2018年08月14日

『合成生物学の衝撃』須田桃子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

合成生物学の衝撃 [ 須田 桃子 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/8/14時点)




 コンピュータ上でDNAを設計した人工生命体が誕生。カズオ・イシグロの代表的小説「わたしを離さないで」の世界が現実になる科学に人間の感情はついていけるか? 合成生物学の取材・研究に基づく科学ノンフィクション。

 2000年代初頭、マサチューセッツ工科大学に集まった科学者たちは、生物学を工学化することを思いつく。コンピュータ上でDNAを設計し、その生物を実際につくってみるのだ。「合成生物学」と呼ばれるようになるその学問はビル・ゲイツをして「もっともホット」な分野と呼ばれるようになる。企業が血眼になり、軍の研究機関が莫大な予算を投じる。そうした中、孤高の天才科学者が20年かけてついに人工生命体を作ることに成功する。ヒトまでも人工的につくる時代が来るのだろうか? 『捏造の科学者 STAP細胞事件』で新たな科学ノンフィクションの地平を開いた著者が放つ大宅賞受賞後第一作!

 本書は、合成生物学で何が行われているか?についてのノンフィクション。合成生物学は、生命の設計図であるDNAを改変したり、実験室で一から合成して、自然界にいない新たな生物を作るという試みですが、著者が米国での合成生物学の最前線を追ってまとめたもの。合成生物学は人類にとって有用な生物をつくり出したりする一方、軍事目的などに悪用される恐れもあり、著者はこの点を危惧していますが、ある研究所では、さまざまなDNAの断片を作製し、多様な組み合わせで結合させて細菌などの遺伝子に組み込み、自然界に存在しない新しい病原体をつくり出していたと言い、合成生物学的な手法が生物兵器開発に実際に使われていたようで、非常に衝撃的な一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 19:24| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/13)

■ 赤字で揺れた「阿波おどり」開幕 総踊り中止で桟敷席に目立つ空席

『徳島の夏の風物詩「阿波おどり」が12日夕、徳島市で開幕した。4億円超の累積赤字問題で一時、「中止か分裂開催」などと危惧されたが、例年通り15日まで開催される。だが観光客の出足は鈍く、桟敷席チケットの売れ行きは伸び悩んでいる』とのことですが、

問題の闇

が深いですし、完全に悪循環となっていますが、個人的には市長と徳島新聞の責任は重いと思います。

■ 真備で自衛隊の活動終了し撤収 「離れるのさみしい」市民見送り

『西日本豪雨で甚大な被害を受けた倉敷市真備町地区の支援で派遣されていた陸上自衛隊が11日、現地での活動を終了。12日までに撤収した』とありますが、まだまだ復旧活動をしている地域はあるでしょうが、倉敷市真備町地区の支援で派遣されていた陸上自衛隊の皆様、本当にご苦労様でした。

猛暑の中の作業は大変だったこととは思いますし、このような報道は地方新聞でしかされないことが、本当に残念でなりません。

少しでも多くの自治体、そしてマスコミが積極的に、自衛隊に理解を示してくれることを願います。。。

■ 夫婦2人の時間が苦痛に…急増する「夫源病」 典型的“昭和のオヤジ”はご用心

『「風呂、お茶、飯」。退職後、一日中自宅にいるにも関わらず、会社員時代と変わらぬ亭主関白ぶりで指図する夫の態度などが原因で、妻が体調を崩す「夫源病」が増えている。なかには別居や離婚に至るケースも。専門家は、退職後の夫と妻が、自宅で四六時中お互いに顔をつきあわせる“苦痛”を想定できなかったことが原因だと指摘している』とのことですが、そもそも夫婦間でそれまでの間コミュニケーションをしっかりと取っていないから、そうなるのであって、いわば自業自得。

更には、いかにも夫側だけが問題あるように記事の書き方をしていますが、どちらか片方だけの責任や問題ではなく、夫婦間としての問題でもあり、妻側の問題があるケースもあるだろうから、そのところは公平な内容にすべきとも思います。
posted by babiru_22 at 05:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする