2018年01月03日

『ふしぎな総合商社』小林敬幸

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ふしぎな総合商社 (講談社+α新書) [ 小林 敬幸 ]
価格:907円(税込、送料無料) (2018/1/3時点)




 商社は、バブル崩壊後各社とも巨額損失を何度も出し、新しい儲け方を身につけ、「ポストバブルの勝ち組」として成長してきた。三井物産に30年間勤務した著者が、商社の変化と現在の商社の真実の姿を明らかにする。

 総合商社。それはじつはバブル期以降の急成長業界であり、「ポストバブルの勝ち組」である。伊藤忠商事、住友商事、丸紅、三井物産、三菱商事。バブル崩壊以降、五大商社のすべてが、吸収合併もされず、会社名も変わらず、とりわけ2001年以降、利益もバブル発生前の約10倍に拡大させてきた。誰もが知っているけれど、実態はよく知らない総合商社。その本当の姿を知ると、ビジネスの本質も見えてくる!

 本書は、三井物産に勤めていた著者が、総合商社の仕事内容を紹介したもの。三菱商事、三井物産、伊藤忠商事、住友商事、丸紅……と、日本人でこれら総合商社の名前を知らない人はほとんどいないはずですが、その仕事の実態や総合商社の今と昔との違いが、分かりやすく解説されています。従来の売買仲介型ビジネスから事業投資型ビジネスに変わり、業界変革した様子が明らかにされています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 22:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/2)

■ 銀行口座にマイナンバー=登録制度、1月開始−利点乏しく普及未知数

『社会保障給付や納税事務に使われるマイナンバーを、銀行や郵便局の預貯金口座に登録する国の制度が1日、スタートした。金融機関が経営破綻した際の預金保護や税務調査などに活用するのが目的。預金者は来店時などにマイナンバーの提供を求められるが、拒否しても罰則はない。預金者のメリットは乏しいとみられ、登録が進むかはどうかは未知数だ』とありますが、これ、説明しなければならない銀行員や郵便局員が気の毒だわ。。。

拒否しても罰則がないというなら、好んでマイナンバーの提供など誰もしないだろうし、国民にとっては

余計な手間

が増えるだけで何のメリットもないというのかいかがなものかと思いますね。。。

■ 田植え・稲刈り遠隔操作、ロボ農機の開発加速へ

『政府は、無人で自動走行するロボット農機の技術開発を本格化させる。田植えや稲刈り、除草などを担う農機を遠隔で操作・監視できるシステムの構築を目指し、実用化に向けた安全基準づくりも進める。ロボットの活用で農作業の負担を軽減し、高齢化や担い手不足に悩む国内農業の活性化につなげる』とのことで、このロボ農機開発には大いに期待したい。

ただ、農業の後継者不足の問題は、少子高齢化が進む中で、非常に難しい問題ではありますが、農業が魅力のある職業で安定した収入が見込めるよう、政府は農業対策に真剣に取り組むべきでもあり、農業の後継者不足問題は地方創生にも繋がる大事な課題でもあるだけに、政府と自治体が一体となって取り組むべき大きな課題です。

特に地方自治体が「まちづくり」計画の中で、明確なビジョンと大いなる魅力をPRできるよう、地域の農家で賢明に働く人達と行政が一体となって取り組んでほしいと願います。

■ 紅白視聴率、第2部は39・4%…ワースト3位

『第1部は前年に比べ0・7ポイント増加し、2年連続で上昇した。一方、第2部は同0・8ポイント減で、過去3番目に低かった』とありますが、今年は紅白は全く見ずに、ガキの使いを見ていましたから、視聴率など別にどうでもいいですが、視聴者も多様化しているのだから、視聴率が下がるのもある意味当然でしょうね。

でも、団塊の世代が見なくなったら、紅白見る人は激減するんだろうなァ。。。
posted by babiru_22 at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする