2018年09月08日

『「マス目」で気づく目の病気』平松 類




 緑内障、糖尿病網膜症…危険な目の病気の兆候を早期発見し、視力を守ろう! 誰でも手軽にできる、マス目模様の「アムスラーチャート」を使ったセルフチェックの方法と、目の健康を守るポイントをわかりやすく解説する。

 緑内障、白内障、網膜剥離、黄斑変性…高齢になると、多くの人が失明リスクのある目の病気にかかります。目の病気は早期の発見と治療が重要ですが、なかなか自覚しづらく、はっきり症状が出た時にはすでに進行しているケースも。本書では、わかりやすい解説で人気の眼科専門医の著者が、眼科の検査でも使われるアムスラーチャートという方眼紙を使った、手軽にできるセルフチェック法を紹介します。ポイントは、継続してチェックすること。それだけで、目の病気の兆候を早期発見できる確率が高くなります。ほかにも、目の年齢チェック、ドライアイチェック、目の大きさチェック、視野チェックなどのセルフチェックや、気になる症状が出た時の「病院のかかり方」、眼鏡やコンタクトレンズの正しい選び方・使い方など、目の健康を守るために知っておきたい情報も紹介。

 本書は、「マス目」を使って、誰でも手軽にできるセルフチェックの方法と、目の健康を守るポイントをわかりやすく解説したもの。本書に「マス目」が書かれているため、自分で簡単にチェックができますし、そのチェックで自身の視野が狭くなっているかどうかを確かめられるのは便利ですし、異常の早期発見にも繋げられるだけに、目の病気が気になる人にはお勧めの一冊です。

【満足度】 ★★★★
posted by babiru_22 at 20:34| Comment(0) | 今日の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の出来事(9/7)

■ 「混乱させて大変申し訳ありません」「一緒に気をつけていきましょう」立憲民主党公式が北海道の断水情報デマツイートを謝罪

『以下の情報がデマとの情報がありました。お詫び致します。混乱させて大変申し訳ありません。これ以上の拡散を防ぐため削除させていただきます。さまざまな情報が飛び交っており、デマも多くなっています。発信に細心の注意を払っていきます。一緒に気をつけていきましょう』って、デマを流しておきながら「一緒に気をつけていきましょう」って、他人事かよ!(怒)

事実確認すらせず、被災地を混乱させる誤報を党から流すとか、

絶対許せん!

そして政府と行政の足を引っ張るんじゃねーよ!(怒)

■ 安倍首相 北海道の停電 8日中にほぼ解消の見込み

『北海道での地震を受けた政府の関係閣僚会議で、安倍総理大臣は、北海道内での停電について8日中に一部の地域を除いてほぼ全域で解消できる見込みとなったする一方で、供給体制はぎりぎりの状況が続くとして、対策に万全を期すよう関係閣僚に指示しました』とのことで、我が家は昨日の午前2時に停電が解消されました。

電話回線が午後4時ので繋がらなかったため、ネット接続すらできませんでしたが、長期戦も覚悟していただけに、北海道電力、そして政府の迅速な対応には感謝します。

■ 「北海道地震で即応予備自衛官招集」 小野寺防衛相

『小野寺防衛大臣は7日午後7時すぎ、防衛省で記者団に対し「総力を挙げて災害派遣活動を行うため、自衛隊OBの即応予備自衛官を招集した。北海道の部隊に登録されている最大で300人を招集し、主として人命救助や生活支援活動に対応してもらう。即応予備自衛官は地域に住んでいる方が多数なので、地の利をよく知っていて、生活支援での役割は有効だ」と述べました』とありますが、被害の大きかった厚真町や鵡川町には、テレビではどこも放送してくれませんが、海上自衛隊からも炊き出しの無料配布もあり、多くの場所で自衛隊が早朝から夜遅くまで災害復旧の活動をしてくれています。

ぜひこうした自衛隊の災害救助活動こそ、もっと大きく報道してほしいものです。
posted by babiru_22 at 04:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする