2018年08月13日

『極夜行』角幡唯介

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

極夜行 [ 角幡 唯介 ]
価格:1890円(税込、送料無料) (2018/8/13時点)




 暗闇のなか、氷床を歩き続け3カ月ぶりに太陽を見た時、人は何を思うのか…。太陽が昇らない冬の北極を、一頭の犬とともに命懸けで体感した探検家がつづる冒険ノンフィクション。『文春オンライン』連載に加筆修正。

 本書は、著者が太陽の登らない冬のグリーンランドを、徒歩でソリを引きながら探検をした内容をまとめたノンフィクション。全く太陽の昇らない極夜の北極圏を旅したら何を見るのか……という自身の探検を綴ったものですが、眠りから覚めても真っ暗闇で、気温はマイナス30度前後。自身のヘッドランプを頼りに出発の用意をして、月明かりの下、真っ暗な氷原にソリを引き、相棒である1匹の犬と、暗さ、寒さ、孤独と格闘する日々の様子は圧巻です。準備に4年をかけ、4ヶ月以上の間、真冬の北極圏を一人で歩く探検記録でもありますが、GPSもなく六分儀さえ失った極夜の極限状態の中で著者が感じたこと、エピソードなど、強烈なリアリティを感じた一冊です。

【満足度】 ★★★★★(文句なし!)
ラベル:角幡唯介 極夜行
posted by babiru_22 at 15:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/12)

■ 鳩山氏が安倍総理を痛烈批判「世界から失笑を…」

『中国が進める一帯一路構想については「習近平主席は、目的は平和をもたらすことだと述べた」として、日本は大いに協力すべきと強調しました。さらに、安倍総理の対北朝鮮政策についても、「対話の時代は終わったなどと述べ、世界から失笑を買った」と批判しました』って、まずは

お前が言うな

ですね。。。(呆)

脳内お花畑は相変わらずですが、世界から失笑を買ったのは本人自らですし、もはや誰も構ってくれないから唯一構ってくれる中国には犬となってるとか、よく自分のことを棚に上げて言えるものだ。。。(呆)

■ 文科省汚職事件、立憲民主党・吉田議員のとても恥ずかしい写真が流出!日本眼科医連盟から多額の献金も

『写真に写るのは立憲民主党の吉田統彦議員である。クラブで女性のスカートに手を入れ眠っている。顔色からして泥酔しているようだ。この写真が撮影されたときに現職であったかどうかは不明だが、吉田議員は現在、立憲民主党所属の現職国会議員である。これを単なる「プライベート」として片づけることができるだろうか?』とありますが、単なる酔っ払いでの膝枕だけならまだしも、スカートの中に手を入れている時点で、アウトです。(呆)

それにしても、立憲民主党って、こんな輩しかいないのか?(呆)

■ 「その仕事、沖縄でやってください」政府が提案

『政府は、沖縄が持つ観光地としての魅力を生かし、観光シーズンの夏はワーク(仕事)とバケーション(休暇)を組み合わせた「ワーケーション」と呼ばれる働き方を提案する。夏以外にも、本州よりも暖かい冬や、スギ林が少ないため花粉症に悩まされることが少ない春のテレワークも呼びかける』とのことですが、IT企業でもあるのだから、むしろ北海道にすべきです。

地方へ分散させることには賛成ですが、沖縄に限定するのではなく、分散してほしいものです。
posted by babiru_22 at 06:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする