2018年02月12日

『秋山善吉工務店』中山七里

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

秋山善吉工務店 [ 中山七里 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/12時点)




 火災で家と主を失った秋山家。残された妻子は亡き夫の実家「秋山善吉工務店」に身を寄せる。一方、警視庁捜査一課の宮藤は、火災は放火だったのではと調べ始め…。味わい深い人情ミステリー。『小説宝石』連載を単行本化。

 この爺ちゃん、ただものではない!? ゲーム会社を辞め、引き籠っていた史親の部屋からの出火で家と主を失った秋山家。残された妻の景子、中学生の雅彦、小学生の太一の3人は、史親の実家「秋山善吉工務店」に世話になることに。慣れない祖父母との新生活は、それぞれの身に降りかかるトラブルで災難続きの日々。一方、警視庁捜査一課の宮藤は、秋山家の火災は放火だったのではないか、と調べ始める……。大工の善吉爺ちゃん、大立ち回り!!昭和の香り漂うホームドラマミステリー。

 物語は、声がでかくて曲がったことが大嫌いの頑固者で、80歳にして現役の大工頭領・秋山善吉を主人公に、火災で彼の一人息子が死亡し、住む家を無くした息子の嫁・景子と孫2人を引き取り同居することとなり、その同居した家族、太一、雅彦、景子の一人称語りとして展開していきます。火災事故の発火原因を追究するミステリ仕立ての展開でもありますが、ミステリというよりも、人情味ある人間ドラマとして描かれていて、ミステリを中心とした著者の作品としては異質な作品でもありましたが、キャラ立てがしっかりしていて、何より主人公の秋山善吉の存在感はインパクトがあり、魅力ある作品です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:22| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/11)

■ 韓国の対北朝鮮策に日本懸念 「文氏訪朝、ありえない」

『日本政府は懸念と不満を強めている。小野寺五典防衛相は10日、視察先の佐賀県で記者団に「過去、日本も韓国も北朝鮮の融和的な政策に乗ってしまい、結果として北朝鮮が核・ミサイル開発を継続した」と指摘。「その反省は韓国も十分認識し、しっかり対応されると思う」と話した』とありますが、相手のことなど全く考えない相手国で、韓国のやってることは

自滅路線

でもあるのだから、ヘタに関わるべきではありません。

でも安部首相は何のために韓国まで行ったんだか。。。

■ 毎日新聞の捏造発覚!「ツイッターでヘリ墜落被害家族への罵倒があふれた」実際は朝日新聞とヤフーの問題

『実際にツイッターで起こったのは「ヤフーコメント批判」「朝日新聞批判」である。これを提携するヤフーと同業の朝日新聞に忖度して「ツイッターが悪い」と捏造しているのだから、毎日新聞のツイッターアカウントは凍結されるべきですね。』とありますが、裏取り調査すらせず、匿名のコメント(しかもわざわざ探して)で記事を書くとか、なんで毎日新聞は読者誘導の捏造をするんだ?。

しかも捏造記事の内容が内容だけに、あまりにも悪質で、朝日新聞社が被害者の家の上を無神経なヘリを飛ばすことにも腹立たしいですが、事実報道はしないで、捏造記事は大きく報道するとか、恥ずかしくないのか?(怒)

■ 漫画の危機!? 海賊版サイトの実態

『漫画を無断でコピーしてインターネットに投稿する行為は、著作権の侵害に当たり、違法です。一方、海賊版サイトを閲覧するだけの行為は、日本の法律では罪に問われることはないと言います』って、法に照らし合わせて事実だとしても、これをわざわざ報じることは、むしろ逆効果で更に漫画が売れなくなるのでは?

ただし、海外のサイトとはいえ、閲覧するのはダウンロードして読むことになりますから、正式には違法行為になるはずですが、NHKは罪に問われないと言っていいのか?
posted by babiru_22 at 06:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする