2018年07月21日

『テーラー伊三郎』川瀬七緒

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

テーラー伊三郎 [ 川瀬 七緒 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/7/21時点)




 保守的な田舎町の老舗紳士服店に飾られた美しいコルセット“コール・バレネ”。それは、貧困家庭に育つ高校生・海色の人生を変える、色鮮やかな「革命」の始まりだった…。痛快エンタメ。『文芸カドカワ』掲載に加筆し書籍化。

 福島の保守的な田舎町で、ポルノ漫画家の母と暮らす男子高生・海色(アクアマリン)。17歳にして半ば人生を諦めていたが、ある日、古びた紳士服仕立て屋「テーラー伊三郎」のウィンドウに現われた美しいコルセットに心奪われる。頑固な老店主・伊三郎がなぜ女性下着を……騒然となる町内を尻目に、伊三郎に知識を買われたアクアは、共に「テーラー伊三郎」の新装開店を目指す。活動はやがて、スチームパンク女子高生や町に埋れていた職人らを巻き込んでいき……。

 本書は、年老いた仕立て職人と無気力な男子高校生が、死にかけた田舎町に「女性下着」のコルセットで革命を起こすエンタメ小説。田舎町に住み、海色と書いてアクアマリンと呼ぶキラキラネームがトラウマにもなっている高校生が、ある朝仕立て屋に飾られたコルセットに目を奪われた。官能漫画家の母の手伝いで半端じゃない女性下着の知識を持つ高校生と、変わり者のテーラー伊三郎、そしてスチームパンク少女が出会うことで、化学反応の様に巻き起こる町の騒動が描かれた作品ですが、登場人物がそれぞれに個性的で、異文化交流から、服飾を通して、一気に町が動きます。異文化交流から町の地域活性化に繋がる痛快な展開も面白かったですし、革命を通して、高齢者も生き生きとし、若者と共に化学変化が起きる物語でもありましたが、明るく前向きな物語でエンタメとしても面白かったです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 22:12| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/20)

■ ロシア、北方領土特措法に反発=共同活動の「障害」

『声明は、法改正が「南クリール諸島(北方領土)を『日本固有の領土』などとするこじつけと直接結び付いている」と主張。四島のロシア帰属は「第2次大戦の結果で、疑う余地がない」と従来の見解を繰り返した』とのことですが、国際法を無視して

火事場泥棒

やらかしたのは、どこの国だよ!(怒)

相変わらずの盗人猛々しい言葉ですが、日ソ中立条約を破って、日本に侵略してきたのが旧ソ連であるにも関わらず、これですからね。(呆)

■ 立憲が政権構想明示を=国民・玉木氏

『野党党首会談で、玉木氏は「われわれは連立政権を組む用意がある」と呼び掛けた。枝野氏から明確な返答はなかったという』って、結局は元民主党じゃんwww(呆)

連立を組む以前に、政策出しましょうよ。。。(呆)

■ 40度超、多治見市の公立小エアコン設置率0% 全国の公立小中で大きな差…東京99・9%、千葉44・5%

『小中学校の場合、市町村の財政が豊かかどうかということも関わってくる。設置するとなれば、(自治体内の学校で)一斉に導入しなければならず、0か100かとなるのだろう。義務教育段階では国などが補助金を出すなどしてなるべく教育環境を等しく整えるべきだ』ともあるように、多治見市で公立小学校のエアコン設置率が0%というのは自治体の問題です。

どの自治体も財政は厳しいでしょうが、子どもの教育に予算を付けるべきですし、これは行政だけでなく市議会もしっかり仕事をしていたのだろうか?と思ってしまいます。
posted by babiru_22 at 08:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする