2018年02月18日

昨日の出来事(2/17)

■ JR九州「全路線で減便」の衝撃――深刻な赤字の鉄道事業、対応迫られる沿線自治体

『減便の対象となった多くの沿線自治体が減便への反対を表明。2月までに九州全県と山口県の一部自治体がJR九州への改善要望を提出するに至っており、そのうち一部は住民意見の集約なども実施するなど、減便に対する危機意識はそれだけ強かった』とのことですが、自治体と自治体住民は減便に至った経緯についても、ある程度理解できているのだろうか?

減便するということは、利用者が減って、収益が上がらなくなったからでしょうし、改善要望を提出するならば、利用者を増やす対策や自治体での取り組みこそ出すべきです。

問題を真剣に考えて、自治体としての責任も考えるべきでしょうが、記事を見ていると、

他人任せ

で、普段は利用していないのに、減便となって批判しているようにも見えますが、自分達自治体の問題でもあるのだから、反対表明するだけでなく、自治体としての公共交通のあり方を自らで問うべきです。

■ AIが解析、混雑状況を3段階で表示 NTT東など、成田空港飲食店で実験

『店内に設置したカメラが撮影した画像を人工知能(AI)が解析し、混雑具合を3段階で表示。広大な空港内で旅行客らが滞在場所を効率的に探せるようにするのが狙いだ。国内の空港でこうした実験を行うのは初めてという』とありますが、このようなAIの活用は大歓迎。

この他にも混雑しているレジャー施設なども、同様に即時混雑状況を表示できるようにすれば、利用者の効率と利便性にも繋がりますから、他でもドンドン取り組んでほしいです。

■ 税務署職員に「トップは書類隠してたでしょ」

『「おたくのトップは書類を隠してたでしょ」。東京都内の税務署職員は今月、税務調査に訪れた企業の社長に領収書の提出を求めた際、こう難色を示された。領収書なしでは経費と認められないと説得し、理解を得たが、この職員は「納税者からの風当たりは厳しい」と明かす』とのことで、言いたい気持ちはよく分かります。

でも記事にもあるように領収書の提出を拒めば、経費に見なされないだけですから、困るのは自分です。

納税は義務ではありますが、嫌がらせのようにことはすべきではありません。
posted by babiru_22 at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

『カウントダウン』真梨幸子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウントダウン [ 真梨幸子 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/2/16時点)




 末期癌が発覚した“お掃除コンシェルジュ”の亜希子、50歳独身。理想の死を迎えるべく終活に勤しむ。夫を略奪した妹との確執や汚部屋の処分などの問題に直面し…。“終活”ミステリー。『大人のおしゃれ手帖』連載を書籍化。

 余命、半年……。海老名亜希子は「お掃除コンシェルジュ」として活躍する人気エッセイスト、50歳・独身。歩道橋から落ちて救急車で運ばれ、その時の検査がきっかけで癌が見つかった。余命は半年。潔く“死”を受け入れた亜希子は、“有終の美”を飾るべく、梅屋百貨店の外商・薬王寺涼子とともに“終活”に勤しむ。元夫から譲られた三鷹のマンションの処分。元夫と結婚した妹との決着。そして、過去から突きつけられる数々の課題。亜希子は“無事に臨終”を迎えることができるのか!? 人気ファッション誌「大人のおしゃれ手帖」大好評連載作品、待望の単行本化。

 物語は、「お掃除コンシェルジュ」として活躍する50歳の人気エッセイストが、ガンを患い、余命半年と診断されてからの終活が描かれる作品。イヤミスとしても知られる著者の作品の割には、比較的アッサリと読めましたが、後半に進むにつれて、著者らしいイヤミスぶりが次々と出てきて面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:52| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/16)

■ 富士登山者、最大25%抑制案…混雑対策へ検討

『国や地元の山梨、静岡両県などでつくる「富士山世界文化遺産協議会」の学術委員会が15日、東京都内で開かれ、両県はピーク時の1日当たりの登山者数を12〜25%減らし、四つある登山道のうち山梨側の吉田口は4000人、静岡側の富士宮口は2000人までとする案を示した。ご来光目当ての登山者が集中する山頂付近の混雑には国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)が対策を求めており、両県は具体策を検討する方針』とありますが、任意の入山料ではなく、

完全有料化

にするべきでしょう。

この他にも、維持管理費用が山の場合はかかりますから、入山料を取るのが一番とも思いますし、入山料はある程度低く抑えて、頂上付近で「特別入山料」として別料金を取るようにするのがベターだと思いますが……。

■ 大阪城公園:バーベキュー全面有料化 ごみ不法投棄や場所取りで 今春から

『大阪城公園(大阪市中央区)で今春からバーベキューが全面有料化される。園内は桜の名所として知られ、2011年から春の期間限定で無料のバーベキューエリアが開設されていたが、ごみの不法投棄や無許可の業者による場所取りが問題になっていた。利用料で業者によるごみ回収を実施し、事前予約制を始めることで解決を図る』とのことですが、これは有料化にすべきでしょう。

無料だとマナーの悪い人達が集まることにもなり、維持管理も大変なのだから、利用しやすい料金としての有料化とするべきだと思います。

■ 「当然の対価」求める漫画家に注文 「無料で見せられる努力を」ツイートが炎上

『海賊版サイトを読むことは「泥棒にもっと盗んでこいと応援してる」ようなもの――。漫画家の宮尾岳さんがツイッターでそう発信したところ、一般のあるユーザーが「そういうこと言うなら無料で見せられるよう努力してください」とリプライ。ネットでは、このツイートが物議を醸すこととなった』とありますが、タダが当たり前だと思っている時点で完全アウト!

世の中には確かに無料サービスはあります。

しかし、そのサービスがなぜ無料で行われているのか?を考えることが大切です。

無料が当たり前と思っているのもダメですが、こういうことを教えない家庭も多いということなんでしょうね……。
posted by babiru_22 at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月16日

『黒い波紋』曽根圭介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黒い波紋 [ 曽根圭介 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/15時点)




 借金取りから逃げ回る日々を送る元刑事・加瀬将造は、孤独死した父のアパートを訪ね、何者かが毎月30万円を送金していたことを知る。さらに天井裏には古いビデオテープが…。『小説トリッパー』連載を大幅加筆して書籍化。

 元刑事・加瀬将造(38)は、借金取りから逃げ回るロクデナシの日々を送る。ある日、子どもの頃に家を出ていった父親が、孤独死したとの知らせを受ける。加瀬は父親が住んでいたボロアパートを訪ね、金目のものがないかと探すと、偽名で借りた私書箱の契約書があり、何者かが毎月30万円を送金していることを知る。さらに天井裏には古いVHSのビデオテープが隠されていた。再生した映像に映っていたのは…。

 物語は、悪人ばかりが登場する作品でしたが、政治家に翻弄される人や、甘い汁を吸おうと企む輩らが、次々と出てきて、ドラマを見ているような感覚で一気に読めました。もう少し背景を細かく描写してくれれば良かったとは思いますが、エンタメとしては面白く読むことができました。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 20:08| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/15)

■ 大学授業料「出世払いを」 私大団体連が提言

『学費の2割を在学中に支払い、残る8割は卒業後、一定の所得額に達すると給与から源泉徴収で返済する。学費を家計(保護者)ではなく学生本人の負担にする。私学助成や私大生の授業料減免に充てる財政支出を現在より1兆2千〜3千億円程度増額。国立大と私立大の間の公費支援の格差を是正する』とのことですが、この私大団体連なるところが勝手に金を出すならともかく、なんで税金使ってまで、国の私大向け補助金を大幅に拡充し、国立大と私立大の格差を是正しなければならないんだ?

しかも出世払いって、奨学金が返せなくて問題にもなっているのだから、私大は自分達で授業料を安くする努力をするべきで、なんで

国に肩代わり

させようとするんだ?(呆)

■ 朝日新聞、やはり謝罪せず 安倍首相が森友報道めぐり重ねて批判も釈明のみ

『朝日新聞は、やはり謝罪しなかった。学校法人「森友学園」が「安倍晋三記念小学校」の設置趣意書を国に提出したという同紙の間違った報道について、安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で「訂正もしていない」と重ねて批判した。だが、同紙は14日朝刊で予算委のやり取りを掲載しただけだった』とありますが、なんで「申し訳ありませんでした…」の一言が書けないんだか……。

「ごめんなさい…」を言えない大人もいますが、間違った報道をしたのだから、一言読者に対しても謝罪するべきですし、間違ったことをしても謝りもしないとか、幼稚園児すら悪いことをしたら謝るというのに、幼稚園以下ですね。。。(呆)

■ 共産市議酒気帯び運転、電柱激突 機関紙「しんぶん赤旗」配布中に… 基準値未満で摘発せず

『市議は産経新聞の取材に「(事故前夜の午後)9時ごろまで焼酎を1合ほど飲んだ。朝の体調はいつも通りだったが、今後はアルコールを節制する」と釈明している』って、アルコールを節制すれば許されるとでも思っているのか?

普通なら即刻議員辞職すべきだろうし、日本共産党は同様の酒気帯び運転をして逃げて摘発された市議が以前にもいましたが、党としての責任についてはまたしてもダンマリですか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月15日

昨日の出来事(2/14)

■ 安倍首相、専守防衛「厳しい戦略」=長距離ミサイルの必要性強調−衆院予算委

『首相は日本の安全保障政策の基本である専守防衛について、堅持する考えを示しつつ「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい。相手からの第一撃を事実上甘受し、国土が戦場になりかねないものだ」と述べた』とありますが、これは

正論です

勿論基本は専守防衛です。

ただし、専守防衛だけでは、いきなりの本土決戦になるということを考えなければなりません。

明らかに相手が先制攻撃をしかけるという時、攻撃を受けるまで何もできないというのでは、多くの国民を見殺しにするということにも繋がるだけに、安全保障の議論をもっと交わしてほしいですし、その中で建設的議論をしていくべきです。

■ ジャパンディスプレイ 9か月間の決算で1006億円の最終赤字

『国が90%以上を出資する産業革新機構の支援を受けている液晶メーカーのジャパンディスプレイは、去年4月から12月までの決算を発表し、中国メーカーとの価格競争が激化していることなどから、最終的な損益は1006億円と大幅な赤字となりました』とのことですが、これでは税金の垂れ流しでもあり、官僚主導でこれですから、見切りをつけるべき。

誰も責任を取らないで、税金だけ導入するのでは絶対にうまくいくはずがありませんし、税金の無駄遣いは本当に止めてもらいたい!

■ 低所得、7割が塾通い断念 民間団体調査で保護者

『子どもの貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」(東京)は14日までに、低所得世帯の保護者の7割が、経済的理由から子どもの塾通いや習い事を諦めているとのアンケート結果を公表した』とありますが、こういう記事を見るたび疑問に思うことですが、低所得世帯の線引きと定義は何なんだ?と思います。

勿論、生活が大変な世帯はありますが、多くの子どもがスマホを持っているだけに、生活が大変であれば、スマホも持てないだろうし、全てとは言いませんが、子どもの貧困対策という割には、贅沢な部分がまだまだ多いようにも思えますが……。
posted by babiru_22 at 04:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月14日

『「宇宙戦艦ヤマト」の真実 いかに誕生し、進化したか』豊田有恒

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「宇宙戦艦ヤマト」の真実 [ 豊田 有恒 ]
価格:842円(税込、送料無料) (2018/2/14時点)




 不評だったテレビ放映は、なぜ甦ったのか。ストーリーはどう拡大し、変容していったのか。巨大な成功を収めた本邦初の宇宙アニメ「宇宙戦艦ヤマト」のクリエーターとして舞台設定を担当した著者が、秘話の数々を明かす。

 巨大な成功を収めた本邦初の宇宙アニメ『宇宙戦艦ヤマト』。それは、ささやかなプロジェクトから始まった。クリエーターとして舞台設定を担当した著者は、新分野の開拓に賭ける熱気を回想しながら、本書は作品創成の真実に迫っていきます。不評だった最初のテレビ放映が、なぜ甦ったのか。ストーリーはどう拡大し、変容していったのか。当初、著者の頭にあったのは『西遊記』。核汚染で瀕死の重傷を負った地球を救うには、天竺へ行ってありがたいお経を持ち帰った僧玄奘のように、途方もなく離れた小惑星にある放射能除去装置に頼るしかない…。 貴重な記録と証言で明かされる、大ヒット作誕生秘話!

 本書は、「宇宙戦艦ヤマト」の最初の企画立ち上げ時から、SF設定担当として深く関わってきた著者が、その制作の裏舞台についてをまとめたもの。プロデューサーとクリエーターとの間の舞台裏など、ヤマトファンとしては興味深い内容で、「宇宙戦艦ヤマト2119』の出淵総監督と松本零士を引き合わせた話も初めて知る話で驚きました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:14| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/13)

■ 安倍首相、また朝日非難=自民議員FBに書き込みも

『安倍晋三首相は13日の衆院予算委員会で、森友学園が開設を目指した小学校の設立趣意書に「安倍晋三記念小学校」と記載されていたと報じた朝日新聞に対し、「全く違ったのに訂正もしていない」と述べ、5日の同委に続き非難した』とありますが、事実と異なるいわば捏造記事を書いた朝日新聞が批判されるのは当然のこと。

ただ、朝日新聞社だけを名指しして非難するのではなく、他のマスコミも事実確認しない報道を繰り返す時もあるのだから、一部だけを直接非難するよりも、全てのマスコミに対して

事実の指摘

を促すべきです。

でも野党の追及を大きく取り上げる朝日新聞が、野党の追及で追い込まれるのは、思わず笑ってしまいます。。。

■ 寺がヤミ金、5億収益か…宗教法人を課税通報へ

『佐賀県の宗教法人がヤミ金融を営み、約5億円の収益を上げていたとして、兵庫県警は、法人と代表らを国税当局に課税通報する方針を固めた。(中略)起訴状などによると、立石被告らは2015〜16年、兵庫県内の中小企業など7社に計430万円を貸し付け。利息は、借り主に花瓶などを高値で買わせたり、架空の女神像建立計画に寄付させたりして得ていたといい、法定利息(1日当たり0・3%)の十数倍にあたる計約85万円を利息として受領した、とされる』とのことですが、宗教法人が税金対策の隠れ蓑にもなっているのだから、宗教法人も課税対象とすべきです。

公■党が猛反対するでしょうが、こうしたことをした宗教法人は法人格の取り下げもするべきです。

■ 平昌五輪のノロウィルス騒動 汚染された地下水で食事を作ったのが原因と判明 大便物質による大腸菌などが検出される

『平昌冬季オリンピックの警備会社が集団ノロウイルスに感染した理由が判明したようだ。その原因は調理用の水として汚染された地下水を使用していたのが原因と確認された。(中略)特に調理用の水からは大便物質などによる汚染から生じる大腸菌が検出された点から見て調理用の水が汚染されていた』とのことで、国によっての衛生管理の違いもあるのでしょうが、あまりにも酷すぎます。

大手マスコミはこの事実をどこも報道していませんが、こういう事実こそ報道すべきなんですけどね……。(呆)
posted by babiru_22 at 07:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月13日

『MM』市川拓司

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

MM [ 市川 拓司 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/13時点)




 映画の脚本家を夢見ていたジロは、駅前通りの本屋で、同じクラスだけど一度も口をきいたことがない女の子・モモから急に声をかけられる。彼女がジロに頼んできたのは、伝記を書くことだった…。

 物語は、さえない中3男子のジロが、ある日、学校カーストの頂点に立つ美少女モモから、自分の伝記を書いてほしいと頼まれ、モモが急に気になり始め、社会の理不尽に立ち向かうひと夏の出来事が描かれる作品。現実味はないものの、青春小説として清々しさを感じます。

【満足度】 ★★★
ラベル:市川拓司 MM
posted by babiru_22 at 19:22| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/12)

■ 奨学金破産、過去5年で延べ1万5千人 親子連鎖広がる

『国の奨学金を返せず自己破産するケースが、借りた本人だけでなく親族にも広がっている。過去5年間の自己破産は延べ1万5千人で、半分近くが親や親戚ら保証人だった』とありますが、人によって奨学金の考え方はそれぞれ違うでしょうが、貸付型奨学金は、いわば子どもが背負う

借金です!

子どもが支払えなければ、保証人の保護者もしくは親族(4親等以内)が支払わなければなりませんが、このリスクを親子共に理解していない人が多いのではないかと思います。

貸付型奨学金を利用するということは、子どもの将来にも関わることですから、保護者は安易に考えるべきではないとも思うのですが、利用しなければ経済的にも進学させることができないという家庭が多いだけに、しっかりと先々の将来まで考えて利用するならいいのですが、そこまで考えていないで利用し、奨学金破産での親子連鎖となるケースが増えているのが残念です。

■ FX規制強化へ 金融庁、証拠金倍率10倍に下げ

『金融庁は2018年春にも外国為替証拠金取引(FX)の規制を強化する方針だ。個人投資家が預けたお金の何倍まで取引できるかを示す証拠金倍率(レバレッジ)を、現行の25倍から10倍に引き下げることを検討する。外国為替相場が急変動した際、個人投資家や業者が想定を超える損失を抱えるリスクを減らす』とありますが、リスクを減らすとはいえ、損をしようが自己責任でもあるということをハッキリと言うべき。

25倍から10倍に引き下げると、海外に流れる人が結構いるのでは?

■ ゴミ袋有料の市と無料継続の市、異なる「意識」

『有料化は、ごみの減量や負担の公平だけでなく、環境への関心を高める効果がある。市民にも排出者としての責任があり、行政、市民の双方が責任を果たすことが重要になる』とありますが、有料化することによって、ゴミの減量化にもなりますし、環境への関心は勿論ですが、なぜ有料化にしなければならないのか?という意識改革にも繋がります。

自治体で財源に余裕があるならば、無料化を続けてもいいでしょうが、そんな余裕のあるところはありませんし、ゴミ処分施設の維持管理だけでも、費用はかかりますから、これを地域住民にどれだけ理解してもらうかでしょうね。
posted by babiru_22 at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

『秋山善吉工務店』中山七里

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秋山善吉工務店 [ 中山七里 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/12時点)




 火災で家と主を失った秋山家。残された妻子は亡き夫の実家「秋山善吉工務店」に身を寄せる。一方、警視庁捜査一課の宮藤は、火災は放火だったのではと調べ始め…。味わい深い人情ミステリー。『小説宝石』連載を単行本化。

 この爺ちゃん、ただものではない!? ゲーム会社を辞め、引き籠っていた史親の部屋からの出火で家と主を失った秋山家。残された妻の景子、中学生の雅彦、小学生の太一の3人は、史親の実家「秋山善吉工務店」に世話になることに。慣れない祖父母との新生活は、それぞれの身に降りかかるトラブルで災難続きの日々。一方、警視庁捜査一課の宮藤は、秋山家の火災は放火だったのではないか、と調べ始める……。大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。

 物語は、声がでかくて曲がったことが大嫌いの頑固者で、80歳にして現役の大工頭領・秋山善吉を主人公に、火災で彼の一人息子が死亡し、住む家を無くした息子の嫁・景子と孫2人を引き取り同居することとなり、その同居した家族、太一、雅彦、景子の一人称語りとして展開していきます。火災事故の発火原因を追究するミステリ仕立ての展開でもありますが、ミステリというよりも、人情味ある人間ドラマとして描かれていて、ミステリを中心とした著者の作品としては異質な作品でもありましたが、キャラ立てがしっかりしていて、何より主人公の秋山善吉の存在感はインパクトがあり、魅力ある作品です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:22| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/11)

■ 韓国の対北朝鮮策に日本懸念 「文氏訪朝、ありえない」

『日本政府は懸念と不満を強めている。小野寺五典防衛相は10日、視察先の佐賀県で記者団に「過去、日本も韓国も北朝鮮の融和的な政策に乗ってしまい、結果として北朝鮮が核・ミサイル開発を継続した」と指摘。「その反省は韓国も十分認識し、しっかり対応されると思う」と話した』とありますが、相手のことなど全く考えない相手国で、韓国のやってることは

自滅路線

でもあるのだから、ヘタに関わるべきではありません。

でも安部首相は何のために韓国まで行ったんだか。。。

■ 毎日新聞の捏造発覚!「ツイッターでヘリ墜落被害家族への罵倒があふれた」実際は朝日新聞とヤフーの問題

『実際にツイッターで起こったのは「ヤフーコメント批判」「朝日新聞批判」である。これを提携するヤフーと同業の朝日新聞に忖度して「ツイッターが悪い」と捏造しているのだから、毎日新聞のツイッターアカウントは凍結されるべきですね。』とありますが、裏取り調査すらせず、匿名のコメント(しかもわざわざ探して)で記事を書くとか、なんで毎日新聞は読者誘導の捏造をするんだ?。

しかも捏造記事の内容が内容だけに、あまりにも悪質で、朝日新聞社が被害者の家の上を無神経なヘリを飛ばすことにも腹立たしいですが、事実報道はしないで、捏造記事は大きく報道するとか、恥ずかしくないのか?(怒)

■ 漫画の危機!? 海賊版サイトの実態

『漫画を無断でコピーしてインターネットに投稿する行為は、著作権の侵害に当たり、違法です。一方、海賊版サイトを閲覧するだけの行為は、日本の法律では罪に問われることはないと言います』って、法に照らし合わせて事実だとしても、これをわざわざ報じることは、むしろ逆効果で更に漫画が売れなくなるのでは?

ただし、海外のサイトとはいえ、閲覧するのはダウンロードして読むことになりますから、正式には違法行為になるはずですが、NHKは罪に問われないと言っていいのか?
posted by babiru_22 at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

昨日の出来事(2/10)

■ 韓国大統領が安倍首相に不快感表明

『韓国大統領府高官は10日、安倍晋三首相が9日の日韓首脳会談の際、米韓合同軍事演習を延期すべきではないと主張したのに対し、文在寅大統領が「わが国の主権の問題だ」と不快感を示していたと明らかにした』とありますが、これは

規定路線

の発言ですね。

安部首相はあえて忠告したのに、この言い分ですから、これはアメリカの怒りを相当買うだろうし、自分達にとって不利にしかならないということも分からないんでしょうね。。。

■ 民進、希望に3月メドの合流・新党結成を打診 大塚耕平代表と玉木雄一郎代表が会談

『民進党の大塚耕平代表と希望の党の玉木雄一郎代表が9日、国会内で会談した。大塚氏は、希望の党が松沢成文参院議員団代表らとの「分党」を実現した後、3月をめどに合流して新党を結成したいと提案した』とのことですが、泥舟同士の合流って、もうネタでしかありませんね。。。(呆)

どこぞの国と同じく、恥の概念すらないのでしょうし、選挙のために民進党を逃げ出したのに、再び舞い戻るとか、この連中は有権者を騙していることも分かっていないんでしょうね。。。(呆)

■ インフル:「A香港型」も増加 異例の3種同時流行か

『厚生労働省は9日、全国の定点医療機関から4日までの1週間に報告されたインフルエンザの患者数が、1施設当たり54.33人と3週連続で最多を更新したと発表した。流行しているA型のH1N1、B型に加え、「A香港型」と呼ばれるH3N2のウイルス検出も増加し、3種類が同時に流行している可能性が高い』とありますが、全国的にインフルエンザが猛威をふるってますね。

我が家は幸い誰もインフルエンザにはかかっていませんが、知人など家族でインフルエンザにかかったという人も多く、地元の小学校や中学校でも学級閉鎖などにもなっているだけに、手洗いの徹底と、こまめに水分補給をすることで、なんとか防止していきたいです。
posted by babiru_22 at 07:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月10日

『屋上のテロリスト』知念実希人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

屋上のテロリスト [ 知念実希人 ]
価格:669円(税込、送料無料) (2018/2/10時点)




 学校の屋上で出会った不思議な少女・沙希の誘いに応え契約を結んだ彰人は、少女の仕組んだ壮大なテロ計画に巻き込まれていく! 世界をひっくり返す、傑作エンターテインメント。

 1945年8月15日、ポツダム宣言を受諾しなかった日本はその後、東西に分断された。そして70数年後の今。「バイトする気ない?」学校の屋上で出会った不思議な少女・沙希の誘いに応え契約を結んだ彰人は、少女の仕組んだ壮大なテロ計画に巻き込まれていく! 鮮やかな展開、待ち受ける衝撃と感動のラスト。世界をひっくり返す、超傑作エンターテインメント!

 物語は、歴史的史実を元に、1945年に日本がポツダム宣言を受諾しなかった場合の現代の日本の姿を描き出した作品。太平洋戦争を境に、日本は東西に分断され、その東西の間には巨大な壁が築かれています。そのような世界で、女子高生の壮大なテロ計画が描かれる作品ですが、設定は非常に面白かったものの、登場人物の描写や背景があまりにもアッサリとしすぎていて、テーマは重厚なものの、読み始めるとライト感覚すぎて、折角の設定が活かされていないのが本当に残念。

【満足度】 ★★
posted by babiru_22 at 19:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/9)

■ 【平昌五輪】「安倍晋三首相来ない方がいい」韓国与党議員が発言 「招待しておきながら…」と韓国紙

『9日夜に行われる平昌五輪の開会式に出席するため訪韓した安倍晋三首相について、韓国紙の朝鮮日報(日本語電子版)は8日、与党「共に民主党」の禹相虎(ウ・サンホ)議員が「慰安婦問題に対する立場を表明するのが目的なら来ない方がいい」と発言したと報じた』とありますが、自分達で散々要請して招待しているのに、「来ない方がいい」とか、一体何様ですか?(呆)

毎度毎度思うことですが、韓国政府には

恥を知れ!

と言いたいですね。。。

■ 文大統領「国政で外交の比重がこれだけ高いとは知らなかった」

『文在寅大統領は7日、「以前は外交が国政に占める比重がこれだけ高いとは知らなかった。平昌冬季五輪が行われる最近になって外交が本当に重要であることに気付いた」と語った』って、鳩山並の馬鹿丸出しですね。。。(呆)

よくこれで一国の大統領を務められるものだと思いますが、約束すら守れないのだから、幼児以下の頭の中身しかないということでしょうね。。。

■ [平昌五輪]文大統領 安倍首相に「歴史直視を」=未来志向の協力では一致

『文大統領は「心が通い合う真の友人になることを心から願う」として、「歴史を直視しながら総理と共に知恵と力を合わせ、両国の未来志向の協力を推進したい」と述べた』とありますが、それこそ「お前が言うな!」ですね。。。(呆)

自分達にとって都合のいい捏造の嘘の歴史しか見ていないのに、いつまで嘘を嘘で塗り固めるんだか。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

『犬の報酬』堂場瞬一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

犬の報酬 [ 堂場瞬一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/2/9時点)




 新聞記者×総務のエース×内部告白者。自動運転技術の開発に取り組んでいた大手自動車メーカーの「事故隠し」を巡る、三つ巴の、虚々実々の攻防。新聞記者に情報を流したのは、いったい誰なのか? 経済エンタメ長篇。

 大手メーカーのタチ自動車は、自動運転技術の開発に取り組んでいた。政府の自動運転特区に指定されている千葉・幕張での実証実験中、実験車両が衝突事故を起こす。軽微な事故ということもあり、警察は発表しなかった。ところが数日後、この事故に関するニュースが東日新聞に掲載される。東日新聞社会部遊軍キャップの畠中孝介に情報を流したのは、いったい誰なのか? トラブル対応時の手際の見事さから社内で「スーパー総務」と揶揄されるタチ自動車総務課係長・伊佐美祐志を中心に、「犯人探し」のプロジェクトチームが発足するが……。「事故隠し」を巡る人間ドラマ……話題の「自動運転」のリアルに迫る、最新で渾身の経済エンタメ長篇。

 物語は、自動運転システムと事故の隠蔽体質を巡る作品。自動運転技術問題はタイムリーなテーマだとは思いましたが、展開が淡々としすぎていて、ラストもすっきりしない結末で、イマイチ感が強かったのが残念。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 19:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/8)

■ 【ここがヘンだよ!日本】参議院のあり方を改革せよ 現状は党議拘束に縛られ、衆議院の議決追認

『わが国でも「二院制」自体は維持されるべきだと思う。だが、問題は「では、参議院で果たして、本当に衆議院と異なる観点からの議論がなされているのか」ということだ』とありますが、これは

その通り!

実際には衆議院と異なる観点からの議論はなされていませんし、その議論も建設的な議論が行われず、単なる批判合戦にしかなっていないのがあまりにも残念です。

参議院が不要とは言いませんが、本来の役割を書く参議院議員が考えて、国民のための政治こそ行うべきです。

■ 受診必要?AIがアドバイス…埼玉県が開発へ

『埼玉県は、病気やけがの際に医療機関での緊急受診が必要かどうかをアドバイスする人工知能(AI)システムの開発に乗り出す。都道府県では初の取り組みといい、2018年度にAIに応答パターンを学習させ、19年度からの運用を目指す』とのことで、記事での図がイメージとしてとても分かりやすいですが、こうしたAIの活用は大歓迎。

AIも使い方によっては、大いに活用できると思いますし、これが軽症者の救急搬送を減らすことに繋がることにもなりますから、全国の自治体でも取り組むべきことだと思います。

■ 公立小「アルマーニデザインの標準服」を導入 校長の独断、全部で9万、親から批判も

『区立泰明小学校(和田利次校長)では、今春入学する1年生から、新しい標準服(制服)に切り替える。イタリアの高級ブランド「アルマーニ」に依頼してデザインを監修してもらったものだ。洗い替えのシャツまでそろえると、全部で9万円だった』とありますが、公立小学校の制服としてはあまりにも高額すぎます。

しかも記事を読むと、この制服は校長が独断で決めたとのことですが、そうであるならば、教育委員会は何をやっているのか?とも思いますし、私立ならともかく、公立小学校では高級ブランドもありえませんし、9万円という価格もありえません。

保護者が全員これで納得しているなら別ですが、記事にもあるように合意形成、説明責任のプロセスがあまりにも欠如していますし、保護者との議論すら行われていないとか、これは校長が批判されて当然です。
posted by babiru_22 at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

『アンカー』今野 敏

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンカー [ 今野 敏 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/2/8時点)




 報道番組の記者・布施は、10年前の未解決事件に関心を寄せる。警視庁特命捜査対策室の刑事・黒田は、この件の継続捜査を担当することに…。異色コンビが活躍する「スクープ」シリーズ第4弾。『小説すばる』連載を単行本化。

 視聴率が低迷し始めたTBNの報道番組『ニュースイレブン』。そのテコ入れとして、栃本という男が関西の系列局から異動してきた。視聴者受けを重視する関西人の栃本と、報道の理念にこだわるデスクの鳩村は早速衝突し、現場には不穏な空気が漂い始める。一方、これまで幾つものスクープをものにしてきた番組の名物記者・布施は、なぜか10年前に町田で起きた大学生刺殺の未解決事件に関心を寄せていた。被害者の両親が、犯人逮捕の手がかりを求めて今もなお駅前でのビラ配りを続けているのが記憶に残ったという。この件の継続捜査を、警視庁特別捜査対策室のベテラン刑事・黒田が担当することを知った布施は、いつものように黒田へ接触を図る。布施と黒田がまたしても動き始めるが、真相解明に至る糸口はあまりに乏しく、謎だけが深まって行く。テレビ報道の本質とは? 事件の奥に潜む意外な真相とは? 大人気スクープシリーズ第4弾!!

 物語は、人気報道番組「ニュースイレブン」の舞台裏をスリリングに描いた「スクープ」シリーズの第4作。とある迷宮入り事件について、視聴率に悩む民放テレビ局のニュース番組のスタッフたちと、その取材先の一つとしての警察の迷宮入り捜査班である特命捜査対策室の2人の刑事が、事件の謎に迫ります。展開も面白く、テンポが良く一気に読むことができましたが、続編もぜひ読みたいです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:20| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/7)

■ 平昌開幕前に米日に反発する韓国与党…安倍首相を猛非難

『平昌五輪開幕を3日後に控え、韓国の与党では同盟国である米国と日本を非難し、北朝鮮を擁護するような発言が相次いでいる。一部議員は公の場で「米国は祭りの家にわめきにくる」「子分の日本は引っ込んでいろ」などと刺激的な発言を繰り出した。北朝鮮への圧力を強調し続ける米日には反発する態度を見せ、北朝鮮には期待感を示していると分析されている』とのことですが、これがオリンピックを開催する国だというのだから、言葉もありません。。。(呆)

オリンピックに参加する国に対しての敬意すら見られませんし、それでいて嫌いなのに、米韓同盟は破棄しないとか、こういう国なのだから、やはり

基本無視

する他ありません。。。(呆)

■ 平昌の警備員ら86人ノロ感染…1千人超が症状

『9日に開幕する韓国・平昌五輪の警備員らがノロウイルスに集団感染した問題で、韓国・疾病管理本部は7日、感染者が計86人に拡大したと発表した。このほか1016人が症状を訴え、検査中という』とありますが、ノロウイルスの感染は更に拡大してますね。

昨日もこのことについて書きましたが、この報道が日本のマスコミは殆どありません。

こういう事実こそ報道すべきですが、選手は一体何と戦うんだか……。

■ 台湾東部地震 菅官房長官、慰問の意表明 要請があれば支援へ

『東部・花蓮県近海で6日夜に地震が発生したのを受け、菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、被災者に慰問の意を表明した。緊急援助隊の派遣については「台湾当局から支援要請が寄せられた場合には、我が国としては必要な支援は行っていきたい」と述べた』とありますが、東日本大震災を始めとして、日本の数々の災害の際には、台湾からは多くの支援がありました。

日本が嫌いなどこかの国とは違い、台湾の方々はこれまでも支援や援助をしてくれているだけに、要請があるなしに関わらず、できる限りの支援をしてほしいものです。
posted by babiru_22 at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

『ランニング・ワイルド』堂場瞬一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ランニング・ワイルド [ 堂場 瞬一 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/2/7時点)




 最も過酷な「アドベンチャーレース」に参加した機動隊員が、家族を人質に脅迫された。妻子を救い、犯人を追い詰めて、そしてレースに勝利できるのか。『オール讀物』連載に加筆し単行本化。

 物語は、アドベンチャーレースと誘拐ミステリを掛け合わせた作品。緊張感があり、テンポも良かったですが、早い段階で犯人が分かってしまい、アドベンチャーレースというマイナー競技ということもあってか、物足りなさを感じましたし、個人的にはイマイチでした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 20:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする