2018年07月11日

『絶滅危惧種ビジネス 量産される高級観賞魚「アロワナ」の闇』エミリー・ボイト




 絶滅危惧種アロワナは、貴重な伝説の魚か、大量生産された商品か、それとも危険な外来種なのか? 業界が口を閉ざす世界屈指の高級観賞魚の謎に著者が命がけで迫るルポルタージュ。

 アジアアロワナの希少種は重装備の警備車両で輸送され、3000万円もの高値で取引される。日本を抜いて最大市場となった中国では、上昇志向のシンボルとなり、幸運のアロワナを信じる富裕層が購入。なかでも好まれる赤いアロワナ「スーパーレッド」は魚のフェラーリとも言われる。いっぽうで「石油やダイヤはもう古い、アロワナはいま最も効率の良い取引」とされ、フィッシュ・マフィアによる誘拐や殺人事件も後を絶たない。日本人バイヤーを誘拐し身代金を要求する事件も発生した。なぜアロワナは、これほどにまで人々を熱狂させるのか。はたして、絶滅危惧種アロワナは、貴重な伝説の魚か、大量生産された商品か、それとも危険な外来種なのか? 著者は3年半かけて世界15カ国の「現場」をめぐり、この矛盾に満ちた魚の謎を追いかける。熱狂的なコレクターや新種ハンター、そして世界屈指の探検家ハイコ・ブレハや日本の観賞魚トップシェア会社の創業者との出会いも。その目で野生のアロワナの実態を確かめるべく、ボルネオ奥地や立ち入り制限されたミャンマーの交戦地帯、そして武装した麻薬密売者が跋扈するゲリラの拠点コロンビア領アマゾンへ、ハイコ・ブレハとともに足を踏み入れる。ワシントン条約の杜撰さをも暴き、命がけで確かめた真実とは。石炭王が作ったアルビノだけの私設動物園や、オリーブの代わりに子羊の目玉を入れたマティーニやタランチュラのてんぷらが供される「探検家クラブ」のパーティなど、知られざる世界も覗き見ることができるスリリングな弩級ノンフィクション!

 本書は、東南アジア、アマゾン流域の国々を中心に15カ国を、アロワナを求めて旅をした著者が「絶滅危惧種ビジネス」の現実と闇をまとめたもの。背後にある矛盾と皮肉に満ちた現実が衝撃的でもありますが、絶滅危惧種であるにも関わらず高値で取引され、闇のビジネスの資金源にもなっているアロワナ取引の実態は興味深かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 15:26| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/10)

■ 立民 辻元氏「国交相は『カジノ第1』でなく災害対応に集中を」

『立憲民主党の辻元国会対策委員長は党の代議士会で「石井国土交通大臣は、しっかり陣取って、災害対応の指揮を執るべきだが 参議院で、カジノ法案の審議に出席しており、人の命より、カジノやギャンブルが大事なのか。『人命第1』と言いながら、残念ながら『カジノ第1』になっている。とにかく災害対応に集中してほしい」と述べました』って、つい先日は西日本が大雨による被害で大変な時期に内閣不信任案提出の調整を急ぐとしていて、この言葉ですから、政局を

災害利用

するな!と言いたい。(怒)

そもそも国政ではモリカケばかりで、国交相が現地にいなくても災害救助や災害復旧作業はできるのだから、何を言っているんだ?

批判も言いがかりでしかなく、災害を利用してまで印象操作をする野党には心底腹立たしさを覚えます!(怒)

■ 西日本豪雨、多くの犠牲者はなぜ逃げなかったのか 「自分は大丈夫」という油断が怖い

『行政だけに頼らず、我が家の避難ルールを明確にしておくことが大切ですね』ともあるように、災害の際にはどうすべきかは、それぞれの家庭で明確化しておくべきこと。

そして逃げる逃げないの判断も、最終的には自己判断にもなり、自己責任が問われます。

行政などは早くから避難情報を出していましたが、避難せずに災害に巻き込まれた人が多いとも思いますが、早めの避難、そして避難場所の確認なども必要ですし、決して他人事ではなく、ここから多くの教訓こそ学ぶべきだと思います。

■ 倉敷市が支援物資受け入れを休止「秋冬の衣服も…」

『倉敷市は「被災者のニーズと合っていない秋冬の衣服などの提供も多く、避難所のスペースを圧迫してしまっている。今後、必要とされている物資をしっかり届けるためにも休止に理解してほしい」と話しています』とありますが、衣類の処分と勘違いしている人が多いということでもありますが、今何が必要なのかは、ちょっと考えれば分かること。

送料をかけて送っているから、送った本人は善意のつもりなのでしょうが、相手の立場として考えてほしいですし、自治体も必要なものはピンポイントでお知らせしないと理解しない人もいますから、こうした時はハッキリと指定すべきでしょうね。
posted by babiru_22 at 05:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする