2018年09月19日

昨日の出来事(9/18)

■ 「事実違う」「作り話でない」=農水相発言めぐり応酬−自民総裁選

『首相は、斎藤氏から「義理もあるし、石破氏を支持する」と伝えられ、「全力でやってくれ」と応じたと説明。斎藤氏に向けて、「もしそういう人がいるなら名前を言ってもらいたい」と述べ、圧力をかけた人物名を公表するよう促した。石破氏は、セクハラの被害女性に名乗り出るよう求めた財務省の対応に「似ている」と指摘。「(名前を)言ったら党内はめちゃくちゃだ」と反発した』とありますが、事実であるなら名前を言うべきで、それができないなら単なる

いいがかり

安倍総理は名前を言ってくれと言ってるだけで、セクハラ被害者と違い、加害者の名前の公表なのだからかばう必要もありませんし、嘘を言ってないなら公表すべき!

■ 外来患者自殺で開業医有責、現場で高まる懸念 入院措置を怠ったとして約1250万円の支払い命じる

『統合失調症の患者が自殺したのは主治医が適切な対応を行わなかったためだとして、遺族らが精神科開業医を相手取って起こした訴訟で、東京高裁が医師側の責任を認める判決を下した。医師側無責とした地裁判決を覆す内容で、開業医は上告。現場からは、医師に過大な義務を課すものだと批判する声も出ている』とのことですが、この判決内容は納得いきません。

地裁とは違い、高裁でこの判決内容では、医師の負担があまりにも大きすぎますし、自殺を他人のせいに認める判決内容には疑問を感じます。

■ 関西生コン支部幹部ら16人逮捕 運送業者の出荷妨害、組合加入強要疑い 大阪府警

『16人の逮捕容疑は昨年12月12〜14日、大阪市港区の大手セメント販売会社が出荷業務を行うサービスステーションで、同社から業務委託されていた運送会社の車の前に立ちふさがるなどして、業務を妨げたとしている』とありますが、これだけ大量の逮捕者というのに、テレビニュースでは大きくは報じていませんね。。。

これだけの一斉逮捕であるのだから、関わりある国会議員にこそマスコミは取材すべきなのに、これこそマスコミの忖度ですね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 06:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

『隠蔽人類』鳥飼否宇

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

隠蔽人類 [ 鳥飼否宇 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/18時点)




 アマゾン奥地で日本調査団が新種の人類を発見した。しかし、世紀の大発見は、恐るべき大量殺人の幕開けだった…。皮肉と逆説をはらんで疾走する、驚愕のミステリー。『ジャーロ』掲載を単行本化。

 形質人類学者の日谷隆一率いる日本人学者の調査団は、アマゾン奥地の未接触民族キズキ族の村で世紀の大発見をした。DNA分析から、彼らがホモ・サピエンスではない別種の人類、隠蔽種の可能性が見つかったのだ。しかし沸き立つのもつかの間、調査団メンバーの一人が首を切断され、発見された。調査団以外の全員にアリバイが。犯人は……!? さらに、隠蔽人類と殺人の「秘密」は日本へ。殺戮の連鎖が巻き起こり、探偵役が次々に死んでいく。ことごとく読者の予想を裏切り、皮肉と逆説をはらんで疾走していく事件の展開。誰にも結末を読ませない、圧倒的に面白い驚愕ミステリー!

 物語は、著者らしいトンデモないミステリで、その展開もトリッキー極まりなく、登場人物は多いは、次々人が死んでいくわ、そしてラストは誰もが想像していない幕切れ……と、あまりにも物語としてぶっ飛びすぎていて、これは評価が大きく分かれるでしょう。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 17:18| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/17)

■ 自民総裁選 石破氏「10年で所得を3割伸ばす」

『自民党総裁選挙に立候補している石破元幹事長は、消費税率を引き上げても国民生活に影響が出ないよう、10年で所得を3割伸ばすことを目指すと訴えました』って、あらあら石破も

詐欺フェスト

ですか?

「伸ばすことを目指す」と言っているだけに、ダメでも「目指しただけ」と言い出しそうですが、社会保障の仕組みは根本から変えなければダメだとも思いますから、この点は同意しますが、所得を3割伸ばすという具体案が提示されていませんから、これでは絵に描いたモチでしかありませんね。

■ 札幌五輪「26年断念」合意…IOC会長と面会

『札幌市の町田隆敏副市長と日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長は17日、ローザンヌで国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長と面会し、2026年冬季五輪・パラリンピックの招致に立候補しないことで合意した』とありますが、東京五輪の経緯を見ていると、断念して正解です。

これは賢明な措置だと思います。

■ 【沖縄】米軍関係者の車などへの落書き相次ぐ…「反基地感情が煽られた末路はこうなります…これこそ差別ではないのか?」

『基地は要らないという気持ちをこじらせると、基地は憎いという感情に変わり、それが更に悪化するとアメリカ人全てを憎むようになる。そうなると、このような行為がアメリカ人に対して行われる。これこそ差別ではないのか?』……その通りです。

車への落書きは犯罪行為てあり、こういうのは断じて許されるべき行為ではありません!(怒)

思想や信条は自由ではありますが、こんな酷いことをやるのはテロリストの思想と同じであり、他人に危害を加えておきながら、自分達は被害者ヅラしているのだから、人間としても最低です!(怒)
posted by babiru_22 at 07:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

『イザベルに薔薇を』伊集院静

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

イザベルに薔薇を [ 伊集院静 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/9/16時点)




 詩を愛する心優しい青年・詩人美は、郷里の山口から上京し、歌舞伎町で暮らす叔父のもとに身を寄せた。恋を知り、勝負の場に身を置き、旅に出て、青年は骨太な大人に成長していく…。『週刊大衆』連載を加筆・修正。

 郷里の山口から上京した青年・詩人美。中原中也、高村光太郎…詩を愛する心優しい青年は、新宿・歌舞伎町で暮らす叔父の無塁のもとに身を寄せていた。ギャンブルと酒を愛する無塁とともに様々な人と出会い、色々な経験をする詩人美。恋を知り、勝負の場に身を置き、旅に出て、大切な人たちを失い…青年は強い風にもビクともしない骨太な大人に成長していく。「遊びと学び」の青春物語。

 本書は、カバー文で興味を持って図書館から借りて読みましたが、中原中也などの詩を愛する青年の成長を描いた作品と思っていましたが、前半部分はその通りであるものの、中盤から一気に脱線。その脱線でも、そこから競馬や麻雀という展開は著者らしいからいいものの、その展開があまりにも中途半端すぎて、物足りなさを強く感じました。

【満足度】 ★★
posted by babiru_22 at 05:35| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/15)

■ 主要野党で「次の内閣」検討を 国民民主の原口一博氏が提案 共産は歓迎

『国民民主党の原口一博国対委員長は14日、立憲民主党や共産党などの国対委員長らとの会談で、主要野党による「次の内閣」をつくるべきだと提案した。旧民主党時代の「次の内閣」に触れ「野党合同ヒアリングを深化させる意味でも検討してほしい」と求めた』って、何でこの

妄想野党

は。。。(呆)

そんな次の内閣やるよりも、それぞれの政党で独自政策を出すべきなのに、それをしないで「次の内閣」とか、バカ丸出しで無能すぎるわ。。。(呆)

■ 自民党総裁選 安倍首相「生涯現役社会を実現 地方に活力」

『安倍総理大臣は「国難とも呼ぶべき少子高齢化に真っ正面から立ち向かい、教育の無償化を実現し、未来を担う子どもたちの世代や子育て世代に思い切って投資をしていく。そして、経験や知恵が豊富な高齢者がいくつになっても生きがいを持って活躍できる生涯現役社会を実現する。人生100年時代を見据え、すべての世代が安心できる全世代型の社会保障制度へと大きく改革を行っていく。地方では、農業、観光、中小企業、新たな活力が生まれており、さらに弾みをつけていく」と述べました』とのことですが、投資が単なるバラマキになっているのだから、その投資内容こそ見直すべき!

特に社会保障制度については、抜本的な見直しが必要でもあるのだから、予算は勿論ですが、その中身こそ徹底的に改革すべきです。

■ 普天間の返還 新基地なしで 立民・枝野代表が見解

『米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設計画について「辺野古に基地を建設することなく、普天間の返還を実現する。同時に、日米関係や米国の安全保障戦略に悪影響を与えない。困難な三つの条件を同時に成り立たせる解決策の模索を、米国の皆さんとともに取り組んでいきたい」と、辺野古移設見直しの方針を説明した』って、自分が民主党政権時に言っていたことと全く違うじゃないか!(怒)

こんなダブルスタンダードを平気で言うのだから、あまりにも無責任すぎますし、具体的なことは何一つ言わず、勝手なことを言っているのだから、これが特定政党の代表というのだから、笑うしかありませんね。。。(呆)

■ 家族4人死傷、元市議の男性を不起訴 心神喪失と判断

『千葉市稲毛区の飲食店で5月、家族4人が刃物で切りつけられて6歳の女児が死亡した事件で、千葉地検は14日、殺人容疑などで送検された元千葉市議の男性(46)を不起訴処分にし、発表した。鑑定留置の結果、「心神喪失状態で刑事責任能力はなかった」と判断した』とありますが、この市議は元民主党市議でもありましたが、この判断内容なら、心神喪失状態で市議だったということでもあるだけに、元民主党の議員はこの件についてぜひとも説明してほしいですね。

そして、この事件ですが、飲食店に自分から予約して家族を呼び出し、しかも包丁まで用意していたのだから、計画的犯行であるのは間違いないというのに、これのどこが心神喪失状態なんだ?

日本の司法も腐りすぎだ!(怒)
posted by babiru_22 at 05:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

『葵の残葉』奥山景布子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

葵の残葉 [ 奥山 景布子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/15時点)




 徳川の分家筋・高須に生まれた四兄弟はやがて尾張、一橋、会津、桑名を継いで維新と佐幕で対立する。同じ血筋に連なりながら相戦うこととなった“最後の徳川”たちの物語。

 この四兄弟がいなければ、幕末の歴史は変わっていただろう…。子福者と天下に羨まれた徳川傍流・高須家から尾張、会津、桑名に散った若き兄弟は動乱の中、維新派と佐幕派に分かれ対立を深めてゆく。葵の御紋の誇りを胸に、新時代の礎となった高須四兄弟の運命を描く!

 本書は、第37回新田次郎文学賞受賞作。物語は、幕末から維新にかけて活躍した徳川傍流・高須家の4人の兄弟を描いた作品ですが、幕末の尾張藩が描かれています。展開がかなり飛ぶために、分かり難い部分が多かったのが少々残念でしたが、あまり知られていない徳川の分家筋・高須家の4兄弟にスポットを当てたのは興味深かったです。

【満足度】 ★★★☆
posted by babiru_22 at 19:04| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/14)

■ 自民党総裁選 野党系議員秘書「石破氏よろしく」 自民市議に電話で呼びかけ

『無所属の玄葉光一郎元外相=衆院福島3区=の秘書が、自民党総裁選(20日投開票)で石破茂元幹事長を支持するよう自民党市議に電話で要請していたことが13日、分かった。野党系議員が石破氏側の「電話作戦」に一役買っていたことになる』って、野党

必死すぎw

石破氏の背後からの援護射撃と思いきや、その全弾が石破氏に命中で、全てが逆効果ですね。。。(呆)

■ 首相、年金開始70歳超「3年で」 金融緩和出口も言及

『安倍晋三首相は14日、東京都内の日本記者クラブであった自民党総裁選の討論会で、年金の受給開始年齢を70歳以降も選択できる制度改正を検討し、「3年で断行したい」と述べた。日本銀行の金融緩和策については「ずっとやっていいとは全く思っていない」と述べ、3選後の任期中をメドとする「出口」に言及した』とのことで、年金受給開始が70歳以降の選択も可能とするようにしていくようですが、選択肢が増えるということはいいとは思うものの、それよりも年金制度そのものを見直すべき。

今の年金制度では、少子高齢化で、若い世代の負担がこれからドンドン増える一方ですから、小手先の対応とするのではなく、抜本的な見直しこそが必要です。

■ 年賀はがきノルマ廃止 自腹営業根絶へ 日本郵便

『日本郵便は2019年用の年賀はがきについて、「過剰なノルマ」との批判があった販売枚数の「指標」を廃止する方針であることが分かった。年賀はがきは、会員制交流サイト(SNS)が普及した影響もあって購入者が年々減少。指標の枚数が販売できず、局員が自腹で購入して金券ショップに持ち込むなどの不適正な行為が横行し、長年問題になっていた』とありますが、こうした下らないノルマが廃止されることは大歓迎。

単なる外へのアピールではなく、本当にノルマが廃止されればいいですが、日本郵便の場合は年賀はがきだけでなく、ふるさと小包のノルマも廃止すべき!

■ 液状化被害の札幌清田区 住民説明会に約500人参加 市から具体的な提示なく…不満の声続出

『地震による液状化の被害を受けた札幌市清田区で、13日夜住民説明会が開かれました。13日夜開かれた説明会には、清田区に住む約300世帯、500人の住民が参加しました。札幌市から被害状況や復旧の見通しなどについて説明が行われましたが、具体的な提示はなく参加者からは不満の声も聞かれました』とのことで、北海道のテレビニュースなどでもこの様子の一部が放送されていました。

不満の声が多くなるのは当然でもありますが、まだ調査と復旧工事の最中だから、具体的な掲示は住民にできるはずもありませんが、復旧に向けた取り組み計画を札幌市はキチンと提示しなければなりませんし、責任の所在も曖昧になりますから、被害に遭われた住民は気の毒ではありますが、これは難しい問題ですね。
posted by babiru_22 at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月14日

『祈りのカルテ』知念実希人

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

祈りのカルテ [ 知念 実希人 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/9/14時点)




 内科、外科、小児科、救急科…。初期臨床研修で様々な科を回っている新米医師の諏訪野良太は、患者たちが抱える問題に耳を傾け、解決の糸口を懸命に探し…。連作医療ミステリ。『小説野性時代』掲載に加筆し単行本化。

 諏訪野良太は、純正会医科大学附属病院の研修医。初期臨床研修中で、内科、外科、小児科、産婦人科など、様々な科を回っている。ある夜、睡眠薬を大量にのんだ女性が救急搬送されてきた。その腕には、別れた夫の名前が火傷で刻まれていた。離婚して以来、睡眠薬の過剰摂取を繰り返しているという。しかし良太は、女性の態度に違和感を覚える。彼女はなぜ、毎月5日に退院できるよう入院するのか…。(「彼女が瞳を閉じる理由」)初期の胃がんの内視鏡手術を拒否する老人、循環器内科に入院中の我が侭な女優…。驚くほど個性に満ちた患者たちとその心の謎を、新米医師、良太はどう解き明かすのか。ふと気づけば泣いていた。連作医療ミステリ。

 本書は、主人公の研修医・諏訪野良太が、医療現場で巻きおこる5つの事件に遭遇する連作ミステリ。物語は、頑な態度をとる入院患者たちに、真摯に寄り添い、研修医と患者とのやり取りから謎を解いていきます。本格ミステリというわけではありませんが、主人公の成長、そして患者の様々な悩みがリアルに描かれていて面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:02| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/13)

■ 医療的ケア児への付き添い要求は「障害者差別」 自治体に330万円の慰謝料求め提訴

『たんの吸引など日常的に医療行為の援助が必要な子供(医療的ケア児)を巡り、教育委員会や学校が集団登下校や遠足への保護者の付き添いが必要だとしたのは、障害を理由とした差別を禁じた障害者差別解消法に違反するなどとして、愛知県内の公立小に通う男児とその両親が12日までに、地元自治体に計330万円の慰謝料を求める訴訟を名古屋地裁に起こした』とありますが、これはとんでもない

逆差別!

医療行為の援助が必要であれば、集団登下校や遠足への保護者の付き添いが必要なのは当然のことで、これを「障害者差別」というのは明らかな間違いであり、それならば特別支援学級に入れるべき。

言葉は悪いですが、ゴネ得にしか見えませんし、自分でできないなら他人に金銭の要求などすべきでない!(怒)

■ “ブラック”批判にIOC副会長は…?

『募集条件が「ブラックだ」などと一部で批判されていることについて、IOC(=国際オリンピック委員会)のコーツ副会長は、「やりたくなければ申し込まなければ良い」などと話した』とのことですが、これは当然です。

ボランティアは強制で行うものではありませんし、企業にノルマ設定することも止めるべきです。

■ 厚労省、自民の省分割論に反発=「解体するなら財務省」

『自民党行政改革推進本部がまとめた「中央省庁再々編」に関する提言でやり玉に挙がった厚生労働省では、同本部への不信が高まっている。提言は省分割も含む業務見直しを求めているが、「仕事を見直せというなら、なぜ財務省に関する記述がこんなにも少ないのか」(省幹部)と、疑問の声も出ている。提言は厚労省について「重要性が急速に増し、業務の量が極めて多くなっている」と指摘。子育て政策の切り離しや、省自体の分割も念頭に「今後検討を行う必要がある」とした』とありますが、まず厚労省は反省が全然足りません!

勿論、財務省も解体すべきですが、厚労省も同じで、どこかのバカ政党のような責任転嫁をするんじゃねーよ!と言いたい。(怒)
posted by babiru_22 at 06:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

『青空と逃げる』辻村深月

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

青空と逃げる (単行本) [ 辻村 深月 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2018/9/13時点)




 深夜の電話が、母と息子の日常を奪い去った。疑心、恐怖、そして怒り。壊れてしまった家族が、たどり着く場所は…。一家の再生の物語。『読売新聞』連載を単行本化。

 物語は、深夜の1本の電話で家族の穏やかな日常が崩壊し、母と息子の逃避行が始まる作品。父親が巻き込まれたスキャンダルで、各地を転々と逃げる母早苗と小5の力の物語でしたが、ミステリ要素も絡めつつ、作品としてはそれなりに読み応えはありましたが、親の身勝手さを強く感じ、個人的にはイマイチでした。

【満足度】 ★★★
posted by babiru_22 at 17:23| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/12)

■ 外国人の国保調査に論議 開始半年、偽装滞在は未確認

『外国人が高額医療を受ける目的で来日し、偽りの在留資格で国民健康保険(国保)に加入する恐れがあるとして厚生労働、法務両省が1月に始めた調査制度が論議を呼んでいる。約半年で在留資格偽装がはっきりしたケースは見つかっておらず、外国人を特に疑う調査で偏見を助長すると中止を求める声も出ている』とのことですが、不正を正すことが当たり前なのに、それを偏見を助長とか、何で事実を偏見差別にするんだよ!(怒)

それこそ偏見しないために

徹底調査

こそ行うべきで、そもそも国民健康保険なのだから、外国人が利用できるのが間違いで、それを許しているから、不正が行われているのだから、ここを正せば問題解決するだけに、この改正を強く望みます。

■ 土曜の郵便配達、廃止を検討 総務省、人手不足で

『総務省は、手紙やはがきなど郵便物の土曜日の配達をとりやめ、平日のみにする検討に入った。人手不足で配達員の負担が増えているため。年内にも一定の方向性を出す方針だが、利用者にとってはサービスの低下につながるため、反発する声も上がりそうだ』とありますが、これは一向に構わないのでは?

速達や書留などは通常通りだろうし、郵便法の法改正をスピーディーに行うべきでしょう。

■ 玉城デニー氏、寄付金120万円を不記載 政治資金規正法違反か 選挙区内に花代も

『沖縄県知事選(13日告示、30日投開票)への立候補を表明している自由党の玉城デニー幹事長(58)=衆院沖縄3区=が代表を務めた政党支部が、平成26年に受けた寄付金120万円を同年の政治資金収支報告書に記載していないことが11日、分かった。政治資金規正法違反(不記載)に問われる可能性がある』とのことですが、これはアウトでしょう。

どうせ「秘書がやった」で逃れるのでしょうが、立候補するなら何で身辺整理しないんだか。。。(呆)

■ 具材そろわず商品出せない 弁当工場 コンビニ規格が壁

『「そばはあるんですが、ネギがない。弁当の素材はあるんですが、漬物がない。そうすると『ざるそば』や『幕の内弁当』という商品は作ることができないんです」。大手コンビニチェーンの道内店舗に弁当類を供給する会社の幹部は目いっぱいに涙をためながら、苦しい胸の内を吐露した。「食材はいっぱいある。でも、チェーンの規格に合わない商品は出せない。この苦しいとき、地域の役に立てない。非常に切ない」』とのことですが、規則に縛られすぎてますね。

店頭で張り紙に「食材調達が一部不足しているため、当チェーン店の規格を満たしておりませんが、ご理解をよろしくお願いいたします。」として、企業としてのプレスリリースを出せばいいだけ。

こういう臨機応変な対応がなんでできないのだろう?と思いますが、そこが個人店と大企業との違いでしょうね。
posted by babiru_22 at 04:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

『わたしの本棚』中江有里

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしの本棚 [ 中江有里 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/12時点)




 カズオ・イシグロ、北村薫、スティーヴン・キング…。女優、コメンテーター、作家として活躍する著者が、大切な転機あるいは危機を救ってくれた24冊について綴る、読書エッセイ。『文蔵』掲載を改題し、加筆・修正。

 自分を成長させてくれた、たいせつな24冊。カズオ・イシグロ、北村薫、スティーヴン・キング…わたしの本棚はまさに“人生の写真アルバム”。女優、コメンテーター、作家として活躍する著者の読書エッセイ。

 本書は、単なる書評集ではなく、幼くして両親が離婚し、自らの意思で母のそばにいることを選んだ著者が、転校した先の小学校で『家なき子』を手に取り、生きていくためには何が必要か、何もできない今の自分という存在、絵空事ではなく現実を突きつけてくる本との出合いについてを、『家なき子』を皮切りに『倚りかからず』『わたしを離さないで』など、人生の折々に出合い、大きな示唆を与えてくれた24冊の本のことが当時の思いとともに綴られたエッセイ。両親の離婚、芸能界デビュー、4つの高校生活、通信制の大学入学、脚本家デビュー、突発性難聴、祖母や叔父の死去、母親の再婚……と、様々な人生の転機に出会った本の紹介は、単なる書評とは違って重みのある内容でもありました。「本は逃げるための手段で道具だ」という言葉もとても印象に残りました。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 17:05| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/11)

■ 太陽光買い取り 半額へ 再生エネ、家計負担を抑制

『経済産業省は事業者や家庭から買い取る太陽光発電の価格を大きく下げる。1キロワット時あたりの買い取り価格を事業用は2022年度、家庭用は25年度にも半額にする目標を掲げる。太陽光発電はコストの一部を消費者が負担している。膨らむ負担を抑えるため、コストの抑制を促す』とありますが、この事業者や家庭から買い取る太陽光発電の価格を大きく下げることには

大賛成!

そもそも太陽光発電を利用していない人にも負担をさせる、この仕組み自体、おかしなやり方であって、これはいわば民主党政権の負の部分だと思っていますから、消費者の負担を減らす意味でも支持します。

■ 北方領土問題の速やかな解決の可能性は低い、プーチン大統領

『ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は10日、極東のクリール諸島(Kuril Islands、北方領土を含む千島列島)における日本との領有権問題が速やかに解決する可能性は低いとの見解を示した。より楽観的な見通しを示していた日本側に冷水を浴びせるような形となった』とのことですが、想定内の発言内容ですね。

ロシア国内向けとしても、この見解は当然のことでもあるでしょうが、日本は「それならば経済協力はできない!」ぐらいのことはハッキリと意思表示すべきとも思います。

■ 豊洲市場でひび割れ発生 10月の開場には影響なし

『東京都は11日、築地市場(中央区)から移転し、10月11日に開場する豊洲市場(江東区)の敷地内で、幅約10メートル、段差約5センチのひび割れが発生したと発表した。周辺で地盤沈下が起きたことが原因だが、補修により開場時期への影響はないとしている』とありますが、安全宣言って何だったんだか。。。

これで万が一、地震でもあればアウトだろうし、豊洲問題は更に長引きそうですね。。。
posted by babiru_22 at 05:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

『わたしの忘れ物』乾 ルカ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

わたしの忘れ物 [ 乾ルカ ]
価格:1836円(税込、送料無料) (2018/9/11時点)




 引っ込み思案で目立たない大学生の恵麻は、大型複合商業施設の忘れ物センターでアルバイトをすることになるが…。6つの忘れ物とその持ち主たちとの巡り会いから生まれる、心優しい物語。『ミステリーズ!』掲載を単行本化。

 中辻恵麻がH大学生部から無理矢理に紹介された、大型複合商業施設の忘れ物センター……届けられる忘れ物を整理し、引き取りに来る人に対応する……でのアルバイト。引っ込み思案で目立たない、透明なセロファンのような存在の私に、この仕事を紹介したのはなぜ? なぜこんな他愛のない物を引き取りに来るの? 忘れ物の品々とその持ち主との出会い、センターのスタッフとの交流の中で、少しずつ心の成長を遂げる恵麻だが……。6つの忘れ物を巡って描かれる、じんわりと心に染みる連作集。

 本書は、学生部にむりやり押しつけられた、靴べらや季節外れの手袋、学生服など短期のアルバイトを通して、他愛のない忘れ物とその持ち主に出会うことでの変化を描いた心優しい物語。他人から見れば、他愛もない持ち物でも、それぞれの持ち主には大切な思いがあり、その思いが描かれる連作集で、様々な忘れ物とそれにまつわるエピソードが、心に沁みます。人とモノとの縁が上手く表現された作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:34| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/10)

■ 「消費税は予定どおり引き上げたい」安倍氏

『自民党総裁選の共同記者会見で安倍総理大臣は「消費税は予定どおり引き上げていきたい。今までは5分の4が借金の返済に使われていたが、今度は、半分が子どもたちの教育に使われる。しっかりと前回3%上げた時の反動減をよく学んで、対応していきたい。自動車や住宅の消費を喚起する、あるいは商店街などの売り上げに悪い影響がないよう、きめこまやかな対応をしていきたい」と述べました』とのこどてすが、これまでも消費税引き上げの時に言ってた使い道は全てその通りには使われていませんでしたから、信用は正直できません。

むしろ予算の見直しと

歳出削減

を徹底することで、消費税引き上げを回避すべきとも思いますし、これだけ災害続きで、更に消費税引き上げというのは、経済の更なる悪化に繋がる恐れがあるだけに、願わくば回避してほしい。。。

■ 共産党・小池書記局長、「きちんと正確な情報提供すべき」北海道電力に情報提供求めるも批判殺到の顛末

これが日本の特定野党のレベルの低さ!

災害時だからこそ、与野党で協力しなければならないのに、相変わらずの政府批判。

むしろ野党の行動こそ被災地では見えない。

批判する前に行動しろ!(怒)

■ 全国インフラを緊急点検=電力・交通、災害時に維持−安倍首相

『安倍晋三首相は10日、北海道地震など自然災害が相次いでいることを踏まえ、全国の電力・交通インフラの緊急総点検を行うと表明した』とありますが、このインフラの全国の緊急総点検はぜひ行ってもらいたい。

そして緊急性を要するインフラこそ、ただちに修繕すべきで、リスクを軽減するためにも即行ってもらいたいですね。
posted by babiru_22 at 05:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

『浪費図鑑 悪友たちのないしょ話』劇団雌猫




 アプリゲーム、若手俳優、お笑い芸人、ディズニー、ホスト、コスメ…。さまざまなジャンルで「浪費」する女性たちの浪費話を赤裸々に紹介する。トークイベントの様子や、浪費女2000人のお財布事情アンケートなども収録。

 本書は、アイドル、俳優、声優、同人誌、舞台、コスメ、ホスト…などなど、何かに熱い「愛」を注ぐ女性たちの匿名エッセイはもちろん、描き下ろしコミックエッセイや、アイドル好きが高じてアイドルの振付師になったタレント、振付師の竹中夏海先生へのインタビューなど、人におおっぴらには言いづらい、オタク女性たちの真実の姿が描かれた一冊。他人にとっては「浪費」に見える彼女たちのお金の使い方ですが、浪費する人達の実態は、とても面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:31| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/9)

■ “火力発電所の復旧 さらに長期化の可能性” 北海道電力社長

『北海道電力の真弓明彦社長は、8日の会見で、大規模な停電の要因となった「苫東厚真火力発電所」の復旧の見通しについて、詳細な点検が必要なため、当初説明していた1週間程度よりもさらに長期化する可能性があるという見方を示しました』とのことで、その原因理由についても書かれていますが、これは仕方のないこと。

ネット上では北電批判なども多く見られますが、タラレバ論は現実ではありませんし、今は議論すべきことではありません。

まずは災害復旧を最優先すべきですし、そのために道民の一人として節電に努めます。

そして必要以上の買い物は控えて、冷静に対応することが本当に必要だと思います。

北電には将来的には、火力発電所のリスクを分散する必要性はありますが、24時間体制で電力復旧に取り組んでくれたことには

感謝します!

■ 関空:線路水没いつまで…正常化遠く

『航空機をけん引するなどの特殊車両もほとんどが浸水した。特殊車両がある整備場は、浸水被害が出た第1ターミナルの貨物エリアにあり、整備士は清掃作業をしながら昼夜を問わず車両整備を続けている。同社の広報担当者は「空港の再開に遅れることなく、一日も早い復旧に努めたい」と話す』とありますが、この関空の被害状況や復旧情報もマスコミはもっと取り上げてほしいですね。

北海道胆振東部地震の報道が中心になるのは分かりますが、関空の状況によって不便を強いられている人も多いのですから、事実を事実としてしっかりと報道してほしいです。

■ 地震後SNSでデマ拡散 国や自治体「冷静に対応を」

『胆振東部地震の後、「新たに大地震が来る」といったデマやウソの情報が、ツイッターやフェイスブックなど会員制交流サイト(SNS)でインターネット上に広まり、国や自治体が冷静な対応を呼びかけている。偽の情報は、自衛隊や消防、海保などの関係者の話として、「地鳴りや地響きが続いている。5〜6時間後に大きな地震が来る」といった内容。SNSに投稿され、「怖い」「早く避難して」などという書き込みとともに拡散している』とのことで、実際に僕も口コミでもSNSでも情報は見ました。

ただ、余震は引き続き注意が必要ですし、悪意あるデマとは違い、あくまでも危機感としての情報拡散だったように思いますから、これはこれで仕方ないようには思います。

ただ、国や自治体が呼びかけるように、冷静な対応は絶対的に必要ですし、情報に惑わされるのではなく、情報を冷静に分析することも試されていると感じます。
posted by babiru_22 at 06:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

昨日の出来事(9/8)

■ 安倍首相に内乱予備罪の告発状“小沢一郎の知恵袋”が3つの指摘

『自民党総裁選(20日投開票)が告示された7日、3選が有力な安倍晋三首相に元国会議員が“内乱予備罪”の告発状を突きつけ、一部で話題になっている。「台風21号、北海道地震で大きな被害がある中での告発状提出にちゅうちょはあったが、政治をしっかりしないといけないとの思いで予定通り行った」とこの日、最高検察庁に安倍首相を告発したのは元参院議員の平野貞夫氏(82)だ』とのことですが、

災害復旧の邪魔

をするんじゃねーよ!(怒)

北海道胆振東部地震という災害時で、政府も復旧に全力で当たっている中、こういうことをする輩は断じて許せん!(怒)

被災者のことや、復旧に賢明な対応をしている人たちのことを、こいつは考えているのか?(怒)

■ 経産相「北海道で週明け計画停電も準備」

『世耕弘成経済産業相は7日、北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源とする地震による停電と電力供給への影響に関し「週明けの平日に需要が上振れし、再度、大規模な停電が起きるリスクがある」と述べた。停電を回避するために「電力が完全に復旧するまで平常時より1割程度の節電が必須になる。万が一の事態を想定し、計画停電などあらゆる手段の準備を進める」と話した』とありますが、道民の一人として計画停電の覚悟もできています。

ただ政府としても電力供給の実態をしっかりと情報公開してほしい!

■ 首相 被災自治体からの要請待たず国が水や食糧など支援

『北海道での地震を受けた政府の関係閣僚会議で、安倍総理大臣は今年度予算の予備費を充て、被災自治体からの要請を待たず、国が水や食糧などの支援物資を送るプッシュ型支援を行っていく考えを示しました』とありますが、災害時は迅速な対応が求められるだけに、この対応は歓迎です。

この判断は支持します。
posted by babiru_22 at 01:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

『「マス目」で気づく目の病気』平松 類




 緑内障、糖尿病網膜症…危険な目の病気の兆候を早期発見し、視力を守ろう! 誰でも手軽にできる、マス目模様の「アムスラーチャート」を使ったセルフチェックの方法と、目の健康を守るポイントをわかりやすく解説する。

 緑内障、白内障、網膜剥離、黄斑変性…高齢になると、多くの人が失明リスクのある目の病気にかかります。目の病気は早期の発見と治療が重要ですが、なかなか自覚しづらく、はっきり症状が出た時にはすでに進行しているケースも。本書では、わかりやすい解説で人気の眼科専門医の著者が、眼科の検査でも使われるアムスラーチャートという方眼紙を使った、手軽にできるセルフチェック法を紹介します。ポイントは、継続してチェックすること。それだけで、目の病気の兆候を早期発見できる確率が高くなります。ほかにも、目の年齢チェック、ドライアイチェック、目の大きさチェック、視野チェックなどのセルフチェックや、気になる症状が出た時の「病院のかかり方」、眼鏡やコンタクトレンズの正しい選び方・使い方など、目の健康を守るために知っておきたい情報も紹介。

 本書は、「マス目」を使って、誰でも手軽にできるセルフチェックの方法と、目の健康を守るポイントをわかりやすく解説したもの。本書に「マス目」が書かれているため、自分で簡単にチェックができますし、そのチェックで自身の視野が狭くなっているかどうかを確かめられるのは便利ですし、異常の早期発見にも繋げられるだけに、目の病気が気になる人にはお勧めの一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:34| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/7)

■ 「混乱させて大変申し訳ありません」「一緒に気をつけていきましょう」立憲民主党公式が北海道の断水情報デマツイートを謝罪

『以下の情報がデマとの情報がありました。お詫び致します。混乱させて大変申し訳ありません。これ以上の拡散を防ぐため削除させていただきます。さまざまな情報が飛び交っており、デマも多くなっています。発信に細心の注意を払っていきます。一緒に気をつけていきましょう』って、デマを流しておきながら「一緒に気をつけていきましょう」って、他人事かよ!(怒)

事実確認すらせず、被災地を混乱させる誤報を党から流すとか、

絶対許せん!

そして政府と行政の足を引っ張るんじゃねーよ!(怒)

■ 安倍首相 北海道の停電 8日中にほぼ解消の見込み

『北海道での地震を受けた政府の関係閣僚会議で、安倍総理大臣は、北海道内での停電について8日中に一部の地域を除いてほぼ全域で解消できる見込みとなったする一方で、供給体制はぎりぎりの状況が続くとして、対策に万全を期すよう関係閣僚に指示しました』とのことで、我が家は昨日の午前2時に停電が解消されました。

電話回線が午後4時ので繋がらなかったため、ネット接続すらできませんでしたが、長期戦も覚悟していただけに、北海道電力、そして政府の迅速な対応には感謝します。

■ 「北海道地震で即応予備自衛官招集」 小野寺防衛相

『小野寺防衛大臣は7日午後7時すぎ、防衛省で記者団に対し「総力を挙げて災害派遣活動を行うため、自衛隊OBの即応予備自衛官を招集した。北海道の部隊に登録されている最大で300人を招集し、主として人命救助や生活支援活動に対応してもらう。即応予備自衛官は地域に住んでいる方が多数なので、地の利をよく知っていて、生活支援での役割は有効だ」と述べました』とありますが、被害の大きかった厚真町や鵡川町には、テレビではどこも放送してくれませんが、海上自衛隊からも炊き出しの無料配布もあり、多くの場所で自衛隊が早朝から夜遅くまで災害復旧の活動をしてくれています。

ぜひこうした自衛隊の災害救助活動こそ、もっと大きく報道してほしいものです。
posted by babiru_22 at 04:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする