2018年09月07日

『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』佐々木亨

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔 [ 佐々木 亨 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/7時点)




 大谷翔平選手の取材を花巻東高校時代から続けてきた著者が、野球人としての大谷を描くとともに、彼の人間としての魅力に迫る。彼が出会い、大きな影響を与えた人たちの証言を中心にまとめた一冊。

 メジャーで新たな伝説をつくる大谷翔平が、渡米前、本書だけに「エンゼルスを選んだ本心」など、初めて明かされる事実を語り下ろした! 「メジャーのトップに行きたい。長く野球を続けたい。何か新しいことを、他人がしたことのないことをやりたい」 他人の価値観ではなく自分の信念を貫く。その根底にある圧倒的な向上心は、どこからきて、どこまでいくのか。高校1年から8年間あまり、大谷の成長を見つづけてきた著者が、大谷のご両親、花巻東高校の佐々木洋監督、日本ハムファイターズのスカウトディレクター、GM、そして栗山英樹監督に丹念に取材をし、これまでどこにも出ていない大谷翔平の「素顔」を著した唯一無二の一冊。

 本書は、野球人としての大谷を描く一方で、彼が持つ内面の奥深さと強さ、そして「大谷翔平」という人間の源流と本質を深く掘り下げた一冊。彼が歩んできたそれぞれの時代で彼が出会い、大きな影響を与えた人たちの証言を中心にまとめており、改めて大谷翔平のスケールの大きさが実感できる作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:51| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『満天のゴール』藤岡陽子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

満天のゴール [ 藤岡 陽子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)




 星空が美しい医療過疎地。人生どん底のシングルマザー、人生に責められ続ける医師、人生をあきらめている老女。3人の出会いが、人生を変えてゆく…。希望をもたらす、人間味あふれる医療小説。

 奈緒(33歳)は、10歳になる涼介を連れて、二度と戻ることはないと思っていた故郷に逃げるように帰ってきた。長年連れ添ってきた夫の裏切りに遭い、行くあてもなく戻った故郷・京都の丹後地方は、過疎化が進みゴーストタウンとなっていた。結婚式以来顔も見ていなかった父親耕平とは、母親を亡くして以来の確執があり、世話になる一方で素直になれない。そんな折、耕平が交通事故に遭い、地元の海生病院に入院。そこに勤務する医師・三上と出会う。また、偶然倒れていたところを助けることになった同じ集落の早川(72)という老婆とも知り合いとなる。夫に棄てられワーキングマザーとなった奈緒は、昔免許をとったものの一度も就職したことのなかった看護師として海生病院で働き始め、三上の同僚となる。医療過疎地域で日々地域医療に奮闘する三上。なぜか彼には暗い孤独の影があった。一方、同じ集落の隣人である早川は、人生をあきらめ、半ば死んだように生きていた。なんとか彼女を元気づけたい、と願う奈緒と涼介。その気持ちから、二人は早川の重大な秘密を知ることとなる。隠されていた真相とは。そして、その結末は……。

 物語は、京都府北部の丹後地方の小さな町を舞台に、夫に裏切られ、10歳の息子と共に故郷に戻った奈緒が、看護師として働きながら、へき地医療に従事し孤独を抱える医師の三上との交流、偶然駅前で倒れていた72歳の早川との3人の出会いを深めていく姿を描いた作品。過疎地でのへき地医療の現実、終末医療、登場人物それぞれの問題……と、傷ついた人々の再生物語でもありましたが、人物描写がとても細かく表現されていて、終末医療での看取りなど、色々と考えさせられた作品でした。人生のゴールが、表紙絵のような満点の星空のようになりたいものです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:14| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

『みとりし』高森美由紀

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

みとりし [ 高森 美由紀 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2018/9/5時点)




 生きものの言葉がわかる薫の再就職先はペットシッター「ちいさなあしあと」。主な仕事はペットの看取りだ。彼らの最期に立ち会い、見送り、その想いを飼い主に伝え…。逝くものと残されるものとの心ふるえる物語。

 子供の頃の交通事故をきっかけに、生き物の言葉がわかるようになった薫(25歳)。派遣切りで職を失った彼女が再就職したのは、ペットシッター「ちいさなあしあと」。主な仕事はペットの看取りだ。悩みを抱えた少女に寄り添う犬、失恋した青年と暮らすうさぎ、家族の真実を見ていた猫……。彼らの最期に立ち会い、見送り、その言葉を飼い主に伝える。

 本書は、ペットの最期を看取る4編の連作小説集。様々な飼い主に最期まで寄り添うペット達の姿が印象的です。動物達の命を改めて考えさせられる作品で、ペットを飼っている人にとっては辛い物語とは思いますが、ペットへの想いも考えさせられる作品でした。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:49| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/4)

■ 混合名簿:宮崎の小中学校で急増 地域に戸惑いも

『男女平等の観点から学級の出席名簿を男女の区別なく50音順に並べる「混合名簿」は、堺市が全市立小中学校で実施して今年で25年になる。大都市で広がった混合名簿は、九州・山口では自治体によって調査時期がまちまちだが、実施率にばらつきがみられる。昨年度まで公立小中学校の1割しか採用していなかった宮崎県では、母親たちの訴えを機に今年度は5割以上に急増した。ただ、長く慣例として続いた制度変更には困惑の声も漏れる』とのことですが、そもそも

区分けは必要

です。

男女混合のトイレにもすべきでありませんし、着替えも一緒に行うべきではありません。

生物学的に、男女は構造が違うのだから、一緒くたにするのがおかしいですし、混合名簿というなら、50音順というのもそのような見方をするのであれば平等ではありません。

いい加減に差別と区別を混同するな!と言いたい。。。

■ 立憲・吉田統彦議員の文科省黒幕疑惑について「知見がないので答えられない」と繰り返し、コメントを避ける枝野幸男代表

『立憲民主党・吉田統彦議員の文科省黒幕疑惑について「知見がないので答えられない」と繰り返す枝野幸男代表です。「トップが正面から向き合おうとしないということは組織ぐるみの隠蔽だ!」と散々主張してきた立憲民主党の見解からすれば「立憲民主党ぐるみの隠蔽」でしょうか』というのは、ごもっとも!

自分に都合が悪ければ答えずに隠蔽。それを与党がやると徹底批判とか、説明責任を果たさないのであれば、批判する資格はありません!

■ 学生の視点で、大学の満足度調査へ…文科省

『文部科学省は来年度から、全国の大学生に学習時間の長さや授業の満足度などを聞く調査を開始する。各大学の教育について、学生の視点から評価しようとする取り組みで、結果を公表することによって、大学に改革を促し、国からの助成額の増減に反映させることも視野に入れている』とありますが、学生に授業の満足度を聞くなどの調査をするのはいいですが、それが国からの助成額の増減に反映させるというのは、ちょっと疑問。

むしろ助成金の額と、その使われ方を公表するべきです。
posted by babiru_22 at 02:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

『ほぼ命がけサメ図鑑』沼口麻子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ほぼ命がけサメ図鑑 [ 沼口 麻子 ]
価格:1944円(税込、送料無料) (2018/9/4時点)




 サメが大好きで、サメの取材活動や情報発信を行っている著者が、サメにまつわる様々な知識や、著者が出会ったサメたちとの体験談、サメ体験スポットなどを紹介する。『現代ビジネス』連載をもとに書籍化。折り込みページあり。

 「人食いザメは存在しません!」……世界でただひとりの「シャークジャーナリスト」が命がけでご案内。その数509種、4億年前から地球に生息するサメを体当たりレポート!

 本書は、サメの生態など科学的な紹介から料理など人との関係、サメQ&Aに研究現場の紹介など、内容盛り沢山のサメへの熱い想いにあふれる一冊。本書では、サメの不思議な生態や、サメは怖いという誤解を解消する内容など、とても分かりやすく自らの体験も交えて書かれています。著者の溢れんばかりのサメへの愛情が伝わってくる内容で、写真や図版と共にサメについてが解説されていて、そのサメの生態についても、知らなかった雑学的なものも多く、サメの魅力がいっぱい詰まっています。図鑑ぽくはないものの、サメの歴史や研究についても、興味が惹かれました。これまであまりサメには関心はありませんでしたが、専門的ではあるものの、優しくまとめられていて、とても面白かったです。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 21:07| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/3)

■ 安倍政権批判も… 国民民主党も「障害者雇用」の基準満たさず 「誠に申し訳ない」

『国民民主党の玉木雄一郎共同代表は2日、東京都内で記者団に、党の職員数が障害者雇用促進法に基づく雇用義務の基準を満たしていない状況であることを明らかにした。法定雇用率の2・2%に相当する1人の雇用義務があるが、雇用はなく、必要なハローワークへの報告もしていなかったという。玉木氏は「誠に申し訳ない。早急に改善したい」と語った』とありますが、

ブーメラン

ばかりとか、政党の意味すらありませんね。。。(呆)

どこかの特定政党とは違って、まだ謝るだけマシですが、反省しないから、こんなのばかりなんでしょうね。。。(呆)

■ 枝野氏「政権交代、簡単ではないが絶望的ではない」

『今、投票に行っていない人の5人に1人が、立憲民主党と書いていただければ、政権交代できます。簡単なことではありませんが絶望的なことではない』って、それなら、そうした人たちに向けて政策を出すべきなのに、それすらしないで言っても意味がありません。

自分にとっての都合しか考えないお目出度い脳内お花畑ですから、何をいってもムダなのでしょうね。。。(呆)

■ 小川参院議員の長男再逮捕 女児の胸触った疑い

『小学生の女児2人の胸を触ったとして、警視庁捜査1課は3日、強制わいせつの疑いで、小川勝也参院議員の長男で無職の遥資容疑者を再逮捕した』とありますが、これで6回目の再逮捕ですね。。。(呆)

議員宿舎付近での事件だけに、父親は勿論ですが、関係ある政党の責任も問うべきですが、マスコミは報道しない自由ばかりで、野放しにしているのだから、もう何をいわんやですね。。。(呆)
posted by babiru_22 at 07:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

『ひと』小野寺史宜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひと [ 小野寺史宜 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/9/3時点)




 母が急死し、たった1人になった20歳の柏木聖輔。空腹に負けて吸い寄せられた商店街の惣菜屋で、聖輔は買おうとしていた最後に残った50円のコロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに…。

 母の故郷の鳥取で店を開くも失敗、交通事故死した調理師の父。女手ひとつ、学食で働きながら一人っ子の僕を東京の大学に進ませてくれた母。……その母が急死した。柏木聖輔は20歳の秋、たった1人になった。全財産は150万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々が続いた。そんなある日の午後、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の総菜屋で、買おうとしていた最後に残った50円コロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに……。

 物語は、母が亡くなり、一人ぼっちになった真面目な青年が、商店街のお惣菜店で働き、成長していくストーリー。展開も淡々と描かれますが、人と人の繋がりが温かく、様々な人との出会いから、人として成長していく姿が良かったです。

【満足度】 ★★★★
ラベル:小野寺史宜 ひと
posted by babiru_22 at 18:37| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/2)

■ 伝統儀式で無許可サケ漁阻まれる

『アイヌの伝統儀式に使うサケを取るため、紋別市の男性が1日、許可を得ずに川で漁を行おうとしましたが、警察が出てサケを取ることはできませんでした。
漁を管理する道は事前に許可を申請するよう定めていて、男性は「先住民族であるアイヌが伝統的に行ってきたことで行政の許可は必要ない」と訴えています』って、正式に許可出せば済むだけなのに、

恥を知れ!

と言いたい。

こういう身勝手な権利の主張には、心底腹立たしく思いますし、社会の当たり前のルールを守らず権利だけを主張するとか、屁理屈言う前に事前申請しろ!(怒)

■ 候補も自虐「支持率0%近い」 国民民主党、代表選の関心低く

『国民民主党の代表選は1日、最後の週末を迎え、立候補している津村啓介元内閣府政務官(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が神戸・元町で街頭演説会に臨んだ。買い物客らに政策を訴えたが、足を止める人の姿はほとんど見られず、拍手もまばら。論戦を機に低迷する党勢の浮揚をもくろむが、有権者の関心の低さが浮き彫りになった形だ』とありますが、どうでもいいことですから誰も関心がないんでしょう。

国民民主党だけに限ったことではありませんが、政策すらまともに出せない特定野党は、政党の存在意義があるのだろうか?と思ってしまいます。。。

■ 被災地で「被ばく食材かも」=米動画大手番組−福島県など対応検討

『米動画配信大手「ネットフリックス」が配信している東京電力福島第1原発事故の被災地を取材した番組で、風評被害を助長する表現や不適切な撮影があるとして、福島県と復興庁が対応を検討している』とのことですが、むしろ抗議などすれば相手の思うツボ。

むしろ無視して、食の安全基準と検査結果についてこそ、世界に事実として伝えるのみで、あえて咎めるべきではありません。
posted by babiru_22 at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

昨日の出来事(9/1)

■ 地方参政権付与を日本政府に勧告 在日コリアンを巡り国連委

『国連人種差別撤廃委員会が30日公表した対日審査報告書は、在日コリアンが何世代にもわたり「地方参政権もなく、国家公務員の管理職などに就けない」差別的な状態にあることに懸念を表明、地方参政権を付与するよう日本政府に勧告した』って、

内政干渉

じゃないか!

これは差別的状態ではなく、帰化すればいいだけなのに、それをしないで権利だけ求めるのは明らかな間違いで、むしろ朝鮮政府に帰国事業に全力をつくすように勧告すべきだ!

■ 安倍内閣の支持・不支持率は均衡へ。立憲民主党の支持は8社全てで下落|8月 世論調査まとめ

『衆院で野党第一党の立憲民主党は8社の調査すべてで先月から支持率の下落を見せています』とのことですが、対案や独自のビジョンが出せないのだから、支持率下落は当然の結果でもありますね。

なぜ支持率が下がったかという反省すらなく、批判ありきでしかやらない政党ですし、他者の意見は全て排除するところでもありますが、まともな野党が出てきてほしいんですけどね。。。

■ 東京オリパラ ボランティア説明会開始 11万人以上が必要

『2020年東京オリンピック・パラリンピックのボランティア説明会が始まった。都内で行われた初回の募集説明会には、仕事帰りの人など、およそ230人が参加した。9月中旬から募集が始まる東京大会のボランティアは、11万人以上が必要で、このうち、競技会場での運営サポートなどを行う大会ボランティアは、10日以上の参加を基本としたうえで、活動時間を1日8時間程度としている』とありますが、どれだけ集められるものやら。。。

それにしても、組織委員会の計画性の無さは致命傷です。。。(呆)
posted by babiru_22 at 02:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

『ニッポン全国 和菓子の食べある記』畑 主税




 和菓子バイヤーとして確かな目と舌を持つ著者が、日本全国を探しまわって見つけた郷土の和菓子500品を紹介する。手みやげを選ぶときや全国各地を旅するときにも役立つ和菓子本。ブログ『和菓子魂!』をもとに書籍化。

 和菓子バイヤーとして確かな目と舌を持つ著者が、日本全国を自分の足で歩いて探しまわって書いた臨場感あふれる文章で、太鼓判を押す全国の和菓子を紹介します。実際に訪れた全国の和菓子店は1000軒以上で、食べた和菓子は10000種類以上! そこから厳選した約350店500点の和菓子です。実際に作り手を訪ねているバイヤーだからこそ知っている、和菓子の裏話もちらほら。著者が選ぶ東京和菓子四天王、日光羊羹街道、金沢で1週間しから売られない氷室饅頭の話などの和菓子コラムも充実。また、各ページの欄外にあるはみだし1行和菓子情報も見逃せません。和菓子好きばかりでなく、手みやげを選ぶときや全国各地を旅するときにも役立つ、400ページとボリューム満点の和菓子本です。

 本書は、サブタイトルに『高島屋・和菓子バイヤーがこっそり教える郷土の和菓子500品』ともありますが、和菓子とその職人に情熱を注ぐ、高島屋・和菓子バイヤーの人気ブログを書籍化したもの。1店舗をページで紹介し、店の紹介と売りの和菓子の特徴をコンパクトにまとめています。本書を読むと、知らない和菓子が数多くあるものだと改めて思いましたが、和菓子とお店の写真入りで、見ているだけで楽しくなります。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 16:20| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(8/31)

■ 東京五輪スポーツドクターまで無償依頼、医師が苦言 「資格持って責任持ってする仕事」

『産婦人科医で婦人科スポーツドクターの高■美穂氏は、東京五輪でのスポーツドクターの依頼がきたことを29日にTwitterで報告。しかし、その報酬は「案の定 無償」だったとして、「本気でこれでいいのか?これでは日本スポーツ界は変わっていかない」と疑問を呈している。医師としてのスタンスについて、「好きな人が好きなことやってるんだからいいでしょ?じゃない、資格持って責任持ってする仕事なんだよ」と語っている』とのことですが、仕事はボランティアではありません!(怒)

こんな無計画でしか考えていないような実態にも呆れるばかりですし、誰もが医師をできるわけではないのだから、医師までボランティアで募るとか、東京五輪組織委員会って

ブラックすぎ

じゃないか!(怒)

■ 千葉県警巡査が逆転無罪 東京高裁判決

『東京高裁判決は巡査のズボンのチャックが開いていたが、隣りや周囲の乗客が下半身を目撃していないと指摘。仮に下半身が出ていたとしても、「露出する意思を持っていたと認定することはできない」などとして無罪を言い渡した』とありますが、チャックが開いてるだけでモノは出ないだろうから、これが無罪というのは、とんでも判決!

思わず公務員特権の判決かよ!と思ってしまいますが、意思を持っていなければ犯罪にならないということではありませんし、確かにチャックの閉め忘れはありますが、モノが出ているのに分からなかったというのは、言い訳にもなっていないし、それを判決として認めるというのも理解不能です。

■ 宝塚市:「難病児、養護学校が合う」 発言の教育委員辞職

『兵庫県宝塚市教育委員の男性(72)が市内の公立小学校を訪問した際、難病で人工呼吸器を利用しながら通学する4年生女児(9)の母親らに「養護学校の方が合っているんじゃないの」と発言していたことが分かった。周囲の児童が女児を通して思いやりの心を学んでいるとの説明を受けると「みんな優しいんやね。中には『来んとって』という学校もあるからね」と述べた。一連の発言について市教委は「差別」と認定、委員は辞職した』とありますが、これ、差別ですか?

周囲の環境がしっかり整っていて、普通学級で授業を受けることに問題がなければいいですが、養護学校の方がケアが整っている現実もありますから、議論の余地はあると思いますが、これを一方的に差別認定することに、強烈な違和感を覚えます。

結果的に教育委員の方が辞職することになりますが、これは逆差別であるとも思いますし、いわば保護者からのパワハラとも受け取れます。

記事には『女児は全身の筋力が低下する脊髄性筋萎縮症を患い、人工呼吸器を手放せず、たん吸引などの医療的ケアが必要』ともありますが、こうした現実を同じクラスの子ども達に見て、全員で医療的ケアをさせるというのは、小学校4年生には難しい面があるとも思いますし、障がいの度合いに合わせて養護学校に通学した方が子どものためにもなるはずですし、普通学級の先生と生徒の負担を減らすことにも繋がります。

「みんな優しいんやね。中には『来んとって』という学校もあるからね」……という教育委員の発言も、現実にそういう意見もあるのだから、決して間違った意見ではありませんし、これが差別というのであれば、それならば特別支援学級は何のために存在するのか?と逆に問い質したい。

これで辞職にまで追い込まれてしまうということは、いわば言論封鎖でもあり、むしろ特別支援学級を差別していることとも思います。

差別はあってはならないものです。

ただ、最近は「差別」と「区別」を履き違えているケースがあまりにも多く、逆差別と見られるケースが多いと思えるのが本当に残念です。

■ スケボー禁止、大通で火花 札幌市は巡回し「条例違反」注意 ボーダー「仲間集える最適の場」 条例の線引きあいまい

『札幌・大通公園でのスケートボード禁止を巡り、札幌市とスケートボーダーの間で攻防が続いている。市は巡回を行って注意を呼び掛けるが、巡回終了後にはボーダーが戻るいたちごっこの状態だ。市は「条例で禁止している違反行為」との立場で、ボーダーは「仲間が集まって遊べる場所はここだけ」と訴える。専門家は「条例で規制するだけでは意味がない」と指摘する』とありますが、スケボーをやりたい気持ちは分かりますが、他人の迷惑を考えず、公共の場でやるのがそもそもの間違い。

札幌市内にはスケボーの専用施設があるのだから、そこを利用すべきで、禁止されている場所での迷惑行為は言語道断。

何のために社会のルールがあるのか、少しは考えるべきで、自由を履き違えるな!と言いたい。
posted by babiru_22 at 04:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする