2017年06月30日

『メビウス1974』堂場瞬一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メビウス1974 [ 堂場 瞬一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/30時点)



 長嶋茂雄引退試合と三井物産爆破事件が起きた1974年10月14日、過激派の下山英二が失踪した。下山を追う刑事、下山が愛し続ける女、下山と決別した弟。二度と会うはずのなかった男女が再会した時、最後に見たものは…。

 1974年10月14日は「日本の夢が終わった日」。長嶋茂雄引退試合と三井物産爆破事件が同時に起きたその日に、過激派の次代の「エース」下山英二が突然、失踪した。彼はなぜ逃げたのか? 下山を追う刑事、下山が愛し続ける女、下山と決別した弟。かつての裏切りを許せない者と、許す者。もう二度と会うはずのなかった男女が42年ぶりに再会した時、最後に見たものは、絶望か?希望か? 失われた過去を取り戻すために奔走する人間達の心理劇に、誰もが己の過去と未来を重ね合わさずにはいられない。あの日、あなたは何をしていましたか? あの時代は、何だったのか?

 物語は、長嶋茂雄引退試合と三井物産爆破事件が同時に起きた日を舞台とした作品。学生運動も絡め、昔にこだわり続ける登場人物の物語でもありますが、展開があまりにも強引すぎて、どうもスッキリしない物語でもありました。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/29)

■ 【2017都議選 首都決戦】オウンゴール炸裂で自民20議席減も 失言の稲田氏は退任確実…「加計」「豊田氏」の三重苦

『東京都議選(7月2日投開票)で、自民党がのたうち回っている。いわゆる「加計学園」問題や、離党届を提出した豊田真由子衆院議員の暴言・暴行問題に加え、稲田朋美防衛相が「自衛隊の政治利用」と受け取られる軽率極まる失言を炸裂(さくれつ)させたのだ。自民党は「三重苦」ともいえる大苦境に陥り、現有57議席から「20議席減」の30議席台に落ち込む可能性が高まってきた』とありますが、ここ数日で自民党は

自爆モード

に突入してますから、都議選は間違いなく都民ファーストの会の圧勝でしょう。

加計学園問題は党としての問題はないと思いますし、この影響は大きくないでしょうが、豊田真由子衆院議員の暴言と、稲田防衛相の失言は致命傷。

ここで自民党として、迅速に罷免するなどの対応があれば、致命傷は最小限で治まったでしょうが、自分達で逆風を起こしている状態。

記事にも書かれていますが、都議選後には即座に内閣改造をするべきです。

■ 【東京都議選】民進党・蓮舫代表「厳しい声を聞く姿勢が問われている」 安倍晋三首相の“ステルス作戦”批判

『民進党の蓮舫代表は29日の記者会見で、安倍晋三首相(自民党総裁)が東京都議選の街頭演説を控えていることについて「まさに(世論の)空気が暖かいものではないと思っているんだろう」と指摘し「だからこそ街頭に立って厳しい声はどういうものがあるか聞く姿勢が問われている」と述べた』って、相変わらず口を開けば、ブーメランですね。。。(呆)

聞く姿勢すら無視している蓮舫代表に言う資格すらありませんが、自分で言ってて恥ずかしいという概念すらないんでしょうね。。。(呆)

■ ファーウェイ、年内にも日本国内に大型工場を新設―中国企業では初

『中国の大手通信機器メーカー華為技術(ファーウェイ)は、中国企業としては初、日本に本格的な工場を新設し、通信設備や関連機器の生産に乗り出します。生産設備を導入し、早ければ年内にも工場稼働予定とのことです』とありますが、狙いはメイドインジャパンということなんでしょうね。。。

中国からの出稼ぎ労働者の受け皿にもするのでしょうが、工場ができる千葉県船橋市の治安が正直気になるところです。
posted by babiru_22 at 07:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月29日

『また、桜の国で』須賀しのぶ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

また、桜の国で [ 須賀しのぶ ]
価格:1998円(税込、送料無料) (2017/6/29時点)



 ワルシャワの在ポーランド日本大使館に着任した外務書記生の慎。ロシア人の父を持つ彼は戦争回避に向け奔走し、アメリカ人記者レイと知り合う。だが遂にドイツがポーランドに侵攻し…。『小説NON』連載を加筆訂正。

 1938年10月1日、外務書記生の棚倉たなくら慎まことはワルシャワの在ポーランド日本大使館に着任した。ロシア人の父を持つ彼には、シベリアで保護され来日したポーランド人孤児の一人、カミルとの思い出があった。先の大戦から僅か20年、世界が平和を渇望する中、ヒトラー率いるナチス・ドイツは周辺国への野心を露わにし始め、緊張が高まっていた。慎は祖国に帰った孤児たちが作った極東青年会と協力し、戦争回避に向け奔走、やがてアメリカ人記者レイと知り合う。だが、遂にドイツがポーランドに侵攻、戦争が勃発すると、慎は“一人の人間として”生きる決意を固めてゆくが……。

 物語は、1939年の勃発から1945年の終結まで戦争の惨劇が繰り返されたワルシャワを舞台に、在ポーランド日本大使館外務書記生の運命を描いた作品。ナチス・ドイツに侵攻されたポーランドの人々の苦悩や抵抗、世界情勢から見た日本の動向など、500ページに及ぶ大作で、ポーランドの壮絶ともいえる歴史が描かれます。史実に基づいた小説でもありますが、著者の丹念な取材が作品からも伺え、戦争、人種差別、国境、民族を越えた友情……など、歴史の悲しさと共に、日本とポーランドを繋いだ関係など、深く考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/28)

■ 【加計学園問題】民進・蓮舫代表「思いつきとしか受け止められない」 安倍首相の「全国展開」発言に

『『1校に限る』としてきたこれまでの作業を無に返した。むちゃくちゃだ』って、それこそ思いつきの

難癖じゃん

そもそも、日本獣医師会が認可を1校に限定するよう圧力はかけてないと嘘をついて言い切ったからこそ、限定する必要はないとして全国展開にしたのに、民進党は既得権益にこだわりすぎ。

1校に限っても批判し、全国展開しても批判するとか、批判のための批判でしかないのだから、話にすらになりません。。。(呆)

■ 朴槿恵前大統領のせいで「火病」になった!韓国で国民1万人が賠償請求訴訟=ネットには否定的な声多数

『韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領の違法行為により精神的損害を被ったとして、市民らが朴前大統領を相手取り起こした損害賠償請求訴訟が本格審理に入った。韓国・朝鮮日報などが伝えた。 訴訟を起こした原告側市民は9577人』とのことですが、約1万人が精神的村外で賠償請求訴訟をするとか、韓国らしいというかなんというか。。。(呆)

何でも他人のせいにするのが、韓国クオリティなのか?と思いますが、これでは理解することすらできません。。。(呆)

■ 稲田氏発言、火消し急ぐ=政府・自民−野党は都議選にらみ攻勢

『東京都議選の応援演説で稲田朋美防衛相が「自衛隊としてもお願いしたい」と発言、その後に撤回した問題をめぐり、政府・自民党は28日、野党の罷免要求を拒否、火消しを急いだ。これに対し、民進党など野党4党は安倍晋三首相の任命責任を厳しく追及。地域政党「都民ファーストの会」代表の小池百合子都知事も稲田氏批判の輪に加わっており、都議選の結果を左右しかねない情勢だ』とありますが、この自衛隊発言は辞任レベルです。

稲田防衛相は大臣を辞任すべきで、本人が辞任しないというなら、党として更迭するべきです。
posted by babiru_22 at 07:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

『プロ野球・二軍の謎』田口 壮

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロ野球・二軍の謎 (幻冬舎新書) [ 田口壮 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/6/28時点)



 一軍を支え、一軍を目指すプロ野球の二軍選手は、どんな日々を送っているのか。「二軍のリアル」を元メジャーリーガーの現役監督が解説。監督ならではの苦労や裏話も満載。『日経新聞』電子版連載に書き下ろしを追加。

 一軍を支え、一軍を目指すプロ野球の二軍。各チームに所属する約70名の「支配下登録選手」のうち、一軍登録された28名を除く最大42名の彼ら二軍選手は、どんな日々を送っているのか? 一軍の状況次第で急遽昇格することもあれば、二軍戦への出場機会ですら一軍選手に奪われることも。調整中のベテランと新人選手が入り交じり、「プロの厳しさ」を肉体的・精神的に学ぶ「二軍のリアル」を元メジャーリーガーの現役監督が解説。さらには、日米ファームチームの違いや二軍の試合の楽しみ方、監督ならではの苦労や裏話も満載。

 本書は、オリックスの2軍監督をしている著者が、リアルな2軍についてを分かりやすく解説したもの。元メジャーリーガーだからこそ書ける日米のファームチームの違い、二軍の試合の楽しみ方、監督としての苦労話など、プロ野球ファンなら興味深い内容が多く書かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/27)

■ NHK:ネット受信料新設 検討委素案、TVなし世帯対象

『現行の地上放送、衛星放送の受信料制度を維持したうえで、テレビを持たずネット同時配信のみを利用する世帯については別の契約を設けることを柱とする中間答申原案をまとめた。その場合のネットの受信料については、NHK内部で現行の地上放送契約と同額(口座振替の2カ月払いで2520円)とする案が浮上している』とありますが、

電波の押し売り

には大反対だ!(怒)

押し売り商法をまかり通そうとすることに、怒りしか感じませんし、野党はこれこそ問題視するべきだ!

■ 豊田衆院議員:暴言「高速逆走が原因」会見で自民・細田氏

『自民党の細田博之総務会長は27日の記者会見で、政策秘書に対する暴行問題で離党届を提出した豊田真由子衆院議員が「高速道路の逆走が原因」と語っていることを明らかにした。細田氏は「本人も反省するところは反省している」とかばった。豊田氏は同党細田派に所属している』とのことですが、自分の派閥だからかばいたいのだろうが、それなら高速逆走であんなわけのわからん歌を歌うか?(呆)

おそらく仕事がまともにできない秘書だったんでしょうが、それでも殴ったり精神的に追い込むことは断じて許されるべきではありません!

■ 【加計学園問題】民進党“官邸殴り込み”茶番劇の一部始終 テレビ局に促され、わざわざ徒歩で出向いて…

『民進党の「加計学園疑惑調査チーム」のメンバーが27日午後、首相官邸に押しかけて萩生田光一官房副長官らとの面会を要請するというパフォーマンスを演じたのだ。(中略)そもそも、国会議員であっても約束がなければ官邸に入れないことは分かっていたはずだ。テレビカメラの前で「門前払い」の場面を演出した今井氏らは、記者団に「こんな対応は、さすがにひどいと思いますね」と嘆いてみせた。実は、この茶番劇にはメディアも一役買っていた。官邸へ向かう直前、桜井氏は記者団に「車で行く」と漏らしたが、複数の民放テレビ局記者が「カメラマンが官邸の前に待機しているので…」と歩いて出向くよう求め、桜井氏も要請を受け入れた』とありますが、茶番劇というよりも

悪質なやらせ

ですね。。。(呆)

民進党のパフォーマンスは相変わらずですが、それをマスコミも協力するとか、マスコミのレベルの低さにも愕然とします。。。(呆)
posted by babiru_22 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月27日

『100歳までクルマを運転する』桃田健史

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

100歳までクルマを運転する [ 桃田健史 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/6/27時点)



 全国各地で高まる高齢ドライバー問題の議論。運転免許自主返納の是非、過疎化による新しい地域交通の確保、認知症と運転との関係など、高齢ドライバーの問題について、近年の高度な科学技術についても触れながら論じる。

 65歳以上の免許保有者は約1700万人。交通事故の死亡者の約半数は高齢者……。近年、65歳以上の高齢ドライバーによる交通事故の増加がメディアでも大きく取り上げられている。高齢者がクルマを運転し続けるには、どんな問題があるのか。そもそも高齢者が車を運転するとき身体はどんな感覚なのか、免許証の自主返納の実態と本音、地方での代替交通の可能性、海外での条件付運転免許証の事例など高齢ドライバーの実情を紹介。高齢ドライバー問題をいち早く取材してきた自動車ジャーナリストが、高齢ドライバーの実態と、何歳になってもクルマを運転し続けるためのクルマの未来を解説する。

 本書は、少子高齢化で高齢ドライバーが増えている現代の問題と今後のあり方についてを描いたもの。視力、聴力、筋力の低下……などの運転時の高齢者の身体感覚、データで見る高齢ドライバーの実態、道路交通法の改正での高齢者講習、免許返納者のための地域交通など、今後の問題と課題が多いです。本書では、これから更に問題が増えることにもなるでしょうが、問題点の掘り下げが漏り足りない部分が多く、もう少し強い提言とした方が良かったようにも思います。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/26)

■ 特区民間議員 獣医学部1校限定は獣医師会の要望

『国家戦略特区での獣医学部新設に関連し、新設の決定に関わった諮問会議の民間議員らが26日夜、記者会見し、新設校を1校に限ったのは、日本獣医師会の要望を踏まえたものだと強調しました。また同席した自治体の長らは、規制緩和を進めるうえで国家戦略特区の意義は極めて大きいとして、制度への理解を求めました』とありますが、この事実は以前からネット上では出ていましたが、それを全く報道もせず、事実を捻じ曲げて批判していたマスコミと野党の

印象操作

です。

嘘を塗り固めた報道や批判を今後も続けるのか?とも言いたいですし、既得権益にこだわり続けた文科省や民進党こそ、批判の対象じゃないか!(怒)

■ 【東京都議選】民進支持者も都民ファーストに流出

『前回は民主党の候補者に投票した有権者のうち、都民に投票すると回答したのは28・1%で、民進党の22・2%を上回った』とのことですが、民進党は見事に嫌われていますね。。。

都議選は、無党派層が最終的に鍵を握るでしょうが、都政の公約での議論をしっかり行ってもらいたいですね。

■ 吉田清治氏の慰安婦謝罪碑書き換え 韓国警察が元自衛官の奥茂治氏を出国禁止 損壊容疑で取り調べ

『朝鮮半島で女性を強制連行したと偽証した故吉田清治氏が韓国の国立墓地に建立した謝罪碑を勝手に書き換えたとして、韓国警察が元自衛官の奥茂治氏(69)を一時拘束していたことが25日、分かった。奥氏は拘束を解かれたが、出国禁止措置が取られているという。(中略)吉田氏の長男が「父の虚偽で日韓両国民が対立することに耐えられない」「間違いを正せるのは私しかいない」として、謝罪碑の撤去を奥氏に相談。奥氏は今年3月、撤去する代わりに、元の碑文の上に「慰霊碑 吉田雄兎 日本国 福岡」と韓国語で記した別の碑を張り付けた』とありますが、この事実を何でマスコミの殆どがスルーしてるんだ?

以前にも産経新聞の支局長が同様に拘束され、出国禁止措置が取られましたが、韓国のやってることは拉致といってもいい行動であり、この事実をマスコミは

報道しろ!

■ インスリン注射「トイレで打って」 理解進まぬ教育現場

『希少なタイプの糖尿病を患う愛知県の男子高校生は、体調管理のために必要な昼食前のインスリンの自己注射を教室で打つことが一時期かなわなかった。中学や高校側が禁じたためだ。トイレで打つよう指示されたこともあり、問題視した医師が先月学会の集会で報告。患者団体は、本人の希望を尊重すべきだと指摘している』とのことですが、インスリン注射であれば、保健室で打つべきでは?

いずれにしても、生徒と学校側とでしっかりとした連絡と確認ができていなかったということだろうし、本人の希望が教室ということであれば、教室で打つのも構わないのでは?
posted by babiru_22 at 07:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月26日

『墨龍賦』葉室 麟

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

墨龍賦 [ 葉室麟 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/26時点)



 浅井家滅亡、斎藤利三との友情、本能寺の変…。建仁寺の「雲龍図」で名を馳せた桃山時代最後の巨匠・海北友松。武人の魂を持ち続けた絵師の生涯を描く歴史長編。『文蔵』連載に加筆し書籍化。

 武士の家に生まれながらも寺に入れられ、絵師になった友松だが、若き明智光秀の側近・斎藤内蔵助利三と出会い、友情を育んでいく。そんな折、近江浅井家が織田信長に滅ぼされ、浅井家家臣の海北家も滅亡する。そして本能寺の変…。友松は、海北家再興を願いつつ、命を落とした友・内蔵助のために何ができるか、思い悩む。迷いながらも自分が生きる道を模索し続け、晩年に答えを見出し、建仁寺の「雲龍図」をはじめ、次々と名作を生み出していった海北友松。狩野永徳、長谷川等伯に続き、桃山時代最後の巨匠となった男の起伏に富んだ人生を描く歴史長編。

 本書は、建仁寺の「雲龍図」を描いた男・海北友松の生涯を描いた歴史小説。絵を通して、自らの生き様を表現する海北友松の生涯が描かれた作品ですが、戦国の混沌とした時代背景と共に、人物の描き方の解釈についてなどは興味深く読むことができました。展開が淡々としすぎていたため、展開に物足りなさは感じましたが、歴史背景なども含めて面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/25)

■ 「日本の努力が足りない」といいながらスワップなど改善切望の韓国 日本気にしつつ慰安婦合意で本音

『中でも、韓国政府が対抗措置のうち「何とかならないか」(韓国政府関係者)と切実に感じているのは、日韓通貨交換(スワップ)協定再開の協議中断と日韓ハイレベル経済協議の延期だ』とありますが、散々難癖つけて批判をしているのに、金だけ欲しいとか、いい加減にしろ!(怒)

約束すら守れない相手であるのだから、韓国に対しては基本的に無視すべきで、スワップ再開など

お断りだ!

■ 民進 蓮舫代表「憲法守り 臨時国会の召集を」

『民進党の蓮舫代表は、東京都内で記者団に対し、「安倍総理大臣は憲法改正に言及する前に、憲法を守るべきだ」として、民進党などが、憲法の規定に基づいて求める、臨時国会の召集に速やかに応じるべきだという考えを示しました』って、国会では審議拒否を連発し、議論すら応じようとしない民進党が、臨時国会の召集に応じるべきだとか、どのツラ下げて言えるもんだか。。。(呆)

そもそも憲法守れというのであれば、蓮舫代表自身が公職選挙法を守れと言いたいし、二重国籍問題についての説明と証拠を出せ!と言いたい。

■ 公務員定年延長へ議論=来秋にも法改正案−政府

『政府は、公務員の定年延長に向け、近く関係府省で議論する場を立ち上げる方針を固めた。定年を現行の60歳から延ばした場合の職員定数の調整方法や、人件費の在り方を話し合う。早ければ来年秋の臨時国会に国家公務員法など関連法改正案を提出する見通しだ』とのことですが、それならば公務員の給与体系こそ見直すべき。

少子高齢化で定年延長せざるをえない実情は分かりますが、延長よりも、定年後の臨時採用で人件費の負担を減らすべきですし、公務員制度改革こそ実施するべき!
posted by babiru_22 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

楽天市場 6月の退店ショップ その2

6月の楽天市場の退店ショップは、

楽天市場 6月の退店ショップ その1

などでも書きましたが、その後も引き続き楽天市場を退店するショップが続いています。


■ Rocketweb  閉店セール実施中

■ アウトドアスタイル Grampear  閉店セール実施中

■ ボニータ  閉店セール実施中

■ ロズマリーノ  閉店セール実施中

■ めいめい  閉店セール実施中

■ Kayiyasu

■ セレクトショップ GREENDOOR

■ windfalls online shop

■ CHIFFONDOR.

■ 黄金甘諸 楽天市場店

■ mkインテリア

■ ペルシャンギャラリー青山

■ 京創味庵

■ 大地の恵 楽天市場店

■ 北前館

■ 白ロム販売エイヤー楽天市場店

■ おこっぺハム

■ 香りと保湿の石けん ステンダース

■ じぶん@スタイル 楽天市場店

■ TTバイク専用パーツ 楽天市場店

■ rendez-vous

■ ハッピーベビー

■ 黒レンガ倉庫 楽天市場店

■ マカロン専門店ジュゴン

■ アイシコー楽天市場店

■ ヤマハチ八幡 楽天市場店

■ F-plants 楽天市場店

■ HelloWorld


「Rocketweb」は、トップページに記載されているように、7月20日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「アウトドアスタイル Grampear」も、トップページに記載されているように、7月25日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「ボニータ」も、トップページに記載されているように、7月12日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「ロズマリーノ」も、トップページに記載されているように、7月18日をもっての閉店で、現在閉店セールが行われています。

「めいめい」は、閉店日の記載はありませんが、トップページにて閉店セールの案内が書かれており、近日中の退店と思われます。


なお、楽天市場での二重価格での不当表示問題などで、改装中の状態のショップが非常に多くなっています。

その改装中も、改装中となってから半年以上も経過して、退店となっているショップも改装中のままになっているところも多く見られます。

そうしたショップは、分かる範囲で、上記には取り上げていませんが、こちらで取り上げたショップで一時的な閉店ショップもあるかもしれませんので、ご理解下さい。

退店ラッシュが続いており、今月も退店されるショップは他にもあるでしょうから、引き続き調べていきます。

また、ショップのトップページで閉店案内を出しているところなどは調べられますが、分からないショップもありますので、ショップのメールマガジンなどで閉店情報がありましたら、情報をお知らせいただければと思います。

極稀に本当の改装中状態や一時休店状態のショップも、検索上こちらで取り上げることがありますが、御連絡いただければ確認次第修正しますので、誤った記事内容がありましたら、御一報いただきたく思います。
posted by babiru_22 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 楽天 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/24)

■ 獣医学部新設の特区を全国展開と安倍首相

『安倍首相は、国家戦略特区に関し「全国展開を目指したい。意欲があれば獣医学部新設を認める」と述べた』とのことですが、既得権益を必死に守ろうとしていた文科省や民進党、そして批判を繰り返していた一部マスコミは

どうする?

これで、京都産業大学も獣医学部を作れることにもなりますが、総理のご意向ついて、民進党の玉木議員にはぜひマスコミはコメントを求めるべきだ!

■ 【加計学園】「メディアまで私物化されたら日本の民主主義は死ぬ」前川喜平氏、出会い系バー報道を批判

『文部科学省の前川喜平・前事務次官が6月23日午後、都内の日本記者クラブで記者会見した。学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡る問題で、朝日新聞や週刊文春が「行政がゆがめられた」などと証言するインタビューを掲載する直前に、前川氏が在職中、東京・歌舞伎町の出会い系バーに出入りしていたことを報じたことを「首相官邸の関与があった」として、「日本の民主主義は死んでしまう」と警告を発した』って、出会い系バーに出入りしていたのは事実なのだし、むしろメディアを私物化していたのは、前川本人でもあるでしょうよ。。。(呆)

というか、自分にとって都合の悪いことに対して「日本の民主主義は死んでしまう」という方が間違っていますし、天下りこそ公務の私物化じゃないか!(怒)

■ 千葉の産科医院隣に納骨堂計画 医師会反発「条例改正を」

『千葉県浦安市の産婦人科医院の隣に、宗教法人が納骨堂を含む寺院の移転計画を進め、反発する地元医師会が、墓地や納骨堂の設置要件を定めた条例の改正を市に求めている』とありますが、条例の改正を求めるのであれば、なぜ産科医院隣に納骨堂がダメなのかをキチンと説明するべき。

説明もなしに、ただ反対する方がおかしいのでは?
posted by babiru_22 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

『本を守ろうとする猫の話』夏川草介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

本を守ろうとする猫の話 [ 夏川 草介 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2017/6/24時点)



 高校生の夏木林太郎は、祖父を突然亡くした。祖父が営んでいた古書店をたたみ、叔母に引き取られることになった林太郎の前に、人間の言葉を話すトラネコが現れ…。『STORY BOX』掲載に書き下ろしを加える。

 「お前は、ただの物知りになりたいのか?」 夏木林太郎は、一介の高校生である。夏木書店を営む祖父と二人暮らしをしてきた。生活が一変したのは、祖父が突然亡くなってからだ。面識のなかった伯母に引き取られることになり本の整理をしていた林太郎は、書棚の奥で人間の言葉を話すトラネコと出会う。トラネコは、本を守るため林太郎の力を借りたいのだという。痛烈痛快! センス・オブ・ワンダーに満ちた夏川版『銀河鉄道の夜』!

 本書は、とある古書店を舞台にした著者版『銀河鉄道の夜』。本と人の関係を改めて問う社会派ファンタジーでもありますが、本を取り巻く厳しい現状に対して鋭い批判が込められています。本好きの高校生の主人公が、人間の言葉を話すネコと一緒に本を守ろうとする様子が物語として描かれますが、改めて本を読むことについてを考えさせられる一冊でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 14:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/23)

■ 【都議選告示】民進・蓮舫代表、安倍政権は「都合の悪いことに口を閉ざす」 中野駅前で第一声=詳報=

『自分たちに都合のいいことは強行採決、自分たちに都合の悪いことには口を閉ざしている』って、全て民進党の

自己紹介

じゃんwww

蓮舫代表も、口を開けば相変わらずのブーメラン連発で、ウルトラセブンでもそこまでブーメランの連発はしないわ。。。(呆)

■ 憲法9条守り抜く=共産・志位和夫委員長−都議選党首第一声

『9条改憲は都議選の大争点だ』って、憲法9条のどこが都政なんだか。。。(呆)

都議選と憲法には関連はありませんし、関係ないものを争点にするとか、話にもなりません。

ちなみに、志位委員長がこのようなことを言うのであれば、共産党は自民党に敗れれば、憲法改憲を認めるということですね。。。

■ 政府:教育無償化、年内に方針 今夏に有識者会議

『政府は22日、安倍晋三首相が意欲を示す「教育無償化」の基本方針を12月に策定する方針を固めた。今夏設置する人材投資に関する有識者会議で無償化の具体策の検討を本格化させる。貧しくても大学進学を保証する「高等教育の機会均等」を目指し、安定的な財源確保策についても結論を出す』って、政府はどこまで財源悪化させる気だ!(怒)

大学は義務教育ではありませんし、優秀な学生に対しての学費免除などの支援で十分。

財政健全化が急務であるというのに、バラ撒くことばかりやるとか、財政再建を真剣に考えろ!(怒)
posted by babiru_22 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

『日本と世界の長距離列車』土屋武之

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

仰天!?乗りたい!日本と世界の長距離列車 [ 造事務所 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2017/6/23時点)



 9000kmを走り続けるシベリア鉄道、福岡〜札幌間を毎日走破する列車、東海道を走り続ける「大垣夜行」…。「長距離」をキーワードにさまざまな列車を紹介する。長距離列車乗車ルポも掲載。

 世界最長は6泊7日で9000km。日本では1日3000km走る車両が!? 日本と世界の長距離列車を見れば、お国柄や経済、政治も見えてくる! シベリア鉄道のロシア号が世界最長の列車なのは有名ですが、世界を見渡せば、ほかにも数千km規模の列車がたくさん!  寝台特急がほぼ全廃された日本では、一番長い距離を走るのは新幹線「のぞみ」かと思ったら、札幌発福岡行きがあるとか、1日に3000km以上走る車両があるとか…。どれも乗ってみたいけれど、えっ、どうやっても乗れない列車もあるの!?

 本書は、長距離列車乗車ルポを始めとして、タイトルにもあるように日本と世界の長距離列車についてのトリビアや面白話が書かれたもの。長距離列車のウンチクが多く、列車好きにはオススメの一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/22)

■ 豊田真由子衆院議員が自民党に離党届を提出 元秘書への暴行・暴言報道で引責

『自民党の豊田真由子衆院議員(42、埼玉4区、当選2回)が22日、党本部に離党届を提出した。同日発売の「週刊新潮」で元政策秘書の男性に暴言、暴行をはたらいていたと報じられ、責任を取った。豊田事務所は報道内容を大筋で認めている。党執行部は受理する方針だ』とのことですが、離党届だけではなく、こんな輩は

議員辞職

するべきだ!(怒)

テレビニュースで、暴言と暴行の録音されたものを聞きましたが、秘書がミスしたにしても、相手は車を運転中で、パワハラでもある数々の暴言と暴行は、脅迫も合わせて逮捕すべき案件。

こんなのが、元文科省の官僚で、国会議員をやっているんだから、日本の政治家の質も地に堕ちたもの。。。

それにしても、子供が可哀相すぎますが、完全に人間失格です。

■ 豊田真由子衆院議員が入院 精神的に不安定になり…

『豊田氏が精神的に不安定となり、入院したことも明らかにした』って、精神的に不安定だから、あんなパワハラするんでしょうが。。。(呆)

都合のいい入院でしかありませんし、常識やモラルぐらい弁えろ!

■ 逆風の民進 残るも出るも苦戦 18議席→1桁台激減予想も

『東京都の小池百合子知事が率いる地域政党「都民ファーストの会」の人気に押され、迷走ぶりが際だっているのが民進党だ。現有議席18から、1桁台になるとの激減も予想される』とありますが、何とか人気にあやかろうと、小池都知事に擦り寄っていますが、都民はしっかり見ているはず。

確実に議席は減らすだろうし、都議選後は今度は内ゲバなんでしょうね。。。
posted by babiru_22 at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

『ドケチな広島、クレバーな日ハム、どこまでも特殊な巨人』伊藤 歩



 「カネまわり」を知れば、プロ野球はもっと面白くなる! 公開情報はもちろん、球団代表への取材や全球団への質問状送付、顧客満足度調査など、球団経営に関するデータを結集し、12球団の経営を1球団ずつ詳細に分析する。

 球団経営を知れば、プロ野球はもっとおもしろくなる! 本書は、選手や監督ではなく、親会社の事情も含めたプロ野球12球団の事業構造そのものに焦点をあてた一冊である。現役の金融ジャーナリストが、公開情報はもちろん、球団代表への取材や全球団への質問状送付、顧客満足度調査に全本拠地の現地取材といった、12年間の取材と執念で得たプロ野球の“経営”に関するデータを結集し、12球団を一球団ずつ詳細に分析する。本来「同業他社」というのは基本的な収益構造が似通ってくるものだが、プロ野球のそれは多種多様を極めており、各球団の運営はおもしろいほどに「らしい」。あなたのひいきのチームは何で儲け、損しているのか。「カネまわり」を知れば、プロ野球はもっとおもしろくなる!

 本書は、外資系金融機関や信用調査会社に勤務した著者が、プロ野球12球団の財務表を基に球団の財務体質を一つづつ分析していたもの。各球団の経営状況や顧客満足度調査は、野球ファンとして非常に興味深かったですし、各球団の経営状態から、チームごとの特徴もよく出ています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/21)

■ 平昌五輪、北朝鮮との共同開催を韓国の担当大臣が表明

『韓国で2018年平昌冬季五輪を担当する都鍾煥文化体育観光相が20日、北朝鮮東部の馬息嶺スキー場での一部競技開催を検討すると表明し、南北共同開催を目指す方針を示した』って、

はぁ?

韓国の斜め上の発想は気が狂っているとしか思えませんし、これが事実であるならば、一部協議開催とはいえ、アメリカはボイコットの可能性が極めて高いだろうし、日本もボイコットせざるをえなくなるかも。。。

韓国がオリンピックを政治利用することにも怒りを覚えますし、アメリカにもケンカ売るのか?(呆)

■ “新文書”は個人メモ?相次ぐリークで官邸に怒りも

『今回の文書は個人用のメモだったということ、そして、メモを作成した人物はその場に同席していた人物ではなかった』とのことで、これが事実であれば、メモを書いた人物は勝手な妄想で書いたということだろうから、これでは怪文書と言われても仕方ないこと。

それにしても、マスコミは妄想ネタまでトップ扱いにするのも酷いですし、事実確認をしてから報道しろ!

■ 「物陰に身を隠す」北ミサイル避難方法をCMで

『北朝鮮情勢の緊迫化を踏まえ、政府が弾道ミサイルが発射された際の避難方法を紹介する初めてのテレビCMを、23日から放映する』とありますが、これってCMで流す必要あるのだろうか?

それだけ緊張状態が逼迫しているのかもしれませんが、CMではなくニュースなどでの告知で十分だろうし、税金が使われることにもなるのだろうから、無駄な遣い方だとしか思えませんが。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

『電通の深層』大下英治

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

電通の深層 [ 大下英治 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/6/21時点)



 日本の政官業すべてを支配する構造「一業種多社制」を有する巨大広告代理店「電通」。過労自殺、強制捜査、社長辞任…。電通問題の核心を突くドキュメント。マスコミ支配の実態を描いた、1981年出版の「小説電通」も収録。

 長時間労働、パワーハラスメントによる「電通」東大卒新入社員高橋まつりさんの過労自殺、強制捜査、そして社長辞任。巨大広告代理店「電通」は、歴史的に日本の政官業すべてを支配する構造……「一業種多社制」を有している。「電通省」、「日本のCIA」と呼ばれ、業界最大のタブーとされた電通の闇に、『週刊文春』記者時代の1981年から鋭く切り込み、問題作『小説電通』でデビューした作家・大下英治が渾身の取材力を駆使して描く、巨艦「電通」の核心を突く激震ドキュメント!

 本書は、「週刊文春」記者時代の1981年から、電通の闇に鋭く切り込んだ著者が、圧倒的な取材力を駆使して描いたドキュメント。35年前に問題作『小説電通』で作家デビューを果たした著者が、「電通省」「日本のCIA」と呼ばれ、業界最大のタブーとされてきた、政官業をウラから支配する電通の根底に迫ります。自民党との蜜月、NHKとの対立構造、オリンピック利権に関わる情報戦まで、関係者が語る電通の闇についてをまとめています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/20)

■ 小池知事 市場移転方針表明「豊洲に移転し築地再開発」

『築地市場の移転問題で、東京都の小池知事は、20日、臨時の記者会見を開き、市場を豊洲に移転したうえで、築地を再開発して市場機能を確保しながら、5年後をめどに食をテーマとした一大拠点とする基本方針を表明しました』とのことですが、結局小池都知事は、一番カネのかかる方法を選んだということですが、都民はどのように判断するかは分かりませんが、

無駄遣い

が大きすぎます。

そして5年後には再度築地派と豊洲派で問題になるのも分かりきっているのに、問題先送りをするのだから、何がしたいんだか。。。

■ 文部科学相 “萩生田副長官と局長面会時の文書存在”

『松野文部科学大臣は、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、萩生田官房副長官が文部科学省の局長と面会した際の発言をまとめたとされる文書が、省内で新たに見つかったことを明らかにしました』って、完全な後出しジャンケンじゃん。。。

この文書が前回の調査で出てきていないのも不思議ですし、書いた本人が誰なのかすら特定しないとか、違法性のある問題ならともかく、これでは証拠には不十分。

そして文科省は、自己保身に必死ですが、こんな後出しジャンケン文書を作るなら、これまでの天下りや斡旋の事実こそ公表しろ!

■ 【加計学園問題】民進・蓮舫代表、追及姿勢強める「国会閉会待っていたかのように新文書」 都議選で争点化も

『党執行役員会では、加計学園問題を東京都議選(7月2日投開票)で争点にすることも申し合わせた』とありますが、都政と全く関係ないのに、争点にするとか、これだから民進党には国民の多くが呆れますわ。。。

政策からまともに出せないのに、都政と関係ないことを争点にするとか、バカ丸出しじゃんwww
posted by babiru_22 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする