2018年01月11日

『ウソつきの国』勢古浩爾

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ウソつきの国 [ 勢古浩爾 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/1/11時点)




 首相も大統領も、新聞、テレビもウソばっかり! 「ふつうのおじさん」の立場から、本を読み、ものを書き、34年会社に勤めてきた著者が、この時代の「まっとうさ」を愚直に問い直す。

 上場ITメディア企業、通販会社、浮気男、サイコパス、新聞、週刊誌、テレビ、世界中の政治家たち……ウソつきの国、ウソつき会社、ウソつきたちが急増中!? 著者は、「ふつうのおじさん」の立場から、本を読み、ものを書き、34年会社に勤め、「まっとうに生きること」を問いつづけてきた。地に足のついた思考を求めて、今こそ、著者の声に耳を傾けよう!

 本書は、ウソと偽善が平然とまかり通る日本に対して、著者が世の中にはびこるウソの数々を断罪したもの。ウソについて、様々な視点から歯切れよい文章は小気味よく、共感できる部分が多かったです。子供には「ウソはいけません」と教えているのに、大人は平然とウソを付きますが、自己保身のためのウソには毎度腹立たしさを覚えます、本書で特に印象的だったのが、「日本人は間違いは許さないが、嘘は許す。外国人は間違いは許すが、嘘は許さない」というのが、ちょっと深い内容でしたが、考えさせられる点も多かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:33| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/10)

■ 慰安婦問題 「日本の心こめた謝罪が完全な解決」=文大統領

『韓国の文在寅大統領は10日、青瓦台(大統領府)で開いた新年の記者会見で、韓国政府が旧日本軍の慰安婦問題を巡る日本との合意の破棄や再交渉を求めない方針を発表したことに関する質問を受け、「日本が真実を認め、被害者に真の謝罪をし、それを教訓に国際社会と努力することが慰安婦問題の解決だと思う」と述べた』って、そんな風に考えているのなら、解決は

無理です!

結局、要求するのは謝罪とカネ。

これを延々と続けるのだから、いわば乞■国家と言われても仕方ありません。(呆)

■ 河野外相:「行革」反省 在外公館減員「失敗だった」

『河野太郎外相は9日、外務省職員を集めた新年あいさつで、自身が行政改革担当相時代に実施した在外公館の減員について「現地を見て明らかに私の間違い、失敗だったと実感した」と反省の弁を述べた。同時に、人員拡充に取り組む考えを表明した』とありますが、自らの失敗を認め、新たな取り組みを表明するというのは、中々大臣としてはいないだけに、失敗を認めたことは評価できます。

行政改革には、失敗もあるでしょうが、間違ったところは素直を認め、新たに取り組む姿勢は、仕事ぶりとしては有能です。

■ 若者はもっと海外旅行を!=促進策を検討−観光庁

『観光庁は、若者の海外旅行離れを食い止めるため、促進策を探る有識者検討会を設置して議論に着手した。海外での経験は視野を広げることにつながるほか、外国人観光客の受け入れ体制を整備する際役立つ。同庁は、若者が海外旅行をしやすくする取り組みの方向性を今年度末までにまとめ、2019年度予算概算要求に関連施策を盛り込む方針だ』とありますが、そもそも若者の大半が、お金に余裕はないために海外旅行に行けないのだから、観光庁はそうした現実を踏まえるべき。

むしろ、安い料金で近隣を観光する促進を進めるべきで、無駄とは言いませんが、この内容で予算に盛り込むのはいかがなものかと思います。
posted by babiru_22 at 04:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする