2017年05月17日

『美しい国への旅』『美しい国への旅』田中慎弥 『美しい国への旅』田中慎弥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

美しい国への旅 [ 田中 慎弥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/17時点)



 ガスマスクなしでは外出できない「濁り」に汚染されたディストピア日本を舞台に、14歳の少年が、母の仇討ちと女兵士の使命を胸に、司令官のいる基地を目指し旅を続ける。『共喰い』の衝撃から5年、新たな代表作。

 物語は、大量殺戮兵器で汚染された世界を描いた作品ですが、『宰相A』もイマイチでしたが、背景も不鮮明すぎます。前作の『宰相A』も安倍首相を皮肉ったもので、本書もタイトルから、安倍首相の書いた『美しい国へ』への批判と受け取れますが、戦争にこだわりすぎていて、政権批判を文学として表現しているということなのかもしれませんが、小説としては設定や世界観も曖昧すぎていて、残念な印象しか残りません。

【満足度】 ★
posted by babiru_22 at 14:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/16)

■ 籠池氏、ごみの一部がそもそもなかったとするメールを公開

『学校法人「森友学園」をめぐる問題で新たな展開です。前理事長の籠池泰典氏が、国有地が値引きされる根拠となった地中のごみの一部がそもそも存在しなかったとするメールのやりとりを公開しました』とありますが、これって

詐欺師の自白

じゃんwww

これが事実であれば、国会での偽証罪も確定ですし、自分が詐欺をしたという証拠を出したのだから、もう自爆すぎて、話にもなりません。。。(呆)

■ 共産 憲法9条改憲阻止へ「闘争本部」発足

『共産党は、憲法9条の改憲阻止に向けて党内に発足させた「闘争本部」の初会合を開き、志位委員長は、9条への自衛隊に関する条文の追加は海外での武力行使を無制限に可能することになるとして、党の総力を挙げて、改憲阻止に取り組む決意を示しました』とのことですが、「闘争本部」って、共産主義革命のためには闘争も持さないということなんでしょうね。。。(呆)

改憲阻止に向けるというなら、まずは北朝鮮に直接行って抗議なり対話なりしてきて下さいな。。。

■ 民進 都議選公認候補の支援態勢を強化

『ことし7月の東京都議会議員選挙に向け、民進党は、選挙対策本部の会合を開き、公認候補者ごとに担当の国会議員を割り振って、選挙対策のアドバイスや応援演説に入るなど、支援態勢を強化していくことを決めました』とありますが、結果は分かりきってるものの、まぁ頑張って下さいな。。。

でも民進党の名前を隠して、代表と一緒の写真を公示せず、都民を騙すことを一番に考えるのでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 09:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする