2018年06月30日

『国士』楡 周平

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

国士 [ 楡周平 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/6/30時点)




 カレー専門店の老創業者・篠原悟は、チェーンを日本一に押し上げた。自らは経営から身を引き、海外進出とこの国の将来を見据えた経営を、プロ経営者・相葉譲に託したが…。『小説NON』連載に加筆・訂正。

 カレー専門店「イカリ屋」の老創業者・篠原悟は、加盟店と一致団結してチェーンを日本一に押し上げた。だが、人口減少社会を迎えた国内だけでは成長は見込めず、アメリカに打って出ることに。それを機に、篠原は自らは経営から身を引き、海外進出と、この国の将来を見据えた経営を、コンビニやハンバーガーチェーンを立て直した実績を持つプロ経営者・相葉譲に託したが…。

 物語は、直営店と脱サラ組が始めたフランチャイズ店とが協力し合い、全国に900を超える店舗を構える日本一のカレーショップチェーンとして成長してきたイカリ屋を舞台に、人口減で内需が減ることが決定的なため、アメリカに進出するために、外部から経営者を引き入れを経営者である篠原が決意。白羽の矢を立てたのは、コンビニやハンバーガーチェーン店を立て直した経験を持つ相葉で、篠原は相葉に、日本の農業を活性化させたいという思いを語り、日本の食材を使ってほしいという望みを託すも、そこにはフランチャイズの闇も待ち受けます。『プラチナタウン』『和僑』に続くシリーズ3弾。企業とは何か、従業員とは何かを問う作品で、会社の繁栄は国が栄えること=国士というタイトルが見事に当てはまる作品です。

【満足度】 ★★★★☆
ラベル:楡 周平 国士
posted by babiru_22 at 20:26| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/29)

■ 共同通信の大阪震災の身勝手な取材と理屈で炎上 被災にあったマンションを一軒ずつ訪問する『ローラー作戦』

『共同通信が6月28日付けで公開した記事“【特集】犠牲者の生きた証し”の取材記事とそのツイートに対して批判が殺到している。取材内容は6月18日に起きた大阪北部地震の被害にあった方を訪れ話を聞くというもの。共同通信が行った取材はマンションの最上階から1部屋ずつ訪ねていく「ローラー作戦」を決行。取材途中にマンション自治組合と遭遇し、「共同通信の記者です」と答えると、「出て行けと」と叱責され、エレベーターに無理やり押し込まれた。それも当然で、マンションは「部外者立ち入り禁止」と貼られている。ましてや被災にあったマンションを訪れるのは迷惑極まり無い。自治組合は「君らマスコミももう少し住民の気持ちを考えたらどうなんや。人間のやることやないで」と言われると記者は「申し訳なく思いますが、遺族の声や犠牲者の人となりを全国に伝えるのが私たちの仕事です」と反論。もちろんその後退去命令を受けてマンションから追い出されてしまった』とありますが、こんな非常識極まりないことを平気で行うとか、

マスゴミ

でしかありませんね。。。(呆)

震災直後の住民の気持ちをまるで考えないで、部外者立ち入り禁止でも一軒ずつ訪問するとか、これでは非難は当然!

被災の時に真っ先に行かなければならないのは警察や消防であり、マスコミは邪魔をするな!とも言いたい。

■ 立憲民主党、国民民主党への怒り頂点に…最終攻防を前に足並みの乱れ修復できず

『あまり勝手なことをやるなら、こっちも勝手にやらせてもらいますよ』とのことですが、身勝手なのはどっちもどっち。

話し合いすら応じないのだから、これだから野党共闘などできるはずもありません。

というより相変わらずの内ゲバぶりにもウンザリです。。。(呆)

■ 西野監督の采配に賛否「素直に喜べない」「すごい決断」

『サッカー・ワールドカップ(W杯)のロシア大会で、ポーランド戦に敗れつつ、セネガルとの警告数の差で辛くも1次リーグ突破を果たした日本。リードされた状態で時間稼ぎした終盤の試合運びに、監督の采配を評価する声が上がる一方、後味の悪さも残った』とありますが、賛否両論分かれる采配ではありますね。

サッカーにおいては、終盤の時間稼ぎもありますが、ワールドカップという舞台で、しかも1次リーグ突破がかかっている試合でもあるだけに、余計に様々な意見も出るでしょうが、欧州ではこうした戦術も当然のことで、個人的には西野監督の采配には特に何も思いませんが、次のベルギー戦では、果敢な挑戦をしてほしいですね。
posted by babiru_22 at 06:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月29日

『アマゾンの料理人』太田哲雄




 数々の三ツ星店で修業した料理人が、旅と出会いの末に南米アマゾンから教わった食べること、生きることの本質を綴る。web雑誌に掲載された川手寛康との対談も収録。『IN★POCKET』連載を加筆し書籍化。

 美味しいって結局なんだ? 「エル・ブジ」、「ガストン」etc……数々の名店で修業したシェフが南米アマゾンから教わった☆☆☆を超え、大地に根ざした“美味しさ“の本質。川上弘美氏、角幡唯介氏も惚れ込んだ! グローバル時代の料理界に新風を呼ぶ男がおくる、笑いと感動と勇気のエッセイ。

 本書は、料理人としてイタリアとスペインで10年近く修業を積み、最後の修業の場としてペルーを選んだ著者がアマゾンと出会い、のめり込んでいく様子を書いたエッセイ集。高校生のころから、料理に興味を持ち、小遣いをためて、有名店を食べ歩き、更にイタリア・スペイン・ペルーと有名レストランでの修行し、アマゾンへの無謀な食材探し……と著者の行動力の範囲の広さにも驚きましたが、好奇心と決断力の強さに凄さを感じました。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:09| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/28)

■ 国民投票法審議入りせず 与党、来週に先送り

『与党は28日、憲法改正手続きを定める国民投票法改正案について、同日の衆院審議入りはせず、来週に先送りする方針を決めた。自民党の森山裕国対委員長が立憲民主党の辻元清美国対委員長に伝えた。同日予定の衆院憲法審査会は流会になった。立民や国民民主党など主要野党は審議入りに反対していた』とありますが、審議入り反対の野党は、それこと国民投票法改正案に反対なら、審議に応じて

議論すべき

で、それすら拒否して反対とか、邪魔するだけが仕事ですか?

国会議員の仕事こそ真っ当しろと言いたい。。。

■ 党首討論の在り方や運用 見直し論相次ぐ 自民

『党首討論はそれぞれの党首が天下国家や基本的な内外の政策について骨太の議論を戦わすというのが本来の趣旨であり、質問する側も答える側も趣旨に沿うような議論をしなければならない。討論の意味を高める努力が必要だ』という岸田政務調査会長の言葉は正論です。

政策議論が大前提にあるはずなのに、モリカケに終始した立憲民主党の枝野代表との党首討論は、党首討論の体を成していませんし、どの野党にもいえることですが、政策としての議論をして下さい!

■ スマホ “4年縛り”「独禁法上問題のおそれ」公取委

『一部の大手携帯電話会社がスマートフォンを4年間の分割払いで販売して契約の継続を促す、いわゆる「4年縛り」について、公正取引委員会は消費者が選択する権利を事実上奪う場合があり「独占禁止法上、問題となるおそれがある」とした調査報告書を公表し、是正を促す方針です』とありますが、問題となる恐れではなく、独占禁止法違反だと思うんですけどね。。。

というか、もっとシンプルなプランにすべきだと思うんですけどね。。。
posted by babiru_22 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月28日

『痛い靴がラクに歩ける靴になる』西村泰紀

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

痛い靴がラクに歩ける靴になる [ 西村泰紀 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/6/28時点)




 市販されているインソールを適材適所に使うだけで、足にぴったりな靴にカスタマイズできる。インソールの魔術師が、靴箱に眠る靴を理想の靴にする方法を紹介する。足の大きさが変わる理由や、靴選びの常識ウソ・ホントも収録。

 著者は、インソール(中敷き)で靴をぴったりに調整する専門店「シューフィット・神戸屋」を8年前、東京・新宿にオープンした「靴は売らない靴屋」こと、シューズフィットコンサルタント。本書は、「痛くて履けない靴」を「ラクに歩ける靴」に変える中敷き調整法について、イラスト入りで分かりやすく書かれています。特に足の健康を考えている人や、靴選びに悩んでいる人にはオススメの一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:50| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/27)

■ 「自民は光しか見えてない、政策ずれる」立憲・蓮舫氏

『光と影の部分の影に着眼するのが政治家であり、その影をなくしていくのが私たちの仕事だと思うんですが、二階さんや自民党の方は光しか見えていない』って、立憲民主党は闇しか見てないとか、何この

闇の軍団

は。。。

暗黒面に墜ちて、闇が深そうですが、批判することしかしないだけに、光は見ないんでしょうね。。。(呆)

■ 公園のデモ使用制限、ヘイト以外のデモも対象 新宿区

『東京都新宿区は27日、区立公園の使用基準を変更してデモの出発地に使えるのを新宿中央公園だけにしたと区議会に報告した。外国人差別などのヘイトスピーチを含むデモだけでなく、デモ全般の制限が目的と説明しており、区議らは「表現の自由を侵しかねない」などと批判している』とのことで、表現の場が限られることは残念ではあるものの、最近のデモは法律違反を平気で行うようなデモが多くなっているだけに、規制は必要でしょう。

また、周囲の迷惑を考えないようなデモが多くなっているだけに、デモは無くすべきではありませんが、少なくともマナーやモラルを考えるデモを行ってほしいものです。

■ 党首討論 「森友」「加計」などで応酬

『今の国会で2回目となる党首討論が開かれ、立憲民主党の枝野代表がみずからの持ち時間の多くを使って森友学園や加計学園をめぐる問題を追及し、徹底した事実解明を求めました。これに対し安倍総理大臣は「枝野代表の質問というより演説で、党首討論の歴史的使命は終わってしまったと思った」と述べ、枝野代表の姿勢を批判しました』とありますが、まさに党首討論ではなく、単なる演説でしたね。(呆)

何のための党首討論なのか?と思いますし、そもそも党首討論でするべき話でもありませんね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 06:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

『あなたのまわりのデータの不思議 統計から読み解く』景山三平

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あなたのまわりのデータの不思議 統計から読み解く [ 景山三平 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/6/27時点)




 予防接種はした方がいいの? 選挙の当落速報は正しいの? くじ引きは早いもの勝ち? 身のまわりのデータとその扱いについて44のテーマで展開。楽しみながら統計的な考え方を身につけられる。

 本書は、データの正しい見方や統計的な考え方を44のテーマを設けて紹介したもの。身近な統計に関する話題が多数含まれており、統計の利活用の話として紹介できます。分かり難いところもありましたが、雑学知識としてのネタにもなる一冊です。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 18:57| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/26)

■ 二階氏「産まない」は勝手な考え 都内で講演、少子化問題巡り発言

『自民党の二階俊博幹事長は26日、東京都内で講演し、少子化問題を巡り「この頃、子どもを産まない方が幸せじゃないかと勝手なことを考える人がいる」と述べた。子どもを持たない家庭を批判したようにも受け取れ、波紋を広げそうだ』とのことですが、二階の

バカ発言

ですね。。。(呆)

子どもを産む産まないは個人の自由ですし、産みたくても子どもができない人がいるというのに、そういう人達の気持ちすら考えないんでしょうね。(呆)

まともな少子化対策をしてこないで、この発言ですからね。

これは批判が当然です。

■ 都会の若者、4人に1人地方移住に関心 国土交通白書

『国土交通省は26日、2017年度の国土交通白書を発表し、三大都市圏に住む若者は4人に1人が地方移住に関心があると指摘した。都市部は住民同士のつながりが薄く、頼れる人がいないためとし、地方移住や二地域居住などで居場所づくりを支援すべきだと結論づけた』とありますが、国としても地方移住を積極的に推進してほしいです。

どこの地方にもメリットとデメリットがそれぞれありますが、地方にはまだまだ埋もれている可能性もあるだけに、地方の良さもぜひ体感してほしいです。

■ 【富山交番警官殺害】容疑者は21歳元自衛官、警察官に撃たれ意識不明

『富山市久方町の交番で26日午後、所長の稲■健一警部補(46)が刺されて死亡、近くの小学校付近で警備員の中■信一さん(68)が撃たれて死亡した事件で、富山県警は中村さんに対する殺人未遂容疑で男を現行犯逮捕した。男は同県立山町末三賀の元自衛官、島■慧大容疑者(21)で、県警は殺人容疑に切り替えて調べる。島津容疑者は駆け付けた警察官に拳銃で撃たれ、意識不明の重体』とのことで、あまりにも酷い事件です。

犯人が意識不明の重体とのことで、事件の動機や真相が分かりませんが、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。。。
posted by babiru_22 at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

『イップス 魔病を乗り越えたアスリートたち』澤宮 優

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イップス 魔病を乗り越えたアスリートたち [ 澤宮 優 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/26時点)




 大事な場面で手が動かない…。その地獄から彼らはどうやって這い上がったのか? 原因不明の病「イップス」を体験したプロ野球選手やプロゴルファーが、どう症状に立ち向かい、そこからどう人生を切り開いていったかを記す。

 集中しなくてはいけない局面で、身体が震えたり、固まったり。イップスの原因は科学的に解明されていない。アスリートだけでなく、明日のあなたにも起こりうる病である。イップスを克服した5人のアスリートと、それを支えた指導者、医師らに取材。知られざる魔病の実態に迫る。

 本書は、突然アスリートを襲う心の病でもあるイップスを、どうやってを乗り越えたのか?をまとめたもの。本書で取り上げられているアスリートは、元日本ハム投手・岩本勉、元ヤクルト内野手・土橋勝征、元日本ハム外野手・森本稀哲、プロゴルファー・佐藤信人、プロゴルファー・横田真一。どのようなきっかけでイップスとなり、どう克服していったかの過程が、それぞれ詳しく書かれており、医師を取材して、イップスのメカニズムも解説しています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/25)

■ カジノ法案反対で寄せられる「パチンコはどうなのか」意見に枝野幸男代表が見解

『枝野代表はパチンコ規制は「国会の問題じゃない」と一蹴。パチンコの換金は行政機関がおめこぼししてるだけだ、として立法府の問題ではなく行政府の問題だとの考えから「それこそ政府に言わなきゃ駄目」「行政に向かって言うべき」「安倍さんに向かっていうべき話」「国家公安委員長に向かって言って下さい」と語っていました』って、これこそ

無責任野党

ですね。。。(呆)

しかも「立法府の問題ではなく行政府の問題」というのであれば、なおさら野党が政府に対して言うべきことでしょうが!(怒)

■ 新聞読めば自民支持せぬ=麻生氏に皮肉−共産・小池氏

『共産党の小池晃書記局長は25日の記者会見で、麻生太郎副総理兼財務相が講演で若年層を念頭に「新聞を読まない人は全部自民党(支持)だ」と発言したことについて、「新聞を読んで真実が伝われば自民党支持にならないというのは、ある意味でその通りだ」と皮肉った』とありますが、報道の表しか見ていないようですが、新聞って全てが真実でないのに、相変わらずのお花畑ですね。。。

ま、日本共産党は破防法調査対象のところですからね。。。

■ 月に2度の“無免許運転” 医師の男を逮捕 家族で食事に向かう途中に発覚 「大丈夫と思った」 福岡市

『警察の調べに対し、夏秋容疑者は「捕まらなければ大丈夫と思っていた」と容疑を認めています』って、よくこんな言い訳ができるものですね。。。(呆)

しかもこんな輩が医師というのだから、開いた口が塞がりませんが、医師免許の方も確認すべきですね。。。
posted by babiru_22 at 06:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

『AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待』中村吉明

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

AIが変えるクルマの未来 自動車産業への警鐘と期待 [ 中村 吉明 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/6/25時点)




 EV、自動運転、シェア、コネクテッドカー、激変する世界市場のなかで、既存の自動車メーカーは生き残れるのか? 技術と制度に通暁した元経産官僚が、自動車産業の変革の動きを丹念に整理し、今後の方向性を示唆する。

 AI、自動運転、シェア、クルマの未来はどう変わるのか。AIと日本の自動車産業とのかかわりを、技術的側面、産業的側面のみならず、制度的側面も含めトータルにとらえ、その現状を分析する。インダストリー4.0、シェア、自動運転、コネクテッドカー、電気自動車(EV)等、最新のトピック・動向に関する、さまざまな情報とデータを駆使しながら、日本の自動車産業をAIの進展にフィットさせて、生きのこる道を描く。

 本書は、元経産官僚が、AIと日本の自動車産業との関わりを、技術的側面、産業的側面のみならず、制度的側面も含めトータルにとらえ、現状と未来の日本の産業に提言した一冊。車社会の未来についてが書かれる内容ですが、AIの本質と、これからの自動車産業の行方が分かりやすく解説されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/24)

■ 沖縄戦追悼式で首相に「モリカケ」ヤジ 遺族閉口

『沖縄県糸満市で23日に開かれた沖縄全戦没者追悼式では、一部の参列者が安倍晋三首相のあいさつに対してやじを飛ばした。近年の追悼式では安倍首相のあいさつをやじで妨害するのが恒例となっており、慰霊とは関係ない政治的動きに遺族からは困惑の声が上がった』とのことですが、このような慰霊の追悼式という場で

政治利用

のヤジを飛ばすということ自体、あまりにも非常識すぎますし、場をわきまえるという当たり前のことすらできないのが本当に残念ですね。(呆)

追悼をしに来た人達に対して、最低限の礼儀すら尽くせないことには呆れるばかりですが、戦没者に対しても失礼極まりない行為であり、しかも遺族がヤジを止めるように注意しているにも関わらず、ヤジを続けるとか、少しはマナーやモラルを考えてもらいたい。

■ NHK番組で討論 希望の党・行田邦子幹事長「パチンコという存在と正面から向き合うべきだ」

『与野党9党の幹部は24日のNHK番組で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案をめぐり議論した際、希望の党の行田邦子幹事長が「ギャンブル依存症の多くが、パチンコ・スロットと関連している」と述べ、「パチンコという存在と正面から向き合うべきだ」と発言した』とありますが、これは支持します。

統合型リゾート施設(IR)整備法案を反対している野党は、一切パチンコによるギャンブル依存症について触れませんが、パチンコをスルーしてギャンブル依存症うんぬん言うこと自体がおかしなことで、これこそ野党が言わなければならない言葉です。

■ 宝塚記念、ミッキーロケット制覇…2着ワーザー

『競馬・第59回宝塚記念(GI)(24日・阪神)――好位から進んで直線で先頭に立った7番人気のミッキーロケットが10番人気のワーザーの猛追をしのいでGI初勝利を挙げた。音無秀孝調教師はこのレース初勝利。騎手の和田竜二は2勝目で、2001年の天皇賞(春)以来のGI制覇』とのことで、和田騎手はテイエムオペラオー以来の17年ぶりのG1制覇。

そのテイエムオペラオーの慰霊祭が先日北海道の新冠町で行われ、和田騎手も慰霊に訪れましたが、テイエムオペラオーの後押しがあっての17年ぶりのG1勝利だったと思います。
posted by babiru_22 at 06:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

昨日の出来事(6/23)

■ 最優先すべきは森友・加計の徹底究明 一連の悪法廃案へ全力

『延長国会では「森友・加計」疑惑の徹底究明に最優先で取り組みつつ、一連の悪法を徹底審議で廃案に追い込むために全力をつくすと表明しました』って、もう

馬鹿すぎ!

北朝鮮の問題があるというのに、国防については一切触れない日本共産党はそこしか取り組むことができないのかよ!(呆)

■ 動物虐待が急増、深刻化 ネットで動画や手口拡散 全国で罰則強化求める声

『猫や犬などを狙った残忍な動物虐待が後を絶たない。動物愛護法違反容疑での摘発件数は近年増え続け、昨年は全国で68件と過去最多に。福岡市内では5月下旬以降、腹や首を切られた子猫や死骸が相次いで見つかったほか、近年は虐待する動画や方法がインターネット上で拡散されている現状もある。専門家からは「凶悪犯罪につながりかねない」などと規制強化を求める声も上がっている』とのことで、罰則強化以外にありませんね。

まともに動物を飼えないなら最初から飼うなと言いたいですし、勝手にエサをやる輩の罰則強化を求めます。

■ 10社が北朝鮮と不正送金や資金洗浄 金融庁、全銀行に報告命令

『金融庁が北朝鮮との間で不正送金やマネーロンダリング(資金洗浄)行った疑いのある企業10社との取引について、国内すべての銀行、信用金庫、信用組合に対し、取引の確認と報告を求める命令を出した』とありますが、この10社をマスコミは公開すべきです。

国連決議違反でもあるのだから、まずは企業名こそ公表することが大事です。
posted by babiru_22 at 05:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月23日

『生き物はどのように土にかえるのか 動植物の死骸をめぐる分解の生物学』大園享司




 動植物の死骸はどのように分解され、土にかえるのか? 「分解者」とよばれる生き物たちの不思議な生き方とは? 親しみやすいイラストや図表などを盛り込み、平易に解説する。発展的な内容を紹介したコラムも掲載。

 「庭に埋めた亡くなったペット、いつ土にかえる?」「道ばたにあるミミズやセミの死骸はどうなるの?」「山や森の落ち葉はどこに消えるの?」「世界が動物や植物の遺骸で埋め尽くされないのはどうして?」生き物が死ぬと、どうなるのでしょうか? 生き物の死骸が分解されるプロセスを見ながら、生き物の死骸を利用する動物や昆虫、カビやキノコなどの菌類、細菌などの生き方を紹介。ふだん語られることの少ない、生き物の死後の世界と、死骸を利用して生きる生き物たちの世界を丁寧に案内する! まるで上質なサイエンスドキュメンタリー番組を見ているかのような、知的好奇心をくすぐる一冊!

 本書は、生物の死と死体がどのように分解されていくか…というプロセスを、生物側と分解者側から解説したもの。イラスト入りのため、とても分かりやすく書かれており、「土にかえる」という表現がやさしく解説されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:20| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/22)

■ 国会:延長初日から空転 野党、集中審議要求

『会期が延長された国会は21、22両日、衆参両院で審議が行われない見通しだ。立憲民主党など野党6党・会派は、学校法人「森友学園」「加計学園」問題や外交などをテーマに衆参両院予算委員会での集中審議を求めており、与党が応じない限り新たな日程協議に入らない方針。与野党の対立が強まり、週明けまで空転する可能性が出てきた』って、野党はまた

サボリかよ

しかも未だにモリカケって、重要法案や重要案件があるというのに、下らないパフォーマンスには本当にウンザリです。(怒)

■ ブロック塀倒壊で女児死亡 専門家が危険性指摘

『高槻市は、倒壊したブロック塀が違法建築だったとして管理責任を認めています。説明会後の会見で田中校長は、2015年に防災の専門家からブロック塀の危険性を指摘され、市の教育委員会に点検の依頼をしていたことを明らかにしました。市教委は点検の結果、危険はないと学校側に報告したということです。市教委は、改めて保護者へ事故原因の説明の場を設けるとしています』とありますが、高槻市教育委員会の責任はまぬがれませんね。

責任のたらい回しも想像できますが、原因究明と責任の所在こそしっかりとしてほしいです。

■ 防衛大、過半数が下級生いびり 「粗相」数え、体毛に火

『防衛大学校(神奈川県横須賀市)の学生だった福岡県の男性(23)が在校時に上級生らから暴行された事件を受け、防衛大が実施したいじめや学生間指導に関するアンケートの内容が判明した。当時の4年生の過半数が「粗相ポイント制」と呼ばれる激しい下級生いびりをしたことがあると回答していた』とのことですが、規律は正すべきですが、この下級生いびりの内容は、規律ではなく完全に私的制裁。

これが悪しき伝統なのか、新しく起きていることなのかは分かりませんが、大学生にもなってこんなことやるとか、下らなさ過ぎますし、防衛大ならもっとしっかりしろ!
posted by babiru_22 at 05:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月22日

『熟れた月』宇佐美まこと

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

熟れた月 [ 宇佐美まこと ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/6/22時点)




 癌で余命半年と宣告されたヤミ金業のマキ子。落ちぶれた取り立て屋の乾。生まれてから車椅子の生活しか知らない身体不自由な博…。底辺で生きる人間たちの業と、人生の不思議な縁を描く、書下ろし長編ミステリー。

 癌で余命半年と医者から宣告されたヤミ金業者のマキ子も、その「田所リース」で働く落ちぶれた取り立て屋の乾も、陸上部のエース阿久津先輩に憧れる高校生の結も、生まれてから車椅子の生活しか知らない身体不自由な博も、彼らの世界は、きっとどこかでつながっている……。底辺で生きる人間たちの業と、人生の不思議な縁を描く、書下ろし長編ミステリー。

 物語は、いきなり緊迫した殺人描写から始まりますが、その後に展開がファンタジーへの転調し、サラ金の女社長の波乱万丈な人生描写…と主人公も変わり、目まぐるしく展開が動きますが、登場人物の因縁と繋がりが作品の中で、上手く表現されています。起承転結の波が激しかったですが、それが作品として特徴が出ていたとも思います。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:25| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/21)

■ 職場放棄の愚行… 国会延長、野党また「連休」か

『国会会期の延長が決まった20日、立憲民主党などの左派野党は、さっそく法案審議の日程協議に応じず、条件闘争に入る構えをみせた。憲政史上に残る大失敗に終わった「18連休」の反省もなく、職場放棄の愚行を重ねるのか。重要法案に加え、北朝鮮問題や大阪北部地震への対応が迫られるなか、「モリカケ一辺倒」の姿勢が、国政の停滞を招くことは確実だ』とのことですが、まさしく愚行ばかり繰り返しているのだから、

クソ野党

と言ってもいいでしょうし、これが今の日本の野党の最大の欠点。

国民を無視した行動ばかりやっているのだから、これだから信用すらできません。

■ 大阪震度6弱:辻元氏が塀倒壊現場視察「与野党で対応」

『市役所で面談した浜田剛史市長は「我々も反省しないといけないが、国も子どもの安全安心に関わることについて積極的に財源投入していただきたい」と要望。辻元議員は「復旧のための予算措置や耐震の問題など、与野党関係なく進めたい」と話した』とありますが、ブロック塀については大阪市政がやるべきこと。

しかも、何年も違法だったことを見逃していた点について、なんで指摘しないんだ?

■ 受動喫煙対策を訴える肺がん患者にヤジ 国会議員「いい加減にしろ!」

『受動喫煙対策が議論された衆院厚生労働委員会で、6月15日、参考人として招かれたがん患者が意見を述べている最中に、自民党の穴見陽一議員が「いい加減にしろ!」とヤジを飛ばしていた』とのことですが、参考人であるガン患者に対して、ヤジを飛ばすというのは、あまりにも行き過ぎた言動であり、こんな輩は国会議員としての資格はありません!(怒)

あまりにも非常識すぎですし、しかも喫煙者にも配慮した答弁をしている最中にヤジとか、こういう輩は議員辞職させるべきです。
posted by babiru_22 at 06:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

『アゲハの公約』三萩せんや

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アゲハの公約 [ 三萩 せんや ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/6/21時点)




 過疎化が進む故郷を復活させるため、市長選に立候補することになったアゲハ。興奮の裏公約、驚愕の公選法違反、まさかの再選挙をのりこえて、アゲハは故郷の市長になれるのか? 事実をもとにした青春選挙ノベル。

 過疎化が進む故郷を復活させるため、市長選に立候補することになったアゲハ。裏公約をしたことで、男ばかりの後援会に火が付いた。ところが、ライバルたちのあり得ない反撃で、静かな町は狂乱へ突入する。驚愕の公選法違反、まさかの再選挙をのりこえて、梅の里を守るため、アゲハは故郷の市長になれるのか? 嫁不足、高齢者との絆、産業振興、そしてアゲハの恋の行方…混乱の選挙戦をとおして、アゲハが見つけた答えとは?

 物語は、訳あって故郷に帰ってきた20代の主人公の女性・アゲハが、過疎化が進む町で、梅林を守りたいが為に、農家の嫁問題対策として、街で大掛かりなコンパを開催する事を公約の一つとして地元の男性らとご老人等、周りの協力を受けて市長に立候補し選挙戦へと突入する……物語。あらすじが面白そうだったので読んでみましたが、市長選としては強引すぎる展開ではありましたが、テンポが良く、地方の選挙選を笑いも交えたところは面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:40| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/20)

■ 国会会期、7月22日まで延長 衆院で議決

『立憲民主党など野党5党と衆院会派「無所属の会」の幹事長らは20日午前、国会内で会談し、会期延長に反対することで一致した。立憲の福山哲郎幹事長は会談後、記者団に「会期内に法案処理ができないのは政府・与党の責任で、延長は断じて認めるわけにはいかない」と述べ、政府・与党の対応を批判した』とありますが、会期内に法案処理ができないのは政府・与党の責任ではなく、議論すらしなかった野党のせいじゃないか!(怒)

自分達に問題があってのことなのに、批判しかせず、相変わらずの

責任転嫁

って、18連休もしておきながら、審議拒否しかしないとか、仕事をしない野党など必要ありません!(怒)

■ 外国人技能実習、4000カ所で違法 残業や不払い、書類送検も

『厚生労働省は20日、外国人技能実習生が昨年働いた事業所で、労働基準監督署などが監督指導をした5966カ所のうち、70・8%に当たる4226事業所で違法残業などの法令違反があったと発表した』とのことですが、これが現実です。

にも関わらず、外国人労働者を安易に増やそうとするのもいかがなものかと思いますし、何の対策もせずに基準を緩めているのだから、これでは違法や不払いも当然です。

■ 「大阪地震は安倍が起こした人工地震」 とんでもない陰謀論が流れる

『何の科学的根拠もないのに「人工地震」などという意味の分からない説を持ち出して安倍総理の仕業だと思いこんでしまうのは、安倍憎しをこじらせた結果だろうか。もはや自分が周囲からどう思われるのかも冷静に考えられなくなっているのだろう』とありますが、陰謀論を語るなら、少なくとも「人工地震」の理論の説明ぐらいしてほしいですね。

捏造デマと陰謀論など、妄想するのは勝手ですが、こんな馬鹿げたことを言っているのは、有識者でもなく単なるバカです。
posted by babiru_22 at 06:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

『蒼き山嶺』馳 星周

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蒼き山嶺 [ 馳星周 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/6/20時点)




 元山岳遭難救助隊員の得丸志郎は、大学時代、山岳部で一緒だった公安刑事・池谷博史と再会。残雪期の白馬岳の山頂までのガイドを頼まれるが、池谷は警察から追われ、刺客に命を狙われていた…。『小説宝石』連載を単行本化。

 なにがあった? なにをした? どうして追われている? 元山岳遭難救助隊員の得丸志郎は、残雪期の白馬岳で公安刑事・池谷博史と再会した。2人は大学時代、山岳部で苦楽をともにした同期だった。急遽、白馬岳山頂までのガイドを頼まれた得丸が麓に電話を入れると、警察に追われた公安刑事が東京から逃げてきている、という話を聞かされる。厳しい検問が敷かれ、逃げるには山を越えるしかないと言われたその時、池谷が拳銃の銃口を押しつけてきた……。

 物語は、山岳ガイドをしている、かつての遭難救助隊員と、大学時代の山岳部の同期の公安刑事が、再び山で再会するも、公安刑事であるにも関わらず、警察から追われ、更に刺客に命を狙われ、逃避行の手助けをするが…という山岳小説。著者にしてはノワール色の少ない異色の山岳小説でもありましたが、ラストは著者らしい救いのない結末にもなっており、最初から最後まで一気に読むことができました。これまでの馳作品と比べると物足りなさは感じたものの山岳小説としては面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:13| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする