2018年05月10日

『地獄の犬たち』深町秋生

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

地獄の犬たち [ 深町 秋生 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/5/10時点)




 関東の組織暴力団・東鞘会に所属する兼高省吾。だが彼の本当の姿は、警視庁組織対策課の潜入捜査官だった。警視庁も揺るがす東鞘会の暗部に迫るべく、兼高は極道になりきるが…。『小説野性時代』連載を単行本化。

 東京のやくざ組織・東鞘会に所属する兼高昭吾は、弟分の室岡と沖縄に飛び、ターゲットの喜納修三を殺害した。その夜、一人になった兼高は激しく嘔吐する。実は兼高は警視庁組対部に所属する潜入捜査官だったのだ。後継者問題をめぐり、東鞘会では血で血を洗う抗争が続いており、喜納殺害はその一環だった。兼高の最終任務は東鞘会会長である十朱の殺害。十朱は警視庁を揺るがす、ある“秘密”を握っていた。ボディガード役に抜擢された兼高は、身分が明かされた瞬間に死が迫る中、十朱への接近を図るが……。

 物語は、ヤクザとして生きることを余儀なくされた潜入捜査官の孤独な葛藤と、冷酷非道な死闘、そして、狂気の中で絡み合う人間たちの心理を鋭く描ききった作品。暴力団内部の激しい抗争で描かれる殺戮や拷問は思わず目を背けたくなる程強烈ですが、展開とスピード感は迫力もあり、ノワール作品として楽しめました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/9)

■ 「麻生大臣は普通の会社ならクビ」野党 辞任を求めるなど追及へ

『国会審議に復帰した立憲民主党など野党側の国会対策委員長が会談し、財務省の決裁文書の改ざんなどで麻生副総理兼財務大臣の辞任を求めるなど、引き続き行政をめぐる一連の問題について、政府を追及していく方針を確認しました』って、それなら国会審議に応じずに職務放棄した野党議員全員が

クビじゃん!

自分達のことは棚に上げて批判するとか、民間会社なら19日間も無断で仕事をサボれば、一発でクビだ!(怒)

■ 【日中韓首脳会談】韓国・文在寅大統領「韓半島の平和、日中の支持と協力が必ず必要」

『韓国の文在寅大統領は9日、日中韓首脳会談の冒頭、朝鮮半島情勢に関連し「韓半島と、東北アジアの平和の道のりの中で日中両国の支持と協力が必ず必要だ」と訴えた』とありますが、まずは自助努力すべきですし、それならなおさら約束は守るべき!

約束すら反故にしておきながら、協力を求めるとか、恥を知れ!と言いたい。

■ 「野党は探偵ではなく、起こした側に責任」国民・泉氏

『(国会対応をめぐり)疑惑解明の責任は与党にある。謎を明かせない探偵が悪いんじゃなくて、起こってしまった事件が悪いんです。野党は決して探偵でも捜査機関でもなくて、本来は事態を起こしてしまった側に責任があるんだということで言えば、我々は最大限その解明に努力はしたいと思いますが、まずは与党に疑惑の解明なり、再発防止のためにどう取り組むかの責任がある』とのことですが、事件というのであれば、裏づけ調査は必要でもあり、勝手な決めつけをすべきではありません。

あえて書きますが、国会は疑惑追及の場ではありませんし、司法に任せず、勝手な印象操作ばかりを繰り返して、国会を空転させているのだから、その責任は野党にしかありません!(怒)
posted by babiru_22 at 05:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする