2018年02月20日

『珈琲の世界史』旦部幸博

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

珈琲の世界史 (講談社現代新書) [ 旦部 幸博 ]
価格:864円(税込、送料無料) (2018/2/20時点)




 コーヒーブームを生んだのはナポレオン!? モカ港はなぜ衰退した? 日本最大のブームはいつ? 先史時代から現代に至るまで、コーヒーが辿った歴史を、起源に関する最新仮説等も交えながらわかりやすく紹介する。

 ヒトが何かを食べるとき、その食べ物に込められた「物語」も一緒に味わっている……そんなセリフを聞いたことはないでしょうか。コーヒーはまさにその最たる例です。カップ一杯のコーヒーの中には、芳醇なロマンに満ちた「物語」の数々が溶け込んでいます。その液体を口にするとき、私たちはその中の「物語」も同時に味わっているのです。コーヒーの歴史を知ることは、その「物語」を読み解くことに他なりません。歴史のロマンを玩味するにせよ、知識欲の渇きを潤すにせよ、深く知れば知るほどに、その味わいもまた深まるというもの。一杯のコーヒーに潜んだその歴史を、この本で一緒に辿ってみましょう。先史時代から今現在に至るまで、コーヒーが辿った歴史を、起源に関する最新仮説なども交えながら、できるだけわかりやすく本書にまとめました。近年話題の「スペシャルティ」「サードウェーブ」「純喫茶」なども、じつは混乱の多い言葉なのですが、それぞれの歴史をきちんと知れば、「なるほど、そうだったのか!」と目からウロコが落ちて、すっきり理解できることでしょう。「イギリス近代化の陰にコーヒーあり」「フランス革命の陰にもコーヒーあり?!」「世界のコーヒーをナポレオンが変えた?」「コーヒーで成り上がった億万長者たち」「東西冷戦とコーヒーの意外な関係」……などなど、学校で歴史の時間に習ったいろんな出来事が、じつは意外なかたちでコーヒーとつながっていることに、きっと驚かされるでしょう。

 本書は、コーヒー豆の発見から、現代に至るまでのコーヒーの世界史をまとめたもの。コーヒーが世界にどのように広がっていったかも興味深く、エチオピア原産のコーヒーが、イエメンで飲料となり、ヨーロッパやアラブ主導で発展して来た歴史など、コーヒーのトリビアとしても楽しめましたし、コーヒーの魅力がより一層感じられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:46| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/19)

■ 「佐川国税庁長官は引き続き職責を」麻生副総理兼財務相

『麻生副総理は「立憲民主党の指導で街宣車が財務省の前に来たことは承知している」と述べ、「市民団体の行動だ」として撤回を求められました。これに対し、麻生副総理は「主催者は知らないが、立憲民主党の議員も出席していたと理解している」と反論しましたが、その後、「自分たちで指導していないと言うなら、訂正させていただく」と述べました』って、麻生さん

どストレート

を投げましたね。

立憲民主党だけでなく、野党の複数議員が街宣車に乗って抗議デモに出ていましたが、ブーメランをカウンターで見事に返したのは流石です。

■ 「昨年、南北が平壌で接触」は誤報…韓国政府、朝日新聞に訂正要求

『韓国と北朝鮮の当局者が昨年の11月以降、北朝鮮の平昌冬季五輪参加を巡り秘密裏に接触していたとする朝日新聞の報道について、韓国青瓦台(大統領府)の関係者は19日、「誤報であり、訂正報道を要請する」と記者団に述べた』とありますが、これで朝日新聞が即効で謝罪と訂正をしたら思わず笑ってしまいそう……。

それにしても、捏造記事を書いても訂正すらしない新聞社と、歴史を捻じ曲げる捏造国歌……嘘つきはどっち?

■ 「フライドポテトで薄毛治療」は無理、日本の研究者が警告

『フライドポテトを調理する際に使われる化学物質が、毛髪の減少食い止めに役立つ可能性があるとの研究が発表されたが、研究者らは、フライドポテトを食べれば薄毛が治るわけではないと警告した』とのことですが、当然といえば当然なんですよね。

ネット上で「フライドポテトを調理する際に使われる化学物質が、毛髪の減少食い止めに役立つ可能性がある」として、一気に世界中に拡散されましたから、横浜国立大学理工学部化学・生命系学科の研究チームが、誤った誤解の情報が拡散したことから、改めて発表したようですが、ネット上の拡散も、いい話題の拡散ならいいですが、誤解を与える情報の拡散は、後が大変ですね……。
posted by babiru_22 at 05:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする