2018年01月22日

『世界に通じるマナーとコミュニケーション』横手尚子/横山カズ




 マナーとは、人と関わることを楽しみ、深く味わうための方法です! 基本5原則、敬語の使い方、心をつなぐ英語表現など、国際化時代に必要な、実践で役立つマナーの基本を紹介します。

 だれもが身につけておくべきマナーや国際化する社会で欠かすことのできない異文化理解のマナー、外国人と接する際の英語コミュニケーションの極意を伝授します。マナーの基本5原則、敬語の使い方、相手に伝わりやすいおもてなし英語など、マナー講師、同時通訳者として活躍する著者たちが実践で役立つマナーの基本を紹介します。

 本書は、元国際線CAで接客英会話・接遇マナー講師の横手氏と、同時通訳者として活躍する横山氏が、だれもが身につけておくべき基本的なマナー、国際化する社会で欠かすことのできないマナー、英語コミュニケーションの極意を紹介したもの。本書はジュニア新書ですが、学生だけでなく、大人でも参考になる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:41| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/21)

■ これが韓国だ(1)約束守らない(2)自己都合で正当化(3)日本を振り回す(4)誠意を踏みつけ

『日本には「誠意」という細やかさを求め続ける一方で、自らのやり方は自己中心かつ強引で、荒っぽい。人に厳しく自分に優しい者はどこの世界にもいるだろうが、国レベルでいえば、まさしく韓国がこれに当てはまる。「日本に厳しく韓国に甘い」。これこそが韓国だ』とありますが、韓国の数々の

主張の矛盾

を見事にまとめています。

勿論、韓国の人には、国際的にも常識的な人は多いとも思いますが、国としては、まるでどこかの政党のように、無責任で約束は反故にするばかりで、自分達の問題なのに、責任転嫁ばかりを続けるのだから、これでは国際的な信用は得られませんし、こういう相手なのだということを日本政府も十分に認識して対応すべきです。

■ 【平昌五輪】北朝鮮選手派遣 ルール曲げたIOC 「南北融和」利用か

『IOCは「南北融和」の旗印の下、実力で出場枠を獲得していない選手に政治判断で参加資格を認めたことになる。さらにはアイスホッケー女子の合同チームが結成されることにより、韓国選手の出場機会が減少する。明らかにスポーツの公平性を欠いている。スポーツの価値を守るべきIOC自らがルールを曲げてはスポーツの根本を揺るがしかねず、五輪の存在意義すら疑われかねない』とあるように、IOCの責任も徹底追及するべきでしょう。

もはやIOCも単なる利権団体に成り下がったからこそ、このようなおかしなことをするのでしょうが、もはやオリンピックはスポーツの祭典ではありませんね。(呆)

■ 女性専用シェアハウス運営会社、賃借料支払いを突然停止

『首都圏で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開する不動産会社が、物件所有者への今月の賃借料の支払いを突然停止し、トラブルになっていることが20日、分かった。所有者は数百人に上り、銀行から多額の「アパートローン」を借り入れ、1億円超の新築物件を購入した人が大半とみられる。このまま収入が途絶えると、返済に窮する人が相次ぐなど混乱が拡大する恐れがある』とありますが、将来、レオパレスや大東建託が同じ道を辿る危険性も考えられますね……。

ただ、これって物件所有者側も、こうしたリスクを考えなかったから契約したのだろうし、自己責任とまでは言いませんが、サブリースのデメリットと問題点ぐらいは理解すべきですね。
posted by babiru_22 at 07:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

昨日の出来事(1/20)

■ Jアラート訓練「中止を」藤沢市民が市に要請

『31日に県内全33市町村で予定されている「全国瞬時警報システム」(Jアラート)発動を想定した国民保護サイレン再生訓練について、藤沢市の市民グループが19日、同市に対して訓練の中止などを求める要請書を提出した。提出したのは「藤沢市のJアラート訓練に抗議する藤沢市民の会」(****代表)。「いたずらに恐怖心をあおる放送、合理的に説明できない行動への協力要請。音声再生に加えて避難行動についても協力を求める市の訓練に強く反対する」と中止を求めている』とのことで、記事での代表の名前をググったら、あらやっぱりいわゆる

プロ市民

でしたか。。。

中止を求める要望書出すなら、朝鮮総連にデモでも行くべきですし、こういう人達って、避難訓練にも勿論、一々要望書を出すんでしょうね。。。(呆)

それにしても、他人が訓練を受ける権利を阻害していることも理解できないんでしょうね。。。(呆)

■ 高校再編に町長「県は聞く耳持たず、禍根残す」

『富山県立高校の再編に向けて話し合う「県立高校教育振興会議」は19日、県庁で会合を開き、水橋、高岡西、泊、南砺福光の4校について、2020年4月に再編するのが望ましいとする報告書をまとめ、石井知事に提出した。(中略)4校の地元自治体の受け止めは様々だ。泊高がある朝日町の笹原靖直町長は記者団に、「県が聞く耳を持たず、地方創生の観点からも議論されていない。歴史的に禍根を残す」と述べた。南砺福光高のある南砺市の田中幹夫市長は「多くの市民の思いと違った結果となり、大変残念」とコメントした。高岡西高のある高岡市の高橋正樹市長は「魅力と活力ある学校づくりを推進するには再編もやむを得ない選択」との談話を、水橋高のある富山市の森雅志市長は「再編は少子化の流れの中、やむを得ない。水橋高校廃止の分は北部高校で1クラス増やしてほしい」とのコメントを出した』とありますが、聞く耳持たないのはむしろ町長。

再編やむなしの町長もいるのだから、まずは自治体の町長同士で話し合いをするべきで、少子化でもあるのだから、再編に反対するならば、対案こそ示すべきで、自分がやってることが禍根残すことにもなるというのに、この町長は何を考えているのやら。。。

■ 「元本減った」高齢者トラブル絶えず 銀行窓口販売の「外貨建て保険」

『銀行窓口で販売する保険商品をめぐって、トラブルが絶えない。特に、投資性の高い一時払い保険「外貨建て保険」に対し、高齢者を中心に「元本保証だと思っていたのに損失が生じた」といった相談が寄せられているという。相談件数も多く、国民生活センターが注意を呼びかけている』とありますが、元本保証ではないことは、銀行でも説明しているはずで、勝手に元本保証だと勘違いした本人の

自己責任

です。

リスクすら理解できないで、国民生活センターに相談すること自体、間違っていますし、リスク説明してもそれを理解できないなら契約すべきでないし、その契約をしたのは本人なのだから、むしろこうした報道の際には、本人の問題こそ記事にするべきだ!
posted by babiru_22 at 07:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

『小学生でもわかる 国を守るお仕事そもそも事典』佐藤正久




 そもそも自衛隊ってなに? なぜ憲法9条があるのに自衛隊が必要なの? 自衛隊を支えるのはどんな人達? 「ヒゲの隊長」と呼ばれた元自衛官・佐藤正久が、国民の命を守る自衛隊の任務をわかりやすく図解する。

 本書は、ヒゲの隊長こと著者と、小学校3年生のななちゃんが対話する形式で、自衛隊のお仕事をイラスト図解でわかりやすく解説したもの。大人でも分かっていそうで実はよく知らない日本の平和を命がけで守る自衛隊の任務がわかる1冊です。自衛隊とは何か?を小学生にも理解できるようにまとめられていますが、イラストと図も事典として良かったです。小学生でも分かりやすいようにしているため、説明不足と感じる点もありますが、国を守る仕事ということについては、丁寧にまとめられていて、大人が読んでも理解しやすい内容となっています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:29| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/19)

■ 慰安婦問題「前向き解決を」 米国務省日本部長が発言

『米国務省のジュリー・チャン日本部長は18日、慰安婦問題を巡り対立する日韓両国に対し「相互に信頼し合い、和解できるような前向き志向の解決策を模索するよう促している」と述べた』とありますが、和解も何も解決済みであるというのに、何を言っているんだ?

というか、思い切り

内政干渉

ですが、アメリカは泥沼化を望んでいるのか?

■ 沖縄の翁長知事、3月に訪米へ 「辺野古移設反対」を直接訴えるために 4度目のワシントン訪問

『沖縄県の翁長雄志知事は19日の記者会見で、米首都ワシントンを3月に訪問する意向を示した。日米両政府が進める米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設に反対する考えを、米側に直接伝えるのが目的。(中略)県によると、翁長氏はワシントンで上下両院議員や有識者との面談を調整中。沖縄の米軍基地負担について議論するシンポジウムを開催する方針という』とのことですが、行くのは勝手ですが、シンポジウムへの参加というのであれば、勿論自費でしょうね……。

直接国防省に行くというならともかく、シンポジウムへの参加であるなら、絶対に税金は使わせるな!

■ 社民党党首選、吉田忠智氏やっぱり不出馬 なり手おらず党運営の危機に

『吉田氏は出馬しない理由について「国会議員バッジを持たない状態で党首を務めることの無力さを痛感した」と周辺に漏らしているという』とのことですが、国会議員でないのに党首など務まるわけがありませんから党首選に不出馬は当然。

なり手がいないというなら、ここも解党すべきです。
posted by babiru_22 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月19日

『1999年の王』加藤 元

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1999年の王 [ 加藤 元 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/19時点)




 東京で殺人未遂事件が発生。捜査が進むにつれ、安西という男が主犯として保険金目当ての連続殺人を仕掛けていたことが明らかに。共犯者、崇拝者、事件記者、それぞれの視点から安西の凄絶な過去が語られて…。

 東京で殺人未遂事件が発生。実行犯の供述から、飲食店経営・北條和美と内縁の夫・安西俊貴が逮捕される。捜査が進むにつれ、安西が主犯として保険金目当ての連続殺人を過去に仕掛けていたことが明らかになる。共犯者、崇拝者、事件記者……それぞれの視点から「安西」という稀代の犯罪者の過去が語られていく……。人の命を金に換える最低最悪の<錬金術師>、安西俊貴。幾人もの人生を狂わせた男の凄絶な人生とは……。震撼のクライムサスペンス!

 物語は、ある殺人未遂事件の犯人供述から連続保険金殺人の男女の共犯者が逮捕され、その主犯格の安西という男の余罪と過去が描かれるサスペンス。主人公でもある加害者の過去についてが明らかにされていくというストーリー展開ですが、読み手に恐怖感あまり伝わって来ず、やや期待ハズレの内容でした。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 21:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/18)

■ 民進「この党は終わっている」自暴自棄に…

『民進党は組織として物事を決められないという体質が続いている。党内からは「この党は終わっている」と自暴自棄の声も出ている』とありますが、「この党は終わっている」って、相変わらずの

無責任ぶり

には開いた口が塞がりません。(呆)

自分達で党内を改革しようとすらせず、全てが責任転嫁で、問題も全て他人事。

組織全体が腐りすぎていて、もはや民進党には解党しか残されていない!

■ 米軍ヘリ窓落下の小学校 落下物想定した避難訓練 沖縄

『先月、アメリカ軍のヘリコプターから窓が落下した沖縄県宜野湾市の小学校で、屋外のグラウンドの使用再開に向けて、軍用機からの落下物を想定し、子どもたちが避難する訓練が行われました』とのことですが、多くのマスコミは北朝鮮の核ミサイル対策の避難訓練には反対していたのに、こっちは全国報道するんですね……。(呆)

避難訓練をするのはいいですが、子どもを政治利用するなと言いたい。(怒)

■ 【平昌五輪】五輪と無関係なのに…北のスキー場や金剛山活用ねじ込み 文在寅政権のすり寄り鮮明、制裁抵触の恐れも

『韓国と北朝鮮は17日、次官級会談で、平昌五輪のアイスホッケー女子の合同チーム結成や合同入場行進に加え、北朝鮮での文化行事共催やスキー場活用で合意した。いずれも文在寅大統領の「平和五輪構想」として韓国が提案したもので、文政権が北朝鮮にすり寄る姿勢が鮮明になった』って、もう馬鹿すぎて言葉もありません。。。(呆)

オリンピックと関係ないイベントもねじ込むとか、やはり国際的な常識すら通用しない国だということだろうし、ドンドン世界な恥を晒せとしか言い様がありません。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

『グルメ漫画50年史』杉村 啓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

グルメ漫画50年史/杉村啓【1000円以上送料無料】
価格:993円(税込、送料別) (2018/1/18時点)




 1970年に誕生し、約50年間で700作品以上が発表されているグルメ漫画。その中から、特に重要な150作品に着目し、グルメ漫画がどのように生みだされ、いかなる発展をしてきたかを解き明かす。

 月間数十点に及ぶ単行本が刊行され、メディアミックスも相次ぐなど、隆盛を誇るグルメ漫画。では、グルメ漫画はいつ生まれたのでしょう? 調べてみると、その誕生は1970年であるとわかりました。また、約50年間で700作品以上が発表されていました。本書はその中から、特に重要な150作品に着目し、グルメ漫画がどのようにして生みだされ、いかなる発展わしてきたか解き明かしていきます。「あの有名作品はどこが画期的だったのか?」「私たちは、なぜグルメ漫画を面白いと思うのか?」…そういった疑問を、半世紀を旅しながら解き明かしていきましょう。ようこそ、もっと美味しく読むための“グルメ漫画史”の世界へ!

 本書は、グルメ漫画の50年近い歴史を振り返ると共に、現在に至るグルメ漫画隆盛の理由を解き明かしたもの。年代ごとカテゴリ別に主要グルメマンガのスタート時期を年表にしているのも分かりやすく、70年代の『包丁人味平』、80年代の『美味しんぼ』、90年代の『孤独のグルメ』から、今のグルメ漫画に繋がる系譜は、懐かしさもあり、最近のグルメ漫画の充実ぶりも改めて感じました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 22:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/17)

■ 希望、分裂へ…玉木代表が役員会で分党提案

『希望の党(衆院51人、参院3人)が分裂することが確実となった』って、沖田館長に代わって、あえて物申す!

バカめだ!

国民を馬鹿にしすぎてますし、一回全員辞職して出直ししろと言いたい!(怒)

■ 【平昌五輪】「安倍晋三首相は隣国の開会式に出席したほうが良い」自民・公明両党幹事長、国会日程を調整

『自民党の二階俊博、公明党の井上義久両幹事長は17日、東京都内で会談し、安倍晋三首相が2月9日に行われる平昌冬季五輪の開会式に出席できるよう、通常国会(22日召集)の審議日程について野党側と調整を進める方針を確認した』とありますが、今の状況では、安部首相は開会式に行くべきではありません。

もしも安部首相が開会式に出席すれば、それを韓国が政治利用することにも繋がりますから、日程調整する必要もありませんし、開会式に欠席して、日本の立場を国際的にも伝える姿勢こそ取るべきです。

■ 「テレビ映らない」CATVが突然放送停止

『長野県佐久穂町のケーブルテレビ会社「佐久高原ケーブルビジョン」が放送を停止したことが16日、わかった。(中略)同社は、約3年前から事業を停止する意向を町関係者に伝えていた。昨年10月には、デジタル対応に経費がかさむなどとして「12月で放送を停止する」としていたが、町が事業継続を要請していたという』とのことですが、事前にケーブルテレビ会社が町関係者に伝えていたというのだから、これは自治体の責任です。

おそらく町民に対しても、行政としての説明をしていなかったのだろうし、町(もしくは担当者個人)がケーブルテレビ局に責任を摩り替えてるようにしか見えませんが……。

■ IT立国が日本の行政手続きシステムに驚き…ネットでは日本を「技術後進国」と指摘

『同日放送の経済情報番組「ワールドビジネスサテライト」(テレビ東京系)では、「IT立国」「電子国家」として注目を集めるエストニアの試みを特集。なんでも、同国政府のサイト「エスティー」では、「住所変更」「納税」「投票」といったあらゆる手続きが行えるというというのだ。サイトへのログイン方法は、政府が発行する個人IDカードを端末に挿入し、4桁の暗証番号を打ち込むだけ。このため、市役所に行かなくてはならない日本と異なり、自宅のPCで空いた時間を利用し、手続きを済ませることができるという。こうした施策により、同国の行政サービスの99%が電子化され、区役所の窓口職員はわずか3人、コストも4分の1以下に激減したそうだ』とありますが、職員減らせば、役所の職員から猛反発はされるでしょうが、IT技術をうまく活用すれば、むしろ行政にとっても住民にとってもプラスにできるんですけどね。

ただし、日本の役所は、なぜか電子化すると人が増える傾向にありますから、ここをしっかりとすれば、効率的にできるはず。

でも、ネットでは日本は本当に「技術後進国」だよなァ……。
posted by babiru_22 at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月17日

『海賊がつくった日本史』山田順子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海賊がつくった日本史 [ 山田順子(時代考証) ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/1/17時点)




 白村江の戦い、源平合戦、元寇、応仁の乱、関ケ原の戦い…。日本史の重大事件にはすべて海賊の活躍があった。時代考証家がさまざまな視点で、日本の海、海賊、そして水軍の謎を紐解く。

 白村江の戦い、源平合戦、元寇、応仁の乱、南北朝の争い、戦国時代、関ヶ原の戦い……。歴史上の戦争や事件にはすべて海賊の存在があった! 時の権力者が欲した、海賊の力と海の覇権とは? 学校で学ぶ日本史は陸の歴史が中心であり、海の歴史は馴染みが薄い。島国である日本では陸路よりも海路が文化の伝達や物資の運搬の主役を担っていたにもかかわらずなのにである。本書を読めば、日本の歴史が海と深い関係を持ち、そして歴史をつくってきたのが「海賊」だったことに気がつくはずだ。越智海賊、河野海賊、三島村上海賊、九鬼海賊、松浦党、多賀谷海賊、宗像海賊、熊野海賊、渡辺党、忽那海賊、三浦海賊、梶原海賊、伊豆海賊など、海賊にスポットを当てた、まったく新しい日本史の視点!

 本書は、古代の海の神話と海賊の誕生、海の神の系譜から、中世海賊が歴史の表舞台に立ち、戦国時代前夜南北朝・応仁の乱で活躍した海賊、戦国時代海賊から水軍に、そして大名、秀吉の「海賊禁止令」、関ヶ原の時代までの時代を系譜的にまとめたもの。日本史の教科書は陸の歴史が中心で、海の歴史は馴染みが薄いですが、島国である日本では陸路よりも海路が文化の伝達や物資の運搬の主役をになっています。本書では、日本が海と深い関係を持ち、歴史を作ってきたのが海賊だということが書かれていますが、日本史を違う視点からまとめた一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 17:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/16)

■ 菅義偉官房長官、東京新聞の望月衣塑子記者に「事実に基づいて質問を」

『菅義偉官房長官は16日の記者会見で、東京新聞の望月衣塑子記者が、ノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の事務局長による安倍晋三首相との面会要請を断ったことについて質問したのに関連し「事実に基づいて質問してください」と語気を強めた』とのことですが、新聞記者なのに、事実関係の裏取り取材すらしないで質問するとか、毎回のようにこんなことをやっているのだから、もはや

出入り禁止

にするべきです。

もしくは、質問レベルがあまりにも酷いですから、東京新聞に取材記者を代えるように求めるべきだと思います。

■ 受験生パトカー搬送に賛同7割…「税金無駄」も

『大学入試センター試験初日の13日朝に起きた列車事故で足止めをくった受験生4人をパトカーで試験会場の室蘭工大に搬送したことに対し、道警に40件の意見が寄せられていることが分かった。(中略)一方で、警察の本来業務との違和感から「税金の無駄遣いではないか」といった批判的な意見もあったという』とありますが、これを「税金の無駄」と言うとか、世知辛い世の中だとつくづく感じます……。

むしろ試験会場に送った警察官には表彰状を出してほしいとも思いますが、赤色灯を付けないで送ったのだから、警察官を評価するべきです。

何だか、心が狭くなってしまった人が多くなって、クレームばかりが横行する世の中って、嫌ですね……。

■ 八甲田山の樹氷に落書き、青森 スプレーで「おめでとう」など

『十和田八幡平国立公園に指定されている青森県・八甲田山系の樹氷に、ピンクのスプレーで落書きがされていたことが16日、八甲田ロープウェーへの取材で分かった。同社によると、落書きは14日に見つかった。山頂公園駅付近の樹氷数本と雪面に英語や中国語で「誕生日おめでとう」や、意味不明のアルファベットなどが書かれていた』とのことですが、外国から観光に来るのはいいですが、他国に来ているのだから節度をわきまえろ!と言いたい。

これを消す人は大変な労力だったとも思いますし、一部の人達なのでしょうが、国際的なマナーやモラルぐらい考えろとも言いたいです。(怒)
posted by babiru_22 at 06:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月16日

『激動の日本列島 誕生の物語 列島誕生 ジオ・ジャパン』NHKスペシャル「列島誕生ジオ・ジャパン」制作班




 大陸からの分断、火山島の連続衝突、東西圧縮…。こうした出来事を経て現在の日本列島は形づくられた。最新科学の成果をもとに、奇跡の列島誕生の秘密に迫る。ジオパークガイド付き。NHKスペシャルの内容に基づいて書籍化。

 本書では、日本列島が誕生するに至った壮大な物語を番組にもとづいて解説します。「プレート大後退」「巨大カルデラ噴火」「火山島連続衝突」「大隆起」などの自然現象を番組CGなどとともに徹底図解。昔の出来事として紹介するだけでなく、現在も街を歩けば見ることができる大変異の痕跡と我々の生活とのつながりもわかります。日本列島5億年の歴史を身近に感じられる内容です。

 本書は、日本列島が誕生するに至った壮大な物語を番組(NHKスペシャル「ジオ・ジャパン」)にもとづいて解説したもの。大陸から分離したふたつの陸地、西日本と東日本をつないだ火山島の衝突、西日本を山国にした超巨大噴火、「東西圧縮」による東日本の大隆起……など、地形に隠された「奇跡の大地」誕生の秘密が分かりやすくまとめられています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:57| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/15)

■ JNN世論調査、日韓合意での韓国側対応「理解できない」が85%

『従軍慰安婦問題をめぐる日韓合意について、先週、韓国側が改めて日本側に謝罪を求めたことに、8割以上の人が「理解できない」と考えていることがJNN世論調査でわかりました』とのことですが、韓国側の対応が理解できないのは

当然です

むしろ残りの15%がどうしたら理解できるのかサッパリ分かりませんが、もう余程のことでもない限りは、関わるべき相手国ではありませんし、基本無視する他ありません。

■ 中国海警局船3隻が日本領海に侵入 政府が官邸対策室

『政府は、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国海警局の船3隻が日本の領海に侵入したとして、きょう午前10時13分、総理大臣官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」を「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒監視にあたっています』とのことですが、接続海域ではなく、領海侵入ですから、国際法に照らし合わせた対応をすべきです。

この事実も踏まえた上で、憲法改正はやはり必要に思います。。。

■ 中国報道官「日本は島の問題でもめごと起こすな」

『先週、沖縄県の尖閣諸島沖の接続水域に入った潜水艦を、政府が中国海軍のものと断定し中国側に抗議したことについて、中国外務省の報道官は潜水艦に関する回答は避けつつ「日本には島の問題でもめごとを起こすのをやめるよう求める」と述べて、あくまで日本側の対応に問題があるとの姿勢を示しました』って、それこそ

お前が言うな

と言いたい。(怒)

まともに話が通じる国でないのは分かりますが、自分達で揉め事起こしておいて、他国を批判するとか、どんだけ盗人猛々しいんだか。。。(呆)

■ 銀行員の転職希望急増、収益悪化でリストラ不安

『昨年秋以降、メガバンク各行が大規模な人員削減策を公表すると、「将来のリストラ不安から転職希望者が殺到するようになった」(転職紹介大手)という』とありますが、マイナス金利の影響が、それだけ銀行に直撃しているということでしょうね。

でも、これからはAIで職を失ってしまう人も更に増えていくのでしょうね。。。

どの業種も厳しい時代ですが、こうした流れを活かした世の中にはなってほしいものです。

■ スマホ「ながら運転」厳罰化へ 事故なくても懲役6月以下 道交法改正案

『政府が「ながら運転」の厳罰化に乗り出したのは、スマートフォンの普及に伴い、メールやゲームなどの画面に目をやりつつ運転することで起きる事故が、大きく増加しているためだ。携帯電話使用などが原因の交通事故件数は23年は1557件だったが、28年には2628件を数えた』とありますが、スマホの「ながら運転」はやってる人多いんですよね。

スマホ使いたいなら、道路脇に一時停止するなり、駐車スペースに止めて使うべきですが、急な連絡が入ったりと運転しながらでも使いたいというのでしょうが、それが事故にも繋がります。

スマホを持たずに、ガラケーしか使わない立場としては、もっと道交法は厳罰化すべきとも思いますが、車の運転は凶器にもなることを理解してほしいですし、人に迷惑をかけない安全運転こそ心がけて運転してもらいたいですね。。。
posted by babiru_22 at 05:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

『カウボーイ・サマー 8000エイカーの仕事場で』前田将多

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウボーイ・サマー 8000エイカーの仕事場で [ 前田 将多 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/1/15時点)




 20年以上持ち続けたカウボーイへの憧れにケリをつけようと、電通コピーライターの職を捨てて、僕はカナダの牧場に立った…。カウボーイたちとの仕事を通じて、人としての「在り方」を見つめる、ひと夏のルポルタージュ。

 「カウボーイって今でもいるの?」と、周りの誰もが言った。20年以上持ち続けたカウボーイへの憧れにケリをつけようと、電通コピーライターのキャリアを捨てて挑んだ40歳、冒険の夏。「カウボーイを知らずに北米の歴史や文化、人間を語ることはできない」という信念で、カナダの広大な牧場での、牛・羊・馬を扱う、未経験の労働に立ち向う。そこで出会った3人のカウボーイたちの心意気と、さりげない友情をみずみずしく描いた、ひと夏のルポルタージュ。

 本書は、カウボーイを理解しないと北米の歴史や文化、人間を語れないという信念に基づき、大手広告代理店を辞めて飛び込んだカナダの牧場でひと夏を過ごした体験記。カウボーイの作業についてなどは、殆ど知りませんでしたが、先祖代々続く、カウボーイの仕事内容と生活ぶりが、写真と共に分かりやすく書かれていて、その実態がリアルに伝わってきます。アメリカの文化も本書から伺うことができますし、日本のアメリカの文化の違い、カウボーイの歴史や背景など、大自然と向き合うカウボーイの素晴らしさが、読み手にも強烈に伝わってきます。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:41| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/14)

■ 希望、民進が統一会派へ 幹事長会談で大筋合意

『希望の党の古川元久、民進党の増子輝彦両幹事長は14日、東京都内で会談し、国会での統一会派結成について大筋合意した。15日に合意文書を正式に交わし、党内手続きを進める』って、結局何のための分裂だったんだか。。。(呆)

結局は、希望の党と民進党は

政治理念

が全くないということだろうし、いつまで経っても、何も変わらず、看板の挿げ替えだけだったんでしょうね。。。(呆)

■ 中日新聞の前社長で主筆「愛知県知事は性同一性障害」…その後、発言撤回

『中日新聞社の前社長で顧問・主筆の小出宣昭氏が13日、名古屋市内でのシンポジウムで、愛知県の三河地方出身の大村秀章知事について「(三河では)保守かリベラルか、性同一性障害くらいの知事が出ます」と述べた。小出氏はその後、発言を撤回した』とありますが、この失言もアウトです。

このような差別的思想のある人が新聞社のトップだったということにも呆れますし、普段自分達が差別ウンヌンと書いていて、本人が差別的発言を公の場でするとか、どれだけ頭が悪いんだか。。。

■ 青森:高齢者宅の雪下ろし、商品券と交換

『若い世代を中心に高齢者宅の雪下ろしや雪かきなどのボランティア活動に参加してもらおうと、青森市が今冬に始めた「市ボランティアポイント制度」は、たまったポイントを商品券やバスカードに交換できる仕組みだ』とありますが、高齢者宅の雪下ろしや雪かきなどのボランティア活動に参加してもらおうと取り組むのはいいですが、ポイント制度にするのはどうなのだろうか?

それよりも、むしろ地元の特産を使った昼食をふるまうとか、地元との協力と還元に活かしたような取り組みにした方がいいだろうし、ボランティア活動なのだから、それをポイント制度にしてしまうことには、個人的には少々違和感を覚えてしまいます。

こういうポイント制度が、逆にボランティアで集まる人への逆効果にならなければいいのですが……。
posted by babiru_22 at 08:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月14日

昨日の出来事(1/13)

■ 韓国外務省“自発的な行動を促す立場”強調

『安倍首相の発言に対し、韓国外務省は12日、声明を発表。「日本に対する追加措置は要求していない」と述べた。その一方で、元慰安婦の心の傷を癒やすため、日本側が「自発的に誠意を見せればこれを歓迎する」としている』とのことですが、「北の国から」の菅原文太に代わって言いましょう。

誠意って何かね

相変わらずゴネ得狙いしかしないのだから、日本国民全体が呆れてますし、何で日本の近隣国って、まともに話すら通じない相手ばかりなんだか……。(呆)

■ 中国の教科書「文化大革命」を削除へ ネット流出で騒動

『3月から中国の中学校で使われる歴史教科書から、中国が混乱に陥った政治運動「文化大革命」の項目が削除される見通しだ。文革を発動した毛沢東の過ちを認める表現が削られるとみられる』って、さすがは自分達にとって都合の悪い歴史は、情報隠蔽工作を図る中国さん。

ただ、毛沢東を否定すると、中共の否定になるのですが、もはや完全なダブスタですね。。。(呆)

■ 水を分解 水素作る触媒開発

『太陽の光をあてるだけで、水を完全に分解して水素を作り出すことができる特殊な触媒を開発したと大阪大学のグループが発表しました』とありますが、これは画期的な開発です。

これならば新エネルギーとして大いに活用できますし、トヨタのミライの方向性も間違っていなかったということでしょう。ただし、くれぐれもどこかの国に横取りされることのないように。。。

■ 【信越線立ち往生】運転士が一人で除雪作業、乗客から「頑張れ!」とエール…ツイッターでの現場報告が話題に

『JR信越線の普通電車が新潟県三条市で約15時間半、立ち往生したトラブルで、乗客の男性がツイッター上で「JRの方の苦労、ありがたみや頑張りをすごく身近に感じました」などと運転士の対応を称賛し話題になっている』とありますが、様々な報道にも当てはまることですが、これも結局は現場の実情を全く知らないで、マスコミが好き勝手に報道するから、批判すべきところが違ってきます。

マスコミはこうしたことこそ真摯に考えるべきだろうし、「報道の自由」の履き違えが多すぎるだけに、事実確認とその裏付けこそ、しっかりとするべきです。
posted by babiru_22 at 06:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月13日

『婚活探偵』大門剛明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

婚活探偵 [ 大門剛明 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/1/13時点)




 探偵としてはキレキレの黒崎竜司。だが、結婚相談所で出た婚活偏差値は「26」。はたして「コワモテ草食系」が、誰かを射止める日は来るのか!? ユーモア婚活小説。『小説推理』連載を書籍化。

 私は今日もさがす、未来の妻を……。不惑を過ぎた探偵・黒崎竜司は元警視庁の刑事だった。ある事件がもとで辞職し、いまは新宿の探偵事務所に勤めている。そして密かに結婚相談所に登録し、婚活をしているのだ。事務所では強面のハードボイルドを気取っているので、明かせない。そんな苦労をして婚活に励んでいるのに、勘違いやタイミングの悪さでトホホなことばかり。竜司は妻を娶ることが出来るのか!? ユーモアとペーソスあふれる連作短編。

 物語は、ハードボイルドきどりの元刑事で婚活中の探偵が主人公。結婚相談所のリアルさ、探偵の風貌からは想像できない恋愛に対する奥手な所が何とも言えない絶妙なさじ加減で、連作としても楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/12)

■ 翁長知事、グアム米軍基地を初視察 きょうカルボ知事と会談

『翁長雄志沖縄県知事は11日、在沖米海兵隊の移転先である米領グアムを訪問し、アンダーセン空軍基地などを基地外から視察した。外務省を通して米側に基地内への立ち入りを求めていたが、実現しなかった』って、これなら視察ではなく、単なる

観光客じゃん

基地内に入ることができないのであれば、これは視察とは言えませんし、これで税金を使うとか、これこそ税金の無駄遣いじゃないか!(怒)

■ 信越線の列車、移動を再開 乗客430人が一夜明かす

『JR信越線の普通列車(4両)が新潟県三条市内の東光寺―帯織駅間で積雪の影響で立ち往生した。列車は半日以上動けず乗客も車内に取り残されていたが、12日午前10時26分に移動を再開した』とありますが、乗客はさぞかし心労がたたったこととも思います。

原因究明が求められますが、県知事や市長などが適切な対処を求めたのだろうか?とも思いますし、JRも他の代行バスなどが使えなかったのか?とも思ってしまいます。。。

■ 「世間に見捨てられて辛い!」生活保護ホットラインに届く悲痛な叫び

あえて書きますが、この記事に書かれている生活保護受給者の声は、そのまま年金だけで生活している人達の前で同じ言葉が言えるのだろうか?

「外食ができないので、友人も失いました」……外食と友人失うことは全然関係ありません。(呆)

「生活保護の『医療券』を病院で出したくありませんから。これから、また生活保護の引き下げがあると、報道で差別が広がり、生活保護がバレないように生活しなくてはならないでしょう。辛くてなりません」……って、はぁ?としか思えませんが。

勿論、病気などで働きたくても働けない人は生活保護費が受給されるのは当然のことですが、年金受給者は更に受け取れる額が低くて、それで医療費も自分達で払わなければなりません。

生活が苦しくて、辛い人達は世の中にはいっぱいいます。

しかし、生活保護費がどこから出ているか、それがどれだけ財政に影響しているか、生活保護受給者と年金生活者との違い……など、理解している人であれば、「外食ができないので、友人も失いました」とか「生活保護の『医療券』を病院で出したくありませんから」とか言えるだろうか?

一部の人だけでしょうが、何でもクレクレとなって、あえて働かない人達が生活保護を受給したり、不正をして生活保護費を受給してる人もいますが、どうして楽して生活することばかりしか考えないのだろうか?とも思ってしまいます。

勿論、いわゆる弱者救済は絶対に必要です。

しかしながら、弱者を装って、不正を働き、本来受給できないものまで受給する輩も存在します。

この現実もしっかりと取り上げてほしいものだと思います。
posted by babiru_22 at 04:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

『開化鐵道探偵』山本巧次

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

開化鐵道探偵 (ミステリ・フロンティア) [ 山本巧次 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/1/12時点)




 明治12年。逢坂山トンネルの鉄道工事現場で不審な事件が続発。鉄道局長の命を受け、技手見習・小野寺乙松と元八丁堀同心・草壁賢吾のコンビが調査を開始。だが、現場に到着早々、乗客が転落死を遂げたと報告を受け…。

 明治12年。鉄道局技手見習の小野寺乙松は、局長・井上勝の命を受け、元・八丁堀同心の草壁賢吾を訪れる。「京都・大津間で鉄道建設の最中だが、逢坂山トンネルの工事現場で不可解な事故が多発している。それを調査する探偵として雇いたい」という依頼のためだった。井上の熱意にほだされ、草壁は引き受けることに。逢坂山へ向かった小野寺たちだが、現場の最寄り駅で乗客が不審死を遂げた報告を受ける。死者は工事関係者だった! 現場では、鉄道工事関係者と、鉄道開発により失業した船運送業者・馬子らの対立が深まる中、更に事件が……。〈八丁堀のおゆう〉シリーズの新鋭が描く、本格鉄道ミステリ。

 本書は、明治12年に、鉄道トンネル工事で続発する妨害事件の謎を描いたミステリ。歴史ある銀山出身の坑内作業員と寄せ集めの線路作業員の対立や、鉄道に職を奪われた元水運業者らの錯綜する感情の間を縫い、真相に近づく探偵と助手のコンビと、文明開化の槌音が心地よく、明治時代に鉄道建設に打ち込む人の情熱にも惹かれます。時代背景もとても魅力的で、続編もぜひ読んでみたいです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 22:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/11)

■ 接続水域に潜水艦と中国軍艦=尖閣と宮古島沖で−防衛省

『防衛省は11日、沖縄県尖閣諸島の大正島周辺などの接続水域内に、それぞれ1隻の潜水艦と中国海軍艦艇が入ったと発表した。潜水艦の国籍について防衛省は、判明したかどうかも含め明らかにしていない。領海への侵入や海上警備行動の発令はなかった』とのことですが、領海侵入ではないとはいうものの、接続水域に潜水艦と軍艦とか、ここまで出てくるなら、自衛隊の出動要請も検討すべき。

というか、またしても翁長知事は

ダンマリ

かよ!(怒)

■ 韓国大統領、矛盾を露呈 慰安婦合意新方針、国内でも批判

『自国の国民感情と対日関係の両方に折り合いをつけようとしたが、日本政府は「さらなる措置は受け入れられない」と猛反発。韓国内でも批判が強まっており、かえって矛盾を露呈した形だ』とありますが、韓国国民にもすっかり見透かされて、もはや馬鹿丸出しの状態で、自分達で努力をしようとすらしないのだから、言葉もありません。(呆)

選択肢すらないというのに、そこにも気付かないとか、すでに詰んでる状態ぐらいは、馬鹿なりに考えろ!

■ ロブスター、生きたままゆでては駄目 スイスが動物保護法改正

『スイス政府は10日、暴れるロブスターを熱湯に放り込む従来の調理法を禁じ、事前に気絶させてから絶命させることを義務づけた。動物保護法の全面的な見直しに伴う措置で3月1日から適用される』って、スイス政府は馬鹿ですか?(呆)

記事には『気絶させる方法も電気ショックか機械を使った「脳の破壊」しか認められない。動物の権利活動家や一部の科学者は、ロブスターやその他の甲殻類は高度な神経系を持っており、生きたまま熱湯でゆでられると激しい痛みを感じると主張している』ともありますが、電気ショックや機械でも傷みは感じるだろうし、そこまでグダグダするなら、ロブスター食うんじゃねーよ!
posted by babiru_22 at 04:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする