2018年08月19日

昨日の出来事(8/18)

■ メルケル独首相、難民の本国送還強化を表明 極右のデモ受け

『ドイツのメルケル首相は16日、受け入れを拒否した難民を巡る本国送還の迅速化に向け、取り組みを強化すると表明した』とありますが、わざわざ日本にまで来て、難民を受け入れろと散々批判していて、これですからね。

自身の発言と行動に責任を取るべきですが、この手のひら返しは、一国の首相としては

無責任

であり、自国のドイツは勿論のこと、世界各国を混乱させたのだから、説明と謝罪が世界に対して必要です。

それにしても今になって理解するとか、理解するのがあまりにも遅すぎます。

■ 精神科入院の男性死亡 「不適切な身体拘束」両親提訴へ

『石川県内の精神科病院に入院していた長男(当時40)が肺血栓塞栓(そくせん)症(エコノミークラス症候群)で死亡したのは不適切な身体拘束が原因として、両親が病院を経営する法人に約8600万円の損害賠償を求める裁判を近く金沢地裁に起こす。精神科での身体拘束をめぐっては最近、こうした訴訟が相次いでいる』とのことですが、その時の状況と状態が分かりませんが、むしろ適切な身体拘束とは何なのかを問いたい。

子どもが亡くなり、気の毒ではありますが、自分たちの手に負えず入院していたのだろうし、こうした提訴が相次ぐと、入院できなくなる人も増えるだろうし、『14日の看護記録に「前日、スタッフへの暴力行為あり」との記述がある』ともありますから、拘束せざるをえなかったのだろうと思いますが、最近こうした訴訟が次々出てきていますが、言葉は悪いですが「損害賠償ビジネス」に近いのではないか?とも思ってしまいます。。。

■ 支店長が部下にクイズ 不正解者は有休取れず

『ジャパンビバレッジの従業員4人によりますと、おととし5月、支店長は「有給チャンス」というクイズを部下に出し、そのクイズに不正解だと有給休暇を取得させなかったということです』とあり、ニュースの動画にそのクイズも出ていましたが、「不正は永久追放」とか、「まずは降格」とか、よくこれで支店長ができるものとも思います。

クイズの問題に間違いがありますから、これは支店長が自らで永久追放ですか?(呆)
posted by babiru_22 at 06:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする