2018年01月25日

『トラクターの世界史 人類の歴史を変えた「鉄の馬」たち』藤原辰史




 19世紀末にアメリカで発明されたトラクターは、20世紀以降、人類に何をもたらしたか…。アメリカ、ナチス・ドイツ、ソ連、中国、日本など、国家・民度・文化が絡んだ発展の軌跡を描く。

 1892年にアメリカで発明されたトラクターは、直接土を耕す苦役から人類を解放し、穀物の大量生産を可能にした。文明のシンボルともなったトラクターは、アメリカでは量産によって、ソ連・ナチ・ドイツ、中国では国策によって広まり、世界中に普及する。だが、化学肥料の使用、土地の圧縮、多額のローンなど新たな問題を生み出す。本書は、一つの農業用の“機械”が、人類に何をもたらしたのか、日本での特異な発展にも触れながら、農民、国家、社会を通して描く。

 本書は、タイトルにもあるように、トラクターの発展と各国の世界史を描いたもの。単なる歴史としてだけではなく、共産主義と農業との関係、戦車との関係、映画や小説など、様々な視点から取り上げられていて、今後の農業のあり方についても提示しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:48| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(1/24)

■ 安倍晋三首相の発言全文 訪韓へ「慰安婦合意、日本の立場伝える」 平昌五輪開会式出席を表明

『安倍晋三首相は24日午前、2月9日に韓国で行われる平昌五輪の開会式について「事情が許せば出席したい。選手団を激励したい」と述べた』とありますが、韓国へは行く

必要なし!

出席すれば、韓国に政治利用されるだけなのは分かりきっているのだし、日本の立場は繰り返し説明しているのだから、国同士の約束すら守らない国でもあるのだから、行くべきではありません。

■ 枝野幸男、噴火被害の自衛隊員に「お祝い」を申し上げる(動画あり)

『群馬県にある草津白根山が噴火した騒動で、立憲民主党の枝野幸男代表が「お祝いを申し上げます」と発言した』とあり、動画で確認しましたが、確かにハッキリと言ってます。(呆)

言い間違いではあるのでしょうが、これが与党議員であれば、マスコミは猛バッシングするのに、殆どのマスコミはこれをスルー。(呆)

報道しない自由の発動なのでしょうが、なんでマスコミはダンマリなんだ?(呆)

■ 「涙ながらに筆談」意識不明の自衛隊員が回復 草津白根山

『群馬県の草津白根山が噴火し、大けがをした自衛隊員の治療にあたっている病院が記者会見を開き、担当の医師は「意識不明の状態で搬送され懸命の治療の結果、24日朝に筆談ができるまで回復した」と述べました』とのことで、ろっ骨や手足の骨折、それに肺挫傷など全身に大けがを負っての意識不明から、よく意識が戻りました。

多くの人々を守り抜いた自衛隊員でもありますから、意識が回復したのであれば、ゆっくりと休んで療養して下さい。

そして、犠牲になった隊員のご冥福を改めてお祈りいたします。合掌。
posted by babiru_22 at 02:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする