2018年01月05日

『明治乙女物語』滝沢志郎

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

明治乙女物語 [ 滝沢 志郎 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/1/5時点)




 明治中期、高等師範学校女子部に通う夏と咲たちは、鹿鳴館の舞踏会に招待を受ける。そこには暴徒の魔の手が忍び寄っていて…。女に学問はいらぬという世相にあらがいながら躍動する“戦う乙女”たちを描く。

 ときは明治21年。東京・御茶ノ水の高等師範学校女子部(女高師)に通う夏と咲、2人の女学生が主人公です。いまだ男尊女卑の風潮がはびこり、「女が学問なんて」と一部からは白い目で見られつつも、彼女たちは、時に挫折を経験しながらも、溌剌と教育者への道を歩んでいました。そんな彼女たちは、鹿鳴館の舞踏会で踊り手が不足したため、招かれることになります。そこには伊藤博文枢密院議長、森有礼初代文部大臣、各国の大使など、要人が集っており、それは暴徒たちの格好の標的でもありました。彼女たちも生命の危機に晒され、そして……。

 本書は、第24回松本清張賞受賞作。物語は、「鹿鳴館時代」と呼ばれる明治の世、東京は御茶ノ水の高等師範学校女子部の寄宿舎で暮らす女学生たちの活躍を描いた青春群像ミステリで、女学生の友情と戦いが描かれます。松本清張賞受賞作とのことで、ミステリ部分を期待していたのですが、そのミステリ部分が弱く、史実に基づいた部分や当時の時代背景などは興味深かったものの、やや期待ハズレに感じた一冊です。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 17:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/4)

■ <慰安婦TF発表>韓国外交部長官「合意破棄含めすべて可能」

『韓国外交部長官が2015年の韓日慰安婦合意に対して破棄などを含めたすべてのオプションが可能だと述べた。 4日午前、康京和外交部長官は、韓国の放送局CBSのニュース番組に出演し、「慰安婦合意を破棄しようと思ったらできるか」との質問に「すべてのことが可能だ」としながら「しかし、その結果については十分に考えなければならない」と述べた。続いて「日本は粘り強く立場を守っている」とし「日本とこの問題をどのように解決していくべきか非常に悩んでいる」と述べた』とありますが、どのようにオプションを選ばれようが、日本は別に困りませんが、どの選択肢を選んでも、全て韓国の

自己責任

です。

ちなみに、わざわざアメリカが仲介に入っていますから、アメリカの前で堂々と選択肢を選んで下さい。。。

どの選択肢でも、もう詰んでいるのに。。。

■ 【貴乃花降格】貴乃花理事の解任決定 評議員会が承認、初めて 2階級降格

『元横綱日馬富士関の暴行事件で、日本相撲協会は4日午前、東京都墨田区の両国国技館で臨時評議員会を開き、昨年秋巡業中に起きた事件の報告を巡業部長として怠るなどした貴乃花親方(45)=元横綱、本名花田光司、東京都出身=の理事解任決議を承認し、2階級降格処分が決定した。出席者が明らかにした。理事解任は初めて』とのことで、巡業部長としての報告を怠った経緯から、処分はある意味当然といえます。

しかし、貴乃花理事の処分とするならば、問題発覚後にも白鵬や鶴竜など関係者を巡業に出場させていたのだから、日本相撲協会としても責任は取るべきです。

■ 「赤旗」電子化、共産ソフト路線…衆院選惨敗で

『共産党がソフト路線に活路を見いだそうとしている。先の衆院選で惨敗し、若者の支持が必須とみているためだ。インターネットで支持者が党とつながる「サポーター」制度を導入するほか、機関紙「しんぶん赤旗」も電子化し、堅いイメージからの脱皮を図る』とありますが、支持層の高齢化で大変ですね。。。

でも若者に支持されないのは、そこじゃないんだけどなァ。。。
posted by babiru_22 at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする