2018年08月08日

『暗闇のアリア』真保裕一

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

暗闇のアリア [ 真保 裕一 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/8/8時点)




 夫の自殺に疑問を持った真佐子は、元刑事の井岡に相談をし調査を開始した。ふたりは謎の鍵となる青年の存在にたどり着くが、彼は異国で既に死んでいた…。『小説野性時代』連載に書き下ろしを加え書籍化。

 夫は自殺ではない、殺されたのだ。警察から連絡を受けて、富川真佐子は呆然となる。自殺の状況は完璧にそろっていた。でも、絶対に違う。夫は死を選べるような人ではない。この自殺の背後には、きっと何かある……。真相を探る孤独な闘いが始まった。警察庁では、真佐子から相談を受けた元刑事の井岡が、内密に過去の事件を調査していく。次々と明らかになる不可解な自殺……。もし、自殺大国と言われる日本で、多くの「偽装された死」があるとしたら? ついに二人は謎の鍵を握る男の存在にたどりつく。が、彼はすでに異国の地で死んでいた!? 闇にうごめく暗殺者は、なぜ生まれたのか? 国際的スケールで展開する極上エンターテインメント!

 物語は北アフリカの紛争地帯で幕を開け、ある経産省キャリア官僚が首をつった状態で死亡し、娘は電話で「もう生きていけない」という父親の最期の声を確かに聞いた。だが妻は、夫は自殺ではない、殺されたのだ、と確信する。相談を受けた元刑事が、内密に過去の事件を調査していくと不可解な「自殺」を遂げた人たちがいることが次々と明らかになっていく……という作品。物語の中では、JICAやODAを巡る利権争い、米露による武器ビジネス、暴力団、復讐……と様々な要素が盛り込まれていますが、犯人の動機がやや不明瞭で、様々な問題を詰め込みすぎたことが逆に問題の焦点がボヤけており、この点がマイナスでしたが、作品としては面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:28| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/7)

■ 【平和記念式典】『広島県民から言わせてもらうが 原爆の日に慰霊もせず太鼓や笛を吹きならし 騒ぎ出すのはいい加減にやめてくれ…』

『広島県民から言わせてもらうが 原爆の日に慰霊もせず太鼓や笛を吹きならし、騒ぎ出すのはいい加減にやめてくれ。こともあろうか平和記念式典中にもすぐ隣で「戦争反対」「原発反対」「アベ辞めろ」 県外から集まった「こんな人たち」に 我々はとても迷惑をしています』とありますが、原爆の日を

政治利用

する輩は本当に腹立たしく思います。(怒)

人間として慰霊をすることが何より大切だと思いますが、平和を静かに祈る事ができずに、広島の人達に迷惑をかけるとか、失礼極まりない行為です!(怒)

■ 75歳以上の医療費「3割負担」、対象を拡大 現役世代の過重負担軽減 政府・与党が検討

『政府・与党が、75歳以上の後期高齢者医療制度で現役世代と同じ3割負担の対象の拡大を検討していることが6日、分かった。高齢者医療費の増加に伴い、現役世代の過重な負担を解消する狙いがあり、具体的には今後詰めていく』とのことですが、現役世代の負担を考えると3割負担は適正化とは思います。

ただ、病院に行かない人には負担を軽減する措置を取ってもいいようには思いますが。。。

■ 【文科省汚職】東京医大、昨年は13人が不正入試 2年で20人近く 8〜45点の加点

『2年間で20人近い受験者で不正が行われた疑いがある』とありますが、事実確認の徹底調査を早急に行うべき。

そして文科省の腐った組織の解体も希望します!
posted by babiru_22 at 06:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする