2018年09月07日

『道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔』佐々木亨

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

道ひらく、海わたる 大谷翔平の素顔 [ 佐々木 亨 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/7時点)




 大谷翔平選手の取材を花巻東高校時代から続けてきた著者が、野球人としての大谷を描くとともに、彼の人間としての魅力に迫る。彼が出会い、大きな影響を与えた人たちの証言を中心にまとめた一冊。

 メジャーで新たな伝説をつくる大谷翔平が、渡米前、本書だけに「エンゼルスを選んだ本心」など、初めて明かされる事実を語り下ろした! 「メジャーのトップに行きたい。長く野球を続けたい。何か新しいことを、他人がしたことのないことをやりたい」 他人の価値観ではなく自分の信念を貫く。その根底にある圧倒的な向上心は、どこからきて、どこまでいくのか。高校1年から8年間あまり、大谷の成長を見つづけてきた著者が、大谷のご両親、花巻東高校の佐々木洋監督、日本ハムファイターズのスカウトディレクター、GM、そして栗山英樹監督に丹念に取材をし、これまでどこにも出ていない大谷翔平の「素顔」を著した唯一無二の一冊。

 本書は、野球人としての大谷を描く一方で、彼が持つ内面の奥深さと強さ、そして「大谷翔平」という人間の源流と本質を深く掘り下げた一冊。彼が歩んできたそれぞれの時代で彼が出会い、大きな影響を与えた人たちの証言を中心にまとめており、改めて大谷翔平のスケールの大きさが実感できる作品です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:51| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『満天のゴール』藤岡陽子

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

満天のゴール [ 藤岡 陽子 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2018/9/6時点)




 星空が美しい医療過疎地。人生どん底のシングルマザー、人生に責められ続ける医師、人生をあきらめている老女。3人の出会いが、人生を変えてゆく…。希望をもたらす、人間味あふれる医療小説。

 奈緒(33歳)は、10歳になる涼介を連れて、二度と戻ることはないと思っていた故郷に逃げるように帰ってきた。長年連れ添ってきた夫の裏切りに遭い、行くあてもなく戻った故郷・京都の丹後地方は、過疎化が進みゴーストタウンとなっていた。結婚式以来顔も見ていなかった父親耕平とは、母親を亡くして以来の確執があり、世話になる一方で素直になれない。そんな折、耕平が交通事故に遭い、地元の海生病院に入院。そこに勤務する医師・三上と出会う。また、偶然倒れていたところを助けることになった同じ集落の早川(72)という老婆とも知り合いとなる。夫に棄てられワーキングマザーとなった奈緒は、昔免許をとったものの一度も就職したことのなかった看護師として海生病院で働き始め、三上の同僚となる。医療過疎地域で日々地域医療に奮闘する三上。なぜか彼には暗い孤独の影があった。一方、同じ集落の隣人である早川は、人生をあきらめ、半ば死んだように生きていた。なんとか彼女を元気づけたい、と願う奈緒と涼介。その気持ちから、二人は早川の重大な秘密を知ることとなる。隠されていた真相とは。そして、その結末は……。

 物語は、京都府北部の丹後地方の小さな町を舞台に、夫に裏切られ、10歳の息子と共に故郷に戻った奈緒が、看護師として働きながら、へき地医療に従事し孤独を抱える医師の三上との交流、偶然駅前で倒れていた72歳の早川との3人の出会いを深めていく姿を描いた作品。過疎地でのへき地医療の現実、終末医療、登場人物それぞれの問題……と、傷ついた人々の再生物語でもありましたが、人物描写がとても細かく表現されていて、終末医療での看取りなど、色々と考えさせられた作品でした。人生のゴールが、表紙絵のような満点の星空のようになりたいものです。

【満足度】 ★★★★☆
posted by babiru_22 at 20:14| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする