2018年02月08日

『アンカー』今野 敏

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アンカー [ 今野 敏 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/2/8時点)




 報道番組の記者・布施は、10年前の未解決事件に関心を寄せる。警視庁特命捜査対策室の刑事・黒田は、この件の継続捜査を担当することに…。異色コンビが活躍する「スクープ」シリーズ第4弾。『小説すばる』連載を単行本化。

 視聴率が低迷し始めたTBNの報道番組『ニュースイレブン』。そのテコ入れとして、栃本という男が関西の系列局から異動してきた。視聴者受けを重視する関西人の栃本と、報道の理念にこだわるデスクの鳩村は早速衝突し、現場には不穏な空気が漂い始める。一方、これまで幾つものスクープをものにしてきた番組の名物記者・布施は、なぜか10年前に町田で起きた大学生刺殺の未解決事件に関心を寄せていた。被害者の両親が、犯人逮捕の手がかりを求めて今もなお駅前でのビラ配りを続けているのが記憶に残ったという。この件の継続捜査を、警視庁特別捜査対策室のベテラン刑事・黒田が担当することを知った布施は、いつものように黒田へ接触を図る。布施と黒田がまたしても動き始めるが、真相解明に至る糸口はあまりに乏しく、謎だけが深まって行く。テレビ報道の本質とは? 事件の奥に潜む意外な真相とは? 大人気スクープシリーズ第4弾!!

 物語は、人気報道番組「ニュースイレブン」の舞台裏をスリリングに描いた「スクープ」シリーズの第4作。とある迷宮入り事件について、視聴率に悩む民放テレビ局のニュース番組のスタッフたちと、その取材先の一つとしての警察の迷宮入り捜査班である特命捜査対策室の2人の刑事が、事件の謎に迫ります。展開も面白く、テンポが良く一気に読むことができましたが、続編もぜひ読みたいです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:20| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/7)

■ 平昌開幕前に米日に反発する韓国与党…安倍首相を猛非難

『平昌五輪開幕を3日後に控え、韓国の与党では同盟国である米国と日本を非難し、北朝鮮を擁護するような発言が相次いでいる。一部議員は公の場で「米国は祭りの家にわめきにくる」「子分の日本は引っ込んでいろ」などと刺激的な発言を繰り出した。北朝鮮への圧力を強調し続ける米日には反発する態度を見せ、北朝鮮には期待感を示していると分析されている』とのことですが、これがオリンピックを開催する国だというのだから、言葉もありません。。。(呆)

オリンピックに参加する国に対しての敬意すら見られませんし、それでいて嫌いなのに、米韓同盟は破棄しないとか、こういう国なのだから、やはり

基本無視

する他ありません。。。(呆)

■ 平昌の警備員ら86人ノロ感染…1千人超が症状

『9日に開幕する韓国・平昌五輪の警備員らがノロウイルスに集団感染した問題で、韓国・疾病管理本部は7日、感染者が計86人に拡大したと発表した。このほか1016人が症状を訴え、検査中という』とありますが、ノロウイルスの感染は更に拡大してますね。

昨日もこのことについて書きましたが、この報道が日本のマスコミは殆どありません。

こういう事実こそ報道すべきですが、選手は一体何と戦うんだか……。

■ 台湾東部地震 菅官房長官、慰問の意表明 要請があれば支援へ

『東部・花蓮県近海で6日夜に地震が発生したのを受け、菅義偉官房長官は7日午前の記者会見で、被災者に慰問の意を表明した。緊急援助隊の派遣については「台湾当局から支援要請が寄せられた場合には、我が国としては必要な支援は行っていきたい」と述べた』とありますが、東日本大震災を始めとして、日本の数々の災害の際には、台湾からは多くの支援がありました。

日本が嫌いなどこかの国とは違い、台湾の方々はこれまでも支援や援助をしてくれているだけに、要請があるなしに関わらず、できる限りの支援をしてほしいものです。
posted by babiru_22 at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする