2018年09月30日

昨日の出来事(9/29)

■ 「旭日旗」掲揚自粛、日本は断固拒否 海自「要請は非常識」

『防衛省・自衛隊は、韓国側が求める自衛艦旗「旭日旗」の掲揚自粛を断固拒否する構えだ。軍艦旗に当たる自衛艦旗の掲揚は、軍艦と民間船を区別するために課せられた国際ルールで、韓国側の要請は「非常識」(海上自衛隊幹部)と指摘せざるを得ないからだ』とのことですが、これは

当然の対応

です。

記事にも書かれているように、韓国側の要請は国際的上、非常識な要請であり、こうした韓国の非常識極まりない要請こそ、世界に対してアピールすべきです。

■ 演壇で喉あめ、出席停止=「子連れ市議」に−熊本市議会

『緒方氏は退席後、記者団に「飲食ではなく喉のケア。議会の品位を損ねたと思っていない」と話した。同氏をめぐっては昨年11月、当時生後7カ月の長男を抱いて本会議に出ようとして押し問答になる騒動があった』とありますが、よくこれで市議会議員を務めているとも思いますし、ハッキリ言って議員の資質すらありません。

喉のケアというのであれば、喉スプレーでも対処できますし、喉アメを口に入れていたとしても、質疑の際にはアメを口から出すべき。

炎上で自らをアピールしたいのか何なのかは分かりませんが、自分でできることすらせずに、他人に責任転嫁とか、こういう非常識議員こそリコールすべきだと思います。

■ 汚染水、浄化後も基準2万倍の放射性物質 福島第一原発

『基準値を超えた原因について、東電は、2013年度に起きたALPSの不具合で、処理しきれなかった高濃度の汚染水がそのまま保管されていることや、処理量を優先し、放射性物質を取り除く吸着材の交換が遅れたことなどを挙げている。今後、吸着材の交換時期を見直すなど対応を検討するという。ただ、今後も基準値超えの放射性物質が検出される可能性は否定できないと認めた』とのことですが、東電の対応には明らかに問題があります。

対応の検討などということではなく、即座に対処することを行うのみです。
posted by babiru_22 at 07:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

『死の島』小池真理子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

死の島 [ 小池 真理子 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/9/29時点)

楽天で購入



 定年後、小説講座で教えながら独り暮らす、澤登志夫。プライド高く生きてきた男が不治の病に侵され、余命を知った時、死をどう迎えるか…。現代をゆさぶる傑作長編。『オール讀物』掲載を単行本化。

 文藝編集者として出版社に勤務し、定年を迎えたあとはカルチャースクールで小説を教えていた澤登志男。女性問題で離婚後は独り暮らしを続けているが、腎臓癌に侵され余命いくばくもないことを知る。人生の終幕について準備を始める中、講師として彼を崇拝する若い女・樹里は自分の抱える闇を澤に伝えにきたが…。激情に没入した恋愛、胸をえぐるような痛恨の思いを秘めて皮肉に笑い続けた日々。エネルギーにあふれた時代を過ぎて、独りで暮らし、独りで死ぬという生き方は、テレビで繰り返し言われるような「痛ましく、さびしい」ことなのか。ろくでもない家族でも、いさえすれば、病院の付き添いや事務処理上の頼みごとができて便利なのだろうか。生きているうちから、人様に迷惑をかけないで孤独でない死を迎えるために必死に手を打ち備えることは、残り少ない時間を使ってするようなことだろうか。プライド高く、理性的なひとりの男が、自分らしい「死」の道を選び取るまでの内面が、率直にリアルに描きつくされる。人生の幕引きをどうするか。深い問いかけと衝撃を与えてくれる小池真理子の真骨頂。『沈黙のひと』と並ぶ感動作。

 物語は、末期癌の宣告を受けた男の人生を描いた作品。末期癌と死をテーマに描いているだけに、重くなりがちなテーマではあったものの、その死生観がどうも中途半端に描かれていて、読み物としてはそれなりに楽しめたものの、尊厳死に結びつける展開は大きな疑問を感じました。心理描写は良かったものの、個人的にはイマイチです。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 17:27| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/28)

■ 文大統領「慰安婦の被害を直接経験」国連で演説

『文在寅大統領は26日、国連総会の一般討論演説で、「我が国は『日本軍慰安婦』の被害を直接経験した」と発言した』とありますが、完全なる

合意違反

ですから、日本政府は断交の意思表明をすべきで、国と国同士の約束同意すら無視するのですから、韓国に対しては制裁措置も行うべきだ!(怒)

■ 韓国海軍「海上自衛隊旗揚げないで」 観艦式で間接要請

『報道官は「海軍は旭日旗に対する国民の憂慮を解消するために努力している」とも説明。日本の海上自衛隊に対し、自衛艦旗を使わないよう間接的に要請した形だ』とのことですが、自衛隊旗にはいちゃもんつけて、なんで朝日新聞社の社旗は批判しないんだか。。。(呆)

海軍に対して海軍旗を掲げるなという要請がどういうことを意味するのか韓国は全く理解しておらず、また理解しようとすらしていませんが、身勝手は許すべきではありません。

■ 勝間和代氏、LGBT割合は「佐藤、田中、鈴木、高橋を合わせたより多い」

『経済評論家の勝間和代氏が28日、NHK「あさイチ」に生出演。5月に同性との交際を公表したが、その事を聞かれると目に涙を浮かべながら、LGBTの人の割合を分かりやすい例えで表し、「多くの人と同等の権利が欲しいといっているだけ」と訴えた』とありますが、同等の権利って何なのでしょう?

LGBTであろうとなかろうと、人権としては認めるべきですし、いわゆる差別すべきではありませんが、他人の主観はそれぞれ自由でもありますし、権利の主張だけするのはいかがなものかと思います。

権利を主張するのであれば、その権利についてを説明すべきなのに、説明すらせずに権利を求めるというのは、一種のエゴであり、権利は同等のはずで、価値観の押し付けをすることには断固反対です!
posted by babiru_22 at 06:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月28日

『壊れた世界で“グッドライフ”を探して』マーク・サンディーン




 ミニマルライフやシンプルな生活は、現状に対する不服従の実践だ…。人類の食欲が地球の資源を上回るようになった現代で、食とエネルギーを自給自足するシンプルな暮らしを実践する3家族を紹介する。

 シンプルな生き方は簡単じゃない。シンプルですらない。格差を生み出し続ける資本主義と、搾取や地球環境への負荷を生み出す行き過ぎた消費社会から積極的に抜け出し、ローカルやコミュニティの価値を重視する、倫理的で自由な生き方は本当に可能なのか!? 『スエロは洞窟で暮らすことにした』の著者最新作。

 本書は、資本主義社会から離れて共同生活を送る3家族を紹介したノンフィクションですが、環境破壊や気候変動など、地球上の様々な問題を考えて行動しようとしている姿勢は認めますが、気持ちのストイック差は理解できるものの、個人的には中途半端に見える部分が多かったのが残念です。日本でも、環境問題について訴える人も多いですが、その割には車を使い、化石燃料や電気を使い、化繊の衣類を使い、医療制度を利用していますが、問題提起をするのであれば、山奥で自然環境で、電気もガスもない石油もない生活を自ら率先して訴えるのであるなら、行動と言動が伴いますから、絶対的に認めますが、それが中途半端な人たちが多すぎるのが残念にも思っていますが、本書の生活ぶりも中途半端だったことが残念です。

【満足度】 ★★☆
posted by babiru_22 at 15:00| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/27)

■ むずかしすぎる!五輪大会ボランティア応募フォーム

『多少、辛口な評価だが、8万人集めなければならない無料ボランティアの応募フォームだ。筆者の応募フォームに30分どころか、約半日費やしたことを考えると、1日も早く改善されなければならない。それでないとボランティアは集められない。また、この応募フォームが、天下の広告代理店の電通さんの仕事だったとしたら始末書ものだろう。営業担当は頭を丸めてすぐに謝罪にいくべきだ。いや、そんな暇があればこのフォームのエラーを見直すべきだ!』とありますが、どこの世界に応募フォームで半日も費やすものがあるんだか。。。(呆)

エラーメッセージばかりで質問項目すら読めない、トラップだらけの応募フォーム、誕生年を入力するのに57回もクリック……とか、

アホすぎ!

電通が下請けに回してのやっつけ仕事なのでしょうが、クソすぎて話にもなりませんね。。。(呆)

■ 関税含む日米交渉開始で合意 交渉中は関税引き上げ回避

『アメリカで行われた日米首脳会談で、安倍総理大臣とトランプ大統領は、「日米物品貿易協定」の締結に向けて、農産品などの関税を含む2国間交渉を開始することで合意し、共同声明を取りまとめました。両首脳は、交渉の継続中に、アメリカが検討する自動車などの関税引き上げ措置は発動しないことを確認しました』とのことですが、マスコミは批判的な意見が多いですが、一定の成果はあった日米首脳会談だったと思います。

交渉中は関税引き上げないというのは、中国への当て付けでもあるでしょうね。。。

■ LGBTポスターを学校に掲示へ

『LGBT=性的マイノリティーの児童や生徒が学校生活での不安や悩みを相談しやすい環境を整えていこうと、さいたま市教育委員会は、市内の小中学校などに多様性への理解を示すポスターを掲示することにしています』とありますが、小中学校にLGBTのポスターって必要ですか?

LGBTについての説明はすべきでしょうが、LGBTを教えるより区別と差別は違うことこそ教えるべきです!
posted by babiru_22 at 06:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月27日

『艦めし 海上自衛隊 最強レシピ集』協力:海上自衛隊




 陸海空・3自衛隊の中でも、特に料理がおいしいことで知られる海上自衛隊。カレーから、和食、洋食、アジアン、そしてスイーツまで、海自の絶品レシピ50皿を艦艇・基地の写真とともに紹介する。

 陸海空・三自衛隊の中で、もっとも料理が「おいしい!」といわれる海上自衛隊。そんな海自の料理……カレーをはじめ、和洋中アジアン&スイーツから「50皿」を厳選紹介! 護衛艦「いずも」の給養員密着や艦艇写真、海自Q&Aなど、企画ページも大充実です。“国家機密級”の美味をお愉しみください!

 本書は、「海自のカレー」「海自の和食」「海自の洋食」「海自のアジアン」「海自のスイーツ」のそれぞれのレシピを紹介すると共に、海上自衛隊について分かりやすく紹介しています。比較的親しみやすい料理がレシピと共に紹介されていて、航行中の限られた資材でコストを抑えつつ、美味しさを追求する姿勢も感じられる一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 18:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/26)

■ 金正恩氏「日本と対話の用意」=文氏が説明−日韓首脳会談

『安倍晋三首相は25日午前(日本時間26日未明)、韓国の文在寅大統領とニューヨーク市内のホテルで約50分間会談した。北朝鮮の非核化や拉致問題を解決するため、日朝首脳会談の実現へ協力していくことを確認。文氏は先の南北首脳会談で、金正恩朝鮮労働党委員長が適切な時期に日本との対話に応じる姿勢を示したと説明した』とのことですが、北との対話は

必要なし!

直接北朝鮮から連絡もなく、これまで散々対話を無視してきたのが北朝鮮でもあり、拉致被害者を帰すことすらしていないのだから、このような要求には一切応える必要はありません。

■ ツイッターが問題投稿で対策強化、「人間以下」の表現禁止へ

『短文投稿サイト、米ツイッターは、他人を人間以下に扱うコンテンツの表示を禁止する方針だ。プラットフォーム上の有害な投稿を排除し、より健全な対話を促す狙いがある』とありますが、NGワードを出していないですから、言論統制になるのでは?

ツイッターはやっていませんから、別に構いませんが、基準があまりにも曖昧すぎですし、言葉狩りのようなことはすべきでないとも思いますが。。。

■ 貴乃花親方 相撲協会が求める退職願再提出 応じない意向

『大相撲の元横綱、貴乃花親方は、日本相撲協会から改めて提出が求められている「退職届」について、現時点では提出しない意向であることがわかりました。これは、貴乃花親方の代理人の弁護士が明らかにしました』とのこどですが、相撲協会も改革が必要でしょうが、この件に関していえば、貴乃花の対応に問題がありすぎです。

話し合いにすら応じず、弁護士の入れ知恵なのかもしれませんが、普通であれば、弟子を他の部屋に引き渡してから辞めるべきで、相撲道うんぬん言う前に、人の道を考えろと言いたい。。。
posted by babiru_22 at 06:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

『経営者 日本経済生き残りをかけた闘い』永野健二

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

経営者 日本経済生き残りをかけた闘い [ 永野 健二 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/9/26時点)

楽天で購入



 企業の命運を決めたリーダー達の葛藤と決断! 武藤山治とカネボウの「滅びの遺伝子」、“最後の財界総理”奥田碩の栄光と挫折、豊田章男が背負う「トヨタの未来」…。経済記者が見てきた17の物語を「会社」の視点で描く。

 東芝、トヨタ、三菱、セブン&アイ。会社を「滅ぼす」のは誰か。なぜ今、日本を代表する企業で不祥事や内紛が相次ぐのか。戦前のカネボウから現在のソフトバンクまで、日本をリードしてきた企業の栄枯盛衰と、その企業の命運を決した経営者達の決断と葛藤を描き、日本企業と日本の資本主義のあるべき姿を問う。話題作『バブル』の著者が最前線で目撃してきた、経営トップ達の壮絶なるドラマ。

 本書は、日本の経済社会を動かした経済人に直接会って議論を交わし、本音を聞き出した著者が17人の経営者を評価したもの。ノンフィクションというよりも、著者の考えが強く出ているだけに、読み手によって評価も分かれるとは思いますが、経営者列伝として読むと面白かったです。

【満足度】 ★★★★
ラベル:永野健二 経営者
posted by babiru_22 at 16:52| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/25)

■ 介護実習生に学習費補助へ 来年度、厚労省方針

『厚生労働省は24日までに、介護職種で来日する外国人技能実習生が日本語や専門知識を学習する費用を補助する制度を新設する方針を決めた。外国人労働者の受け入れ拡大政策の一環。来年度予算の概算要求で約13億円を計上した』とありますが、日本人に対しては補助をせず、外国人にだけ補助するとか、言葉は悪いでしょうが、やろうとしていることが

国民差別

のようにも思います。。。

それよりも、現在の介護現場の環境改善をするべきで、問題の根本部分を改善しようとしていないだけに、これでは問題解決には繋がりませんし、むしろ現在の介護職の人達への補助こそするべき!

■ これで「一部損壊」? 家屋被害判定、不満広がる

『胆振東部地震での建物の被害認定を巡り、被災住民に不満や不安が広がっている。建物の外観を調べる自治体の被害調査では24日現在、道内の建物被害のうち8割が、国や道の支援金が支給されない「一部損壊」とされた。ただ外観に大きな損傷がなくても、地盤沈下などで内部がゆがむなどの被害を受けた住宅も多く、再調査を求める世帯も相次ぐ』とありますが、被害認定は全て建物が壊れない限りは全損扱いにはなりませんし、どうしても自己負担が大きくなります。

保険会社の対応もそれぞれに違いますし、お金が絡むことでもあるだけに、どうしても被害に遭われた人には不満が広がりますが、修繕費用は記事にもあるように原則自己負担であり、修繕費用がかかってしまうところは本当に気の毒ではありますが、全ての人の被害を全額救済はできないだけですから、ここは理解が必要にも思います。

■ 愛知県一宮市教職員労働組合「中学校の職場体験先に自衛隊が含まれている問題。これから一宮で大きく広げていかなければなりません」とツイート⇒高須克弥氏「何がいけないのですか?」

愛知県一宮市教職員労働組合のやってることは、完全なる

職業差別!

教職員たるものが、職業差別を行うこと自体、問題視しなければなりませんし、憲法で職業選択の自由は保障されています。

教員の偏った思想で職場体験する機会が奪われることは断じて許されませんし、こういう連中に限って憲法改正反対とか言っているのだから、馬鹿丸出しです。(呆)
posted by babiru_22 at 07:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

『海賊の文化史』海野 弘

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

海賊の文化史 (朝日選書) [ 海野弘 ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/9/25時点)

楽天で購入



 伝説の「海賊」、文学や映画、アニメに影響を与えた「海賊」、現代のカルチャーに垣間見られる「海賊」的現象…。古代・中世の伝説から19世紀・現代に生きる文化まで、博覧強記の著者が海賊の源流をたどる。

 黒ひげ、キッド、モーガン、ドレイクなど、伝説の「海賊」。文学、映画、アニメに影響を与えた偶像の「海賊」。現代のカルチャーに垣間見られる現象としての「海賊」。博覧強記の著者による、中世から現代までに及ぶ海賊の全史。

 本書は、海賊の歴史を古代から現代まで紹介したもの。特にイギリス系の海賊の歴史が興味深かったですが、文化史としてはかなりまとめられています。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 18:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/24)

■ トランプ政権 対中国 2000億ドル制裁関税 発動へ

『アメリカのトランプ政権は、中国からの2000億ドルの輸入品に関税を上乗せするこれまでで最大の制裁措置を日本時間の24日午後1時すぎに発動します。中国も同時に報復措置を実施する方針で、米中の報復の応酬は歯止めがかからない状況になっています』って、アメリカ容赦ないですね。。。

この後で中国が報復措置を取るにしても、アメリカの持ってるカードはまだまだありますから、中国のメンツがいつまで保てるのかでしょうね。

すでに中国は先を読んでも

詰んでる状態

ですが、関税合戦だけで終わるのか、それとも……というところですね。

■ 道の災害対応に課題 知事登庁、地震発生3時間後

『6日午前3時7分、胆振東部地震が発生すると、札幌市中央区の道庁本庁舎に、徒歩やタクシーを使って職員が次々と駆け込んだ。道は同9分に災害対策本部を設置。庁舎内は非常用電源で明かりをともし、4時前には地下1階の危機管理センターに指揮室を移した。当初は泊まり込みの当直職員2人だけだったが、そのころには100人以上に膨らみ、情報収集に追われた。(中略)知事が道庁に姿を見せたのは6時20分。それまで庁舎から約1キロ離れた公邸で、幹部職員に電話で指示を出していた』とありますが、知事の立場としていかがなものかと思います。

高橋知事は、今回の胆振東部地震において、北電の対応を早速批判していますが、道庁に行くまでの間に自衛隊への派遣要請などはやったようですが、それでも知事としての対応が遅いですし、他へ責任転嫁するのではなく、危機管理として自らの行動も振り返ってもらいたい。

■ 北海道地震で周辺国の偵察機が飛来、空自が対処していた…元空将が講演で明かす

『航空自衛隊の活動と抑止力について、織田氏は北海道で今月起きた地震の影響による2日間にわたる大規模停電を例に、「国民の多くは知らないが、周辺国の偵察機がガンガン飛んできた。これに対し、航空自衛隊は何事もなかったかのように対処した。こういうことが抑止力になる」と紹介した』とありますが、この事実をどのマスコミも報じておらず、全く知りませんでした。

陸自や海自が被災地への救援・復旧活動などにも迅速に対処されたことも、マスコミでは一部しか報じず、北海道の上空も空自が対処していたことには、感謝しかありませんが、なぜこれをマスコミは報じないのか……疑問でしかありません!
posted by babiru_22 at 06:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

『コンタミ 科学汚染』伊与原新

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コンタミ 科学汚染 [ 伊与原 新 ]
価格:1674円(税込、送料無料) (2018/9/24時点)

楽天で購入



 大学院生の圭は、ニセ科学批判の急先鋒である蓮見教授のもとで、美貌の女性研究者・美冬に関する信じ難い事実を告げられる。彼女はニセ科学商品の開発に手を貸し、行方をくらませたのだ。圭は美冬の消息を追うが…。

 「ニセ科学」……それは、根拠のないでたらめな科学用語をちりばめた、科学を装う「まがいもの」。大学院生の圭は、新進気鋭の生物学者・宇賀神と共に、ニセ科学批判の急先鋒である蓮見教授の元を訪ねる。そこで告げられたのは、宇賀神のライバルであり、想い人でもあった女性研究者の美冬に関する信じ難い事実だった。神秘の深海パワーで飲むだけでがんが治る、「万能深海酵母群」。「VEDY」と名付けられたニセ科学商品の開発に手を貸し、行方をくらませたのだ。ニセ科学を扱うことは、研究者にとって「死」に等しい。なぜ彼女は悪魔の研究に手を染めたのか? 圭は宇賀神に命じられ、美冬の消息を追うが……。すべての真相が明らかになったとき、「理性」と「感情」のジレンマが、哀しい現実を突きつける……。

 物語は、××水、××酵素、代替医療など、科学のように説明して利益を得るニセ科学商法と向き合うサスペンス。設定自体が面白く、興味深く読みましたが、改めて現代はニセ科学の商品が溢れていることも感じました。ノンフィクション的でもあり、色々と深く考えさせられる作品です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 19:16| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

昨日の出来事(9/22)

■ 自民改憲案提出に反対51% 「安倍1強」57%が問題視

『首相が政治や行政の意思決定で大きな力を持つ「安倍1強」を「問題だ」と答えた人が57.4%、「問題ない」は33.6%だった』とありますが、「安倍1強」というよりも

野党が問題

なのであって、せめて対抗できる対案や政策を出して実行できる政治集団であればいいのですが、今の状況ではそれが全く期待できないだけに、野党が酷過ぎることこそ問題視すべき!

■ 1か月ぶりクマ出没 なのに猟友会がいない…理由は1156万円の"報償費" 議会で否決 北海道島牧村

『実は、クマの警戒のため猟友会のメンバーが出動した場合、村の要綱により1人1回3万円の報償費が支払われます。7月末から続いたクマの出没で報償費などの合計が1千156万円に上っています。それが高額すぎると村議会で補正予算案が否決され、支払われない事態になっている』って、島牧村村議会はどうするんでしょうね……。

そもそも議会にかける前に、猟友会との話し合いをすべきですし、村の財政状況は厳しいのでしょうが、熊による被害が出たら、それこそ責任の所在はどうするんだ?

■ 恐ろしすぎる村八分…全くの孤立状態、葬儀にも来てもらえず 奈良県内自治会に「是正勧告」

『勧告書などによると、夫妻は地域に転入してきた1992年以降、自治会費にあたる協議費(年1万3500円)を自治会に払い続けてきた。ところが、自治会は夫妻が集会や神社の祭りなどに参加することを認めず、市の広報誌や回覧板も届けなかった。全く孤立した状況に置かれ続けてきたという。(夫妻は土地を購入し、建物を新築した上で転入)』とありますが、自治会費を払い続けているのに、広報誌や回覧板も届けず村八分とか、地方独特の下らない閉鎖性ですね。

独特の地域性なのかもしれませんが、こんな下らないことやってるから衰退するということぐらい少しは考えろと言いたいですね。

記事には『地域には235世帯があり、自治会に所属しているのは52世帯で自治会の構成員として認めていない世帯が183世帯もある』ともありますが、これでは何のための自治会なのか理解できませんね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 08:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

『カーテンコール!』加納朋子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カーテンコール! [ 加納 朋子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/22時点)




 経営難で萌木女学園は閉校することに決まっていた。にもかかわらず、卒業できなかった女学生たちを宿泊施設にひとまとめにして、特別補講を行うことになったが…。「惑−まどう−」『小説新潮』掲載を単行本化。

 経営難で閉校する萌木女学園。私達はその最後の卒業生、のはずだった……。とにかく全員卒業させようと、限界まで下げられたハードルさえクリアできなかった「ワケあり」の私達。温情で半年の猶予を与えられ、敷地の片隅で補習を受けることに。ただし、外出、ネット、面会、全部禁止! これじゃあ、軟禁生活じゃない!

 本書は、大学を様々な理由で卒業できず、救済措置として半年間、寮に軟禁されて補講を受ける女子大生の6つの物語。様々な理由で単位を取れなかった彼女達を、理事長を中心とした学校側が優しく献身的に取り組く姿が描かれます。もう少し登場人物を掘り下げてもらいたかったですが、半年遅れの卒業式での学長の言葉がとても印象的です。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 18:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/21)

■ 麻生、菅両氏続投 石破氏「何を打診されても断る」

『安倍総理は「適材適所」と述べるにとどめていますが、石破氏自身は周辺に「何を打診されても断る」と反発しています』とありますが、事実であるなら、石破氏は自身の株を一気に下げましたね。。。

同じ党であれば、結果はともかく協力すべきだろうし、党内協力すらできず、断るというのであれば、

離党すべき

で、総裁選後にダダをこねるのはいかがなものかと思いますね。。。

■ 【北海道地震】政府、宿泊割引「ふっこう割」を全道対象に

『政府は21日、北海道で最大震度7を観測した地震による観光への影響を払拭するため、宿泊割引制度「ふっこう割」の導入を決めた。北海道全域を対象に早急に計画をまとめる。北海道では全域で旅行キャンセルが相次ぐなど風評被害対策が急務となっており、割引制度導入で北海道観光の復興を図る』とのことですが、観光への影響を考えると、宿泊割引で利用してくれる人が多ければいいですが、予算の出所を考えると、更に財政悪化にもなりかねないだけに、道民の一人としては少々複雑に思います。

それよりも、予算をかけずに、道内で地震の影響が限られた地区だけであることをアピールすべきだと思います。

■ 未曽有の大規模停電、教訓生かし防災体制再構築を

『今回の大規模停電を、防災対策を真剣に問い直す機会にすべきだ』とありますが、これは北海道内各自治体全ての大きな課題です。

また防災については、行政任せではなく、各家庭での取り組みも大事でしょうし、自治体も自治会との連携強化など、今回の大規模停電を教訓にしなければなりませんね。
posted by babiru_22 at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

『おじさん酒場』山田真由美

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おじさん酒場 [ 山田 真由美 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/21時点)




 人生の大事なことは、お酒とおじさんが教えてくれる。そこに居るだけで店のおさまりがよくなるステキおじさん&居酒屋25軒を紹介。呑兵衛鼎談、名店案内100も収録する。Webマガジン『あき地』連載に書き下ろしを追加。

 本書は、著者とイラストレーターのなかむらるみ氏が、共に下町を中心に酒場100軒ほどを飲み歩き、心から楽しんで酒を呑んでいるおじさんたちと、彼らがしっくり収まるいい雰囲気の居酒屋の様子25軒分をレポートした食とお酒のエッセイ。全国津々浦々の酒場で日夜繰り広げられるおじさんたちの宴の様子を、軽妙な文章と味のある絵で活写しています。読後はむしょうに大衆酒場へ行きたくなる……そんな味のあるエッセイです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:19| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/20)

■ 自民総裁選、安倍首相が連続3選…石破氏を抑え

『自民党総裁選は20日午後、党本部で投開票が行われ、総裁の安倍晋三首相(63)が、石破茂・元党幹事長(61)を抑えて連続3選を果たした』とのことで、予想通りの結果でもありましたが、新たな組閣人事がどうなるかですか。

様々な問題や課題が山積しているだけに、まずは

お手並み拝見

ですね。。。

■ 市長がFBに滞納者宅写真、岡山 笠岡市、特定の恐れ

『岡山県笠岡市の小林嘉文市長は20日、市立市民病院の医療費滞納者の自宅を戸別訪問した際の写真を、自身のフェイスブック(FB)に投稿していたと明らかにした。個人が特定される恐れがあるとの指摘を受け、既に削除したという』とのことですが、滞納があまりにも続くようであれば、こうした公開は必要にも思います。

実際に市立病院の経営自体相当厳しいだろうし、支払えるのに滞納を続ける人物であれば、このように公開するのもやむをえないようにも思いますが。。。

■ 民間炊き出しなし/ボランティア少数/届かない情報 むかわ町穂別地区、支援に格差

『胆振東部地震で震度6強を観測し、被災したむかわ町穂別地区。土砂崩れにより多数の死者が出た厚真町や、同じく震度6強を観測した安平町に比べて民間の炊き出しが行われない、ボランティアの人数が少ない、情報が届きにくいなど、支援に格差が生まれている』とありますが、実際に胆振東部地震で被害の大きかった地域でも、支援の格差が出ています。

ただ、その支援格差も実際の状況が情報発信されていないがために、情報が行き渡っていないことが原因の一つでもありますが、自治体職員は災害での対応で人手も足りないとは思いますが、普段から行政が積極的に情報発信している地域では、今回の胆振東部地震での状況も行政が随時情報発信をしています。

この行政からの情報発信の差も支援格差に繋がっているようにも思いますし、行政だけに任せるのではなく、自治体住民も積極的に支援協力の声を上げるべきとも思います。
posted by babiru_22 at 06:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

『MSVジェネレーション ぼくたちのぼくたちによるぼくたちのための「ガンプラ革命」』あさのまさひこ




 モビルスーツバリエーション(MSV)と命名されたプラスチックモデルオンリー主導型企画は、一大ブームを巻き起こした。「MSVとは何だったのか」を初めて紐解くドキュメント。完成品&ボックスアートも完全収録。

 あの「夏の日々」からじつに35年が経過した現在、初めて紐解かれる「MSVとは何だったのか」というドキュメント。あれは確実に「事件」だった。バンダイ製MSVプラスチックモデル完成品&ボックスアート完全収録保存版!

 本書は、「MSVとは何だったのか」というドキュメントが綴られ、大河原邦男氏によるザクバリエーション画稿4点が発表された「MSV誕生前夜」に始まり、「ゼロロクアール」の衝撃、製品化の開始、生じるべくして生じた「弾切れ」、「ガンプラ革命」終焉の刻という流れでブームを回顧。更に、特別企画やインタビューに加え、バンダイ製MSVプラスチックモデル完成品とボックスアートも完全収録されています。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:10| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/19)

■ 中国もアメリカへの報復措置発動へ

『アメリカのトランプ政権が、中国からの2000億ドルの輸入品に関税を上乗せする、これまでで最大の制裁措置を今月24日から発動すると発表したのに対して、中国政府は、制裁の発動と同じ日にアメリカからの600億ドルの輸入品に関税を課す報復措置を実施すると発表しました』とありますが、後のことを考えないで

メンツが第一

とか、中国は泥船に乗ってるのも分からないんでしょうね。。。

ただ、日本は全然関係ないということではなく、緊張感が更に高まり、北朝鮮問題も絡むと、東アジアの緊張感が一気に高まるだけに、この中国とアメリカの関係は注視したいです。

■ 南北 いかなる場合も武力使用しない=敵対行為を全面中止

『韓国と北朝鮮は19日、平壌で開かれた南北首脳会談で採択した「板門店宣言の履行に向けた軍事分野合意書」で、いかなる場合でも武力を使用しないことで合意した』とのことですが、平気で国際間合意を簡単に破る両国ですから、全く信じません。

約束すら守れない同士の合意に、何の意味があるのですかね?

■ 立民、参院比例で女性4割擁立へ

『立憲民主党の今年秋から1年間の活動方針原案が18日、判明した。統一地方選、参院選のある来年を選挙イヤーと位置付け「最小の野党第1党から最強の野党へ」と宣言。参院選比例代表を巡り、女性候補者を4割以上擁立する目標を掲げた。32の1人区では「小異を捨て、一本化できるよう全力を尽くす」として、野党協力を推進する方針を示した』とありますが、割合で選ぶというのは反対です。

本来であれば選ばれない人が数を埋めるためだけに選ばれるということにもなりますし、男女の割合ではなく、政治家としての資質に相応しい人を立てるべきです。
posted by babiru_22 at 06:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

『「ウルトラセブン」の帰還』白石雅彦

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「ウルトラセブン」の帰還 [ 白石雅彦 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/19時点)




 「ウルトラセブン」を子供達は大喝采で迎え、若きスタッフも自信満々。しかしひとりの人物が、作品の先行きに危惧を抱き…。豊富な一次資料を駆使し、同時代の視点で、制作過程を徹底検討する。

 放送開始50年!かくてヒーローは去った。新事実多数の決定的ドキュメンタリー。圧倒的分析力で「そのとき何があったのか」を再構築する迫真のドキュメント。新発見の資料を総合することから見えてくる“歴史的事実”…。著者にしか書けない驚異の一冊。「ウルトラマン」から半年を経た1967年10月1日、待望の「ウルトラセブン」がテレビに姿を現した。子供達は大喝采で迎え、金城哲夫をはじめとする若きスタッフも自信満々であった。しかし、ある人物が作品の先行きに危惧を抱いていた…。前作2冊でファンの度肝を抜いた著者が、ついにシリーズ最高の人気作に挑む第3弾。豊富な一次資料を駆使し、あくまで同時代の視点で、制作過程を再構築する。かくて「ウルトラセブン」は朝焼けの空へ飛び去った……!

 本書は、『ウルトラQの誕生』『ウルトラマンの飛翔』に続く、ウルトラマン3部作の完結編で、著者が、一次資料や証言を駆使して、円谷プロダクションが1967年から68年にかけて送り出したウルトラ・シリーズ第3弾『ウルトラセブン』の制作過程から番組終焉までを検証したもの。ウルトラセブンへの愛情と洞察に満ちていて、引用される文章から、当時の円谷プロの雰囲気が伝わってきます。特に、今は亡き監督や俳優陣の語る「裏話」は興味深いものばかりで、ウルトラセブンファンとして十分に満足できる一冊です。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:17| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする