2018年02月23日

『クリスパー CRISPR 究極の遺伝子編集技術の発見』ジェニファー・ダウドナ




 ヒトラーが押し進めた優生学の復権か? 遺伝病に苦しむ人たちへの福音か? ヒトゲノムを構成する32億文字のなかから、たった一文字の誤りを探し出し修正するという技術を生んだ女性科学者の手記。

 「君の技術を説明してほしい」ヒトラーは私にこうたずねた。その顔は豚である。恐怖にかられて目が覚める……。ヒトゲノムを構成する32億文字のなかから、たった一文字の誤りを探し出し、修正するという離れ業ができる、その技術CRISPR-Cas9(クリスパー・キャス9)。2012年にその画期的遺伝子編集技術を「サイエンス」誌に発表したジェニファー・ダウドナ博士は、またたく間に自分の開発した技術が、遺伝病の治療のみならず、マンモスを含む絶滅動物の復活プロジェクト、農作物の改良など燎原の火のように使われていく様におののく。豚の内蔵を「ヒト化」し、臓器移植するための実験も行なわれた。人間は自らの種の遺伝子までも「編集」し、進化を操るところまで行ってしまうのか? ノーベル賞確実と言われる画期的技術を開発した科学者の唯一の手記を独占出版。

 本書は、2012年に「CRISPR-Cas9」技術を発表した研究者の著書。これは「ゲノム編集」と言われ、従来の組換えDNA技術と異なり、ゲノム内の特定遺伝子を簡単に書き換えられる遺伝子編集技術ですが、この技術が生れるまでの研究過程、医療・農業など多分野への活用例と今後の可能性についてが書かれています。開発までの過程、適用事例、これから起こりうる社会・倫理的な問題など、遺伝子編集技術を通して、様々な問題や課題も浮き彫りになる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/22)

■ 【憲法改正】公明党は首相の9条改憲案に慎重…5野党は安倍政権下の改正論議を拒否 年内の発議は不透明

『立憲民主、民進、共産、自由、社民の5野党は、集団的自衛権の限定的行使を認めた安全保障法制を廃止しない限り、安倍政権下での9条改正論議に応じないとの立場で一致している』って、議論にすら応じないなら政党としての

資格はない!

反対なら反対なりの意見を言うべきなのに、議論に応じないとか、いわば職務放棄でもあるのだから、応じないのであれば議員辞職させるべきだ!(怒)

■ 美帆の「金」の靴、急ごしらえ…地元店が助け舟

『高木美帆選手が平昌五輪で使っているスケート靴のブレード(刃)は、今シーズン開幕前、地元の北海道幕別町のスポーツ用品店「スケートプロショップおおさか」が用意した「急ごしらえ」のものだった』とのことで、急遽対応した地元スポーツ店を取り上げた記事ですが、高木選手の健闘も素晴らしいですが、このように裏方で支えた人にもスポットを当ててほしいです。

これが金メダル獲得にも繋がったのですから、マスコミも選手個人だけでなく、裏で支えた人達も取り上げてほしいですね。

■ 「コーヒーがない!」女性客が大暴れ... 中央線遅延トラブルの一部始終目撃談

『西荻窪駅に到着する直前の8時30分頃、女性専用車両の1号車の2ドア付近で電話をしていたマスク姿の女性が、「コーヒーが飲みたかった」「コーヒー飲むの知ってるのに何でないんだ」「抹茶なんて飲みたくないんだ」などと、いきなり大声で叫び出したのだという。 マスク姿の女性は、電車が西荻窪駅に到着した後も大声で叫び続けていたため、異変に気付いた運転手が発車を停止。問題の車両には駅員が駆けつけ、叫び声を上げた女性に一度電車から降りるように求めたが、当人は「うるせー、さわるな」などと拒否し続けたという』とありますが、非常識極まりないですね。(呆)

他人の迷惑すら考えず、列車まで止めさせているのだから、遅延の損害請求をするべきだ!
posted by babiru_22 at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする