2018年09月03日

『ひと』小野寺史宜

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ひと [ 小野寺史宜 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2018/9/3時点)




 母が急死し、たった1人になった20歳の柏木聖輔。空腹に負けて吸い寄せられた商店街の惣菜屋で、聖輔は買おうとしていた最後に残った50円のコロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに…。

 母の故郷の鳥取で店を開くも失敗、交通事故死した調理師の父。女手ひとつ、学食で働きながら一人っ子の僕を東京の大学に進ませてくれた母。……その母が急死した。柏木聖輔は20歳の秋、たった1人になった。全財産は150万円、奨学金を返せる自信はなく、大学は中退。仕事を探さなければと思いつつ、動き出せない日々が続いた。そんなある日の午後、空腹に負けて吸い寄せられた商店街の総菜屋で、買おうとしていた最後に残った50円コロッケを見知らぬお婆さんに譲った。それが運命を変えるとも知らずに……。

 物語は、母が亡くなり、一人ぼっちになった真面目な青年が、商店街のお惣菜店で働き、成長していくストーリー。展開も淡々と描かれますが、人と人の繋がりが温かく、様々な人との出会いから、人として成長していく姿が良かったです。

【満足度】 ★★★★
ラベル:小野寺史宜 ひと
posted by babiru_22 at 18:37| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/2)

■ 伝統儀式で無許可サケ漁阻まれる

『アイヌの伝統儀式に使うサケを取るため、紋別市の男性が1日、許可を得ずに川で漁を行おうとしましたが、警察が出てサケを取ることはできませんでした。
漁を管理する道は事前に許可を申請するよう定めていて、男性は「先住民族であるアイヌが伝統的に行ってきたことで行政の許可は必要ない」と訴えています』って、正式に許可出せば済むだけなのに、

恥を知れ!

と言いたい。

こういう身勝手な権利の主張には、心底腹立たしく思いますし、社会の当たり前のルールを守らず権利だけを主張するとか、屁理屈言う前に事前申請しろ!(怒)

■ 候補も自虐「支持率0%近い」 国民民主党、代表選の関心低く

『国民民主党の代表選は1日、最後の週末を迎え、立候補している津村啓介元内閣府政務官(46)と玉木雄一郎共同代表(49)が神戸・元町で街頭演説会に臨んだ。買い物客らに政策を訴えたが、足を止める人の姿はほとんど見られず、拍手もまばら。論戦を機に低迷する党勢の浮揚をもくろむが、有権者の関心の低さが浮き彫りになった形だ』とありますが、どうでもいいことですから誰も関心がないんでしょう。

国民民主党だけに限ったことではありませんが、政策すらまともに出せない特定野党は、政党の存在意義があるのだろうか?と思ってしまいます。。。

■ 被災地で「被ばく食材かも」=米動画大手番組−福島県など対応検討

『米動画配信大手「ネットフリックス」が配信している東京電力福島第1原発事故の被災地を取材した番組で、風評被害を助長する表現や不適切な撮影があるとして、福島県と復興庁が対応を検討している』とのことですが、むしろ抗議などすれば相手の思うツボ。

むしろ無視して、食の安全基準と検査結果についてこそ、世界に事実として伝えるのみで、あえて咎めるべきではありません。
posted by babiru_22 at 07:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする