2018年06月04日

『八甲田山 消された真実』伊藤 薫

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

八甲田山消された真実 [ 伊藤薫 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/6/4時点)




 師団長証言と異なる顛末書のねつ造、行軍前に八甲田で訓練をしていない五聯隊、混乱とパニックが起きた部隊と脱走兵の出現…。最後の生き証人の声や関連資料の調査から、八甲田雪中行軍遭難事故の新事実を浮かび上がらせる。

 「天は我を見放したか」という映画の著名なフレーズとは大違い、新発見の事実を丹念に積み重ね、青森第5連隊の悲惨な雪行行軍実態の真相に初めて迫った渾身の書、352頁にもわたる圧巻の読み応え。

 本書は、八甲田山での演習経験もある元自衛官の著者による、陸軍青森五聯隊の雪中行軍訓練で発生した八甲田山遭難事件のノンフィクション。映画化もされた新田次郎の『八甲田山死の彷徨』は、冬の八甲田山の厳しさと人間がクローズアップされましたが、本書は八甲田雪中行軍遭難事故はなぜ起きたのか?という事件の本質と原因を丹念な調査から探ったもの。事故を引き起こした連隊の冬山での行軍に対する認識・訓練・経験不足、更に現場の指揮官の功名心とその上司の面目という愚かな側面が事故に繋がった事実こそ、後世に語り継いでほしいものですし、「八甲田山雪中行軍」とは何だったのか?の真相に迫った渾身の一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 18:59| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(6/3)

■ 北朝鮮、正恩氏のホテル代の肩代わり要求 米紙報道

『シンガポールでは現在、米朝双方の代表団が実務的な準備を進めている。同紙によると、北朝鮮側は正恩氏の宿泊先として、五つ星の「フラトンホテル」を希望している。同ホテルの最高級客室「プレジデンシャル・スイート」は1泊6000ドル(約65万円)。国際社会の厳しい制裁で困窮している北朝鮮は、正恩氏や代表団の宿泊費を他国が支払うよう要求しているという』って、プラトンホテルの最高級客室を希望しておいて、金は払わんとか、ミサイル飛ばしすぎて、ホテル代すら払えんとか、

タカリ国家

に恥の概念はないんでしょうね。。。(呆)

■ 野田総務相、「4K放送見られない4Kテレビ」問題にクギを刺す

『今年12月1日、BS・110度CSで一般家庭向けの4K放送が開始されるが、これを視聴するためには現在販売されている4Kテレビに加えて、別途専用のチューナーが必要となる。このことを今年2月時点で理解していたのは、全国の消費者(20歳〜69歳の男女5000人に調査)のうちわずか13%だったという』とのことで、これは常識的なことだと思ってましたが、知らない人、多いんですね。。。

ちなみに映像を撮るテレビカメラも4K対応でなければ、映像画質自体が4Kになりませんし、4K対応のテレビカメラ自体、各テレビ局で対応できていませんが、販売店の説明も必要でしょうが、消費者もある程度は調べられますから、事前に情報確認するべきでしょうね。

■ 【大炎上】福島瑞穂「国民は、だます対象か、税金を吸い上げる対象か、搾り取る対象でしかない」→ ツイッター削除し書き換え…

『国民は、だます対象か、税金を吸い上げる対象か、搾り取る対象でしかない』って、これが社民党の正体かよ!(怒)

慌ててツイッターを削除したようですが、国民を騙しているのが福島議員だということが、よ〜く分かりました。(呆)
posted by babiru_22 at 05:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする