2018年05月04日

『火定』澤田瞳子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

火定 [ 澤田瞳子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/5/4時点)




 時は天平。藤原四兄弟をはじめ寧楽の人々を死に至らしめた天然痘の蔓延を食い止めようとする医師たちと、偽りの神を祀り上げて混乱に乗じる者たち…。生と死の狭間で繰り広げられる壮大な人間絵巻。『文蔵』連載を基に書籍化。

 物語は、天然痘流行を食い止めようとする医師たちと、その混乱に乗じる者たちの人間の光と闇を描いた時代小説。奈良時代に起こった天然痘の大流行と、それに立ち向かう人々について書かれていますが、天然痘の治療法が分からぬまま患者を診なければならない医師の苦闘、混乱に乗じて金儲けを企む者……など、物語の舞台は奈良時代ではあるものの、現代の人間模様にも通じる部分が多く、天然痘による混乱ぶりと人間ドラマとしても読み応えがありました。

【満足度】 ★★★★
ラベル:澤田瞳子 火定
posted by babiru_22 at 18:06| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/3)

■ 北朝鮮、核全廃に応じる構え 米朝事前協議で姿勢示す

『6月初めまでに開かれる見通しの米朝首脳会談に向けた両国の事前協議で、北朝鮮が、米国が求める手法による核の全面廃棄に応じる姿勢を示していると米朝関係筋が明らかにした。また、北朝鮮は核兵器の査察にも初めて応じ、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の廃棄も行う意向だという』とのことで、本当に行われるのであれば一番望ましいことではありますが、完全に核を放棄するまでは

信用できん

これまでに何度も約束を反故にしてきた北朝鮮でもありますから、ここは冷静に情勢を見極めるべきです。

■ 岸田氏がインド訪問 モディ首相と会えず、周辺落胆

『自民党の岸田文雄政調会長は5月の大型連休にインド、ベトナムを訪問し、要人と相次いで会談する。「ポスト安倍」の一人と目されている岸田氏は4年8カ月務めた外相時代に培った人脈を使って、存在感を示す狙いだ。しかし、インドでは面会を申し込んだモディ首相とは会えず、目算が狂った格好だ』とありますが、会えなかったということは事前に手続きすら取っていなかったということでしょうね。。。(呆)

一体何しに行ったんだか。。。(呆)

■ 生活保護受給の外国人4万7058世帯 過去最多 背景に無年金や語学力不足も

『生活保護を受けている外国人が平成28年度に月平均で4万7058世帯に上り、過去最多に達したとみられる』って、そもそも外国人に生活保護費を出すこと自体、

大間違いだ!

地方自治体の裁量で外国人に給付できてしまう仕組みを即刻改正すべきだ!
posted by babiru_22 at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする