花屋さんもいる花咲小路商店街。唯一の深夜営業店「喫茶ナイト」は、商店街のみなさんの、夜にしかできない相談ごとに応えていて…。『asta*』連載に加筆修正。

 商店街唯一の深夜営業店<喫茶ナイト>は、すっかり夜ならではの相談所になっている。ほのぼの楽しい花咲小路シリーズ第4弾。

 本書は、「花咲小路シリーズ」の第4弾。シリーズお馴染みの登場人物も登場し、様々な商店街の問題を解決していきます。昭和の雰囲気もたっぷりと入っていて、懐かしさも感じるシリーズで、続編も引き続き楽しみです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/5)

■ 特養:要介護3、受け入れ敬遠 2割以上に空き

『特別養護老人ホームの約2割が要介護3の入所を見合わせていることが毎日新聞の全国アンケートでわかった。国は2015年に入所者を要介護3以上に制限したが、介護報酬の加算や要介護認定の不確かさを理由に施設側が受け入れを敬遠した形だ。2割以上の施設に空きがあるとみられ、要介護1、2でも認知症のある高齢者の受け入れ要望も多く、入所政策の見直しが迫られそうだ』とありますが、毎日新聞社は全国アンケートを実施するなら、特養の

現実と実態

を調べてからやるべきだ!

「受け入れ敬遠」と書くと、身勝手に特養が断っているようにも見えますが、介護職員の数が慢性的に不足している現実もあり、要介護3以上であれば、それだけ世話をするにも人出が必要になるのだから、職員不足であれば、空きがあっても受け入れできないのは当然のこと。

政府にもいえることですが、マスコミは現実と実態をキチンと調査しろ!と言いたい。

■ 慰安婦、日本と協議も合意もせず 韓国大統領選の洪候補

『韓国大統領選に出馬している旧与党「自由韓国党」の洪準杓候補(62)は5日までに共同通信の書面インタビューに答え、旧日本軍の従軍慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意の有効性を否定した上で、日本は自発的に反省を示すべきだとして、政権に就いても同問題では日本と「協議も合意もしない」と表明した』とのことですが、それならば10億を返金した上で、日韓基本合意を破棄しろ!と言いたい。

日本が大嫌いなようですから、どうぞ日韓基本合意を破棄して、国交断絶してくれて結構です。

■ 高齢親子殺傷事件 任意で事情聴取の女が自殺

『愛媛県今治市の市営住宅で、高齢の親子が刃物で切られて92歳の母親が死亡し、70歳の息子が重傷を負った事件で、警察が事件に関わった疑いがあるとして4日に任意で事情を聴いた30代の女が5日午前、自殺しているのが見つかり、警察は詳しいいきさつを調べています』とのことですが、愛媛県警は別件逮捕することはできなかったのだろうか?

逮捕ではなく、任意の事情聴取だから、仕方ないところでしょうが、事件の真相は闇になるのか?
posted by babiru_22 at 07:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする