2018年07月24日

『誰が一木支隊を全滅させたのか ガダルカナル戦と大本営の迷走』関口高史




 ガダルカナルの戦いにおける一木支隊の全滅は、一木支隊長の無謀な戦闘指揮によるものという評価は真実か。生還者や一木自身の言葉、軍中央部などの証言をはじめ、公刊戦史、回想録等を読み解き、作戦の実相を明らかにする。

 ガダルカナル島奪回作戦(昭和17年)で一木清直大佐率いる約900名は1万人以上の米軍に挑み、あえなく全滅した。戦後、「一木は、わずかな兵力でも勝てると敵を侮り、敗れた後は軍旗を焼いて自決した」「一木の無謀な戦闘指揮が敗因」という評価が定着していたが、果たしてそうなのか? 一木支隊の生還者、一木自身の言葉、長女の回想、軍中央部や司令部参謀などの証言をはじめ、公刊戦史、回想録、未刊行資料などを読み解き、作戦の実相を明らかにする。

 本書は、ガダルカナル島奪回の無謀な作戦の責任を全て一木支隊長に押しつけたのは誰なのか?を探る、従来の定説を覆すノンフィクション。ガダルカナル戦については、様々な書籍が出ていて、いわゆる定説についても書かれていますが、本書は著者が支隊の生還者や一木自身の言葉、軍中央部や司令部参謀などの証言を元に作戦の責任についてを改めて問う一冊で、その丹念な取材力から明らかにされる点が多いのは高く評価できます。本書で書かれることが全て事実かどうかは分からないところはあるものの、歴史資料となる内容で、一木支隊長の心情にはかなり迫ったノンフィクションとなっています。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:34| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(7/23)

■ “架空請求”被災地で急増 政府が呼びかけ

『公的な機関などを名乗り、実際には発生していないウソの料金を請求する「架空請求」が、西日本豪雨の被災地で急増し、政府が注意を呼びかけている』とのことですが、この架空請求している輩は、見つけ次第

極刑を希望

します。

こんな火事場泥棒のような架空請求をする輩は、社会的制裁も受けさせるべきで、こうした犯罪の厳罰化も望みます。

■ 立民公認 ・東友美「血縁の父は酷いパチンコ依存症でした。だからカジノに大反対」

『この際だから言いますが血縁の父は酷いパチンコ依存症でした。休日、家族で出掛けようと早朝から楽しみに準備するのですがどんなに止めてもパチンコに行って夜まで帰ってきませんでした。母が作ったお弁当を家で食べることもよくありました。結局お金を持ち出して消えた父。私はカジノに大反対です』って、それならなんでパチンコについては反対しないんですか?

パチンコは放置して、カジノ反対とか、ダブルスタンダートぶりも相変わらずですが、ギャンブル依存症ウンヌン言うなら、まずはパチンコを反対して下さい。

■ 埼玉・熊谷で史上最高41.1度 東京初の40度超え…青梅で40.8度

『日本列島は23日も高気圧に覆われ、東北から九州にかけての広い範囲で気温が上がり、埼玉県北部の熊谷市で午後2時16分に国内の観測史上で最も高い最高気温41.1度を観測した』とのことですが、北海道の日高地方はエアコンの必要性すらありませんが、この涼しさは全く想像できないでしょうね。

40度超えだと、外に出るにも大変でしょうし、生活にも支障をきたすレベルだと思いますが、連休で北海道に来れる方は、この時期こそ北海道でも涼しい日高地方に来てほしいです。。。
posted by babiru_22 at 07:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする