2017年10月31日

『六角精児「呑み鉄」の旅』六角精児

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

六角精児「呑み鉄」の旅 [ 六角 精児 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2017/10/31時点)




 列車に乗って大好きなお酒をチビチビ、旅先でもチビチビ…。俳優・六角精児がおすすめする列車旅は「呑み鉄」! 北海道から九州まで、これまで旅をしてきた愛すべき路線、美味しいお酒や食べ物、人との出会いを紹介します。

 「呑み鉄」。これは、鉄道の中で、または鉄道で回った旅先でお酒を楽しむこと。鉄道好きで知られる個性派俳優・六角精児のおススメする、新しい「鉄道旅」の楽しみ方です。本書は六角さんが北海道から九州まで、土地土地で味わった美味しいお酒、つまみ、居酒屋での思い出などを語りおろすエッセイ集です。近郊の思い出の場所をめぐる旅コラム、震災被害を受けた路線(福島、熊本)の思い出コラム、鉄道好き芸人・吉川正洋との「呑み鉄」対談付き!

 本書は、鉄道好き俳優・六角精児が、電車の中や旅先で呑んで食べた思い出を語り下ろすエッセイ集。北海道から九州まで幅広い鉄道の思い出が書かれていて、楽しい鉄道旅の様子も伺えます。それぞれの地元のうまい物や地元の人との楽しいエピソードが満載で、プライベートでの思い出話を読んでいるような感じで、読んでいて楽しかったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/30)

■ 「安倍大嫌い」と延々と書く朝日新聞

『朝日の記事を読むと、安倍首相とその政権に対する怨嗟と愚痴がにじんでいる。選挙戦前後の記事は、よくもここまで、感情をむき出しにできるものだと感心するほどだった。特に自民党が圧勝した翌23日付朝刊は、新聞の顔である1面の記事からして尋常ではなく、臆測や思い込みによるとしか思えない断言が目立った。(中略)結局、朝日は紙面を使って、安倍首相に「大嫌いだ」と言い続けているだけではないのか。何を書こうとその新聞の自由かもしれないが、呪詛のような記事を読むのは疲れる』とありますが、的を得た記事コラムです。

好き嫌いの感情は個人ではそれぞれあるでしょうが、新聞は公平かつ平等に報道すべきであるのが大前提でもありますが、社の意向なのでしょうが、あまりにも偏りがありすぎる報道は見苦しいだけでなく嫌気がさしますし、朝日新聞に限ったことではなく、多くのメディアにも言えることですが、

偏向報道

こそ今すぐに止めろ!と言いたい。

■ 菅義偉官房長官「議席数に応じて配分するのは、もっともな意見」 質問時間削減の自民党案めぐり

『菅義偉官房長官は30日の記者会見で、国会での野党の質問時間を削減する自民党案に関し「国会議員が等しく質問できるよう議席数に応じて配分するのは、国民の側から見てもっともな意見だ」と強調した』とのことですが、衆議院の結果が全てでもありますから、菅官房長官の言うのは当然でしょう。

野党は批判する前に、政策議論をする姿勢を見せるべきで、意味のない国会審議はすべきではありません。

■ 性別変更後「元に戻したい」 同一性障害、こんな悩みも

『自分は性同一性障害だと考えて戸籍上の性別を変えたが、やはり適合できず元に戻したくなった――。性別変更をする人が増えるにつれ、こんな悩みを抱える人が出てきた。再変更は現在の法律では想定されておらず、ハードルは高い。専門家からは「何らかの救済策が必要」との声も出ている』とありますが、救済策など不要。

戸籍上の性別はコロコロと変えるものでないのは当然のことで、これこそが自己責任で、「元に戻したい」と言うこと自体、あまりにも身勝手すぎる!(怒)
posted by babiru_22 at 09:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

『四次元温泉日記』宮田珠己

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

四次元温泉日記 (ちくま文庫) [ 宮田珠己 ]
価格:777円(税込、送料無料) (2017/10/30時点)




 風呂嫌いの著者が、ついに温泉に行った。迷路のような温泉旅館は、意外にもアトラクション感あふれる異次元ワンダーランドだった…。日本の名湯につかる、ヌルくてアツい珍妙湯けむり紀行。

 風呂嫌いの宮田クン、ついに温泉に行く。熱すぎる湯を水でうめるのはなぜいけない? 家にも風呂はあるのにわざわざ出かける理由がよくわからない…。風呂なのに体を洗い流さないって???…温泉を巡る謎は深まるばかり。しかし迷路のような温泉旅館はアトラクション感あふれる異次元ワンダーランドだった! 日本の名湯につかる、珍妙湯けむり紀行14篇。

 本書は、旅館が迷路のように入り組んでいる特長的な温泉旅館をあえて選び、意次元的な温泉旅館を巡る紀行本。迷路のようなB級旅館の数々が本書で紹介されていますが、ゆるい文章に味が出ていて、サブカルとして面白いです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 15:36| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/29)

■ 安倍首相、諸問題「丁寧に答える」はずが野党質問時間削減検討を指示

『安倍晋三首相(63)は、国会での野党の質問時間を削減し、与党分を拡大するよう野党側に提案する検討を進めることを自民党幹部に指示した』とありますが、野党が政策についての議論を求めるならば、削減すべきではありません。

しかしながら、野党の質問内容は、同じ内容を繰り返しているものが多く、批判ありきの質問ばかりで、建設的な政策議論が全くできていないのだから、今のままでは正直

時間の無駄

でしかありません。

野党は、時間削減について、早速批判しているようですが、批判する前に、自分達の質問内容の中身を精査し、政策議論をしろ!と言いたい。

■ 民進党存続の愚 140億円は死守、前原氏は3時間半つるし上げ

『民進党が何と存続することになった。前原誠司代表は衆院選前、小池百合子代表(都知事)率いる「希望の党」との全党的合流を決めたが、27日の両院議員総会で失敗を認め、近く引責辞任すると明言した。所属議員からは「すぐ辞任しろ」「信頼できない」などと批判が噴出した。今後の展望がなく、大分裂した民進党だが、140億円ともいわれる資金と地方組織を持つ。ゾンビ政党とはいわないが、今後も永田町で生き残りをはかる』とありますが、自己保身が第一で、自分達に甘く、他社に厳しく、自分達の責任問題なのに、責任の擦り付けを繰り返しているのだから、正に民進党が存続するというのは、愚の骨頂としか言い様がありません。

前原代表の責任は重いですが、希望の党との全党的合流は議員の満場一致で決まったことなのだから、前原だけの責任ではなく、党として責任を取って解党すべきなのに、前原だけを批判するとか、クズの集まりでしかありません。。。(呆)

■ 立憲民主・長妻昭代表代行 北対応、安保法なくても「専守防衛でやるべきことたくさんある」

『立憲民主党の長妻昭代表代行は29日のフジテレビ番組「新報道2001」で、緊迫する北朝鮮情勢下でも安全保障関連法を廃止すべきだと考えるのかを問われ、「わが国の危機で、専守防衛の範囲内でやるべきことはたくさんある」とし、安保関連法がなくても情勢に対応できるとの考えを示した』とのことですが、それならなぜ具体的な説明はしないんだ?

説明をしないというよりも、できないということでしょうが、それでは民主党政権の時には、やるべきことは全然やらなかったということはなぜなんでしょうね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 08:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

昨日の出来事(10/28)

■ 希望の党・玉木雄一郎氏、9条改正と安保法制が代表選の争点との認識

『希望の党の玉木雄一郎・元民進党幹事長代理は28日の日本テレビ番組で、憲法9条改正や安全保障法制への賛否が代表選の争点になるとの認識を示した』とありますが、早速の

公約反故

ですか。。。(呆)

公約で判断して、希望の党に投票した有権者も多いでしょうから、今になって憲法9条改正や安全保障法制への賛否を言い出すのであれば、希望の党から立候補すること自体が、いわば詐欺行為。

元民進党の議員は、すっかり乗っ取った気分なのでしょうが、こういう理念や政治信念すらない輩こそ、排除するべきだ!

■ 希望の党 落選者座談会「民進のままなら当選できた」

『民進党のままで戦っていれば当選できただろうなと正直思っています』って、民進党のままではまともに戦えないから、希望の党に飛びついたくせに、こんなこと逝っているうな輩は落選も当然です。(呆)

選挙目当てで、希望の党に擦り寄りながら、落選すればその党の代表を批判するとか、人間としても最低です。

■ 衆院選TV報道を振り返る 自民の圧勝より、一部放送「民意を反映せず」内閣支持率に力点

『自民党が単独でも過半数を確保した第48回衆院選。その選挙結果をテレビがどう報じたか、22日の開票当夜および翌23日の番組を通じて改めてチェックしてみたい。「一部の放送には偏りが目立ち、疑問を持たざるを得ないものもあった」。放送法が定めた「政治的公平性」は画餅と化した、との声がメディアの専門家からも上がっている』とのことですが、局によっては偏った報道は以前から続いていることでもありますが、メディアこそが民意とは何か?を自ら問うべきでしょう。

結果にも様々な見方はありますし、色々な意見もあるでしょうが、様々な意見を公平に取り上げるべきで、一方的な意見の押し付けをすることには腹立たしさを覚えます。
posted by babiru_22 at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

『行方』春口裕子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

行方 [ 春口裕子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/10/28時点)




 3歳の娘、琴美が公園で忽然と姿を消した。母の妙子は悲痛な思いで行方を捜す。いなくなったとき見てくれていたはずのママ友を問い詰めても奇妙な答えが返ってくるばかりで…。WEBマガジン『カラフル』連載を書籍化。

 あの子がいない……。山口妙子の娘、琴美が行方不明になった。パートが長引いて幼稚園のお迎えが遅れ、友達のお母さんが一緒に連れ帰ってくれたのだが……。公園で遊んでいて琴美だけが忽然といなくなってしまった。目撃情報はなく、警察の捜査も行き詰まり……山口家は琴美を捜し続け、行方につながる糸を一本ずつたぐりよせる。そしてついにたどりついた真相とは。家族の形を問う衝撃のサスペンス。

 物語は、3歳の娘を幼稚園に迎えに行くのが遅くなったことで行方不明になってしまい、その事件後が描かれた作品。登場人物それぞれの描写が個性的で、展開も含めて、最初から最後ので一気に読まされました。事件後が美談のように描かれた点には違和感は残るものの、展開がとても良かったですし、印象に残る作品でした。

【満足度】 ★★★★☆
ラベル:春口裕子 行方
posted by babiru_22 at 20:46| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/27)

■ 立民の青山雅幸衆院議員、セクハラで無期限党員資格停止処分

『立憲民主党は26日の執行役員会で、青山雅幸衆院議員(55)=比例代表東海ブロック=の法律事務所の秘書が今週発売の「週刊文春」でセクハラを告発したことに関連し、青山氏を無期限の党員資格停止処分と会派入りを認めない方針を固めた』って、相変わらず民進党そのままの

身内に甘すぎ

る処分じゃないか!(怒)

党員資格停止処分とは、一番軽い処分であり、人権派弁護士が人権問題でもあるセクハラをやったのだから、こんな輩は議員辞職すべきで、党としても最低限でも除名・除籍処分にするべき。

これが他党であれば、議員辞職も散々追求してきたのに、身内には大甘の処分しか下せないって、これでは他の政党を批判する資格はありません!

■ 小池代表「ハハハ」と笑い飛ばして… “激論180分”トホホな中身

『小池氏の独裁的な党運営に憤る民進党出身者と、際限ない責任のなすりつけにあきれる小池氏。希望の党に合流しなかった安住淳元財務相は25日夜、両院懇の様子を側聞して周囲にこうつぶやいた。「これが民進党だよ。小池氏はもっと苦労するぞ」』とのことですが、安住は自らが言うべき言葉ではありません。(呆)

自分達のことなのに、他人事としてしか考えないことにも呆れますし、無責任の集まりが民進党だということを認識していることにも開いた口が塞がりません。。。

■ 【衆院選】「記憶にない」衆院選結果は北朝鮮のおかげ発言で麻生太郎財務相 3%賃上げで消費増は難しい

『麻生太郎副総理兼財務相は27日の閣議後会見で、26日の東京都内の会合で自民党が大勝した先の衆院選結果に関し「明らかに北朝鮮のおかげもある」とあいさつしたとされることについて、「記憶がない」と述べた。麻生氏は北朝鮮に関して発言をしたことは認めながらも、「北朝鮮からの度重なるミサイル発射や核実験に対応するのは、どのような政府が良いのかということを国民が考えて選んだ要素がある」と発言の趣旨を説明した』とありますが、失言とまでは個人的には思わないものの、言葉が足りなかったのは確かなのだから、まずは「言葉が足りなかった」ことを謝罪し、発言の趣旨の説明をするべき。

それにしても、失言グセは相変わらずですが、説明不足と口が悪いことぐらい反省するべきだ!

■ 豊田真由子元衆院議員 傷害と暴行容疑で書類送検

『今月22日の衆議院選挙で落選した豊田真由子元議員がことし5月、当時政策秘書を務めていた50代の男性の頭を殴り、けがをさせたなどとして、警察は傷害と暴行の疑いで書類送検しました』とありますが、落選が確定したから書類送検なのでしょうね。。。

警察は選挙が終わるのを見計らっていたのでしょうが、国会議員であろうと特権など認めず、法に照らし合わせて問答無用で書類送検にするべきだ!
posted by babiru_22 at 07:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

『名字でわかる あなたのルーツ 佐藤、鈴木、高橋、田中、渡辺のヒミツ』森岡 浩




 奈良の「高い橋」に因む朝廷の料理番「高橋」、水軍で知られる大阪発祥の一族「渡辺」…。名字の由来を知れば、一族と地域、国家の歴史がわかる。約2500の名字のルーツを解説する。ルーツを探す方法なども紹介。

 日本には10万とも20万ともいわれる名字がある。それだけ世界に類を見ない数の家系が受け継がれてきたことを意味する。古代豪族の末裔、地形・地名由来、職業由来など、名字ひとつで先祖が生きてきた土地や生業が推測できる。バラエティ豊富なことで、名字に関する誤解も多い。例えば、「江戸時代以前は武士以外に名字はなかった」というもの。学校でそう習ったという人も多いが、事実は「武士以外は名字を“名乗ること”が許されなかった」だけ。遅くとも室町時代には庶民が名字を持っていたことを示す文献も残っている。もう1つの誤解は、図書館の分厚い名字事典に関係する。それらには何万もの名字が収録されているが、大半は家系図などが残されている武家、公家、名家のもので、国民の9割を占めた農民、町民のルーツはほとんど示されていない。「藤」が付く名字のすべてが藤原氏の末裔ではないのである。庶民の名字を研究してきた第一人者であり、NHK番組「日本人のおまなえっ!」のコメンテーターとして知られる著者は、本書で約2500の名字のルーツを解説した。これを読めば、ほとんどの日本人が自分のルーツの一端を知ることになるだろう。

 本書は、NHK『人名探究バラエティー 日本人のおなまえっ!』に姓氏研究家として出演する著者が、名字のヒミツを紹介したもの。人数の多い名字のベスト5は佐藤・鈴木・田中・高橋・渡辺とのことですが、その名字のルーツについてや、名字に込められた一族の歴史が明かされています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/26)

■ 企業に3000億円負担要請 消費税使い道拡大で不足分

『安倍総理大臣は消費税の使い道を拡大して教育無償化対策などに年間2兆円を充てることを衆議院議員選挙の公約としましたが、財源が3000億円分足りないため、企業が出す社会保険料を増やして穴埋めする方向で調整が始まりました』って、企業側が猛反対するに決まっているでしょうが!

財源の見通しすら立たずに公約に挙げること自体が

大間違い

で、それならば法人税を上げるべき。

財源が足りないのだから、海外へホイホイとバラまくことを止めるべきで、各省庁への予算配分そのものから見直すべきだ!

■ 共同代表、玉木氏で調整=暫定執行部27日発足−希望

『希望の党は26日、暫定執行部を率いる共同代表について、玉木雄一郎衆院議員(48)=香川2区=を軸に調整に入った』とのことですが、玉木議員が共同代表とか、言い方は悪いですが、話題作りのギャグにしか見えません。。。

獣医師会から100万円の献金のある玉木議員が、加計学園問題で追求すること自体が話になりませんが、自爆路線まっしぐらですね。。。(呆)

■ 希望「安保法の考え 民進と変わらず」

『希望の党は、25日に開いた両院議員懇談会で、安全保障関連法について、「民進党の考え方と変わりはない」という認識を確認した』とありますが、それならば希望の党の公約が早くも挿げ替わることになりますから、有権者を騙したということですね。。。(呆)

これでは民進党と何の変わりもありませんし、民進党の希望の党の乗っ取り完了というところですか?(呆)

■ 立憲民主党・青山雅幸議員の“セクハラ”を秘書が告発

『先の衆院選において静岡1区から出馬し、比例当選した立憲民主党の新人、青山雅幸氏のセクハラ疑惑が「週刊文春」の取材で明らかになった。B型肝炎訴訟や浜岡原発訴訟に携わるなど人権派弁護士として活動する青山氏は、同じ東北大出身の枝野幸男・立憲民主党代表の盟友としても知られる。(中略)取材を申し込むと、「記憶だけでお話しするのは控えたい」とB5のキャンパスノートを持参し、青山氏から抱きしめられたり、キスを迫られたりするなど、数々の「セクハラ被害」を受けたと証言した。ノートには、日付、場所、感想など、青山氏からの「セクハラ被害」の詳細が約40ページにわたって綴られていた』として、記事には青山議員が送ったメッセージの一部も出ていますが、これは早速の議員辞職コースですね。。。(呆)

しかも、これが人権派弁護士なのだから、呆れて言葉もありませんし、これは「秘書が悪い」で誤魔化すことはできません!

■ 早実高・清宮は日本ハムが交渉権獲得! 7球団競合で木田GM補佐がくじ引く

『プロ野球ドラフト会議(26日、グランドプリンスホテル新高輪・国際館パミール)早実高・清宮幸太郎内野手(3年)に巨人、ヤクルト、阪神、日本ハム、ロッテ、楽天、ソフトバンクの7球団が競合し、日本ハムが抽選の末、交渉権を獲得した。木田GM補佐が左手で当たりくじを引いた』として、高校通産111本のホームランを放った注目の清宮選手は、北海道日本ハムファイターズが交渉権を獲得しましたが、ダルビッシュ有がメジャーに行った年に二刀流の大谷を単独指名し、その大谷のメジャー行きが濃厚といえる年に、清宮の交渉権を獲得とか、凄いとしか言い様がありません。

次世代スターの獲得は、北海道にとっても嬉しい話題ですが、まずは2軍の千葉・鎌ヶ谷でじっくりと鍛えて、日本プロ野球界のスター選手となってほしいです。。。
posted by babiru_22 at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

『マイホーム価値革命 2022年、「不動産」の常識が変わる』牧野知弘




 2022年、広大な面積の生産緑地が宅地となり、団塊世代の大量の持ち家が賃貸物件に回り不動産マーケットが激変する。日本の3分の1が空き家になる時代、マイホームの資産価値について、不動産投資のプロが解説する。

 本書は、一軒家やマンションの歴史と現状をまとめ、これからの問題点をまとめた一冊。サブタイトルにも書かれている『2022年、「不動産」の常識が変わる』は、団塊の世代が75歳を迎えて、後期高齢者の仲間入りをすることと、「生産緑地法の指定解除」で、都市部にある広大な面積の生産緑地が宅地となることについてですが、これらの現実についても詳しく説明しています。これからマイホームを……と考えている人なら、参考になる話が多く書かれていますし、住宅の資産価値についてなども考えさせられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:38| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/25)

■ 前原代表“排除”へ 民進党の参院議員総会は大荒れ

『衆院選を機に“4分裂”した元・野党第1党民進党は24日、党に残った参院議員が総会を開いた。希望の党への合流を目指すとしながら、党を分裂させた前原誠司代表への恨み節が噴出。前原氏の戦略を「失敗」と断じる声や、代表辞任はおろか「追放」を求める声もあった。党内の怒りを受け、前原氏は週内にも両院議員総会を開き、経緯を説明する方針』とのことですが、批判の気持ちは分からないでもありませんが、前原代表が民進党ごと希望の党へ合流することは、衆議院の民進党議員全員の満場一致だったのだから、前原だけを攻めるのは明らかに間違い。

自分に甘く、他人にだけ厳しい民進党の姿勢がそのまま形に出ていますが、

内ゲバ

する前に、自分達全員の問題だということぐらい自覚しろ!(怒)

■ 衆院野党 速やかに実質審議の場を

『立憲民主党や希望の党、それに共産党が「先の臨時国会は、審議が行われないまま、冒頭で衆議院が解散された。森友学園や加計学園をめぐる問題も含め、きちんと審議すべきだ」として、実質的な国会審議の場を速やかに設けるよう求め』って、相変わらずモリカケ問題ですか。。。(呆)

審議するなら、この問題の事実証明できるよう、野党も徹底して調べて証拠を突きつければいいだけなのに、それができないのだから、いくらやっても時間の無駄でしかありません。

批判ありきでなく、政策議論をすべきなのに、これだから日本の野党はダメすぎだ!(怒)

■ 山尾 志桜里議員、立民入党で調整

『衆院選の愛知7区で、無所属で当選した山尾 志桜里衆議院議員が、立憲民主党に入党する方向で調整していることがわかった』とありますが、夫と子供を裏切っていた人は、幹事長に抜擢してくれた前原も裏切るんですね。。。

これでは何のための離党だったのかさっぱり分かりませんし、立憲民主党はいきなり爆弾を抱えるのですね。。。
posted by babiru_22 at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

『プロ野球奇人変人列伝 我が愛すべきプロ野球選手たち』野村克也




 徹夜で麻雀をして、球場入りするなり出番まで医務室で寝ている選手。財布を持ち歩かないケチな選手…。野村克也が60年以上プロ野球界に身を置いてきたなかで出会った、ユニークな奇人変人たちのエピソードを紹介する。

 ノムラが見た球史に輝く強烈キャラクター52人を選出!! 天才たちはやっぱりちょっとヘンだった!? プロ野球界に携わって60年以上の著者が、これまで出会った奇人変人選手たちを紹介。あの名選手たちの笑いと涙、超ド級の「変人伝説」を大公開!!

 本書は、タイトルでも分かるように、球史に輝くプロ野球界の奇人変人52人のエピソードを紹介したもの。徹夜で麻雀をして球場入りするなり出番まで医務室で寝ている選手、交代のためマウンドに来ようとする監督を怒鳴ってベンチに追い返す投手、財布を持ち歩かないとんでもなくケチな選手、素振りもせず常に鏡の前でフォームばかりチェックしている不思議なバッター、ラフプレーが日常茶飯事のケンカ野球の申し子、野球の監督というより軍隊の上官のようだった監督……など、個性的かつユニークなエピソードが紹介されています。読みやすくて面白かったものの、それぞれのエピソードをもう少し掘り下げてほしかったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 18:57| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/24)

■ 野党一本化なら63選挙区で勝敗逆転 得票合算の試算

『今回の衆院選は、政権批判票の受け皿となる野党が分散したのが大きな特徴だ。複数の野党候補(野党系無所属を含む)が競合した「野党分裂型」226選挙区のうち、約8割の183選挙区で与党候補が勝利をおさめた。一方、朝日新聞が各野党候補の得票を単純合算して試算したところ、このうち3割超の63選挙区で勝敗が逆転する結果となり、野党の分散が与党側に有利に働いたことがうかがえる』って、新聞社が結果が出てからの

たられば論

を記事にするとか、アホとしか言い様がありません。

そもそも、希望の党から排除された人達が作ったのが立憲民主党なのだから、一本化するはずがありませんし、立憲と希望の共闘を前提で試算すること自体が、バカ丸出し。(呆)

こんなことをやっているのだから、偏向報道をしていても、勝手な解釈で偏向ではないと思っているんでしょうが、勝手な妄想を「独自の試算」としていることが、開いた口が塞がりません。。。

■ CO2排出、4日間「ゼロ」に=東京五輪の開・閉会式−小池知事

『パリ訪問中の小池百合子東京都知事は23日、2020年東京五輪・パラリンピックの開会式と閉会式が行われる4日間は都内の二酸化炭素(CO2)排出をゼロにする取り組みを行うと明らかにした』とのことですが、都内の二酸化炭素(CO2)排出をゼロにするなら、都民ならびにその時に都内にいる人は、呼吸すらできませんね。。。(呆)

CO2排出の削減を掲げるならともかく、ゼロとか、なんで出来もしないことを平気で口にするんだか。。。(呆)

■ 【衆院選】希望、小池氏へ恨み節 独裁体制に強まる反感「賞味期限切れた」

『選挙区で敗れ、比例代表で復活当選した民進党出身の前職は「再来年の参院選まで希望の党があってはならない。小池氏の賞味期限は切れた。代表をやめるべきだ」と吐き捨てる』とありますが、ゾンビ復活の立場なのに、何を言っているんだ?

本気で言ってるなら、すぐに議員辞職をするべきで、比例復活の立場であるのだから、言う資格はありません!
posted by babiru_22 at 07:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

『番地の謎』今尾恵介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

番地の謎 [ 今尾恵介 ]
価格:885円(税込、送料無料) (2017/10/24時点)




 日本では、なぜ住所を頼りに目的地を見つけられないのか? なぜ由緒ある旧町名が消え、のっぺりとした住所ばかりになってしまったのか? 海外の住所は一体どうなっている? 「住所の仕組み」についての徹底分析!

 住所のしんがりに来る番地。そもそも番地とは何だろう。どこを起点にどんな順番で並んでいるのか? 日本の住所表記は大きく3類型に分けられるが、京都・北海道など独自の表示方法を持つ自治体があるのはなぜなのか? そういえば「網走番外地」とは住所なのだろうか? 個性的な住所を細かく詮索しつつ「住所の仕組み」の奥深さを味わう一冊。

 本書は、大字・地番・住居表示など、地名ではなく番地について基礎知識が書かれたもの。番地の並び順は自治体ごとに違っている理由についてや、自治体ごとの番地の並び方のルールなど、雑学的で興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/23)

■ 共産惨敗、議席大幅減…立憲民主に支持流れ

『共産党は、前回2014年の衆院選で獲得した21議席を大幅に下回り、惨敗した』とありますが、

これぞ民意

の結果でしょう。

これまでの共産党の票が、立憲民主党に流れたということでしょうが、公安の対象になっているという現実こそ見据えるべきですし、普段は与党に対して、責任を散々求めるのだから、自らの責任こそ取るべきだ!

■ 前原氏、民進の希望合流案を断念 将来的に代表辞任

『民進党の前原誠司代表は23日未明、党本部での記者会見で「希望の党に大きな塊で合流するというのは、いったん見直さないといけない」と述べ、自身が提案した希望への合流案を断念する意向を示した。(中略)そのうえで「いろんな考えを伺いながら(民進の将来は)どういう形がいいか。方向性を決める責任は持ちたい」とし、それが決まった段階で代表を辞任する考えを示した』とのことですが、結局前原は何がしたかったんだか。。。

小池・前原会談の中身は分かりませんが、民進党として希望の党への合流が全会一致だっただけに、前原だけが悪いということではなく、民進党議員全員が自分達のことしか考えておらず、全員が無責任だったということでもあるでしょうから、一体何を目指しているんだか。。。(呆)

■ 「くじ引き民主主義の導入を」 提言した政治学者に聞く

『選挙ではなく、くじ引きで自分たちの代表を決める仕組み。それを導入することで私たちは民主主義を強化できる』とか、議会制民主主義制度を全く理解できていませんね。(呆)

これでよく政治学者を名乗れるものだとも思いますし、こんな馬鹿げた考えを載せる朝日新聞のいう民主主義って何なんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月23日

『日本ボロ宿紀行』上明戸聡

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

日本ボロ宿紀行 (鉄人文庫) [ 上明戸聡 ]
価格:734円(税込、送料無料) (2017/10/23時点)




 懐かしの人情宿でホッコリしよう! 歴史的価値のある古い宿から、単なる安い宿まで全部ひっくるめた、魅力ある宿「ボロ宿」を紹介。営業データなどを補足し文庫化。

 懐かしの人情宿でホッコリしよう。「ライブドア・ブログ」奨学金受給ブログ、待望の文庫化。「ボロ宿」というのは決して悪口ではありません。歴史的価値のある古い宿から単なる安い宿まで全部ひっくるめ、愛情を込めて「ボロ宿」と呼んでいます。自分なりに気に入った、魅力ある宿ということなのです。できるだけ安く旅行をしたいということから行きついた結果ではありますが、なるべく昔の形を保って営業している個性的な宿を応援していきたいと思います。湯治宿や商人宿、駅前旅館など、郷愁を誘う宿をできるだけ訪ねて、記録に残していくことも、いずれ何かの役に立たないかなと……。

 本書は、歴史ある各地の宿に滞在した著者の旅行記。「ボロ宿」とは書かれているものの、その歴史ある魅力が書かれていて、思わず泊まってみたいと思う宿ばかり。ビジネスホテルやシティホテルにはない、人情感のある宿としての魅力で面白いです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 13:18| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/22)

■ 与党、絶対安定多数確保へ=首相続投固まる−立憲躍進、希望苦戦【17衆院選】

『第48回衆院選は22日、投開票された。自民党は小選挙区、比例代表ともに好調で、公明党と合わせ、安定的な国会運営が可能な「絶対安定多数」の261議席を確保する見通し。これにより、安倍晋三首相(自民党総裁)の続投が固まった。一方、立憲民主党は野党第1党をうかがう勢い。希望の党は伸び悩んでいる』とのことで、与党の圧勝という見方もできますが、与党勝利というよりも、今回の衆議院選挙は

野党惨敗

という選挙だったように思います。

それだけ、日本の政治は野党がしっかりとしていないからこそ、消去法で与党への投票に繋がったようにも思いますが、特に野党はこれが

民意の結果

であるのだから、この結果を厳しく受け止め、まともな政策議論が出せるようにしてもらいたいですし、批判だけするのではなく、政策を出して、建設的な議論をするようにしてもらいたいですね。。。

■ 政権批判票、まとまらず=立憲、希望で明暗−野党再々編は不透明【17衆院選】

『22日投開票の衆院選では、野党が候補を乱立して政権批判票が分散、「安倍1強」を崩せなかった。一方、立憲民主党は野党第1党の座を確保しそうなのに対し、希望の党は伸び悩み、明暗が分かれている。今後は「安倍1強」に対抗する野党再々編の動きが具体化する可能性もあるが、混乱も予想される』とあり、今後の野党の動きもどうなるかといったところでしょうが、単なる批判だけしかしていないのだから、この結果は当然。

そもそも野党再々編を考えること自体がおかしなことで、それぞれの政党でしっかりとした政策を打ち出すことが大切で、政局中心に考えるべきではありません。

■ 山尾志桜里氏が当選 交際問題報道で民進離党 愛知7区

『元民進党政調会長で無所属前職の山尾志桜里氏が愛知7区で当選確実。山尾氏は既婚男性との交際問題の週刊誌報道で、9月に民進を離党していた』とのことですが、これが愛知7区の民意になんでしょうが、個人的にはこの結果は本当に残念です。

説明責任すらせず、子育て放棄して週4回もお泊りして、子育て政策を訴えること自体、呆れていましたが、他者に厳しく自分に甘すぎるダブルスタンダードは、議員の資格すらないと思いますし、こういう不誠実な人は国会の場へ送り出すべきではありません。

そうしたことも含めて、愛知7区の有権者が支持したのが民意の結果でもありますが、愛知7区の人達は寛大すぎますね。。。

■ 小池百合子氏、惨敗なら代表辞任も パリから戻るまでの代表代行は若狭氏、細野氏でなく「樽床さん」

『選挙戦最終日となった21日、希望の党代表の小池百合子都知事(65)は東京・池袋で最後の演説。公務としてパリ出張に出発する際には樽床伸二元総務相(58)を代表代行に指名した。22日投開票の衆院選の結果次第で代表辞任の可能性があることも判明した』とのことですが、これじゃ早くも民進党の乗っ取り完了ですね。。。(呆)

小池代表は、敗戦の弁を述べる責任すら放棄しているようにも見えますが、お粗末すぎるわ。。。(呆)
posted by babiru_22 at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

昨日の出来事(10/21)

■ 枝野代表、無所属・岡田氏と選挙後に協力の考え

『立憲民主党の枝野代表は20日、津市内で記者団に対し、衆院選に無所属で出馬している岡田克也・民進党元代表と、選挙後に協力する考えを明らかにした』とのことですが、これでは結局

民進党w

どうせ希望の党からの出戻りも合流するんでしょうから、単なる看板の挿げ替えでしかありませんが、これこそお友達政治じゃん。。。(呆)

■ 小池百合子代表が“落選危機”の若狭勝氏を決死の援護射撃

『ラスト演説のあと、21日夜の飛行機で都の公務のためフランス出張に向かう。翌22日の投開票日は、パリでテレビ各局の生中継や現地への同行記者団の会見に応じる』とありますが、散々公務よりも選挙を優先して、一番大事に時にはフランス出張とか、無責任の極みですね。。。(呆)

見事な逃亡劇には笑わずにはいられませんが、都議選で都民ファーストの会を応援した人達はどう思っているのだろう?と思ってしまいます。。。

■ 台風が列島接近、衆院選投開票日は大荒れに

『衆院選投開票日の22日に列島へ接近すると予想される超大型で非常に強い台風21号について、気象庁は21日、22日夜から翌朝にかけて東海、関東地方に上陸する恐れがあり、通勤ラッシュにも影響する可能性があることを明らかにした。22日夜には風雨が強まるため、投票率や投開票の作業にも影響が出そうだ』とのことですが、全国的に台風の影響で天気が悪いところが多いですから、支持率は下がりそうですね。

期日前投票は、前回よりも投票率は高くなっているようですが、果たして今晩の結果はどうなることやら。。。
posted by babiru_22 at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

『ネメシスの使者』中山七里

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネメシスの使者 [ 中山 七里 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2017/10/21時点)




 重大事件を起こした懲役囚の家族が相次いで殺され、犯行現場には「ネメシス」の血文字が残されていた。犯人の動機は義憤か、復讐か。渡瀬警部が犯人を追う。社会派ミステリ。『別冊文藝春秋』連載を単行本化。

 ギリシア神話に登場する、義憤の女神「ネメシス」。重大事件を起こした懲役囚の家族が相次いで殺され、犯行現場には「ネメシス」の血文字が残されていた。その正体は、被害者遺族の代弁者か、享楽殺人者か、あるいは…。『テミスの剣』や『贖罪の奏鳴曲』などの渡瀬警部が、犯人を追う。

 物語は、死刑制度と日本の司法についてを背景とした社会派ミステリ。加害者家族と被害者家族の心情がしっかりと描かれ、司法の問題点も鋭く追及しています。渡瀬警部と岬検事の登場で、冤罪をテーマにした『テミスの剣』の続編であると思いますが、死刑制度については考えさせられる作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:50| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(10/20)

■ 希望・田嶋氏「党を実際に運営するのは民進出身の中堅」

『できたばかりの希望の党を実際に運営していくのは、民進党出身の私たち中堅の仲間たちです』って、選挙中だというのに、いきなりの

乗っ取り宣言

ですか。。。(呆)

これでは、更に支持率は下がるだろうし、悪印象を有権者に与えているのが、分からないのでしょうね。。。

いい加減に、恥を知れ!と言いたいですわ。。。(呆)

■ 河野太郎外相、韓国の「独島防衛部隊」に激怒 「関係性を強めていかなければいけないときに」

『河野氏は外務省が韓国政府に強く抗議したことを明らかにした上で、緊迫度を増す北朝鮮情勢を念頭に「こういう安全保障状況の中、日米韓3カ国が未来志向で関係性を強めていかなければいけないときに、それに逆行することだ」と韓国政府を批判。その上で、「先般の日米韓外務次官会議でも連携強化の重要性を協議し、合意している。この事態にあって、日米韓の連携を強めていきたい」と述べた』とのことですが、結局遺憾の意を唱えるしかできないのが、日本の外交の弱いところ。

言葉だけだから、韓国が強く出るのであって、制裁措置で対抗するべきだ!

■ <衆院選岩手>自民・丸山氏「相手候補に投票する人は脳がおかしい」

『自民党の丸山和也参院議員は19日夜、岩手県一関市であった衆院選立候補者の個人演説会で「相手候補に投票する人は脳がおかしい」などと発言した。応援弁士として演壇に立った丸山氏は相手候補に投票する有権者を「認知症と言ったら怒られるけど、判断力、脳がおかしいとしか言えない」と批判した。演説会後「言い過ぎたかもしれない」と釈明した』とありますが、明らかな失言をしている丸山議員の脳もおかしすぎるわ。。。(呆)

相手候補は小沢一郎のようですが、どのような相手候補であろうと、選ぶのは有権者の判断なのだから、有権者を馬鹿にする発言は断じて許されませんし、釈明するなら最初から言うんじゃないよ!(怒)
posted by babiru_22 at 06:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする