2018年08月17日

『それ自体が奇跡』小野寺史宜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それ自体が奇跡 [ 小野寺 史宜 ]
価格:1566円(税込、送料無料) (2018/8/17時点)




 30歳、結婚3年目、共働き。夫は報酬ゼロのJリーグ入りの夢を追い始め、夫の事後報告に異を唱えた妻は違う男に惹かれ始める。初めて訪れた危機を、夫妻は乗り越えられるのか…。夢を諦めないすべての男女に贈る夫婦の物語。

 田口夫妻が勤める百貨店で唯一の定休日である元日。夫の貢が「本気のサッカーがしたい」と宣言し、妻の綾が「絶対ダメ」と反対したことから、2人の波乱の1年が幕を開けた。会社のサッカー部が廃止になり、くすぶっていた貢の元を、大学の先輩だという立花が訪れた。サッカーチーム「カピターレ東京」に入団し、東京23区で初めてのJリーグ入りを共に目指してほしいと熱心に勧誘される。報酬ゼロなのに本気のサッカーへの誘いに心を動かされた貢は、その場で「やります」と返事をしていた。高卒で百貨店に入社して13年、そろそろ子どもを産みたい、と考えていた綾は、夫の突然の宣言に異を唱える。特にイヤだったのは、それが相談ではなく事後報告だったことだ。夫との関係がぎくしゃくしたせいか、綾は仕事で初歩的なミスをしてしまうが、それがきっかけで客の天野と知り合い、2人で映画に行くことに……。30歳、結婚3年目、共働き。夫が本気の夢を追い始め、妻は別の男に惹かれ始めた。初めて訪れた危機を、田口夫妻は乗り越えられるのか!?

 物語は、30歳のサラリーマンが、Jリーグ入りを目指すチームに加入し、「無償だけど本気のサッカー」に打ち込むという作品。その過程に、夫婦の危機と再生が描かれますが、サラリと読めた作品ではありますが、何の相談もなく、一方的に無償のサッカーチームに入ることを告げる主人公の身勝手さが最後まで残り、イマイチ感も残りました。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 20:39| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/16)

■ 元コンサル「国会議員がケツ持ち」 文科省汚職で追起訴

『谷口元役員が数年前、元閣僚の旧民主党系参院議員の「政策顧問」としての肩書を得たことだ』って、朝日新聞は政党名も議員名も隠してますが、完全に

立民への忖度

ですね。。。(呆)

あら、忖度を散々問題視していた新聞社が、自分の忖度は問題視しないのですか?

様々なところで議員の実名まで出ているというのに、忖度して公表しないのだから、このダブルスタンダードぶりにも呆れて言葉もありません。。。

■ 立民、11月に「農政ビジョン」 戸別所得補償を復活

『立憲民主党は11月をめどに、作物や地域ごとのきめ細かい農業の基本政策「農林漁業に関する政策ビジョン」をまとめる。田畑の面積に応じて農家に補助金を配る戸別所得補償制度の復活などを盛り込む見通し』とのことですが、そのバラ撒く補助金の財源はどこなんですか?

立憲民主党なら、またまた埋蔵金とか言い出しそうですが、詐欺フェスト復活ですか?

■ 貧困LGBTに住まいを NPOが「支援ハウス」資金募集

『生活に困窮したLGBTなど性的少数者の自立に向けた場をつくろうと、東京都内のNPO法人などが協力し、当事者が一定期間、住居に利用できる個室シェルター「LGBT支援ハウス」を開設する』とありますが、貧困対策でなぜLGBTだけ限定なのか?

LGBTと貧困問題は完全に別だろうし、これではLGBTの逆差別で、むしろ誤解を与えることにも繋がりますが、そこまで考えているのだろうか?
posted by babiru_22 at 06:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする