2017年05月14日

昨日の出来事(5/13)

■ 黒田日銀総裁「成長率のわりに物価上がらず」

『日本経済については「成長率が潜在成長率をかなり上回って推移している。需給ギャップが改善し、賃金・物価にも好ましい影響を今後与えていくだろう」と述べた。成長率のわりには「これまでのところ、物価がややゆっくりとしか上がっていない」と語り、会議のなかで具体的に説明する考えも示した』とのことですが、いい加減に成長していないことを認めるべき。

物価が上がらないのは、日本は

デフレのまま

であり、デフレ状況下の中で、消費税の引き上げをやるのだから、この結果は当然のこと。

日銀はいい加減に現実を見据えるべきだ!

■ 国連委、日韓の慰安婦合意見直し勧告=「補償、名誉回復が不十分」

『国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、韓国に対する審査報告書を発表し、慰安婦問題をめぐる2015年末の日韓合意について、「(被害者への)補償や名誉回復、再発防止の保証などが十分ではない」とし、合意の見直しを勧告した』とありますが、日韓の問題に国連委員会が何を言っているんだ?

しかも、日韓での合意には、アメリカも参加しての合意にもなっているのだから、国連が口出しすべきでもありませんし、口出しをするのであれば、韓国に対して10億円の返還を勧告するべきです。

■ 広島中央署盗難:消えた8572万円「公費で弁済かも」

『広島県警広島中央署内で起きた多額窃盗事件で、盗まれた現金8572万円は国の制度に基づき、詐欺事件の被害者の手元に戻される可能性があるお金だった。県警幹部は「見つからなければ、公費で弁済せざるを得ないかもしれない。あってはならないことで捜査に全力を尽くす」と深刻に受け止める』って、広島中央署は事件を捜査する気あるの?(呆)

内部犯行の可能性が極めて高いですし、捜査の段階で公費の話をすること自体、あまりにも不謹慎。(怒)

こんなこと言い出すようでは、広島中央署の組織的犯行も疑うべきだ!
posted by babiru_22 at 06:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする