2018年04月16日

『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』畠山理仁

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い [ 畠山 理仁 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/4/16時点)




 今、日本で最も有名な無頼系独立候補(=泡沫候補)、マック赤坂への10年に及ぶ密着取材報告をはじめ、平等な選挙が行なわれない理由、2016年東京都知事選挙における主要3候補以外の18候補の戦いなどをまとめる。

 選挙の魔力に取り憑かれた泡沫候補(=無頼系独立候補)たちの「独自の戦い」を追い続けた20年間の記録。2017年第15回開高健ノンフィクション賞受賞作。

 本書は、何度も選挙に敗れても、挑戦し続ける候補者達の人生を追いかけた記録でもあるノンフィクション。第一章では、日本で最も有名な「無頼系独立候補」スマイル党総裁・マック赤坂への10年に及ぶ密着取材の報告を行い、第二章では、公職選挙法の問題、大手メディアの姿勢など、平等な選挙が行なわれない理由と、それに対して著者が実践したアイデアを記述。第三章では、2016年東京都知事選挙における「主要3候補以外の18候補」の戦いをレポートしていますが、それぞれの候補者はそれぞれのドラマがあり、誰もが自分の主張を訴えています。世間からキワモノ扱いされる泡沫候補ではありますが、その候補者を通して、この国の選挙制度が抱える問題点が浮き彫りにもなっています。政党や組織の支援もなく、選挙に出ては落選を続けるような無名の候補者たちの「独自の戦い」に光を当てた良質のノンフィクションでした。

【満足度】 ★★★★☆
ラベル:黙殺 畠山理仁
posted by babiru_22 at 18:33| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(4/15)

■ 公文書管理、法改正論が加速 罰則規定も浮上

『財務省の決裁文書改ざんや防衛省が「ない」としてきた自衛隊のイラク派遣の際の活動報告(日報)が次々に見つかるなど、公文書をめぐる問題が相次ぐなか、公文書管理法の改正も視野に入れた議論が加速してきた。安倍晋三首相は国会答弁で法改正に言及し、与野党はそれぞれ具体的な再発防止策の検討を進めている』とありますが、法改正も必要ですし、罰則規定も強めていくべきだとは思いますが、組織全体としての

意識改革

が何よりも必要でしょう。

とにかく再発防止をするべきで、個人が自分の都合で勝手に文書の書き換えをするようであれば、懲戒免職処分も検討できるような法改正を望みます。

■ 妊娠生徒の学業継続支援=体育実技しなくてOK−文科省

『文部科学省は、妊娠した女子高校生の学業継続支援を強化する。体育の授業で実技の代わりに課題リポートの提出や見学を認めるよう、都道府県・政令市の教育委員会などに通知した。母子ともに安全な環境で学習しやすくするため、現場の創意工夫による柔軟な対応を促している』とのことですが、これって文科省が支援することだろうか?

勿論他の生徒と平等に接するべきでもありますが、体育の授業を受けられなければ単位は与えるべきではないだろうし、一方だけを優遇するように措置には反対ですし、義務教育であるならともかく、高校は義務教育ではないのだから、特別な支援はいかがなものかと思いますが。。。

■ 立憲・福山氏「与党がまずいことをやった時には…」

『国民から見れば、森友、加計、防衛省の日報問題しかやっていないように映っている国会は、非常に不健全だ。不健全さの原因は、すべて安倍首相と政府・与党が作った』って、それしか野党がやらないからでしょうが。。。(呆)

「すべて安倍首相と政府・与党が作った」と言うのであれば、その証拠を提示すればいいだけなのに、それすらできずに問題の本質を追及せずに、本質を逸らして政権批判しかしないとか、これだから日本の野党はダメすぎだ!(怒)
posted by babiru_22 at 03:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする