2018年02月19日

『国連で学んだ修羅場のリーダーシップ』忍足謙朗

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国連で学んだ修羅場のリーダーシップ [ 忍足 謙朗 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/2/19時点)




 国際支援の現場でどのように77の国籍のチームを率いたのか? 30年以上にわたり国連に勤務し、人道支援、開発支援の場で活躍した忍足謙朗が、忍足流リーダーシップの極意を伝える。

 自衛隊の引き揚げで話題になったスーダン、今や世界中の注目を集める北朝鮮、その両国で継続的な食糧支援の指揮をとった日本人がいる。忍足謙朗、元国連WFP(世界食糧計画)アジア地域局長。その使命は、過酷な地で明日の食べものに困る人々に、いかなる方法であろうと食糧を届けること。彼は30年以上にわたって国連に勤務し、常に緊急支援の現場の最前線に立ってきた。2006年にはスーダン共和国で世界最大規模となる緊急支援の指揮を任され、77国籍からなる3000人のスタッフを大胆かつ思いやりのあるリーダーシップで導く。紛争や自然災害で混乱した修羅場において、異なる国籍の人々をどのように束ね、一つの目的に向かわせるのか。グローバルに通用するリーダーシップについて綴ったのが本書。

 本書は、国際支援の現場で伝説のリーダーとなった著者が、どのように77国籍のチームを率いて、災害・紛争地域に食糧を届けていったのかなど、国連WFPの実情も含め、グローバルなチームで何が必要なのかをまとめたもの。多国籍にわたるスタッフたちを従わせるコツは、特に危険地域においては「何がなんでも助ける」というリーダーの姿勢とのことで、世界各地での得がたい体験と共に語られています。この他にも、視察のために入った知られざる北朝鮮の実情など、興味深い内容が多かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:21| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/18)

■ 小池百合子氏後ろ盾の政治塾に幕 わずか5カ月、恨み節も

『希望の党結党に先立ち、小池百合子東京都知事の後ろ盾を得て若狭勝元衆院議員が立ち上げた政治塾「輝照塾」が17日、最終講義を行った。若狭氏は終了後に「閉塾」を宣言。塾生から国会議員を輩出することなく、開講からわずか5カ月での幕引きに、参加者からは「大失敗だった」との恨み節も漏れた』とのことですが、確かかなりの受講料だったはず。

更には、立候補した塾生全員が落選したのだから、恨み節が出るのも当然。

選挙費用も自腹という塾生もいましたから、自己責任ではあるものの、いわば

政治塾詐欺

と言われても仕方ありませんね。。。

■ 立憲、ワンコインで政策参加 パートナーズ制度を今春立ち上げ

『立憲民主党は、年会費500円のワンコインで政策づくりに参加できる「立憲パートナーシップ・メンバー」(略称・立憲パートナーズ)制度を今春立ち上げる。手続きの手軽さ、会費の安さで政治参加のハードルを低くする。党が掲げる「草の根からの民主主義」を実践し、党勢拡大を図る』とありますが、「草の根からの民主主義」を掲げるのはいいですが、民主党時代のサポーター制度を知っているだけに、このパートナーズ制度も中身が問題でしょうね。

外国人からの献金を合法化しているという見方もできますが、小手先だけでなく政策でこそ主張するべきです。

■ 同僚宅から650万円窃盗 26歳役員の裏稼業と恥ずかしい社名

『捜査の手が及ばないように、会社名も「SKSO」「iXS」「WISE」とコロコロ変える狡猾ぶりだった』とのことですが、やはりコロコロと名称を変えるのは、そういうことなんですね。

元民主党系の政党の方々は、この記事読んでどう思いますかね?
posted by babiru_22 at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする