2018年02月27日

『関係人口をつくる 定住でも交流でもないローカルイノベーション』田中輝美




 関係人口とは、住んでいなくても、地域に多様に関わる人々=仲間のこと。島根県が東京で始めた講座「しまコトアカデミー」を取り上げ、その概要や、キーパーソンたちの物語、関係人口のつくり方を紹介します。

 人口減少時代を迎えた日本。いま地方都市では、過疎化や少子高齢化が進み、全国の地方自治体が移住・定住に力を入れている。でもよく考えてみると、どこかの定住人口が増えれば、結局どこかが減ることになるのではないか? 実は、人口が減ることなく“増えるばかり”で、地域を元気にできる「第三の人口」がある。それは、住んでいなくても継続的に特定の地域に関わる人を指す「関係人口」だ。この関係人口の存在が日本の地方をおもしろくし、社会をよくしていくヒントになるのではないだろうか? 例えば、ひと月のうち一週間をどこかの地域で過ごして自分の商いをはじめたり、東京で地域のおいしいものを食べる会を開いたり、東京でとある地域の情報のみをラジオで発信したり……。一例として、本著で共通しているのは、東京にいながら島根のソーシャルな事例を学び、島根との関わり方を考える講座「しまコトアカデミー」の受講生だったということ。本書には、同講座がどのように関係人口を増やしていったのかが描かれている。そして、そのことが結果的に島根への移住者を増やし、島根を元気にすることにつながっているということもだ。これからの地方、そして日本の未来をよりよくしていくかもしれない「関係人口」という考え方。“過疎最先端”の島根を舞台にした、最先端の地域との関わり方、学んでみませんか。

 本書は、地域振興や地域創生について書かれたもので、実例として島根県の取り組みでもある「しまコトアカデミー」についてを中心に、その土地に住んでいなくても、多様な方法で関わる人々(=仲間)を指す「関係人口」についてが書かれています。「移住」でも「交流(観光)」でもない人、つまり、「関係人口」こそが人口減少地域を救うと説いており、それに成功した『しまことアカデミー』をメインに「関係人口」発生の実例が書かれています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(2/26)

■ フェイクニュース撲滅を目指す、「インターネットメディア協会」設立準備会が発足

『インターネット上で発信する情報の信頼性を担保するためのガイドラインを制定する業界団体「インターネットメディア協会」(JIMA、仮称)が6月を目処に発足される。加盟団体は、インターネット専業のメディアだけでなく、新聞社や出版社などのメディアやプラットフォームが対象』とのことですが、発起人を見ると、ハフポスト日本版は朝日新聞だし、一番最初に毎日新聞も含まれるとか、これって

言論弾圧組織

じゃん。。。(呆)

自分達に都合が悪いことはフェイクニュース扱いしようとする意図しか見えませんが、フェイクの元凶がフェイク撲滅を目指すとか…ひょっとして、これはギャグなのか?(呆)

■ 毎日・テレ朝最新世論調査結果

『政党支持率は自民党35%(+5)、45.1%(+2.9)、立民13%(−1)、13.3%(−3.3)、希望の党0(−2)、1.1%(−0.1)、公明3(±ゼロ)、3.7%(+0.1)、共産3%(−1)、5.4%(+0.6)、維新3%(+1)、2.3%(+0.3)、社民0(0)、1.8%(+0.9)、民進1%(+1)、1.5%(−1.5)でした』って、希望の党と社民党の支持率ゼロというのは、凄すぎる……。

これ以上支持率が下がらないですが、支持率ゼロの所は政党交付金を出すのを止めるべきでは?

■ ネトゲ依存、乱れる生活 母「もう限界。犯罪になる…」

『親の財布から金を抜き取り、商品券も換金して、オンラインゲームにつぎ込む息子。「このままだと借金をしたり、犯罪につながったりするのではないか。そんな不安がありました」』…と母親が「第1回国際ギャンブル・ネット依存フォーラム」で、息子のネットゲーム依存症について話をしたことが書かれていますが、これって親の責任では?

親の財布が金を抜き取った時点での対処の仕方がしっかりして、家族間でルールを決めていれば、依存症にはならなかっただろうし、厳しい言い方になりますが、親としての自己責任を放棄しているようにしか見えないんですよね。

家庭内ルールをしっかりしていれば、特に問題行動を起こさないとも思いますし、仮に問題が起きても、初期段階で適切な注意と、なぜダメなのかを子どもにも説明し、子どもも納得できるような話し合いをするのが当たり前だと思っているのですが、僕の方がおかしいんですかね?

青少年のスマホ問題にもいえることですが、与えたのは親なのだから、問題があれば、親が責任を問われるのが当然だと思いますし、親が子どもに与えるのであれば、ルールは徹底すべきで、そのルールを破れば、躾として叱り(暴力による叱りはダメです!)、しっかりと子どもと向き合って話をするのも親の役目のはず。

それぞれの家庭のことですから、他人がとやかく口出しすべきではないのかもしれませんが、こういう記事やニュースを見る度、「親の責任は?」と思いますし、むしろ親のモラルこそ問うべきだと思うのですが、マスコミも報道の仕方が逆で、問題の本質部分は家庭にあるのだから、ここを追及すべきとも思います……が、責任の方向性がマスコミ報道は違うんですよね……だから違和感ありまくりです。
posted by babiru_22 at 04:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする