2018年01月12日

『開化鐵道探偵』山本巧次

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

開化鐵道探偵 (ミステリ・フロンティア) [ 山本巧次 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/1/12時点)




 明治12年。逢坂山トンネルの鉄道工事現場で不審な事件が続発。鉄道局長の命を受け、技手見習・小野寺乙松と元八丁堀同心・草壁賢吾のコンビが調査を開始。だが、現場に到着早々、乗客が転落死を遂げたと報告を受け…。

 明治12年。鉄道局技手見習の小野寺乙松は、局長・井上勝の命を受け、元・八丁堀同心の草壁賢吾を訪れる。「京都・大津間で鉄道建設の最中だが、逢坂山トンネルの工事現場で不可解な事故が多発している。それを調査する探偵として雇いたい」という依頼のためだった。井上の熱意にほだされ、草壁は引き受けることに。逢坂山へ向かった小野寺たちだが、現場の最寄り駅で乗客が不審死を遂げた報告を受ける。死者は工事関係者だった! 現場では、鉄道工事関係者と、鉄道開発により失業した船運送業者・馬子らの対立が深まる中、更に事件が……。〈八丁堀のおゆう〉シリーズの新鋭が描く、本格鉄道ミステリ。

 本書は、明治12年に、鉄道トンネル工事で続発する妨害事件の謎を描いたミステリ。歴史ある銀山出身の坑内作業員と寄せ集めの線路作業員の対立や、鉄道に職を奪われた元水運業者らの錯綜する感情の間を縫い、真相に近づく探偵と助手のコンビと、文明開化の槌音が心地よく、明治時代に鉄道建設に打ち込む人の情熱にも惹かれます。時代背景もとても魅力的で、続編もぜひ読んでみたいです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 22:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/11)

■ 接続水域に潜水艦と中国軍艦=尖閣と宮古島沖で−防衛省

『防衛省は11日、沖縄県尖閣諸島の大正島周辺などの接続水域内に、それぞれ1隻の潜水艦と中国海軍艦艇が入ったと発表した。潜水艦の国籍について防衛省は、判明したかどうかも含め明らかにしていない。領海への侵入や海上警備行動の発令はなかった』とのことですが、領海侵入ではないとはいうものの、接続水域に潜水艦と軍艦とか、ここまで出てくるなら、自衛隊の出動要請も検討すべき。

というか、またしても翁長知事は

ダンマリ

かよ!(怒)

■ 韓国大統領、矛盾を露呈 慰安婦合意新方針、国内でも批判

『自国の国民感情と対日関係の両方に折り合いをつけようとしたが、日本政府は「さらなる措置は受け入れられない」と猛反発。韓国内でも批判が強まっており、かえって矛盾を露呈した形だ』とありますが、韓国国民にもすっかり見透かされて、もはや馬鹿丸出しの状態で、自分達で努力をしようとすらしないのだから、言葉もありません。(呆)

選択肢すらないというのに、そこにも気付かないとか、すでに詰んでる状態ぐらいは、馬鹿なりに考えろ!

■ ロブスター、生きたままゆでては駄目 スイスが動物保護法改正

『スイス政府は10日、暴れるロブスターを熱湯に放り込む従来の調理法を禁じ、事前に気絶させてから絶命させることを義務づけた。動物保護法の全面的な見直しに伴う措置で3月1日から適用される』って、スイス政府は馬鹿ですか?(呆)

記事には『気絶させる方法も電気ショックか機械を使った「脳の破壊」しか認められない。動物の権利活動家や一部の科学者は、ロブスターやその他の甲殻類は高度な神経系を持っており、生きたまま熱湯でゆでられると激しい痛みを感じると主張している』ともありますが、電気ショックや機械でも傷みは感じるだろうし、そこまでグダグダするなら、ロブスター食うんじゃねーよ!
posted by babiru_22 at 04:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする