2018年02月09日

『犬の報酬』堂場瞬一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

犬の報酬 [ 堂場瞬一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/2/9時点)




 新聞記者×総務のエース×内部告白者。自動運転技術の開発に取り組んでいた大手自動車メーカーの「事故隠し」を巡る、三つ巴の、虚々実々の攻防。新聞記者に情報を流したのは、いったい誰なのか? 経済エンタメ長篇。

 大手メーカーのタチ自動車は、自動運転技術の開発に取り組んでいた。政府の自動運転特区に指定されている千葉・幕張での実証実験中、実験車両が衝突事故を起こす。軽微な事故ということもあり、警察は発表しなかった。ところが数日後、この事故に関するニュースが東日新聞に掲載される。東日新聞社会部遊軍キャップの畠中孝介に情報を流したのは、いったい誰なのか? トラブル対応時の手際の見事さから社内で「スーパー総務」と揶揄されるタチ自動車総務課係長・伊佐美祐志を中心に、「犯人探し」のプロジェクトチームが発足するが……。「事故隠し」を巡る人間ドラマ……話題の「自動運転」のリアルに迫る、最新で渾身の経済エンタメ長篇。

 物語は、自動運転システムと事故の隠蔽体質を巡る作品。自動運転技術問題はタイムリーなテーマだとは思いましたが、展開が淡々としすぎていて、ラストもすっきりしない結末で、イマイチ感が強かったのが残念。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 19:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/8)

■ 【ここがヘンだよ!日本】参議院のあり方を改革せよ 現状は党議拘束に縛られ、衆議院の議決追認

『わが国でも「二院制」自体は維持されるべきだと思う。だが、問題は「では、参議院で果たして、本当に衆議院と異なる観点からの議論がなされているのか」ということだ』とありますが、これは

その通り!

実際には衆議院と異なる観点からの議論はなされていませんし、その議論も建設的な議論が行われず、単なる批判合戦にしかなっていないのがあまりにも残念です。

参議院が不要とは言いませんが、本来の役割を書く参議院議員が考えて、国民のための政治こそ行うべきです。

■ 受診必要?AIがアドバイス…埼玉県が開発へ

『埼玉県は、病気やけがの際に医療機関での緊急受診が必要かどうかをアドバイスする人工知能(AI)システムの開発に乗り出す。都道府県では初の取り組みといい、2018年度にAIに応答パターンを学習させ、19年度からの運用を目指す』とのことで、記事での図がイメージとしてとても分かりやすいですが、こうしたAIの活用は大歓迎。

AIも使い方によっては、大いに活用できると思いますし、これが軽症者の救急搬送を減らすことに繋がることにもなりますから、全国の自治体でも取り組むべきことだと思います。

■ 公立小「アルマーニデザインの標準服」を導入 校長の独断、全部で9万、親から批判も

『区立泰明小学校(和田利次校長)では、今春入学する1年生から、新しい標準服(制服)に切り替える。イタリアの高級ブランド「アルマーニ」に依頼してデザインを監修してもらったものだ。洗い替えのシャツまでそろえると、全部で9万円だった』とありますが、公立小学校の制服としてはあまりにも高額すぎます。

しかも記事を読むと、この制服は校長が独断で決めたとのことですが、そうであるならば、教育委員会は何をやっているのか?とも思いますし、私立ならともかく、公立小学校では高級ブランドもありえませんし、9万円という価格もありえません。

保護者が全員これで納得しているなら別ですが、記事にもあるように合意形成、説明責任のプロセスがあまりにも欠如していますし、保護者との議論すら行われていないとか、これは校長が批判されて当然です。
posted by babiru_22 at 07:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする