2017年05月19日

『海に向かう足あと』朽木 祥

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海に向かう足あと [ 朽木 祥 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/5/19時点)



 東京近海の小さな島で開かれるヨットレースに参加したクルーたち。だが、人々は現れず、電話も繋がらない…。いったい世界で何が起きているのか? 心に迫る切ないディストピア小説。

 村雲達6人のクルーメンバーは、そう裕福でない日々の中で捻出した費用で、念願の新艇を手に入れる。早速、三日月島をスタートに開催される外洋ヨットレースへの参加を揚々と決める。小笠原諸島近くのその島には申し分ないサービスを提供するホテルがあり、ヨット乗りには夢のような島だった。盛り上がる「大きな少年」たちを、時に辛辣な言葉をかけながらも温かく見守る家族や恋人たち。唯一の懸念は、きな臭い世情不安だけだった。メンバーの一人である諸橋は物理学を専門とし、政府のあるプロジェクトに加わっていたのだ。独身を通してきた村雲は、お礼セーリングに美しい女性輝喜を互いの愛犬2匹とともに連れてきた。若くてフリーターの洋平はシングルマザーとの交際を真剣に考え、ベテランの相原は自分の体力と人生の限界を感じていて、メンバーそれぞれがそれぞれの思いとともにレースに向かおうとしていた。準備のために三日月島に先入りしていたメンバー、しかし合流するはずの諸橋や家族たちが当日になっても到着しない。本人たちの携帯も通じない。やがて一切の通信も凍ってしまい……。世界で何が起きているのか?

 物語は、6人のヨットクルーたちのヨットレースの日々と、それが突然断ち切られてしまう恐怖を描いた作品。特にラストは背筋も凍る展開となり、とても切ない物語でもありましたが、非常に印象に残る作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/18)

■ 民進、加計学園めぐる文書追及 出所明かさず

『学校法人「加計学園」(岡山市)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画を巡り、民進党は17日、文部科学省が、国家戦略特区を担当する内閣府とのやりとりを記録したとされる文書を入手したと明らかにした』とありますが、入手したのに出所すら明らかにできないとか、出せないなら公文書ではなく、単なる

怪文書

じゃんwww

これでは公文書偽造の疑いも民進党にはかかりますし、こんなことばかりやってるから国民にも呆れられているということぐらい自覚しろ!(怒)

■ 蓮舫氏「内閣総辞職に値」=安倍首相に説明要求−加計文書

『民進党の蓮舫代表は18日午前の記者会見で、学校法人「加計学園」の学部新設計画に安倍晋三首相が関与したことを裏付けるとみている内部文書について、「究極の忖度(そんたく)があったと疑っている。内閣総辞職に値する内容ではないか」と指摘した』って、証拠がハッキリしていないことに内閣総辞職とか、それでは本人の二重国籍問題やガソリンプリカの問題については、どう説明するんだ?

更には、この文書がガセネタだった場合は、勿論民進党は全員議員辞職するんでしょうね。。。(呆)

■ 「YES高須クリニック!」の高須克弥院長が民進党に「NO」を突きつけた!? CM「陳腐」発言に提訴の意向

『美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長は18日のブログで、民進党の大西健介青年局長と蓮舫代表を提訴する考えを示した。(中略)事の発端は、17日の衆院厚生労働委員会での大西氏の質問だった。大西氏が、美容医療の問題点に関する質問の中で「(美容外科の)CMも陳腐なものが多い。皆さんよくご存じのように、例えば『YES◯◯(まるまる)』とクリニック名を連呼するだけのCMとか」と発言したのだ』とのことですが、全面的に高須院長を応援します。

国会の場で、一民間企業を攻撃するのも酷いですし、しかも選挙区の市民に対して、ケンカを売るとか、民進党はアホの極みでしかありません。(呆)
posted by babiru_22 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする