2017年05月16日

『異端者』勝目 梓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

異端者 [ 勝目 梓 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/5/16時点)



 情欲、悔恨、恥辱。夜ふけの静かな波音だけが、不思議な深い慰めと安らぎをもたらしてくれる…。戦後日本を生き抜いた男の、人には明かせない記憶の数々。官能文学の第一人者として長く君臨した作家による長編小説。

 物語は、南房総の古いリゾートマンションで暮す72歳の老境を迎えた主人公が、自ら封印してきた過去の性遍歴と秘事を振り返りながらの苦悩を描いた作品。かつての著者の作品らしいバイオレンスさはなく、官能に特化した物語で、個人的には今一つでしたが、性の苦悩はよく表現されていました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/15)

■ 長島氏・細野氏の対応「最低だ」…蓮舫氏が批判

『民進党の蓮舫代表は14日、熊本市で開かれた党会合で、4月に離党届を提出した長島昭久・元防衛副大臣や代表代行を辞任した細野豪志・元環境相の対応について、「最低だと思っている」と厳しく批判した』って、民進党お馴染みの

内ゲバ批判

ですね。。。(呆)

長島も細野も、二重国籍の輩には言われたくないと思っているでしょうが、党内がこんな状況になっているのは、代表自らの責任でもあるのに、責任転嫁ばかりとか、これでは支持者にも見放されますわ。。。(呆)

■ 「日本は敵」「核実験で打撃」朝鮮総連が学習資料作成 日米への敵対視強化

『在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が日本を「敵」と位置付け、ミサイル発射や核実験を強行している北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長をたたえる学習資料を傘下団体向けに作成していた』とありますが、あいかわらずですね。。。(呆)

テロ等準備罪の適用第一号にしてほしいものですが、こんな実態なのに、補助金を出している自治体のトップに、マスコミはぜひともコメントを求めるべきだ!

■ “スーパードクター”の執刀かなわず死亡、遺族が埼玉医大を提訴へ

『訴状によると、女性はかかりつけ医から大動脈弁の石灰化が進んでいる可能性があると診断され新浪教授を紹介された。新浪教授からは「手術が必要だが簡単な部類に入る。私が執刀する」と説明され、14年4月に入院。手術直前になり、別の医師から教授の指示を受けながら自分が執刀することになったと言われ、5月1日に手術を受けたが、同16日に心筋梗塞で死亡した。教授は手術に立ち会わなかった』とのことですが、大動脈弁の手術なのに、心筋梗塞で死亡ということは、手術との因果関係はないのでは?

仮に医師との約束が守られなかったのしても、手術自体の明らかなミスが証明できなければ提訴するだけ無駄でしょう。。。
posted by babiru_22 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする