2018年02月15日

昨日の出来事(2/14)

■ 安倍首相、専守防衛「厳しい戦略」=長距離ミサイルの必要性強調−衆院予算委

『首相は日本の安全保障政策の基本である専守防衛について、堅持する考えを示しつつ「純粋に防衛戦略として考えれば大変厳しい。相手からの第一撃を事実上甘受し、国土が戦場になりかねないものだ」と述べた』とありますが、これは

正論です

勿論基本は専守防衛です。

ただし、専守防衛だけでは、いきなりの本土決戦になるということを考えなければなりません。

明らかに相手が先制攻撃をしかけるという時、攻撃を受けるまで何もできないというのでは、多くの国民を見殺しにするということにも繋がるだけに、安全保障の議論をもっと交わしてほしいですし、その中で建設的議論をしていくべきです。

■ ジャパンディスプレイ 9か月間の決算で1006億円の最終赤字

『国が90%以上を出資する産業革新機構の支援を受けている液晶メーカーのジャパンディスプレイは、去年4月から12月までの決算を発表し、中国メーカーとの価格競争が激化していることなどから、最終的な損益は1006億円と大幅な赤字となりました』とのことですが、これでは税金の垂れ流しでもあり、官僚主導でこれですから、見切りをつけるべき。

誰も責任を取らないで、税金だけ導入するのでは絶対にうまくいくはずがありませんし、税金の無駄遣いは本当に止めてもらいたい!

■ 低所得、7割が塾通い断念 民間団体調査で保護者

『子どもの貧困対策に取り組む公益財団法人「あすのば」(東京)は14日までに、低所得世帯の保護者の7割が、経済的理由から子どもの塾通いや習い事を諦めているとのアンケート結果を公表した』とありますが、こういう記事を見るたび疑問に思うことですが、低所得世帯の線引きと定義は何なんだ?と思います。

勿論、生活が大変な世帯はありますが、多くの子どもがスマホを持っているだけに、生活が大変であれば、スマホも持てないだろうし、全てとは言いませんが、子どもの貧困対策という割には、贅沢な部分がまだまだ多いようにも思えますが……。
posted by babiru_22 at 04:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする