2018年05月15日

『しめかざり 新年の願いを結ぶかたち』森須磨子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しめかざり 新年の願いを結ぶかたち [ 森 須磨子 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2018/5/15時点)




 紙垂、橙、譲葉、裏白などで彩られるしめかざり。それらの装飾を取りはずし、しめかざりの飾らない姿、藁が象る「素のかたち」に込められた土地の祈りと人々の願いを読み解く。

 こんどのお正月、どんな“しめかざり”を飾りますか? 新たな年にすがすがしくトシガミ様をお迎えしようとなにかとせわしない年末も、しめかざりを付けて準備万端。通常、紙垂、橙、譲葉、裏白などで彩られるしめかざりですが、本書では、それらの装飾を取りはずし、しめかざりの飾らない姿、藁が象る「素のかたち」に込められた土地の祈りと人々の願いを読み解きます。

 本書は、著者が全国を訪ね歩き、「飾りのない」しめかざりの姿、藁で作られたつくられた「素のかたち」の美しさ、そしてそこに込められた土地の祈りと願いについてを紹介したもの。鶴、宝船、海老などの5系統の形を紹介し、作り手たちとの交流や、しめかざりに込められた土地の願いを綴られ、その構造や飾りについても解説しています。お正月に飾られる「しめかざり」の文化や意味については、知られざるところが多いですが、サブタイトルにもあるように「新年の願いを結ぶかたち」でもある「しめかざり」は全国によって多種多様なしめ飾りがあり、そこに込められた土地の祈りと願いは勿論のこと、ビジュアルとしてもとても美しいものばかりで、しめかざり探訪記としても興味深かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:31| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(5/13)

■ 麻生氏のやじで衆院予算委が紛糾 「自分がしゃべりたい人」

『玉木氏は「閣僚がこのような態度ではまともな審議ができない。国会を不正常にしているのは安倍政権だ」と非難した』って、審議をサボっていたくせに、国会を不正常にしているのは、どう見ても

野党です!

仕事放棄をしていたのだから、非難する資格すらありませんし、批判ありきはいい加減にしてほしい。。。(呆)

■ 韓国船瀬取り疑惑に韓国政府「違法な移し替えなかった」

『公海上で石油を移し替えて密輸する行為(瀬取り)は国連安全保障理事会の制裁決議に違反する。北朝鮮は今年1月から2月にかけ、ドミニカやモルジブなど第三国の船籍のタンカーを利用して4回にわたり公海上で石油の密輸を行ったことが分かっている。韓国のタンカーが北朝鮮のタンカーと並んでいる様子が確認されたのは今回が初めてだ。これについて韓国政府は「国連安保理決議を忠実に履行するために、韓国政府は関連の動向を注視し、協力している」として「本件については日本の要請を受け、すでに調査を終えて『違法な石油類の移し替えはなかった』との結論を出し、速やかに日本側に通知した」と説明した』とありますが、未遂だからいいというわけではなく、おそらく瀬取りをやろうとしてたけど海上自衛隊に見つかったからやらなかったというだけでは?

無意味にタンカー同士を寄せることはありえない行為であり、この点こそ韓国政府に強く問いただすべきです。

■ 米、北朝鮮に体制保証の用意提示 完全非核化が条件

『トランプ米政権が北朝鮮の完全な非核化を条件に、北朝鮮側に体制保証や経済支援の用意がある考えを伝えていたことが明らかになった。北朝鮮側も一定の評価をしているもようだ。北朝鮮が支援を先取りしないように、核査察受け入れなど厳格な非核化の検証計画を条件にする方向だ』とのことですが、これってどっちも守る気ないのでは?

これまでの北朝鮮を見ていると、これを平和的解決と見るべきではないでしょうし、北朝鮮に体制保証はすべきではありません。
posted by babiru_22 at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする