2018年08月29日

『肉弾』河崎秋子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

肉弾 [ 河崎 秋子 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/8/29時点)




 心の通わぬ父子は、森へ入っていく。そこが獣の領域と知りながら…。北海道のカルデラ地帯で孤立した青年が熊や野犬と戦い、人間の生きる本能を覚醒させてゆく。圧倒的なスケールで描く肉体と魂の成長物語。

 豪放でワンマンな父親のもとで育った貴美也は大学を休学中のニート。親に反発しながらも庇護下から抜け出せずにいる。そんな彼を父親は、北海道での狩猟に連れ出した。地元ガイドの話を無視し、大物の雄鹿を仕留めるために、父子はカルデラ地帯の奥深く分け入っていく。そこに突然熊が襲ってきた。なすすべなく腹を裂かれて死ぬ父親。ひとり取り残された貴美也。後ろから気持ちの悪い唸り声が追ってきた。情けなく涙と涎を垂らし、悪態をつきながら、貴美也は逃げる。ただ、死なないために。自分の傲岸なまでに強靭なエゴに支配される人間。人間に従属する歴史を繰り返した犬。人間の営みにより生活をおびやかされた熊。残酷だが美しい、それぞれの生……そして青年は覚醒する。

 本書は、北海道の山中、四晩にわたって人間と動物が繰り広げる極限の物語。心の通わぬ親子が、狩猟のため北海道の森へ入り、山中でたった独りになった青年と、人間に捨てられた野犬の群れとの、極限の状況の中での本能が描かれる作品でもありますが、自然の厳しさ、動物達の描写など迫力抜群で、荒削りな文体ではあるものの、壮絶な展開にも圧倒されます。

【満足度】 ★★★★
ラベル:河崎秋子 肉弾
posted by babiru_22 at 17:39| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/28)

■ 関西生コンのトップを逮捕 滋賀の生コン業者の恐喝未遂事件 契約断った商社に「大変なことになりますよ」

『準大手ゼネコンが進めていた倉庫建設工事をめぐる恐喝未遂事件で、湖東生コン協同組合(滋賀県東近江市)の加盟業者と契約するよう商社の支店長を脅したとして、滋賀県警組織犯罪対策課は28日、恐喝未遂容疑で、全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部執行委員長、武建■容疑者を逮捕した』とありますが、辻元議員を始めとして、関西生コンと関係のあった議員は、今すぐに

説明責任

を果たせ!(怒)

そしてマスコミは、この疑惑追及こそ行うべきだ!

■ 共産市議、空自航空ショーに中止要求 「戦闘と切り離せぬ」埼玉・鴻巣 迷彩服イベントに続き

『埼玉県鴻巣市で10月に行われる航空自衛隊機の航空ショーについて、地元の共産党市議らが「戦闘と切り離すことはできない」として中止を求めていることが27日、分かった。主催する市商工会青年部は「中止の理由にはならない」として応じず、予定通り実施する方針』とのことですが、市商工会青年部の言うように、中止の理由には全くなっていません。(怒)

航空ショーを「戦闘と切り離すことはできない」と言うのは頭がおかしいと言わざるをえませんし、脳内変換があまりに酷過ぎますが、それならむしろデモ行進の方が戦闘を連想するのでは?

■ 函館 コンビニに車突っ込む 82歳運転手「体が言うことを聞かなかった」 女性客けが 北海道

『事故を起こした男性(82):「自分もそういう年齢だからと思って気を付けていたが、体が言うこと聞かない。年とればこうなる」』とありますが、最近の同様の事故で感じることですが、加害者は何で被害者に対しての謝罪を言わないんだ?(怒)

事故を起こしたのは自分の責任なのに、相手に対して謝罪もせずに、言い訳ばかり。(怒)

こういう加害者には「恥を知れ!」と言いたい。
posted by babiru_22 at 07:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする